| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カルテットと、そのレビューから

‘部屋にも春を’
桜とフリージア2017

ドラマ「カルテット」が、先週終わりました。最近見たドラマの中では、群を抜いて個性的で好きなドラマでした。
ひとつひとつのエピソードと台詞にいろいろ暗示や恣意が含まれていて丁寧で、4人の俳優さんたちが、演技でないくらい上手かったし。毎回、名言が登場して、その度に感心していました。
大人の恋愛サスペンスというふれこみだったけど、とんでもない展開にハラハラさせるのに最後はとても優しいメッセージに着地して、もう、恋愛とかを超えた世界になっていたかな。


けっこう、突いてると思ったレビューがあったので、のっけます。
リアルサウンドの記事ー『カルテット』最終話で真紀が“こぼした”ものとは? どこまでもグレーな結末を読む

この記事の中で、わたしが大きくうなずいた箇所が2つありました。
「白黒つけたがるときは、往々にして相手を糾弾したいときだ。味方でいる分には、白でも黒でもそばにいることには変わらない。」
「自分が手放した道を進む人は眩しく見える。」
です。

以前、カントのことを書いた時、「若い時、全てに白黒つけられないものかと思ってたが、それは自分のエゴだった」と書いたのですが、白黒つけない優しさこそが、お互い過去に傷を持つカルテットのテーマのひとつなんですよね。
「だが、相手をグレーのまま許容するのは、決して簡単なことではない。」とあるように、普通の友人関係では、だいたい無理なんじゃないかと思います。カルテットの4人は、その簡単でないことが乗り越えられていて、それは運命的なことでもあったけど、家族のようなこのつながりが保たれているのは、個々がそれぞれ自分の欲求を二の次にしても相手を思いやっているから。実際には、こんなふうに「大人」でいるのは難しいと思うけれども。

2つ目の「自分が手放した道を進む人は眩しく見える。」は、本当に人間の心の闇ですよね。
「手紙の送り主。きっと安心したいのだろう、自分の選択肢は間違っていなかったのだ、と。」たぶん、手紙の主だけじゃなくて、きっと有朱ちゃんもそうだったのではないかと思います。最後に彼女が「人生ちょろかった!」と4人の前で勝利宣言のように言うのは、「勝ったのは私。ほらごらん、まちがってない。」そういうことでしょう。でも、老いとともに、人生はちょろくなくなるので、彼女がバカバカしいまぼろしと思っているカルテットの夢のように、彼女のステキなちょろい人生もまた、まぼろしのように儚いものになるんでしょうね。
話は逸れるけど、これ、女性同士の嫉妬や確執も、だいたいこれから来ていると思う。
日本の社会では、仕事、結婚、出産の過程で、どうしても女性が選ばされている。手放さざるをえなかったものは、もう次に手に入れることができないか、大変難しい。もう取り返せないほうを肯定的に歩む人を見ると、心がざわつき、不安になる。だからせめて、自分が間違ってないと言って安心したい、という心理ですね。
(ただ、自分が手放した道を進む他人は、自分が手に入れたほうの道は、たいてい手放しているんだけどね。)
これは社会の構造の問題なので、女性同士の問題だと、他人事に思ってる男性がまだまだ多いのが残念だけど。
話が逸れましたが、男性にも、こういう心理はどこかにあるんじゃないですかね。

あと、「直接には役に立たないかもしれないけど、好きでやっていることへの讃歌」というテーマもよかったです。
ふだん、うまく回っている時には気づきにくいけど、仕事から、社会から見放されたと感じるとき、見捨てずにじぶんの味方になってくれるのはいつも、「役に立たないけどいつもやっていること」です。まわりからの援助や助言で救われることもあるかもしれないけど、最終的には、自分がいつもやらずにはおれないこと…家事でもなんでも、案外つまんないルーティンなど、自分でしたことに救われるのです。
最終回の、唐揚げに添えられるパセリのくだりは、たいして役に立たないけどあったほうがいいものとして、突いてるなあと思いました。

ドラマを見て楽しみ、ネット上では他人のこのドラマの見方を楽しんで、2度おいしいドラマでしたが、ゆっくり何度か見返してみたら、さらに味わい深いドラマだろうなーと思います。見返す時は、きっと、何気ないシーンのほうが、ぐっと心に迫ってきそうです。


| 日記・つぶやき diario | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとことで表せなかった心象風景が

‘散歩日和’
河原土手170312-2
El último verano, encontré un libro en una librería,"Las palabras del mundo que no se pueden traducir en japonés direcramente", Hubo una palabra interesante para mí en él. Eso es WALDEINSAMKEIT en alemán, que signífica la soledad libre y ancha cuando se comunica con la naturaleza en bosque. Yo no voy a ningún bosque de ordinario, pero tengo memórias que me comunicaba con la naturaleza en un bosquecillo cerca de mi casa en mi infancia. Por eso, buscando unas hierbas en la ribera orilla, yo sola, disfruto sentir la naturaleza. ¿Entiendes esa sensación? Puede ser que yo fuera una alemana o finlandesa en la existencia anterior... jajaja.


子ども時代に、ひとりで近所の山に入っては、赤い椿の花を見に行ったり、ざわざわ鳴る風を少し怖いなと思いながら、でもスミレはまだ咲いていないかとかソワソワもしたり、奥の砂防ダムの裏の山蕗を見に行ったりしていました。まだ生き物が活発でない山は入りやすかったので、特に春先のことでした。
そのせいか、明るい陽が適度にあり、自然のある大変静かな空間、自分とも向き合える自由さと、独特なさみしい感じ。説明しにくいんですが、そういうものに惹かれる性分があり、そういうのだれかわかる人いるかな…と思っていました。子ども時代に、まわりにそういう人はいなかったように思います。(だから1人で行ってたというのもある。)

以前、このブログでも少し書いたように、フィンランドあたりでは、人々は夏にきのこやベリーを摘みに、ひとりで森に入るそうなので、そういう感覚がわりとふつうにありそうだとは思っていました。
そして、昨年の夏、偶然、本屋で「翻訳できない世界のことば」という本を見かけたのですが、

ぱっとページを開いた時に、
WALDEINSAMKEIT(ヴァルトアインザームカイト) 
「森の中で1人、自然と交流するときのゆったりとした孤独感」 ※ドイツ語

とあったので、「あっ!」と思いました。あれを、一言で言える国があったんだ!
なんか、うれしい。
もう、森に行く手段もないのですが、今も、毎春の川土手散策と摘み草(つくし)は、この言葉のような気持ちです。
マイ重要単語として、記録しておきます。


‘春の川土手’ 
河原土手170312-1

つくしの短い季節。
ピンクのアネモネは、民家から球根が飛んできたのか。
なぜかスイセンもあったりして、ギリシア神話つながりだな、と思った。

| 日記・つぶやき diario | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100分de名著「野生の思考」について

‘これは野生のパンジー(Pansée sauvage)じゃないけれど’
パンジー100221


昨年12月に、番組でやっていた、レヴィ=ストロースの『野生の思考』
解説していた中沢新一さんも、web上の番組紹介でも、なかなか簡単には読み解けない本だと言っていたので、はなっから、本書の読書に挑戦しようとは思わず。
なのに、なんだかとても頭にひっかかるものがあり、もしわかったら新しい視点を与えてくれそうで、無視できなくなりました。
というのも、これまでの、自分の持っていた概念を変えさせられるお話で、ふだん、自分の考え方の、どちらかといえばよくない「クセ」だと思っていたことが、なんだ、まちがいでもないや、という安心感のようなものを与えてくれた気がするんですよね。
あと、人間の現代的考え方と、それまでの考え方を客観的に見ることで、現代の行き詰まり感から、新しい考えへのヒントになるかもしれない話を含んでいそうなお話だったからです。

それで、テキストだけ全部読んでみることにしました。
1か月遅れで、徐々に読んでいったのですが、しかし、この解説本ですら、わたしのオツムでは、ちょっと歯が立たず、4回分の解説の、特に前半は、なにを言ってるのかぜんぜん分かりませんでした。布団の中で、眠りながら読んだのもまずかったけれど、とにかく前に進めず、やっと一度読み終えて、もう一度前半を読むことになりました。
そんなわけで、ずいぶん遅れてなのですが、
「わからないなりに、気になるとこだけでも、ぼやぁっとわかった気になったことだけでも、書いておこうか。」
と思いました。自分の解釈で変換してしまった言葉も入っているので、勘違いもあるかもしれません。
それに、まとまらないと思いますけど…(だれか、わかる人がいたら、教えてほしい。)


◆未開社会の人々の思考
民族学者、人類文学者レヴィ=ストロースは、未開の地域の人々の生活を調べるうちに、彼らが現代社会に生きる人に比べ、決して思考が劣っているものではない。新石器時代から、人間の思考のしかたは、そう変わっていない、と結論づけました。
人間は、グラデーションのように、連続して途切れない、膨大な自然の要素の中から、記号のようにいろいろと抜き出して、それからさまざまなものを作ることにより文化を作り上げてきました。それを、彼は「ブリコラージュ(日曜大工)」と名付けました。
その考え方は、未開社会だけでなく、現代のわたしたちが創作するもののベースに、深くかかわっています。最初から完全な設計図を前提とする現代的なやりかたと違って、ありあわせのものを本来とは別の目的や用途のために流用したものは、「それ用」に作られたものではないのだから、必ず少しブレていて、完璧はなく、目指せば終わりはありません。
こうした、理性と感性を切り離さない豊かな思考は、解説によれば、ITの世界にも生きているのだそうです。わたしが納得した例としては、現代アートなんて、まさしくそういうものですよね。絵画やインスタレーション製作中に、「どこで終わりにしよう?」と思ったことがある人は、うなずけると思います。とても身近なところでは、冷蔵庫の中のありあわせのもので、ご飯を作るなどもそうで、クリエイティブのきっかけをつくるのって、いつもこういうことではないですかね。

◆「歴史」の概念
わたしたちが、ごくあたりまえに思っている、「歴史」の概念って、19世紀くらいからのことで、それまで重要ではなかったみたいです。それくらいの時期から、「歴史」に過度な重みを与えて、進歩や発展を言い始めたんだそうです。今のGDPとか、経済成長率とかが重要視されているのも、全部、前との比較(=歴史重視)ですね。
「常に進歩しなくちゃならない」って、どこまで行くつもりなんだろう。そして、そう言ってるけど、もう、いまのままでは、これまでの常識では進んでいきそうにない気もする、なんか、頭の隅がモヤモヤする今日この頃に、「その常識、ここ200年くらいのことですよ」と言われて、「えっ、それ、あたりまえじゃなかったの?じゃあ、そういう概念じゃない世界って?」と、ビックリしました。

◆「構造」って、何?
レヴィ=ストロースは、「歴史」の対極にあるものを「構造」だと言っています。未開人は、毎日惰性的な生活をして歴史を作らないのではなく、むしろ選んで、歴史の外に出ようとしていた。それは、彼らが歴史よりも「構造」を重視していたからだ、というのです。
では、「構造」って何?
ここらへんが、むずかしくてよくわからなかったです。形式とか、スタイルというのが近いんでしょうか。決まった婚姻パターンとか、各部族の情報交換とか、そういうのが重視されてたみたいなんですけども。(だれか教えてほしい)
現代の政治は、「歴史重視(成長重視)」のままなのですが、今後、その枠を出て、新しい概念に移ることがあるのでしょうか。こんな、未来の社会のあり方を根底から考え直すような大きな話、自分が考えても仕方ないかと思いますが、これまで触れないようにしてきたぼんやりした不安や、成長の強迫観念みたいなものがやっぱりあるから、この話が興味深く思えるんだと思いました。

◆「神話」とは
おもしろくて、ふむふむ、と思ったのは、「神話」の話でした。
神話はいつも、何か矛盾を含んでいて、善悪もオチもない話だな、と、子どものころは思っていました。でも、たいてい、自然を人になぞらえているものが多いですよね。
自然を分けたり、部分的に何かを取り出したりして文化は作られるが、それにより、文化と自然の間に矛盾が生まれます。その矛盾を、うまく説明して折り合いをつけているのが神話だということです。
神話の考えは、この世界が矛盾によって成り立っているという認識に立っているとのことなので、神々はやりたい放題だし、「なんで?」と思うエピソードでちりばめられているけど、神話を知ることによって、自然とうまく付き合い、豊かに生きることができたのでしょう。レヴィ=ストロースが、「神話は人類最初の哲学である」といったのは、そういうことなんでしょうね。

◆日本における「野生の思考」
レヴィ=ストロースは、日本に大変な興味と愛情を持っていて、日本訪問の際、職人の仕事、市場、里山などをたずね歩きました。

・ポイエーシス、用の美
陶器、木工職人たちの仕事では、よく、「この木が机になりたがっている」だとか、「無理強いせず、土の言うことを聞け」とか、聞いたことがありますが、そうやって自然に導かれるように作る考え方も、野生の思考のひとつだそうです。
人間が耕作する里山も、自然をそのままではないけれど、台無しにする設計ではなくて、そこの自然を活かしていて、手つかずの自然と人間との、共存ミックスゾーンになっています。

・自然の人間化
日本人はいつも、人間を自然に例えるのではなく、自然を人間化します。例えば、鳥獣戯画や風流蛙大合戦之図。それなら、今の漫画だって、ポケモンだってそうだということになります。自然を人間化することで、自然に親しみを感じることができますね。
テキストの中に、「人間を自然化」した絵も見ましたが、「自然を人間化」した絵に比べ、とても不気味に感じました。例えるなら、なんか、「アバター」っぽかったです。超人とか、ミステリアスに思わせる効果はあるかもしれません。

・日本の食
レヴィ=ストロースは、食事の文化にも興味を注ぎました。火を起こして、食べ物を作る行為は、自然から文化に転換する瞬間なので、かまどの回りには神話が生まれやすいのだそうです。
すっかり日本食が好きになり、亡くなるまで白いご飯と焼き海苔が食卓にあったとのこと。
日本食の特性としては、「分割主義」を挙げたそうです。
食材は混ぜずに供して、口の中で合わせて混ぜる。日本食って、「なるべく自然のものをそのまま」というイメージがありますが、分割して美しく盛る意識って、これも、人間の手を加える部分と、加えない境界線が、おもしろいなと思います。


テキストを読んで、わたしがまとめと感想を書けるのはこのくらいで、まとまりがないです。
こういう思想が、「ああ、あのとき!」と、思い起こしたり、ヒントになったりすることがあるのかどうかはわからないですが、目の前の閉塞した物事が変わらないのであれば、考え方や意識のほうを転換することが希望につながるのかな、と思いました。
とりあえず今の自分の生活に重ねて思うのは、ふだん、なりゆきで考えて作ったようなものでも、最終形もわからず手をつけはじめたようなことでも、それが特にまちがいというわけではないのだな、ということでしょうかね。「ブリコラージュ」という言葉は、覚えておこう。

| 日記・つぶやき diario | 22:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100分de名著を振り返って「苦海浄土」

‘この写真も本文となんの関係もないですが’ 若い緑が美しかった。
緑170109-2

前のログに引き続き、遅まきながら100分de名著を振り返ります。
苦海浄土(2016年9月放送)〔石牟礼道子著〕は、この番組で取り上げられるまで、その存在を知りませんでした。
だから、特に興味もなく、テキストも読まないで暇つぶしに番組を見たのが初めです。

のっけから、水俣病患者の心情を語った内容だったので、正直なところ、最初は心理的に遠くて、少しおっくうだな…と思いながら見はじめました。
ところが、番組内で紹介された、著者の短い文章が、ものすごく切なく美しくて、かつてこんなに胸を打たれる文章って、読んだことあったかな?と思うくらいで、ちょっとびっくりしました。
テキストの解説にもありましたが、「美し」は「かなし」とも読む。ということが、こんなに胸にストンと落ちるなんて。著者は、この著書を、ドキュメンタリーでも小説でもなく、詩だと思っている、と言ったそうですが、部分的に取り上げられた箇所だけ読んでも、そうなのかもしれないと思いました。

まだ、番組を見てテキストを読んだだけなのに、以下、まるで、著書を全部読んだかのようにいろいろ書いてしまうのが申し訳ないのだけど、テキストだけでもそれだけのインパクトがあったのは確かです。

言葉を伝える手段を失った水俣病患者の心情を、著者の感性を通じて紡いだ言葉は、少しだけ読んでも、ひとつひとつが重いだけでなく、心の芯にまで深く迫ってきて、患者とその家族のリアルな状況が理解できるのはもちろん、魂からのメッセージがすごいと思いました。(番組では、夏川結衣さんの朗読もすばらしかった)
テキスト解説で、「この本は、一度に読み終われないかもしれない。が、読み終われない本があってもいい。」という旨が書かれていましたが、詩だったら、短文でも、簡単に早く読み進められないものですよね。そういうことなのではないかな、と予想しています。

患者を巡る過酷な現実を描いている断片も、なんというか、涙でできた水晶や真珠がきらめくように美しくて、なにか尊いものを感じます。
水俣問題をめぐるニュースは、時々目にすることがあったけれど(終わってないので、これからも目にするでしょう)、日常に飛び込んでくるニュースだけでは、この本が描く世界のように見ることは、到底できませんでした。

この本には、フランクルの「夜と霧」と共通してる部分があるんじゃないかな…(と思ったら、テキストにもそう書いてありました)。
「夜と霧」はナチスの強制収容所でのお話なので、全然舞台は違っているけれども、巨大な政治的思惑から理不尽に虐げられた人々の話だということは同じです。どちらも、大変重く暗い題材を語っていながら、絶望の中に、バラ色の光、または涙を照らす光が差し込むような、圧倒的な美しさと温かさがあると思います。
「夜と霧」は、低迷している自分をとても勇気づけてくれた本でしたが、「苦海浄土」もまた、そういう匂いがすると思いました。どうして、こんな悲しい、理不尽に耐え忍ぶ人々のお話に、心温まったり、勇気づけられたりするんでしょうかね。
自分なりに答えを探してみました。

生きていると、しばしば理不尽なことに出会うもので、怒り、悲しみ、諦め、孤独を経験することになります。でも、お話の主たる人々は、自分の運命を悲しむでもなく、ましてや誰かを呪いもしないのです。苦しく悲しい中にも、移りゆく自然の美に感動できる感性を持っています。
きっと、そういうところがすばらしくて、勇気づけられるのではないかと思います。

原著を見かけたら、ぜひ読んでみたいです。

| 日記・つぶやき diario | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

100分de名著を振り返って

‘タイトルとまるで関係ないです’ 花はヒメツルソバ
花170109-1


本そのものを読んでもいないのに読んだ気分になれる、100分de名著ですが、リアルタイムで番組を見なかったり、考えがまとめられなかったりで、なかなか感想を書けませんでした。そうしているうちに、どんどん忘れて頭からこぼれるので、2016年秋頃からの放送またはテキストを、今、残っている印象だけでも記録しておこうと思います。


○「永遠平和のために」カント ーーーーーーーーーーー
難しそうだし、ぜったいこの本読まないと思います。なので、テキストとテレビでわかった気分になろうと決めました。
この人のこと、高校の倫理の授業で少し習って以来?
でも、この放送を見て、ちょっとカントのイメージが変わりました。法、制度、経済のシステムを考えた人だったんですね。18世紀の人なのに、今に十分通用することを、あの時代にもう予測して考えていたとは。
印象的だったことを2つ挙げると

●人間の本性は邪悪である。しかし、邪悪でも、「道徳」で悪を抑止することはできる。
ただし、「道徳」とは良心の問題ではない。「普遍的なルールとしてあらゆる人の利益や都合を保証するために活用されるもの」だ。
 ……自分が持っている、道徳ということばの概念が、どうしても邪魔してきて混乱しました。強制的に、「道徳→例外抜きのシステムに置き換え」で、なんとか飲み込みました。

●恒久平和を維持するシステムとして「諸国家による平和のための連合」を構想する。
 なぜ、「世界統一国家」ではダメなのか。
 世界統一国家への統合は、異なる文化、価値観、言語という個別の事情を超えて、特定の強者の文化や価値観が一方的に物事を決定するという大きな抑圧を生みかねない危険性が必然的に生じるから。
 ……これ、どこかの独裁主義国の将とかテロリストとかに聞かせてやりたいと思いました。もう、18世紀にこう言ってますよって。
 わたしも、うんと若い頃には、物事のいざこざが全部解決する世界になればなぁとか、全てに白黒つけられないものかと思っていたこともありました。でも、今になって思うと、それこそがご都合主義というか、エゴっていうか。
 年を経て、今思っているのは、平和な状態を保つのはすごく難しいことで、国と国、人と人のせめぎ合いは、ずーーーーっとなんですよね。永遠に、ずーーーーーっと終わらない。沸騰した湯からわき上がる空気の玉みたいに、後からあとから湧いてくる小さいこれらを潰していく努力で、なんとか保たれているもの。これを、大きな権力で一時的に鎮めることができたとしても、たまったエネルギーはある日爆発し、思ってもみない規模で大きな傷を作ることになるんだろうと思います。
 だから、問題は多くても、小さなアブクと戦う「諸国家による平和のための連合」なんでしょうね。
 
○「苦海浄土」石牟礼道子 ーーーーーーーーーーー
ふつつかながら、これまで全然その存在を知らなかった本でした。なのに予想外にハマった放送でした。
2、3行で感想を書けなかったので、後日また書きます。
 
○「正法眼蔵」ーーーーーーーーーーー
宗教本は、これも絶対読まないので、この番組でわかりやすく解説してくれる宗教ものは、毎回楽しみにしています。知っておいたら、宗教が背後にある文化や芸術のことが理解しやすくなりそうだからです。
今回も楽しみにしていたのですが、しかし、これはちょっと入り込めませんでした。
おかしいな…「般若心経」「歎異抄」などは、とても面白かったのに。
私自身が忙しいモードだったのもあるかもしれないし、解説が合わなかったかも。解説者との相性は、けっこう大事だと思います。興味なかった本が、急に身近になったものもありましたから。

○「野生の思考」レヴィ・ストロース ーーーーーーーーーーー
ひと月遅れで、今、再生中。予想外におもしろそうだったので、テキストをまずは読んでみようと思います。中沢新一さんの解説は、いろいろインスピレーションを与えてくれそうです。


今月は、中原中也をやっています。解説はどうかな…少し頼りないかも。まあ、詩って、感覚的だしね。
また、遅れて追っかけますけど、中也に興味あるので、これも楽しみです。

| 日記・つぶやき diario | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT