FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冷蔵庫を買う

“引き取られた冷蔵庫” 21年間ありがとう。
冷蔵庫20200510

Al fin de la semana pasada, mi frigorífico paro funcionar. Se rompió. Trabajaba por 21años en mi casa.
Aunque creía que no tendría mucho tiempo hasta muerte, ese asunto me hizo chocar realmente.
¿Cómo consumir un montón de comidas descongeladas?
¿Puedo comprar uno nuevo pronto? En esta temporada muchas tiendas abren por menos horas por la influencia de la epidemia. Muchos trabajos ocurrieron para cambiarlo... por ejemplo trasladar y enfriar comidas con hielo, limpiar no solo el frigorífico sino la cocina-salón.
Después, en fin, pude comprar uno nuevo en el domingo. Ahora estoy tranquilizada.
Le agradezco al viejo por trabajar muy largo tiempo, y por irse al fin de semana oportunamente. Él trabajaba con mi historia real, aunque no era persona. Recuerdo que mi amiga me dijo que, ”los electrodomésticos mios son mi familia“.


先週金曜日の未明、長年暮らしをともにしてきた冷蔵庫がとうとう仕事をやめました。
朝、家を出る直前に冷凍庫を開けたら、氷が全部溶けていました。
買って21年、とうとうこの日がきてしまったか。
ちょっと最近、機動音がうるさくなっていたから、近々かとは思っていたけども、いざその日を迎えるとやはり、慌てないではいられないですね。長く働いてくれたことに感謝の念はあるものの、
「どうして朝にこと切れているんだ。何も対処できずに仕事に行かざるを得ない!」
「なんで連休中に壊れてくれなかったのか。」
など、つい、都合の良いタラレバばかり頭をよぎりました。

その日の夕方に家電量販店に行くことも考えましたが、お店も今は夜遅くまでやってないし、冷蔵庫の中のものをまずは確認して処理したかったので、図らずも解凍されてしまった冷凍食品を食べたり、解凍肉でカレーの作り置きなどして終わりました。

土曜日の朝は、もう庫内すべてが常温になっていたので、さすがにこれはヤバイと、氷を調達し、食品を箱に詰めました。昨夜作ったカレーは冷やせないので、再加熱。それを終えたら家電量販店へ。


…意外と、選択肢がない。

〜冷蔵庫を選ぶときの基準〜
1. サイズと容量
2. 冷凍庫、野菜室など、各段の上下位置
3. 扉のタイプ
4. 価格

これで、だいぶん絞られますよね。
これまで気づかなかったのですが、私の望む条件は、2と3が特に少数派だったみたいで、ほんとに限られました。

2. 冷凍庫、野菜室など、各段の上下位置
現在の冷蔵庫は、野菜室より冷凍庫の容量と位置が優先されている印象を持ちました。冷凍庫が野菜室の上というタイプのほうが選択肢が広い。
わたしは野菜室が最下段になるのはイヤだったし、それもなるべく広い野菜庫から楽に出し入れしたかったので、そうするともうお店で選べるのが2社くらいになってしまいました。
残念なことに、今まで長く使っていたシャープ製も、現在のモデルは野菜室が下なので、その後継機を選ぶわけにはいきませんでした。利き手の感覚が薄いわたしにとっては、左右どちらからでも開けられるシャープの扉は魅力的だったんですけどね。

3. 扉のタイプ
ふつう、片開きの場合は右開き(右手で開ける前提で、冷蔵庫扉の左側が開く)なんですよね。
うちでは普段左開き(扉右側が開く)をしていたので、その在庫の有無も重要でした。取り寄せてるヒマはないですからね。

4. 価格
最新のモデルだと、同じような見た目でも100ℓ以上多い容量のがあったけど、値段も12万円以上アップ。そこまで必要?ってことで、結局、これまで使っていたものとほぼ同じ容量の冷蔵庫を買うことになりました。
期待するとしたら、20年前よりどれだけ省電になっているか、くらいかな。

家電店から帰ったら、また氷の調達。結局、冷蔵庫の入れ替えまでに氷の調達は3回しました。スーパーが近くで助かりました。そして、ふたたび塩辛い冷食で夕食。カレーの再加熱。


新しいのが来る日、これまで長年働いてくれた冷蔵庫をきれいに掃除しました。
壊れたときは、なんで今?と思ったけど、よく考えたら、家電店が緊急事態宣言に伴い臨時休業した日などでなくてよかった。
21年も故障なく働いてくれて、しかも、偶然とはいえ、こと切れるタイミング(金曜未明に壊れ、日曜日に去った)までこちらの都合によくしてくれたヤツでした。本当に感謝。モノといえど、長年一緒に生活したものは、これまでの生活の悲喜こもごもを共にしたという観念があるので、少し名残惜しいです。
「ありがとうございました。」と言って、掃除を終え、送り出しました。

古い冷蔵庫にあった食品をどうやって消費したかは、また次回に書きたいと思います。

| 日記・つぶやき diario | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月の個人的な記録

“モッコウバラ” 日々、日差しは明るく、花は鮮やかになるのだが。
モッコウバラ200425

4月に入って、徐々に人の集まる場所を避ける頻度が高くなりましたが、1週目初頭は、休日の昼間に電車を利用することに不安もあまり大きくなく、車内の人たちも、マスクの有無は半々くらいでした。
でも、2週目には不安が増し、当分行けなくなるかもしれないからと、週末に実家&美容院に行ってきました。このとき、もう電車の人は少なくなっていて、全員マスク姿でした。
4月第3週、県での感染者が大幅に増え、4月16日に、全国に緊急事態宣言が出てからというもの、職場での対処も厳しくなり、マスク必須、23日からは検温必須となりました。まあ、これ遅いですよね。
おそらく、今後も当面わたしは出勤すると思われますが、あまり人と接しないので、なんとか気をつけようと思います。

この春、同一労働同一賃金が施行され、本当は、それについては物申したいこともあったので、なんならドラマ「ハケンの品格」が始まったら、それに絡めてなにか呟こうかと思ったりしていたんですが、ドラマは始まらないどころか世の中はもはや、「今クビにならずに働けているだけでもラッキー」フェーズに入ってしまったので、この法律の矛盾がマスコミに取り上げられることがあるとすれば、コロナに怯えなくて済むようになってずっと後のことだろうと予測しています。(カラクリに感動すら覚えたんですけどね。職場の人の賃金の詳細って、外から調べようがないんだからね。)

とりあえず、やっと、今週から行きつけスーパーの広告がなくなり、それはちょっとホッとしています。
近所の某スーパーの、売り出し日の混雑が酷すぎて、もうあそこには閉店間際の時間にしか行けないな、と思っていたところでした。こちらが距離を保とうと思っても、絶対にムリな局面が何度もあり、パックマンになった気分でした。先日も、リアルパックマンだと5回くらい死にましたね。
お客さんも無防備だけど、有人レジにモコモコ人が列を作っているの、お店は何も対処しないのかなぁと思いました。こういうとき、どんな風に考えているのか、店の差が出ますね。

ハンドソープの品薄 たぶんこれは買い占め
パスタの品薄 イタリアからの輸入ってどうなってるのかな
バターの品薄 前にもあったけど、また? 時間ができた人がお菓子焼いてんのかな
休日の夕方は品薄 昼間行くとこないから、みんな早く来ちゃうのかも

このようなことを考えながら、思いがけない現象に出会うたび、「わたし遅い。なぜ前に、まぁ次でいいか、などと思ってスルーしたのか。」ということが多いです。戦中では生き残れないタイプかもしれませんね。

| 日記・つぶやき diario | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春を感じに行く

“今年も、私的季節行事” 1年ぶりの黄水仙たち。
水仙20200308
Fui a la orilla de la rio Furukawa para recoger tskushis (es una hierba que se come). Me gusta esta actividad, es que puedo sentir primavera. Encuentro no sólo tsukushi, sino narcisos, o otras flores también.


今週末は、コロナの影響で、とうとう語学教室もお休みとなり、時間ができました。でも、先週のトイレットペーパー騒動は、少し治まってきています。ふつうに買えましたから。

今週末やったこと
・産直市で柑橘を買い、自家製のぽん酢作り(ダイダイで)
・同じく、マーマレード作り(甘夏と、ちょっとだけネーブル)
・つくしを摘みに行く
・手作りマスクの材料を買って、布を一度洗う
・音楽を聴く


木蓮の花が咲き始めたので、今年もまた恒例の、私的行事、つくし摘みです。
せいぜい30分もあれば、満足な量を得られるので、行事と言えるかどうかの、ちいさなことですが、これをやらないと春と言えないくらい、毎年やらないと気が済みません。
特につくしが大好物というわけではなく、自然に触れて、なにか春めいたものを摘む、ということが良いんですよね。
フィンランドだと、ベリーやきのこを摘みに、勝手に森に入れるとか。うらやましいな。集団で行くのではなく、ひとりで出かけるのだそうです。穴場を知られたくないっていうのもあるんだろうけど、これってやっぱり、ひとり、自分と向き合う時間なんですよね。ヴァルトアインザームカイト。何度も生まれ変わるんなら、フィンランドに一度生まれてみたいです。

“つくしの始末” これがあるから、欲張って採りすぎるのも良くない。
つくし2020-1
Tsukushi es una hierba primaveral.

“つくしと切り昆布の煮物”
つくし2020-2
Tsukushi cocido


| 日記・つぶやき diario | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週末のデマとリアル

“花屋のミモザ”
ミモザ2019
A pesar de que hay cantidad suficiente de papel higiénico en los fabricantes, están desaparecidos en las tiendas. Es que corren rumores falsos en Japón. Al principio, queda falta máscaras para defenderse contra contagio por COVID-19 (pero, veo que las máscaras no tendrán muchos efectos para defender de la enfermedad). Y alguién tiene una duda que, los productos de papel faltarán tembién? Y Escribe en el SNS “los rollos de papeles higiénico y compresa faltarán pronto“. Entonces, la gente loca corre a las tiendas y compra mucha cantidad. En fin, resultó que el rumor realizó, aunque los ingredientes son diferente y los fabricantes tienen suficiente. Es increible. Pero no puedo comprar una paquete efectivamente ahora.


先週、マスクの話をしましたが、お店にないのは相変わらずだし、ニュースで検疫官が感染したって話など聞くにつけても、マスクに防疫効果はないってことは、ほんとにそうなんだろうな、という感想になったので、「もういいや」という境地にいます。人の集まるところに行かなければいいんだし。

でも、今度はトイレットペーパーやティシュー、生理用品が品薄になるとは思ってもみませんでした。(マスクと原材料が同じで、海外輸入だからというデマだったんだけど、本当は原材料は違うし、国産だし)

たしか金曜日に報道された内容では、買い占めが起きているけど、在庫は潤沢なのだから、それはやめてほしい、という内容でした。
折しもその日、わたしは下痢をしてしまい、トイレットペーパーの補充はしておきたいと思っていました。それで、仕事帰りにドラッグストアに寄ろうかな…と思ったのですが、大変気分がすぐれなかったものだから、スルーしてしまったのでした。
土曜日は休養していて、夕方、近所のドラッグストア、大手スーパーに行って見たら、まだ、陽性反応者がみつかっていないこんな所でも、ガラガラの売り場を見ることになろうとは。

なんか、もう呆れてしまって。狂ってるやつ、多いんだなと。
マスクパトロール&トイレットペーパーパトロール(買い占めのために、各店舗を巡回する行為)してるやつは死ねばいい。っていう書き込みをどこかで見たんですけど、一瞬、ほぼ同じことを思いました。

思うに、マスコミにも罪があって、そんな話題、ローカルだけにしてほしかったですよね。一瞬にして全国に広がり、全国でそんなことになる。いくら「潤沢にあるから、買い占めないように。」と言ったって、ガラガラの売り場が映像で映し出されているのを見ては、人間はその言葉を信じないんだなと思いました。
ダチョウ倶楽部の、「押すな、押すな → 押せ」みたいな報道じゃないですかね。
その映像を見て、買い漁る一部の人間がいて、その後、品薄の棚を実際に見た人が、さらに手を伸ばす。
やっぱり、近所の「ない現場」は、そっちのほうが、ニュースより、すごくリアルなんですね。
おそらく、そこに山積みになってたら、おそらく人は買わないで帰ると思います。実際、缶詰や手洗いソープなどはまだまだお店にあり、わたしはそれを見て、安心して買わないで帰ったから。

トイレットペーパー、ティシュー類は、「国民生活安定緊急措置法」に関わる特定品目で、高額転売は法律に抵触する恐れがある、という記事を読んで、それなら熱狂がすぐ収まるような気がしましたが、あれはオイルショック時の緊急措置で、今は特定品目から外れているという指摘もあるみたい。
それなら、こういう保健衛生に関わる必需品について、新たに転売防止の法律を早く定めたほうがいいんじゃないでしょうかね。
今回の騒動は、今後、いろいろな改善策を挙げる機会になるなぁと思ってますけど、とにかく、家のがなくなる前にトイレットペーパーを、ふつうに売ってほしいです。

| 日記・つぶやき diario | 15:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況、ドラッグストアと小説

“カーネーション” 長持ちでよい香り
カーネーション200215
Veo que aumentarán los pacientes por virus COVID-19 por Japón también. Todavía no han llegado a Hiroshima ahora, pero llegarán por aquí pronto tal vez. Ya no podemos encontrado máscaras ni decinfectante de alcohol en las tiendas. Pero no tenemos más remedio que estar tranquilos, es que faltan muchas cosas a todos. Me voy a lavar las manos cuidadosamente, y hacer gárgaras también.


先日までは対岸の火事だった新型コロナウィルス肺炎も、もうすぐこっちまで来そうな勢い。
このあたりでも、数週間前にはあったと思われるマスクとアルコール消毒液が、ドラッグストアから姿を消しました。使い捨てマスクだったら、1日1枚だとしても、1ヶ月30枚は必要なんだから、足らないとかいうより、もう全然ダメじゃないですかね。そんなにみんな持っていると思えないし。エタノールそのものも、お店から消えてました。
テレビを見ていると、どこかの野球オープン戦のもようが映っていました。マスコットが「マスクをしましょう」っていうプラカードを持ってたと思うんですが、球場で支給されるんだったらともかく、自分で用意するということなら、
 買えなかった=来る権利なし
になってくるんですよね。まあ、買えたからって、絶対にうつらない保証もないんですけど。
今後、ますます行動が限られることになるのかな。健康にも、経済的にも、すごい損失になりそうで怖いです。


こんなときになんですが、今読んでいるのが、カミュの小説「ペスト」です。
夜、ふとんの中で本を読むのは、寝つきの悪くなったここ最近の話でして、眠るために読んでいるのです。よって、せいぜい2〜4ページくらいで寝落ちしてしまいます。
そんな読み方なので、まだ始めの方しか読んでないんですが、ちょうど、ペスト流行が本格的に近づいてきているところなので、すごくシンクロする部分があり、リアルにじわじわ来ています。
こんな話の本を選んじゃって、かえって寝られなくならないかしら。でも、1年半前に100分de名著でやったので、いずれ読みたいと思っていた本だったのです。これから数週間後に、シャレにならないとか、もう読みたくない状況に陥っているようなこと、どうかどうかありませんように。
マスクもほとんど手もとにない今、とりあえず、手洗いとうがいをこまめにやります。



| 日記・つぶやき diario | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT