≫ EDIT

今日の陶芸

とうとう、サッカーワールドカップも終わりましたが、思ったより楽しめた大会になりました。
昨晩行なわれた決勝で、トロフィーはフランスのものになりましたね。おめでとうございます。
それではトロフィーでもごらんください。

陶芸180715-2
No es la copa mundial de fútbol, sino un florero que hice...
Mi maestra me dijo que “Parece la copa mundial de fútbol“. Ajajaja, jamás lo intentaba.

…って、これ、わたしの拙作の花瓶。
できあがったのを見て、先生に
「なんだか、サッカーのトロフィーみたいじゃない?」
と言われ、…そんなつもりじゃなかったけど、そういわれれば。と思いました。
本当は、もっと布のドレープのようなヒダがたっぷりかかったデザインにしたかったのですが、成り行きでこんな薄いボリュームで落ち着いてしまった結果なのでした。


‘はっさく土、白マット釉の花瓶’ 裏側です。
陶芸180715-3
Del otro lado

マット釉の液が、容器にタップリとは入ってなかったので、高さが21センチあるものに、どう釉薬をかけるのか、本当に困りました。マット釉の特徴として、重ねてかけたところが濃くなり、その部分がはっきり判るということ。つまり、一度に決めないと、ムラがよくわかる釉薬なのです。
はじめに中身だけをかけ、あとで表面にかけることにしましたが、わたしはヘタクソなので、案の定、中身をかけた後、口から余った液を出すとき表にタラーッとこぼれて掛かる。その後、口と底を持ってまわして掛けたんだったかな?とにかくムラムラになったのでした。


‘厚掛けになった部分’
陶芸180715-4
La parte que esmalté grueso demasiado salió así. Mientrás horneandose, el esmalte se quedó grietas. No lo imaginaba.

出来上がってみると、厚掛けになった部分が、釉薬を弾いてクラック状になり、下地が見えていました。こうなったことは、初めてのことで、想像した出来ではないけど、これはこれでおもしろいので、結果オーライということで。
萩焼などに、こういうピキピキと弾いた作品を見かけますが、やっぱり厚くかけているのかな。
わたしは、白い釉薬のムラが少しでも目立たないようにと、はじめから白い粘土で作陶していたのですが、意外にも土の肌がオークルに焼けて目立つ結果になりました。花瓶の底は、白いんですけどね。

このほか、ぐい呑みも上がってきましたが、またひとつ来月上がってくるので、そのときまとめて記録することにします。


本日の作陶メモ:
同じくはっさく土、手びねりで大皿を一枚。絵付けしようかとも思いましたが、面倒臭くなり、空釉一色をかけることにしました。
猛暑ですが、また近いうち行けたらいいな。

| 陶芸 ceramicas | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況報告

‘夏の花’
夏の花2018
Ya he terminado dibujar comics. He tenido muchas cosas dentro de ese 1mes.

前回、ブログに書き込みをしてから1ヶ月以上が経ちました。こんなに放っておいたのは初めてでしたが、漫画原稿を描いていて、他のことをする余裕がなかったので仕方なかったです。締め切り日を勘違いしていたわたしが悪いんですが、結果、よいタイミングで本当の締め切り日を知り、エンジンをかけて完走できたような気もします。
そう。今日、やっと原稿が完成して、主宰者の友人に送ったのでした。いまは、たくさん寝たいです。


それにしても、このひと月はいろいろあったな。
◆6月はじめ、会社の表側の壁に、初めてツバメが巣をつくり、ヒナが生まれる。

◆本格的に原稿を描き始める。

◆ツバメの巣が、何者かに壊されて落とされる。
なぜか、会社の近所の人は、わたしたち従業員がやったと思ったようだ。えん罪だよ。
しかも、親ツバメが、普段は止まらない低さの窓際の桟に留まり、こっち向いて
チーチー鳴くんですよ。「どうしたのこれ!なんで?」って感じでね。
いやいや、わたしたちじゃないですよ。犯人は。
切ない。

◆酷い口内炎が2箇所でき、ごはんが食べられなくなる。
口中入口左に直径5ミリくらいの傷、舌の奥の右側にも傷ができ、
痛くて食べ物を口の奥に送れない。よって、左右どちらも痛みから逃れられない。
炒めたズッキーニの細切りの角っこも、パンの耳でも痛い。
つくづく、食べる=痛みになるのはキツイと思った。
しばらく、おかゆ、とろろ、卵豆腐の生活。

◆そして、口内炎も治り、原稿が最後の佳境に入ったところで、西日本豪雨災害。
6日金曜日の夕方、乗ったバスが、増水した太田川放水路上で
信号待ちをしているとき、ちょっと心細い気持ちになった。
でも、自分はそのくらいのことだった。

◆7日、実家に電話すると、携帯がつながらず、固定電話で会話。
呉市は断水だったけど、実家は地下水を汲み上げていたので、
年老いた母は遠い給水所に行かなくて済んだ。

◆週明け、広島市もスーパーからパン、牛乳、豆腐などが消えるようになった。
それとともに、どんどん、被害が明るみになり、JR線が動かず、道路
が通行止めになっているのがわかって、びっくりした。

◆あれから一週間経った今では、自分のまわりはすっかり戻っている。
ニュースで見ると、道路も一時よりよくなっているが、まだまだ。
被災している方々は避難したままだし、不明者もまだ全部は
みつかってないし。

◆一時は、実家が困っているならフェリーを使ってでも、食べ物を
届けるべきかな、とまで考えたけど、運良く、そんなに困ってなかった。
実家に帰ってみたいけど、JRもクレアラインも頼れない今は、
ちょっと時間がかかりすぎる。
いつも実家近くの美容院で髪を切っているし、今月行く予定なんだけど、
断水の今は営業できていないだろうな。

改めて被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
早く、みつかるべき方々がみつかり、避難が解除になり、
交通事情が復帰して、落ち着いた生活になることを願っています。

| 日記・つぶやき diario | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

保存食の季節

‘梅干し’ 今年は小梅にしました
梅干し20180523
Umeboshi... las ciruelas japonesas con sal. Es una comida conserva tradicional.

‘夏みかんのマーマレード’
マーマレード20180610
Mermeladas de cítricos. Cada año, en esta temporada hago esas comidas.


今年も、保存食を作る季節がやってきました。
毎年、梅干しとマーマレードは作りますが、今年は、梅が比較的安価で、多く出ているなぁと思います。そして、時期は早い。小梅が箱入り4kg箱で安く売られているのを見て、つい買ってしまいました。
安いのには訳があって、よく熟し、痛んでいるのも入っていたから。「竜峡」という品種でしたが、これはカリカリ梅にされるとネットにありました。よく熟していたら、カリカリにはできないので安くなっていたんでしょう。そして痛んだ梅の実を除いたら、3kg半くらいになりましたが、それでも満足です。カリカリ梅を作る気ではなかったし、小梅の梅干しは、お弁当にそのまま入れられるから重宝するんですよね。近いうちに、もみしそを入れる予定。

今シーズン2回目のマーマレード作りは、友人からプレゼントされた夏みかんを使って作りました。早く冷蔵庫の野菜室を空けたかったので、そのほとんどを使って作りましたが、これはなかなかうまくできたと思います。
例年なら、さらに買って7月上旬までにあと1回は作るのですが、これから、わたしがいろいろ気ぜわしくなってくるので、今年はもうマーマレードはこれで打ち止めにしようと思っています。いつも、ジャムは手作りしているので、なくなり次第何か作らないと…とは思うけど、マーマレードは、工程が多いので、忙しい時は辛いんですよね。なので、次回は、たぶん別の果物で作ると思います。

そのほか、実山椒の季節がそろそろ去りゆきます。
出始めの、若い実がベストとは思いながらも、それには間に合わず、わりと大きくなった実を買ってしまいました。でも、おそらく、茹でて数時間水に晒したあと、冷凍しておけば、辛味が少しマイルドになるように思ったので、そこまでをやりました。
こうしておけば、ちりめんじゃこが手に入ったとき、いつでもちりめん山椒が作れます。

| クッキング mi cocina | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呉にて

‘蔵本通りの緑’ 奥に見えているのが市役所
蔵本通りの緑2018
La avenida de Kuramoto, en la ciudad Kure


この週末は、梅雨入りまで秒読みだったので、急に思い立ち、呉に行くことにしました。
この夏に友人が出す同人誌に寄稿するため、亀の歩みではありますが、具体的にだんだん固めているところです。
その中で、戦中の本通国民学校(今の本通小学校)がどんな感じだったかを知りたくなったので、呉市立中央図書館に行ってみました。


‘蔵本通りの噴水’ 暑くなってたので目に涼しかった。
蔵本通りの噴水2018


‘堺橋の欄干の窓に切り取られた堺川’ 市の花は椿ですからね。
北側も覗いてみれば良かったな。
堺橋から切り取られる川2018
Se ve el rio de Sakai-gawa en la barandilla del puente de Sakai-bashi. Camelia es la flor simbolica de Kure.


さすがは地元なので、ちゃんとありました。百年記念誌が昭和57年に刊行されていたので、それを開くと、戦前の建物が載っていました。さらに嬉しかったのは、昭和12年当時の、学区内の地図が封書で付録されていたこと。今とは道が少し違っていて、きっと、この道は終戦まで大きく変わっていなかっただろうと思います。
そして、地図にはかなり詳細に家の名字や商店名が記されており、なんと、ちゃんと母の生家も記されていました。これは予想していなかったのですが、けっこう感動するものですね。「ひとりファミリーヒストリー」みたいです。
ぜひにと思い、他の資料とともにコピーしてもらい、呉から実家に向かって、母に見せました。

‘昭和12年の学区の地図(部分)’ 
地図-昭和12年


母に確認することがいくつかあったので、地図や学校の写真も見せながら、確認していきました。
母の生家については、以前、このへんだろうという確認をしましたが、今回の地図とはなんとなく印象がちがうので、もしかしたら、確認した場所とはずれているかもしれません。
ほかに質問したことは大体わかったけど、さて…、これをどう表現しようかな…というところです。
こうやってブログに書いてプレッシャーをかけているけど、がんばって完走できるのでしょうか。


| 日記・つぶやき diario | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ディルの成長

‘人の背丈にも伸びたディル’
ディル120180602-1
Los eneldos crecen mucho. Ya me alcanzan en altura.

4月半ばには、背丈がせいぜい30センチくらいだったディルですが、その後、1日ごとに数センチ伸びて、今では人の背丈くらいになっています。成長を止めて寒さに耐えていた冬のことを思い出すと、ちょっと感慨深いです。
5月半ばから花もつきましたが、あっという間に背丈が支柱を追い越してしまい、気づけばてっぺんの花の部分が折れてしまっていました。あわてて、90センチの支柱を180センチのものに替え様子を見ています。たぶん、いま以上はそこまで大きくならないのではないかな。そのかわり、今までは見られなかった脇芽が出てきて、そこにも花芽がついています。
ディルは、バジルなどとは違って、上を摘んでしまうと脇から成長しないと聞いていたので、これまでは折らないように気をつけていました。だから折れた時には、まずいと思いましたが、脇からも芽は出るんですね。背丈が小さいときは、脇から出る気配はぜんぜんありませんでした。1メートルくらいになって以降かな…。折ってしまったから出やすくなったんでしょうけど。
育ててみてわかりましたが、ディルを弱めずに葉を収穫することを考えると、思ったより、一株から収穫できる量はそう多くないです。ただ、ハーブは、1度に量は要らないので、最終的に3鉢残ったことは遠慮せずに摘める、よい量であったとも思います。

徐々に、料理にに使って楽しんでいます。
サラダはもちろん、魚料理や、オムレツにすごく合うので、ぜひやりたいです。


‘おもしろい形なんだけど、うまく撮れない’ たくさん撮ったけど、画にならない。
ディル20180602-2

‘花火のように、放射状の花’
ほんとは、こういう植物は、野に置いてこそのような気がします。
ディル20180602-3

| 日記・つぶやき diario | 12:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT