FC2ブログ

≫ EDIT

なくなった醤油屋さん

この年初めに、使っていた醤油がなくなり、さて、新しいのを買わなきゃと思ったら、なんと、その醤油屋さんがなくなってしまっていました。…しかも、それが昨年2月だったというのに、何も知らずに昨年をすごしていたんだ…そういえば、図らずも最後になってしまった1本を買う時、いつもの店になくて、次に行った店で買い、なんか品揃え悪くなったなぁと思ったものの、何も疑っていなかった。
つまり、その頃はもう、在庫があるだけだったのだよ。
先日、再仕込み醤油をググっていたときにその情報をみつけて愕然。今年はじめの一番のショックはこれでした。


‘3種類の醤油’ 使い終わりの、こんな姿のきぢ醤油しか撮れなくて辛い。
醤油2019
Depende de comida, cambio el tipo de salsa de soja. Me pongo triste porque un fabricante muy importante ya acabó su operación. No sabía que no podría comprar aun una botella más.


きぢ醤油の醇(再仕込み醤油)、川中醤油の天然かけ醤油(だし醤油)、ヒガシマルのうすくち醤油。
ここのところ、わたしはこの3種の醤油を使っていました。なかでも、きぢ醤油は、一人暮らしを始めてからずっとお世話になっていたのですが、それは、実家のとなり町で製造されていて馴染み深いものだったからです。

これ1本でなんでも作っていましたが、10年ほど前から、野菜料理にうすくち醤油がよいな、と思って使い分け、また、数年前には天然かけ醤油のソフトさと手軽さも捨てがたくなって、煮物や、料理の仕上げにちょっと使うようになりました。出汁入り醤油って、色々出ていて、いつのまにか売場の棚を大きく占めるようになりましたけど、科学的なイヤな感じがしないものって、どれくらいあるんでしょうね。川中さんのは、そういう嫌味がないんですよね。

話を戻しまして、そんな使い分けをしたせいで、うちでの再仕込み醤油「きぢ」の出番は減ってきたわけですが、お刺身や豆腐を生醤油で食べたいときや、魚や肉を煮るときなどにはやっぱり、甘味も出汁成分もない、濃口のものが欲しいときがありますから必要なんですよ。
どこかに1本でもいいから残ってないかなーと、まだ未練を断ち切れませんが、わりと場末の店だと思っていた八百屋さんの棚にもなかったので、本当にもうないのかもしれませんね。(T_T)

こんなふうに、大手メーカーでない製品というのは、いつ消えるかわからないのを、ひしひしと感じています。特に、味噌、醤油、酒、豆腐などは、各々の地方の小さな町にも製造者がいるのがふつうだったものだけど、地元スーパーの売場に行き、だんだん大手メーカーの製品が面積を拡大しているのを見ると、なんだかなぁ…、と寂しくなります。でもまあ、それらって、たしかに求めやすいパッケージとお値段なんですよね。

これから、きぢ醤油に代わる…というより、代える生醤油を探していかないといけないんですが、全国的大手じゃないとこにしたいかな。大手はわたしじゃなくてもたくさんの人が買うんだし。ただ、あまり値段が高いと、辛いのも確か。どうしよう。しばらく、定着しないで替えてウロウロすることになりそうです。
ためしに、ネット上で再仕込み醤油を検索して探してみると、まあ、高い高い。つまり、きぢ醤油って、製法の割にすごいお求めやすい値段だったんだ、というのを、今更ながらに思い知りました。でも、そのことで倒産に追い込まれたのかな。本当は、もっと高い価格帯にしても価値のあるものだったのかもしれません。それを知らずに使っててごめんなさい。でもせめて、最後の1本は、名残惜しみながら使いたかった。本当に残念です。

| 市販の食品など compradas | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豆腐は豆腐でも

‘佐嘉平川屋の絹ごし豆腐’
平川豆腐2018
Tofu producido por una marca de la provincia de Saga. Fue muy rico, creo que no se ve mucho este tipo actualmente.


今日、陶芸にも行ったのだけど、調子が良くなく、作品も上がって来ていなかったので、別の話題を。

昨年秋ごろから冬にかけて、ちょっと珍しいというか、いつも食べているタイプでない豆腐を試したので、記録します。
まずは、佐賀県の平川食品工業というメーカーが出している豆腐
たまに、近所のスーパーFで、特売で出ていることがあります(100円くらい)。これが、なんとも濃厚なお豆腐でして、ちょっとこの価格帯は信じられないくらいだなと思いました。

子供のころ、ほの温かい、できたてのお豆腐を、アツアツのご飯の上に乗っけて食べ、そのおいしかったこと。父のこだわりのおかげで国産大豆100%の濃厚な豆腐を食べる機会もたまにあったので、わたしにとっては、大変なつかしいものに出会った気がしました。

数年前、フジテレビの「ヨルタモリ」で、タモリさんが「豆腐丼」なるものを紹介していたのを思い出しました。それは、ご飯の上に砕いた豆腐、刻んだいぶりがっこ、ねぎ、ごま、温泉卵を乗せ、醤油をたらす、というものでした。
この豆腐なら、豆腐丼はこの上なく美味しいだろうなと思ったので、ちょっとやってみることにしました。
とはいえ、わたしはいぶりがっこが苦手なので、たくあんに代え、それに醤油を垂らして、アツアツごはんにかけて食べてみました。
卵も薬味も乗せなかったんですが、それなのに、お…おいしい…!!
家の相方も、「なにこれ?おいしい!!」と言ってました。この濃厚な豆腐に合った調理法だと思います。ちなみに、湯豆腐もやってみましたが、湯豆腐は、さらっと、しみじみした旨さを味わいたいので、ちょっともったいなかったかな。

ちなみに、特売がない日でも、このメーカーの豆腐は2種類置いてありました。少しお高くなりますが、特売品だった商品よりランクが上のものと思われます。でも、豆腐丼にするなら、高くないかも。しつこいものを食べたくないときや、食欲不振のときによさそう。


‘Beyond TOFU’
BeyondTOFU1
Este Tofu parece queso, sazonado con sal y añadido aceite algo. No se veía antes, es un producto nuevo. A mi amiga no le gusta olor de leche, así que ni le gusta queso. A ver si le recomendaré este tofu algún día...

こちらは、近年発売されたんでしょうか。‘Beyond TOFU’(相模屋食料株式会社)気になっていました…。
一度、値引きになっていたのを見つけて買ってみました。

‘チーズを意識してますよね’
BeyondTOFU2
Parece queso mucho, ¿verdad?

油分もあり、塩味もつけてあり、食感も濃厚さも、ほんとにチーズみたい。でも、乳臭さはないので、チーズの匂いが苦手な人にはいいかも。豆腐にしてはお値段が張るように思いますが、チーズだと思うなら、そんなに高くないか。

‘Beyond TOFUを使ったサラダ’
beyondTOFU-salad2018
Ensalada con Beyond TOFU. Pero para mí, prefiero quesoooo....!

チーズ嫌いの友人に、そのうち勧めてみたいと思います。

| 市販の食品など compradas | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレンダー御礼

‘オリジナルカレンダー1月’
カレンダー2019正月1
Feliz año nuevo! Éste es mi calendario original del 2019, y detrás del calendario, hay una ofrenda de año nuevo para dios. Dicen que Dios descansa junto a la tarta de arroz por sintoismo, y les da felicidades. Luego las comemos, así que recibimos felicidades en nuestro cuerpo. Lo oí recientemente.


2019年明けて、旧年末のドタバタからも解放されて、やっと落ち着いています。…とはいえ、片付けなどはまだまだ終わっていないのですが。
カレンダーをお買い上げくださった皆様、ありがとうございました。この場でお礼を申し上げます。

毎回テーマの設定に苦しみ、今年はできるんかな…と不安になり、声がかかるとやっぱり、できるだけがんばって続けよう!と喜んだり。
この活動でのコミュニケーションは、年末の体力は消耗するけども、精神的にたいへん大きなエネルギーをもらっているので、本当にありがたくて感謝しています。
無職でほぼ引きこもりになっても、こういうことのおかげで、自分の底にわずかに残る自信を失わないで済んだのであり、自分でやった何かが、自身を精神的に助けることになるということを、経験として学ばせてくれたことでもありますね。それを支持してくれる人の存在が、エネルギーにならないわけがないです。

新しい時代の幕開けとなる今年は、ぜひ明るい時代の幕開けになってほしいです。
ですが、前ログにも書いたように、個人的にはあまり未来に期待できてなくて、特に東京五輪後、あんまりよいイメージが持てないでいます。そういうところから、カレンダーのテーマを決めたのかも。
野に生きる花々は、風にしなって揺れて弱そうなのに、折れないで立ち、自分に注目が集められなくても、そんなのおかまいなしで風に吹かれています。
そういう、しなやかさが欲しいですね。ちょっとした風に寛容な態度もね。

年明け早々、職場ではひとり退職者が出たので、おそらくちょっとバタバタするのではないかと思います。
なるべく、カリカリせず、気持ちに余裕を持ってこなして行きたい、というのが、目下の目標です。

| My work 販売情報 informacion | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明けましておめでとうございます。

‘謹賀新年’
ご挨拶2019
Feliz año nuevo!

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

いつもながら、年賀状は失礼して、いただいた方にだけお返事するという形式にしています。この形式をいつから始めたんだろう、と過去ログを見たら、2010年からのようで、つまりもう10年この形式でやってることになります。その間、わたしと同じことをやっている人とは縁遠くなったのでしょうが、この形式にもいいところがあって、それは、ほんとうに「返事」が書けることですね。
以前は「元気ですか」が正月に飛び交うだけで、年に一度のやり取りだけでは、こちらの状態を本当には知らせてない状態だったわけです。言葉のやりとりが成立していないことに、ちょっともやもやしていたので、相手のメッセージを読んで、そのことに対しての返信ができることは、いいことだなと思っています。
ただ、それも、年賀状をくださる方がいてこそできることなので、ほんとにいつもすみませんです。

今回は、イノシシを描くのがどうも気が進まなかったので、亥の字の形に切り取られる形を庭に見立て、縁起のいい花言葉を持つ花々で、きれいなガーデンを作りたいなと思いました。
今年は改元の年なので、「明るい未来」を感じさせる花言葉は…と思って調べたけど、ほんと、ひとつの花で、ネガティブなのもポジティブなのもさまざまあり、なんて統一感ないんだ、花言葉は…。と思いました。なので、テキトーに、いいとこだけ見てます。

アネモネ、スノードロップ =希望
ムスカリ =明るい未来
花菱草 =富、成功
ローズヒップ =誠実
ガーベラ =前進
ひなぎく =平和
青いバラ =夢は叶う

Anemone, Snowdrop - Esperanza
Muscari - Futuro brillante
California popy - Riqueza
Rosehipis - Sinceridad
Gerbera daisy - Adelantar
Daisy - En paz
Blue rose - Cumplir sus deseos

調べていて、一番驚いたのが青いバラでした。昔は、「叶わぬ夢」だったみたいですが、それは青いバラが作れなかったからですよね。でも、作れたので、花言葉の意味が変わったみたい。すごくない?青いバラを作りたい夢を持った人たちの努力によって、意味が変わったんだから。

正直、近い未来にあまり期待できないかもと思っている自分がいて、それでも新しい時代は来るから、ちょっとでも明るい賀状にしたいと思ってこんなのにしました。このアイディアは、毎年干支の漢字で使えそう。(図案に困ったらまたやるかも)

何はともあれ、みなさま、今年もよろしくお願いいたします。

| 日記・つぶやき diario | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終わる2018年/近況

今年も終わろうとしています。平成最後の年末ということで、ざっとこの時代を自分なりに振り返ったり、読んだ本から何か思うことを書いたり、ささいな発見とか、いろいろ書きたいことはあるけども、なんせ時間が足りないのと、出くわすものに対して泡のように出てきた感情や考えも、すぐに忘れて消え去りやすいお年頃になってきたので、整理して書きにくいんですよね。


それらは、思い出し次第、新年明けてからゆっくり書くことにして、とりあえず年末の近況など。

◆秋からずっとゲリラ咳の発作があり、やっと病院に行ったのが12月はじめ。薬がよく効いてよかったのだけど、忙しくて、その後を続けなかったら、また咳が出てきました。良くなったからって、やめないほうがよかったのか、それもわかりません。検査結果としては、たいしたことなさそうだったのだけど。年明けに続くようなら、また行くべきか。

◆例年通り、カレンダー作りばかりに費やした2ヶ月間でしたが、やっと終わりました。これも、また改めて記事にして、お礼を書こうと思います。

◆12月に入り、なぜか、職場で直接仕事が関係のない本社の人、立て続けに2人から、とても個人的な心の吐露を聞く羽目になって、不思議でした。まあ、正社員でもなく隅っこにいるわたしは、彼らにとって、石ころに言うよりちょっとマシな感じで、言いやすかったのかもしれません。お互いに期待のない間柄だと、意外にもさらっと聞けたり答えたりできるもんだな、と思いました。

◆年末に向け、人に会う機会が増えましたが、前にちょっと心配したり、心を砕いたりしたことに対して、特にその後の経過報告とかないなぁ…というのが何個もあって、ちょっともやもやする時期でした。ひとつひとつは大したことではなく、重なったからもやもやするんだと思いますけど、つまりこっちの件は、つい期待してしまう間柄、ということなんでしょう。
わたしがもやもやしたところで、当事者にとっては、そのひっかかりもアリンコみたいなもんかもしれず、自分もまた、気づかないうちに、だれかに不義理をしているかもしれず、あまり人のことは言えないかもなので、気にしないよう努めることにします。


‘秋の始めに蒔いたディル -12月’
ディル2018年12月
Sembré semillas de enoldo en el fin de agosto. Crecen bien, estoy contenta. Antes sembré en noviembre, no crecían bien en invierno, es que había hecho demaciado tarde.

◆1年前、昨年11月に蒔いたディルは、小さいまま冬を越させることになってしまい、可哀想でした。それを教訓に、今年は8月終わりに種まきをしました。そしたら、今こんな感じ。十分料理に使えます。霜とかにやられなければ、来年の初夏まで楽しめるのではないかと期待しています。


‘さつまいもとかぶのサラダ’
さつまいもとかぶのサラダ2018
Ensakada de boñatos y nabos, por supuesto con eneldo que crecía yo!

そのディルを使った根菜のサラダです。さつま芋、かぶ、人参、パプリカなど、甘めの野菜をゆで、しっかり酢と塩に浸し、最後にマヨネーズ、塩、酢で整えたもの。過去にもやって、けっこうおいしかったので、これは友人主催のクリスマス会にも持って行きました。


さて、明日から、義実家のほうにいってきます。今年お世話になった方々に感謝しつつ、新しい年を迎えます。
みなさま、元気で良い年をお迎えください。

| 日記・つぶやき diario | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT