≫ EDIT

今日の陶芸

‘はっさく土、わら白釉の皿’ 鉄青磁で絵付けしたが、出なかった
陶芸171008-1


今回あがってきた作品は、はっさく土という白い土に、わら白釉をかけたもので、2枚作りましたが、一枚は軽く仕上がったものの、もう一枚は、少し重くて残念でした。絵付けした鉄青磁が薄過ぎて全然出ておらず、その、軽いほうが特に絵が出なくて、単に汚れのように見えてしまうのが残念です。うちでテキトーに使って捨てようかな。
わら白釉をかけるときは、やっぱり細かすぎる絵柄はダメなんだなと、身にしみました。あと、鉄青磁っていうのも、良くないんだと思う。これがおそらく黄瀬戸とか、ふつうの鉄なら、もっと出たのではないかと思います。
もう一度、この上から釉薬で描いて二度焼きすることも、できないことはないみたいだけど、そこまでこれにこだわるかどうか…というところ。もう一回、ちゃんと作陶して作り直したほうがいいだろうと思います。

‘なでしこ柄だったんですけどね’ 
ほとんど出てない右の方が、軽いボディっていうのがまた皮肉な感じ。
陶芸171008-2


本日の作陶メモ:
ここ半年か1年、連休の中日とか日曜日に、生徒が多くなることが多くて、なぜだろうと思ったんですが、「1回体験教室」でいらっしゃる人が多くなったようです。旅行や家族イベント行事で陶芸を入れるケースです。
そんな状況になったので、10月の連休って人が多いのかなぁ…と思ったのだけど、なんと、今回に限ってわたし1人。
こうなると、先生の世間話をすべてわたしが聞くことになるのですが(笑)、それもまた楽し。人数が多い時の忙しなさがなく、ゆったりした気分で作ることができました。
今回、手びねりで煮物用の鉢をひとつ(はっさく土)、和菓子用のたたら作りの平皿(柿野赤土)を2枚作りましたが、そのお陰かどうか、ほぼ思った通りの作陶になりました。
鉢は、間に合うようなら鉄青磁をかけ灯油釜で焼成、和菓子用皿はわら白釉をかけて電気釜で焼成する予定です。

| 陶芸 ceramicas | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の食事会忘備録

‘柿釜の白和え’ 一度やってみたかった
柿釜の白和え
Kakigama.... shira-ae(ensalada de tofu) metido en kaki.

‘里芋の吹き寄せ風’
吹き寄せ風里芋のごまよごし
Satoimo(un tipo de taro) cocido y renkon(rizoma de loto) frito. Lo preparé con una imagen de las hojas caidas, El plato que tiene esa imagen, se llama “Fukiyose“ en japonés.

ここ数年の例年のようになっていますが、9月の終わりに友人を招いて、食事会をしました。これまでは、夏にやることが多かったのですが、今年は皆さんそれぞれ予定があったり、わたしも、例年になく蒸し暑い夏でバテ気味だったし、秋の食材で考えるのもまた楽しそうに思ったので、この時期にしました。(そして、この時期以降、年末にかけてはもうできない…忙しくなるから)


上記2品の他は、
◆隼人瓜、スモークサーモン、柿のなます
◆鶏と平茸のソテー赤ワイン風味(ほとんどワイン風味がしなかったけど…^^;)
◆鮭とジャガイモのグラタン
◆グリーンレタス、トマト、玉ねぎのサラダ
◆海老入りしんじょのお吸い物
◆栗ごはん
◆イチジクのコンポートにアイスクリーム
でした。

友だちが、お手製のローストポークを持ってきてくれて、助かりました。あと、栗の渋皮煮きんとんも。
皆さん、お土産とかお菓子とかいろいろとたくさん持ってきてくれたので、なんだか気を遣わせてしまい、恐縮でした。
次回は、こんなに持ってこなくても大丈夫ですよ…。(でも、おいしくいただきました)


今回作ったものの忘備録:
秋の食材といっても、手に入るものは刻々と違ってくるし、気の利いた魚などは、当日手に入るという保証がありません。今回は出勤日の次の日だったので前日にあちこち行けなかったこと、前の週末に十分準備する時間がなかったことから、冒険するリスク、つまり、当日いろいろ探す選択肢は捨て、基本はどこでも買えるもの、鶏と鮭で考えることにしました。

柿釜
初めてやってみました。やっぱり、これは、実のしっかりした種なし柿が向いてるんですね。和歌山の種なし柿ではうまくいきました。中の実も固いので、そのまま白和えの具や、酢の物の具に入れられました。強すぎない甘さでよかったと思います。
早秋柿もくりぬいて、釜を作ってみたのですが、柔らかすぎるうえに、種もあるタイプだったので、グダグダになってしまいました。そのまま食べるにはとてもおいしい柿だったんですけどね。
くりぬいた切り口には、酢を塗布したら、変色しないですみました。(試しに1つ、冷蔵で2−3日置いてみたけど大丈夫でした。ただ、フタの切り口の皮ラインは少し変色したので、やっぱり供する時間から数時間以内に作るのがいいと思いました。)

里芋の吹き寄せ風
以前、ゆでた里芋に、ごまふりかけをかけたものが、とても美味しかったので、それを作りました。でも、せっかくなので、れんこんチップスも作り、吹き寄せ風にしてみました。里芋には、粉チーズも振るとおいしいのですが、今回は、グラタンも作ったので、チーズは振りませんでした。

しんじょ入り吸い物
十五夜の前の休日だったので、月見風にしたかったんです。それで、海老入りしんじょを満月に見立て、こんにゃく麺で雲を、というふうにする意図でした。実際は、そんなに月が雲間に出ているようにはできず、紅葉型に切ったにんじんも「あれ?梅かな?」っていう感じになりましたけど。
それより、記しておきたいのは、はんぺんを使って、お手軽にしんじょを作る場合、はんぺんの甘味が、けっこう響くので、汁のほうは、甘さ控えめでいいんじゃないかと思ったことでした。ふつうに作ると、ちょっと甘さを強く感じました。しんじょを最初からすり身と調味料で作るのだったら、甘く作らなければいいと思うのだけど(手間そうだね…)。
しかし、吸い物って、シンプルな割には、ほかの大きな皿料理くらい、またはそれ以上に考えることが多い料理だなと思いました。普段、なにも考えずにすまし汁を作ってるので、よい経験になりました。

手に入れたかったものが手に入らなくて、今回あきらめたのは、菊の花と、魚の白子です。こればっかりは、お店次第です。鮭や鰤の白子が、たまに店に並んでることがあるんですが、最近見ないな。どんどん、お店の魚売場は画一的で面白くないものになりつつあって、日本の漁業や流通のことも、ちょっと心配です。




| クッキング mi cocina | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

四天王寺と堀越神社

‘朝の四天王寺’
四天王寺2017-1
El templo de Shitennouji, por la mañana temprano

‘朝の西大門(極楽門)側’
四天王寺2017-3
El Torii, y al fondo de avenida, está la puerta de oeste de Shitennouji.

台風は夜に通り過ぎ、帰る日になって、たいへんよい天気になりました。昨日これならよかったけど、まあ、最終日でも、晴れただけましだったかも。
朝食を早く食べて、四天王寺まで散歩しましたが、まだ参詣できる時間ではなかったので、もう一度出直しました。朝8時半から参詣可能なんだそうで、その時間に、ちょっと不思議な音楽が流れます。ブルガリアンボイスの和音みたいな、マイナーコードの合唱みたいなの。四天王寺中・高校の始業合図なんでしょうか…または、お寺全体の始業チャイムなのかもしれません。


‘中心伽藍の中門’ 晴れってすばらしい(涙目)
四天王寺2017-2
Es la puerta del centro del templo

四天王寺2017-4

ここにも、4年前に来たことがあって、いろいろ不安を抱えていた身には、引いたおみくじが大吉だったので、それだけでずいぶんなぐさめられた思い出があります。
六時礼讃堂にお参りし、その後、亀井不動尊にもお参りしました。ここのお不動さんも、聖徳太子の伝説がある、とても古いお不動さんで、青々とした厚い苔からお顔をのぞかせています。体の下の方に、もう2つお顔をお持ちで、苔に囲まれているので、かくれんぼしているみたいです。なかなかお味のある顔で、お気に入りです。お参りの際は、水をかけてあげるのですが、お不動さんも苔も、なんとなく気持ち良さそうに思えるので、こちらも表情がゆるみ、潤った気分になります。
すぐそばに、亀の形の井戸があって、きれいな水が湧いているのですが、ここは経木を清めて霊をなぐさめるのかな?おもしろいんですけど、撮影NGなので、清らかなイメージだけ思い出にとどめることにします。

今回は、中心伽藍の中に入り(有料)、金堂、講堂、五重塔の中にも入りました。
金堂と講堂の壁画には、内壁画がありました。金堂には仏陀の生誕から入滅までの物語が中村岳陵画伯によって描かれ、講堂にも、郷倉千靭画伯による、修行する高僧の旅をテーマにしたと思われる壁画がありました。
わたしの印象としては、金堂の仏陀の絵の方が、好みでした。


‘堀越神社’
堀越神社-1
El santuario de Horikoshi, en Tennouji, Osaka

堀越神社-2

ついでに、堀越神社のことも記しておきます。
小さな神社ですが、夜、とてもよい雰囲気の光が灯されていて、このとき、携帯カメラしかもっていなかったのが残念でした。
この神社は、四天王寺創建のときに、共に創建されたそうです。聖徳太子は、叔父の崇峻天皇を偲んで創建されたので、ご祭神は崇峻天皇です。
古くから、「堀越さんは一生に一度の願いを聞いてくださる神さん」と言い伝えがあるとのこと(神社前の説明文より)。
そういうことを知らずに願ってしまいましたが、次に違うことを願っても、それはダメなのかな?
(どんだけの場所で、どんだけお願いするんだよ、と自分をツッコミたくなりますが、祈願できるとこならお願いしたいですよ。だって、人間だもの。)


堀越神社-3
Este santuario tiene un árbol de granado muy grande.

境内には、季節の萩の枝が美しい露を伴って垂れており、珍しいくらい立派な柘榴の木が、たわわに実をつけていました。さらに、550年を超えるという、大きなクスノキのご神木があり、メダカが泳いでいる小さな石臼もあったりで、コンパクトながら、とても良い雰囲気で、すっかり気に入りました。





| 非日常(遠出)excursiones | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

台風の奈良と大阪にて

‘奈良盆地を望む’
大神神社奈良盆地2017
Fui a Miwa en la provincia de Nara. Ahí está el santuario Ohmiwa.Dicen que ese lugar es un vórtice de energia. Mucha gente reza con sus deseos.

9月は毎週末バタバタと忙しかったので、書けないまま、いろんなことがどんどん過去になっていき、もはや10月。
がんばって、過去ログとして少し残そうと思います。(昔のことは忘れて、いつもこのブログで確認することになるので)

9月の連休、大阪一日目はけっこうな雨。「バベルの塔」展に行き、紙屋さんを覗いたりした後、夕食は、久々にミナミの洋食屋さんで取りました。

次の日の夕方、台風が本格的に近づくとのことでしたが、いざ当日になってみると、まだ午前中は交通機関も使って動けそうだったので、奈良の大神神社に行ってきました。
ここには、5年前に参拝して願い事をしたのですが、なんとなく、そのことが一段落した感がありました。そのお礼参りと、さらなる祈願もあり(笑)、ちょっと行っておきたかったのです。
台風が来るというので、三輪山に登ることは禁止されていましたが、ラッキーなことに、あまり雨にも降られず、人もまばらで、ゆっくりできました。でも、午後2時以降はJRの電車がもう運休になると聞いていたので、お昼までで奈良は引き上げ。当初予定していた、東大寺二月堂の行事(十七夜の万灯明)を少し見る計画はお流れになりました。

さて、早く大阪に戻ったので、荷物を軽くするために、とりあえず天王寺の宿に帰りました。天王寺の商店街は、なかなかバラエティに富んで面白そうです。ディープそうな居酒屋、ピーナツせんべい屋、老舗の種屋、和菓子屋など。おばちゃんの客が店主に「あんたとこ、店閉めへんの?台風やから、どんどん閉めてる。」とか言う声が聞こえてきましたが、雨も降っていなかったし、風もまだたいしたことはなかったので、私たちに、特に危機感はありませんでした。
近くのうどん屋で昼食を取りながら、昼からのことを考えました。近くの市立美術館で「近世やまと絵の開花」絵巻物でも見て、慶沢園で散歩も悪くないし…ということで、そちらに向かいました。

‘出ていた看板’
看板大阪市立美術館170917

なんと、早々と閉館!まだ、ぜんぜん台風来てないのに!慶沢園も!
「さっき、おばちゃんが、こういう時、市はさっさと早う閉めるなぁ。って言ってたよ。」と、うちの相方が。
うう…迂闊でした。やはり、台風連れの旅って、本当に密度が薄くなる。ここが閉館なのを、もっと早く知っていれば。さっさとミナミに移動して、加山又造展(高島屋)でも行けばよかったと、あとで思いました。地下鉄ならJRより遅くまでやってそうだし、もしダメでも、難波から天王寺なら、そこまでタクシー代もかからなそうだったんだけど、その時は思いつきませんでした。
公共機関は、どんどん閉めるのに、民間は少しでも儲けたいのか、明るいうちは大丈夫で、「てんしば」も、大勢の人たちが思い思いにくつろいで楽しんでいました。この辺りは、ほんとにカフェと雑貨が増えたなー。4年前は、こんなことなかったと思う。和歌山県産品のアンテナショップがあって、見慣れないメーカーの食品が興味深かったです。(大阪の産品も売ってた)
そして結局、夕方まで、駅付近でウィンドーショッピングをすることになりました。(買わないけど)

あべのハルカスに行こうとは、特に思っていませんでしたが、台風のおかげで行くことになりました。
こんな日に高いお金を出して展望ビューとか考えられなかったので、行かないだろうと思っていましたが、夕方から風が強まり、飲食店もどんどん閉め始める中で、こういう施設は閉めないんですね。ごはんを食べるために入りました。
内容の割にコストがかかるのは、場所代ですね。次、台風が来ない限り、行かないと思います。それでも、宿でコンビニ飯を食べる羽目になるよりは、ずっとよかったです。

| 非日常(遠出)excursiones | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「バベルの塔」展@大阪

‘バベルの塔’ これを見に行きました
バベル大阪170916-1
Fui a la exposición de Pieter Bruegel y Hieronymus Bosch en el museo nacional de bellas artes en Osaka. Fue la colección del museo Boijmans Van Beuningen de Rotterdam. No hubo muchos cuadros, pero yo lo imaginaba. Casi todos cuadros nos dan un poco de impresión rara. Tienen imagenes grotescas, fantásticas. Pero, al mismo tiempo, Burugel pintaban la vida de pueblo también.
“Babel“ fue muy buena obra para mí. Aunque no sé mucho sobre Biblia, luego unos cuentos sucedían a esa forma, no? Por ejémplo, Laputa de Gulliver. Por cierto, me gustan la película de “Babel“ por Iñárritu.
Viendo las obras de Bosh, recordé la obra de ”El jardín de las delicias” en el museo del Prado. Era muy diferente de las alrededores, por eso no la olvido.

先日の連休の話になりますが、ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展(大阪−国立国際美術館)に行きました。
あいにく、土曜日は秋雨前線と台風の足音が忍び寄る日でしたが、美術館なので大丈夫でした。(次の日、台風接近だと、美術館でも大丈夫じゃないことを知るのですが)

主に、ブリューゲル(父)と、その師匠ヒエロニムス・ボスの展覧会でした。
ブリューゲルといえば、この「バベルの塔」の絵と、「雪中の狩人」のイメージだけしか持っていなかったので、物語的な絵の中に、一般の人々の生活を描いていたのかなと思っていました。それに、ヒエロニムス・ボスがお師匠的な存在だとは知りませんでした。
ヒエロニムス・ボスといえば、「快楽の園」という作品があって、それをプラド美術館で見たことがあるのですが、大量のオランダ絵画を見疲れてきた頃に、それらとはまるで異質な感じで現れるので、とてもよく覚えています。
今回の展覧会は、16世紀前半から中盤くらいの、主にこの2人と、それに関わる人が製作したと思われる作品群で、そんなに多くではありませんでした。現在に至るまでに、相当消失していて、残っている作品が少ないので、本人確認ができていない作品がどうしても多くなるのでしょうね。この2人以外の作家など、広がりがあるかなあと思ったけど、それもほとんどなく、そして、エッチングのような作品が多くて、油彩はそれほどでもありませんでした。このあたりも、仕方ないのかな。

まあ、なんとなく、そこらへんに期待できない気もしたので、「バベルの塔」を見られればよしとします。
ブリューゲルがボスをお手本として作品を制作していたことは知らなかったので、けっこうグロテスク画があることに意外さを覚えました。そうか…生活を描いてた人じゃなかったんだ… それでも、スケートを滑ってる人々とか、農業してる人の絵とか、当時の生活が描かれたものもあって、こういうのが「雪中の狩人」につながるんだなと思いました。でも、まあ、バベルだって、ファンタジーだし、作品全体を貫くのは、やっぱりファンタジーだろうと思うのですが。
「バベルの塔」は2作品あるうちの2作目のほうだそうで、ウイーンにある1作目よりずいぶん小さいらしいです。ただ、1作目で満足しなかったところがあったか、またはぜひやってみたい試みがあったからこそ2作目を描いたには違いなく、見て、やっぱり、良いなと思いました。小さい作品だとは聞いていたけど、そんなにショックでもなかったです。フェルメールの絵の小ささに比べたら、ずいぶん大きいですよ。1作目とは、ネット上でイメージを確かめるしかないので、比べられませんが、塔のそびえ立つ感じはこちらのほうがより出ているように感じます。恐ろしく細やかに描いてありました。


‘バベルの塔の中身’
バベル大阪170916-2
Katsuhiro Ohtomo intentó pintar dentro de la torre de Babel.

大友克洋さんが、バベルの塔の中を描いたという情報は、テレビで見たのですが、会場にも飾ってありました。バベルの塔ね、冷静に数えたらデパートの階数くらいしかないんですけど、すごく大きく見えるんですよね。ブリューゲルはコロッセオをモデルにしたらしいです。大友さんの絵では、中に水路が通っているのね。本当にあったら、おもしろい建築物ですよね。でも、神のお怒りに触れるので、実際に建てようとは思わないかな…てか、合理的な建物になりそうにもないな。

全然関係ないんですが、イニャリトゥ監督の映画「BABEL」がとても好きなせいか、展覧会のポスターを見ただけで、坂本龍一の曲が頭を駆け巡ります。あの話は「伝わらない悲しみ」が主な主題だったけど、裏返して「つながった喜び」を描くことと、なんら変わらないって思えた作品でした。

| アート鑑賞 arte | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT