| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「バベルの塔」展@大阪

‘バベルの塔’ これを見に行きました
バベル大阪170916-1
Fui a la exposición de Pieter Bruegel y Hieronymus Bosch en el museo nacional de bellas artes en Osaka. Fue la colección del museo Boijmans Van Beuningen de Rotterdam. No hubo muchos cuadros, pero yo lo imaginaba. Casi todos cuadros nos dan un poco de impresión rara. Tienen imagenes grotescas, fantásticas. Pero, al mismo tiempo, Burugel pintaban la vida de pueblo también.
“Babel“ fue muy buena obra para mí. Aunque no sé mucho sobre Biblia, luego unos cuentos sucedían a esa forma, no? Por ejémplo, Laputa de Gulliver. Por cierto, me gustan la película de “Babel“ por Iñárritu.
Viendo las obras de Bosh, recordé la obra de ”El jardín de las delicias” en el museo del Prado. Era muy diferente de las alrededores, por eso no la olvido.

先日の連休の話になりますが、ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展(大阪−国立国際美術館)に行きました。
あいにく、土曜日は秋雨前線と台風の足音が忍び寄る日でしたが、美術館なので大丈夫でした。(次の日、台風接近だと、美術館でも大丈夫じゃないことを知るのですが)

主に、ブリューゲル(父)と、その師匠ヒエロニムス・ボスの展覧会でした。
ブリューゲルといえば、この「バベルの塔」の絵と、「雪中の狩人」のイメージだけしか持っていなかったので、物語的な絵の中に、一般の人々の生活を描いていたのかなと思っていました。それに、ヒエロニムス・ボスがお師匠的な存在だとは知りませんでした。
ヒエロニムス・ボスといえば、「快楽の園」という作品があって、それをプラド美術館で見たことがあるのですが、大量のオランダ絵画を見疲れてきた頃に、それらとはまるで異質な感じで現れるので、とてもよく覚えています。
今回の展覧会は、16世紀前半から中盤くらいの、主にこの2人と、それに関わる人が製作したと思われる作品群で、そんなに多くではありませんでした。現在に至るまでに、相当消失していて、残っている作品が少ないので、本人確認ができていない作品がどうしても多くなるのでしょうね。この2人以外の作家など、広がりがあるかなあと思ったけど、それもほとんどなく、そして、エッチングのような作品が多くて、油彩はそれほどでもありませんでした。このあたりも、仕方ないのかな。

まあ、なんとなく、そこらへんに期待できない気もしたので、「バベルの塔」を見られればよしとします。
ブリューゲルがボスをお手本として作品を制作していたことは知らなかったので、けっこうグロテスク画があることに意外さを覚えました。そうか…生活を描いてた人じゃなかったんだ… それでも、スケートを滑ってる人々とか、農業してる人の絵とか、当時の生活が描かれたものもあって、こういうのが「雪中の狩人」につながるんだなと思いました。でも、まあ、バベルだって、ファンタジーだし、作品全体を貫くのは、やっぱりファンタジーだろうと思うのですが。
「バベルの塔」は2作品あるうちの2作目のほうだそうで、ウイーンにある1作目よりずいぶん小さいらしいです。ただ、1作目で満足しなかったところがあったか、またはぜひやってみたい試みがあったからこそ2作目を描いたには違いなく、見て、やっぱり、良いなと思いました。小さい作品だとは聞いていたけど、そんなにショックでもなかったです。フェルメールの絵の小ささに比べたら、ずいぶん大きいですよ。1作目とは、ネット上でイメージを確かめるしかないので、比べられませんが、塔のそびえ立つ感じはこちらのほうがより出ているように感じます。恐ろしく細やかに描いてありました。


‘バベルの塔の中身’
バベル大阪170916-2
Katsuhiro Ohtomo intentó pintar dentro de la torre de Babel.

大友克洋さんが、バベルの塔の中を描いたという情報は、テレビで見たのですが、会場にも飾ってありました。バベルの塔ね、冷静に数えたらデパートの階数くらいしかないんですけど、すごく大きく見えるんですよね。ブリューゲルはコロッセオをモデルにしたらしいです。大友さんの絵では、中に水路が通っているのね。本当にあったら、おもしろい建築物ですよね。でも、神のお怒りに触れるので、実際に建てようとは思わないかな…てか、合理的な建物になりそうにもないな。

全然関係ないんですが、イニャリトゥ監督の映画「BABEL」がとても好きなせいか、展覧会のポスターを見ただけで、坂本龍一の曲が頭を駆け巡ります。あの話は「伝わらない悲しみ」が主な主題だったけど、裏返して「つながった喜び」を描くことと、なんら変わらないって思えた作品でした。

| アート鑑賞 arte | 00:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ランス美術館展

‘ひろしま美術館の看板’
ランス美術館展ひろしま
Fui a la exposición del museo de Reims (Champagne, Francia) en el museo de Hiroshima. Hubo diversos tipos de cuadros en la colección del dueño de companía de vino. Me gustó un cuadro de Paul Gauguin. En la ciudad de Reims, hay una iglesia que hizo Leonard Foujita, un pintor japonés, él terminó su vida ahi. Viendo sus obras, me puse un poco triste por imaginar su corazón. Él no traicionaba ni engañaba a la gente japonés, pero Japón le trató mucho frío. Siempre las guerras cambian el destino de gente. Deseo que acabase su vida felizmente en Francia.

自分で制約を課しているのだから仕方ないといえばそうだけど、ここ数年の単調な生活に、ちょっと閉塞感が大きくなってきました。この連休、どこか行けないかな〜とか思って、1月末から2月ごろ、ちょっとネットで情報を調べたりしていたのだけど、どこに行くにしても、宿も数年前よりずいぶんとりにくくなっているな…という印象でした。お金に糸目をつけないつもりなら、それはいつでも簡単だし、また、旅慣れている人なら、最近の雰囲気や情報もわかるでしょうけどね。
決めきれないで、うかうかしているうちに、ひごろの陶芸教室でさえも、まさかの予約取り損ね。何やってんだろ。こまめさが足りずトロい自分に、まったく嫌気がさした連休でした。

とにかく、何か気分転換しないことには、どうにも気分が収まらなかったので、ひろしま美術館で開催中の「ランス美術館展」に行ってきました。
ランス美術館は、フランスはシャンパーニュ地方の、もと修道院だった建物を利用した美術館です。シャンパンメーカーのポメリー社の、アンリ・ヴァニエが、コレクションをランス市に寄贈してできた美術館だそうで、イタリア絵画、フランドル派、印象派やナビ派、ロマン主義の作品など、主に王政の時代から20世紀に至るまでの作品群を所蔵しています。
また、ランスは、藤田嗣治が、人生の最後の作品として、礼拝堂を作った土地でもあるので、それに関する作品もありました。彼と、その奥様は、その礼拝堂で眠っています。

そういうことだったので、フジタの作品が多いのかな…と思って入場しましたが、以前にも、フジタの作品を扱った展覧会は地元であったので、それに比べれば、正直作品数としては全然物足りない感じでした。
ただ、フジタの作品にふれるとき、いつも、「日本と決別する運命」のことを無視しては見られないので、日本人のわたしとしては、少し切ないような、いたわしいような気持ちになります。
今回も、人生最後の仕事として、フランスに骨をうずめるフランス国民として、キリストの生誕から復活までの物語を「描き上げたらもう死んでもいい」または「これを完成させるまでは死ねない」だったのだろうな。そう思うと、画家の執念みたいなものを、汲み取るべき習作の数々なんだな…と思いながら見ました。ランスが、晩年の彼の「居場所」だったんですね。温かな人情の土地であったことを祈ります。

だったら、テンペラ画は、やはり本物を、本場で見てみたいと思うし、ランス美術館の所蔵作品も、ヴァニエ氏が、そうとう細かい条件をつけて美術館展示に至ったとのことだったので、重厚な修道院の佇まいのなか、赤い壁紙の上に展示されているところで見てみたいです。この展覧会を見ることで、「ランスに行ってみたい。」という気持ちになりました。

今回の展示作品の中では、ゴーギャンの「バラと彫像」と、シスレーの「カーディフの停泊地」(上記ランス美術館展のリンクの中にイメージがあります)、あと、ナビ派、ヴュイヤールの小品などが好きでした。
ゴーギャンはやっぱりいいな。




| アート鑑賞 arte | 18:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東山魁夷展

‘東山魁夷展’ きっと、この馬は、妖精とか祈りとか希望なんだろうな。
東山魁夷展2016
Fui a la exposición de Higashiyama Kaii. Él era representativo entre el círculo de pintores de estilo japonés en el siglo 20. Nació en 1908 y murió en 1999. Los cuadros de estilo japonés se pintan por pigmentos minerales o polvo de chonchas o etc, mezclando con Nikawa (es una especie de gelatina). Me gustan los cuadros de Kaii, sobre todo ellos de bosque azul con cascada blanca, todos sus azules son muy profundos y bonitos.
Esta vez, pude ver los cuadros en fusumas que están en el templo de Tosho-daiji (en Nara) muy preciosos. Por lo que he leido, ahora está en reparación la casa que tiene estas fusumas. Así que el templo puede prestarlos al museo.
Estoy muy contenta, es que esas oportunidades no hay mucho.

やばい、もうすぐ終わる!と思って、東山魁夷展に、やっと行ってきました。9月17日から、広島県立美術館で始まっていたのですが、9月中は忙しくて行けず、10月に入ってからは、なんとなく失念していました。
東山魁夷といえば、日本の自然をベースに、ふわっとした空気感のある日本画で、特に白馬が緑の中を歩いているとか、青い森に白い滝とかが代表的でしょうか。
今回の美術展は、唐招提寺御影堂のふすま絵が来ているのが見逃せないところでした。
まだ、ご存命のとき、御影堂のふすまの前に座ってテレビのインタビューに答えている画家の姿を、幼心にも印象的だったみたいで、ぼんやりと覚えています。(年齢がバレるわね。)

その唐招提寺を4年前に訪れて、御影堂の中のふすま絵を見たいと思いましたが、何せ、ふだんは一般公開していなくて、ご開帳の日でないとダメなんだと、残念に思った記憶はまだ新しいです。たしか、御影堂の庭に、鑑真が中国から持ってきたという瓊花(けいか)という白い花があったっけ。
今回、このふすま絵が唐招提寺でないところで拝めるのは、この御影堂が今修理中だからなんですね。

御影堂の家ごと再現してあるわけではないので、桂林月宵、揚州薫風の2作品は、部屋の中の直角に隣り合うはずのふすまが離れていました。そこは、頭の中で再構築しなければならなかったですが、限られたスペースで、ちゃんと建具と畳もつけて、ふすま絵(裏表)をすべて見られるように展示されていたので、雰囲気はわかりました。奈良でみられなかったふすま絵を、まさか、広島でみられるとは思っていなかったので、感激しました。
魁夷さんが時を遡って鑑真さんの気持ちを思ったことがよくわかりました。わたしたちもまた、時を遡って、魁夷さんの気持ちを垣間見る機会を得ました。そういう意味でもおもしろいですね。

その他にも、ドイツや北欧に行って見たものをテーマに描いた絵(そういう、西洋的なモチーフは意外でした)や、いかにも魁夷らしい、青い針葉樹の森や白い馬の絵もありました。
西洋画を勉強していたからか、日本画といっても、油絵のような表現だなと思いました。でも、日本画展を見に行くと、どれもたいていそういう感じですよね。もう、材料だけの問題なのかと思うこともしばしば。日本画とは?とよく思うのですが、東山魁夷の考える日本画とは、は、ちゃんと書いてありました。ちゃんと覚えてないけど、自然と装飾性の落としどころというか、せめぎ合いのところの表現というか…(こんな言葉じゃなかったな。ざっくりイメージですみません。)

つくづく不思議だったのは、塗り重ねた顔料の、微妙なトーンや色の深みが、ぼやっと空気を作り出してしていて、近くで見ると、その色の違いはほんの少しでしかないようなのに、遠くから見ても、その微細な暗いトーンで、後ろの山の木々や手前の木々の差が立体的に分かること。
近くで見ると、意外と省略されて、幾何学的なかたちなのに、遠くから見ると、ふわっと輪郭がぼやけてトーンになり、写実的に見えてしまうこと。
顔料で描かれているからなのかなー。もちろん、技術がすごいのは言わずもがななんですけど。
やっぱり、杉などの青い樹々の絵が好きかな。静謐な青が、ほんとうに美しかったです。



| アート鑑賞 arte | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 こうの史代「この世界の片隅に」展(呉市立美術館)にて

‘劇場アニメ化記念に、美術館で原画展’ 映画は11月12日公開です
この世界の片隅に展160811
Fui a la exposición del manga. Esa tiene una significación del prólogo del estreno de la película.

マンガとアニメで見る こうの史代「この世界の片隅に」展を見に行きました。この秋封切り予定になっている、同名の映画のプロローグ的な意味を持つ展覧会です。
朝、墓参りを済ませたあとでこの展覧会に行ったのですが、墓苑の場所も、道中での母のおしゃべり(昭和20年7月1日夜からの呉空襲の話)も、ぴったりこの物語の舞台に重なっており、この日の2つの行事は、わたしにとって無理なくつながり、まるで身内の人のお話のような感覚で見ることになりました。

前売り券は、呉の中心街のいたるところ、小さなお店でも取り扱っているようでしたが、午前中わりと早い時間だったので、呉駅前の阪急ホテル1階で買いました。


主に漫画の原画展で、あと、アニメ製作について、背景をどう作っているかとか、見られる部屋がありました。
原画の後半の展示には、漫画を読まずに来訪した人のために、ここからは話の結末がわかるので、入るかどうかは自分で決めるようにという注意書きがあります。ネタバレの確認です。
わたしは、漫画はもう読んでいたのですが、久々に改めて原画を見て、読み進めていくと、ぼやっと読んでいただけでは気づかなかったこと(構成や描き方、技法など)に気づいたりとか、強いメッセージの部分を大きく表示してあって再確認できたりと、わかりやすく、この物語を再発見することになったなと思いました。
もう読んだのに、やっぱり最後の数ページの力は、ほんとうにすごくて、涙腺が崩壊しそうになりました。なんていうか、愛にあふれたメッセージ。戦争を扱っているし、厳しい現実も描いているけど、残酷さや厳しさだけ描くのでは、心はなかなか動かないのかもしれません。
戦争中の日常を描いた作品なのに、印象的な登場人物の言葉を読むと、意外にも今の時勢にも一致するなぁと思いながら見ました。


-- リンの台詞 --
「誰でも何かが少し足りないぐらいでこの世に居場所はそうそう無うなりゃせんよ」
今、世界中でいろんな理不尽な事件が起きるたびに、罪のない人の居場所がこの世から簡単に奪われることがあるということに驚き、怒り、気持ちが重くなって、社会を息苦しく感じます。でも、他人を許さない人は、自分も他人から許されることはないと思う。
本当に、この台詞を言われたら救われるし、自分からも人にこう言いたいと思います。

-- 水原哲の台詞 --
「わしが死んでも一緒くたに英霊にして拝まんでくれ、笑うてわしを思い出してくれ」
この言葉で、なんで自分が「英霊」という言葉を嫌いなのかが、少しはっきりした気がします。
徴兵されて死んで行った若者の心を想像すると、やっぱり、ほとんどは、英霊なんかに祭り上げられて死ぬよりも、本音はひとりの人間として生きたかったと思う。それが言えない時代、または本音にも気づかせてもらえないような狂気の時代に、消耗品みたいに命を消費させられたんですよね。一人一人の生きてる魂が尊いものだったのに、死んだら「英霊」になるという考えは、空々しい。まとめて物々しい化粧箱に入れられて、別のものにすり替えられた感じがして仕方ない。死は、美じゃない。尊かったのは、生きてたその人たちだったろうに。
政治家が、気軽に「英霊」と言う言葉を使うたび、「けっ!」と吐き捨てたくなるのは、そういう欺瞞を感じるからだと思いました。



最後に、母が話した空襲の話も、書き留めておきます。でないと、そのうち忘れてしまうので。
・母が当時住んでいた家は、呉の中心街だった。
・呉空襲の夜、和庄の防空壕に行く予定だったが、出遅れてしまい、もう入れないとの
 ことだったので、すぐ上の姉と一緒に、遠い二河の防空壕に向かう。
 (最短ルートでも2kmくらい?)
・現在は二河公園となっている場所が防空壕だった。縦に穴を掘って、上に屋根を
 つけたタイプだったという。たぶん、いくつもあった。
・鶏を抱いて逃げてきていた人がいて、朝になると、暗くてもそれが時を知らせたのが
 可笑しかった。
・空襲で家は焼けたので、数日、山手町あたりの祖母(母の母)の友人の家に一家で
 身を寄せたが、その家も苦しかったのか、大変雰囲気が悪く、いたたまれず日中は
 二河川のほとりでぼんやり過ごした。子ども心に、みじめだなと思い、戦争は
 イヤだと思った。
・その後、家族で祖母の実家に帰る。これ以降、祖母の口から山手町の知人の話は
 一切出てこなくなった。
・次姉が和庄の防空壕で亡くなったと知る。

母の呉空襲の話は2008年にも書いています。

| アート鑑賞 arte | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チームラボ☆アイランド@広島に

チームラボといえば、プロジェクションマッピングなどで有名な技術集団で、代表者の猪子さんが、たまにテレビで「日本のジレンマ」とかで熱く語ってたりする姿を見かけることがありますが、そのチームの作品展「踊る!美術館と、学ぶ!未来の遊園地」がこの夏全国各地で開催されています。
広島では、7月27日からNTTクレドホールで開催されているので、この週末に見に行きました(内容はこちら)。デジタルの世界を見たり聞いたり触ったりして楽しむ、体験型アートというか、学習というか、とにかく面白かったです。真っ暗な通路から入るので、ちょっと直島の現代アートを思い出しました。


‘クリスタル・ユニバース’ カメラ忘れて、モバイルで撮った。ボケた。
アイランド0807-1

アイランド0807-2
Fui a la exposición del TeamLab. Es un grupo de trabajos digitales. La actividad típica es projection mapping. Este verano, ellos celebran unas exposiciones para ver artes, tener experiencias, y estudiar algo por las obras digitales. En Hiroshima también podemos verla. Me gustó mucho, fue muy interesante.

やっぱり、圧巻はクリスタル・ユニバースだったかな。これがフィナーレなんだけど。こういう、体験型アートって、やっぱり、作ったものそのものだけじゃなくて、人がそこに入ることで、目に映るものがアートっぽくなるというか。断然、人が入るほうがいいんですよね。


‘お絵描き水族館’
アイランド0807-8

子どもは、飽きない子はずっと留まっていそう。大人のわたしたちでも、けっこう飽きずに留まって見ていました。
「お絵描きタウン」「お絵描き水族館」は、絵を実際に描いてそれをスキャンし、ほんとうに画面でそれが動いてくれるというもの。子どもが大勢、一生懸命描いていました。


‘つくる!ぼくのケンケンパ’
アイランド0807-6

デジタルの「つくる!ぼくのケンケンパ」は、美しかった。○や△が踏まれて、きれいにグラフィカルに散って、色が変わります。


‘まだかみさまが いたるところにいたころの ものがたり’
アイランド0807-7

「まだかみさまが いたるところにいたころの ものがたり」は、動画で、イメージとしては、昨年の大河ドラ「花燃ゆ」のオープニングイメージにちょっと似てると思いました。(あれも、チームラボの作品だったと思う)
上から象形文字が降ってきて、それに触れると、それが示す意味のものが絵として現れ、動く風景画を作っていくというもの。漢字の成り立ちが覚えられるし、美しいので飽きません。子どもたちが、夢中で跳んでは触っていました。でも、月、太陽、雪、動物、山、鳥などが現れて喜んだのもつかの間、絶えず動きながら消えていくさまは、森羅万象、全てはうつろいゆくものですよ、というメッセージのようにも思えて、楽しく贅沢な子どものあそび学習アートなのに、勝手になにか仏教的なものも感じてしまいました。枯れてるわね。

中高生は少なかったような気がするけど、夏休みに涼しい所に行きたい親子とか、おすすめだと思います。わたしは大人だけで行きましたが、結構満足しました。チケットが、一般的なプレイガイドで扱ってるような情報がなく、セブンチケット以外は展覧会入口で当日券なのかなぁ…というのと、見終わった後に、出口に置いてあった手洗い用の液体の容器が、ハンドソープだったのが、ちょっと残念だった(アルコールにしてほしかった。そこから水道まで距離があったから)けど、それくらい。よかったです。9月4日まで。

| アート鑑賞 arte | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT