| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カレンダー御礼

‘カレンダー1月のイラストを改変したもの’
紅白梅1月イメージ

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
ここのところ、ブログが書ける状態ではありませんでしたが、年が明けて、少し落ち着くので、思いつくことから上げていきたいと思っています。


そして、2018年のオリジナルカレンダーを希望してくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。少しでも、どなたかの生活の一片を彩ることができれば幸いに思います。


以下、今回の経過と反省点です。
お知らせした直後は、希望はそう多くなく、ちらほらと頼まれる具合だったので、「これは前年より少なくなるかも。」と、全然あせってはいなかったんですが、気がつけば増えて、少し余裕を持たせて買っていたはずの台紙が1枚たりとも加工を失敗できない事態になり、結局これまでで一番多く作ることになりました。なんとかなったけど、来年は、予備でもう少し台紙を買っておこう…

そして、毎度のことながら、プレッシャーとの戦いとなるのが期限。毎回誰かから「もっと早く作ったら?」と言われておりますが、なぜかいつもギリギリになってしまいます。ほんとすみません。
とくに今回、2017年の年末は、平日と休日と年末の巡りが、わたしにとっては、いつもよりタイトになってしまい、29日の晩までカレンダーの紙切りと組み立てをやることになりました。天皇誕生日(祝日)が土曜日だったのも痛かった。土曜でなければ、カレンダーに集中できる日がもう一日増えてたはずなので。こんな感じなので、これも恒例ですが、年賀状や大掃除なんてできるわけがないですわね。
最近では、もう時間と体力的に厳しいので、年末のカレンダー渡し=年末のご挨拶、と捉え、挨拶は済んだということで年賀状は自分から書かないことにしています。いただいたはがきにお返事はしますけど。そういうわけなので、失礼があったらごめんなさいです。
再来年、改元後、天皇誕生日が移動したら、毎年こんなスケジュールになるんだなぁと思ったら、もっと早くとりかからなければと思いました。家の人は、「せめて、台紙の加工だけでも、夏にやっといたら?」と言ってきました。たしかに。
いつも、テーマやモチーフに悩んで、気がつけば10月くらいになっているけど、たしかに、台紙の加工だけでも済んでいたら、もう少し余裕ができるはずです。そうすれば、秋冬の美術展やイベントなんかも、機会を逃さずに済むものもあるかもしれません。…ていうか、早く配れよ。

だいたい、毎年、クリスマス前から仕事納めの日くらいにかけて、もう限界!と思いながら作ることになるんですが、それでもなんで辛うじてこれをやってるか、って、以前書いたことがあったかな。
今現在は、たまーに職場でもカレンダーの原稿を作ったりする機会があったりするんですけども、わりと自由度が少ないし、職場の仕事で作るのと、自分のプライベートで作るのとでは、意味が全然違うんですよね。ここで作るオリジナルは、たとえ失職しても、すなわち社会的な自分の居場所が見えなくなったとしても、精神的に辛うじて自分を救う灯りになる類いのものだと思います。実際、これしかやることない時期もありましたからね。(所望してくださる方々は、わたしにろうそくを差し出してくれてるイメージでしょうか。ありがたい。)
毎年、テーマが浮かばなくて「もう終わりかな…」と思うので、いつまで続くか自分でもわからないですが、灯りを途絶えさせたくない気持ちもまた本当なので、配り終わって今年を迎えられ、本当にほっとしています。ありがとうございました。




| My work 販売情報 informacion | 13:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレンダー製作経過

‘できあがった表紙’
カレンダー2018経過
Estoy preparando calendarios. El tema del 2018 es los dulces japoneses estacionales.

今年も、ひとり絶賛紙切り中!
できあがってみれば、今年はけっこうオーソドックスなスタイルの絵になったな…と思います。
ラインを引かない絵は、すこし時間がかかりました。来年は…画風はもう少しスタイルを変えてみたいかな。
この卓上タイプを作り始めて15年になる(途中一度、卓上でなく簡易的だったので、それを引いたら14年)のですが、毎年テーマを変えて、絵も同じタイプではなく、思いつくことがあれば描き方も実験的に変えたりしてきました。なので、年によっては、お気に召したり、召さなかったりするんじゃないかと思うんですね。(もし希望があれば、言ってみてほしいです)
でも、それにもかかわらず、なぜか注文数はほとんど増えも減りもしないでここまできました。もちろん、いつも頼んでくれる方々がいるのは確かなんですが、縁がなくなった人もいるかわりに、新しく気にかけてくださる人が現れたりして、結果的にずっと同じようなペースですね。
特に宣伝とか吹聴もしていないし、これがすなわち、目に見える、まわりの人からわたしへの応援かつ期待値なんだろうなと思い、ありがたく思います。
年末まで、もうしばらく紙切り&組み立て作業が続きます。がんばろう。

| My work 販売情報 informacion | 01:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018年度カレンダー

今年も懲りずに作ります。この卓上スタイルになって14年目かな。
毎度スロースタートで、いつもこの時期の発表ですみませんですが、年末に向けてがんばりたいと思います。
さて、2018年のテーマは、「和菓子とその情景」です。

和菓子には、四季の自然のイメージがベースにあるものが多々あり、ネーミングも、売っている店が独自につけたりと自由なものだと思いますが、今回、カレンダーの挿絵を考えるにあたっては、

◆製法や形状などで、一般化した名前を持つもの。(少なくとも、複数の店がその名を使用している)
◆名前や形状から、情景を思い浮かべやすいもの

を選びました。実際、菓子を考案される職人さんたちは、菓子を産み出してから情景を想像して名前をつけるのか、美しい風景を見てから、それにちなんだ菓子を産み出すのか、どちらなのかわたしにはわかりませんが、今描いている風景は、菓子の名前、色、形状から、風景のイメージを決めました。


イメージの見本です。

‘2月’ 浮島(うきしま)
カレンダー2018-2

‘4月’黄身時雨(きみしぐれ)
カレンダー2018-4


※おおまかなイメージはこのようになりますが、細部についてはマイナーな変更をすることがあります。
 フォントは昨年とほぼ同様になります。
※12種の和菓子の簡単な説明つき(名前の由来、季節との関係など)
※祝祭日、二十四節気、大安の印つき
※置き式。以前の、立てたイメージ


紙は白地、台紙の色は、おそらく黒です。
今回は、構成上、絵を最上面に置いたので、絵の部分が、使用後しおりにはならないかもしれません。
もし、買ってやろうという方がいらっしゃいましたら、sue.cadeaux☆gmail.com(☆をアトマークに変える)までメールくださるか、直接私にお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

2017年度カレンダー 12枚つづり
置き式 H140×W180ミリ(台紙を含まない各月 H126×W175ミリ)
価格 850円 (送料別)

以下は、12ヶ月の各テーマ(暫定です)


≫ Read More 続きを読む

| My work 販売情報 informacion | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレンダー御礼

‘御礼申し上げます’
カレンダーおれい2017

今年も暮れ行きますね。
今月もいろいろ思ったり感じたり、なんやかんやあったと思うのですが、仕事以外は、ほぼ家に籠ってカレンダー作りという毎日で、どんどん流して忘れるばかりです。

さて、そのカレンダーも、昨日ですべての作業を終えました。今日から紙切り作業をしなくていいのがとても嬉しい!
それにしても、昨年にも増して、いろいろな方々が希望してくださり、本当に感謝しています。今回は「保存食」という地味なテーマだったし、たいして宣伝もしてませんでしたので、減っても仕方がないかと思っておりました。
そして、毎回毎回、年末ギリギリまで作ってるってどうよ…と、反省するものの、結局「案が出てこない!テーマ決まらない!」で、次回もギリギリ…というのを繰り返していますから、ギリギリまでお待ちくださった皆様方も、ほんとうにありがとうございました。

皆様方にとって、来年1年が充実した幸せな年になりますよう。
お渡ししたカレンダーが、くらしの中の彩りのひとつとなってくれたら、本望です。

さて、来年はどうしよう…毎回、テーマに苦悩します。なにか、お気づきの点などありましたら、来年の参考になるかもしれないので、遠慮なく言ってみてくださいね。

明後日、もう新年…年賀状は、このカレンダー作りがいつも押して限界なので、こちらからは出さないと、もう決めてます(きたものに返事は、書く)。ご無礼すみません。

| My work 販売情報 informacion | 20:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレンダー経過

‘カレンダー経過’
カレンダー製作経過20161126
Ahora estoy preparando los contenidos de mi calendario. El tema del 2017 es "los regalos por trabajos de la cocina", aunque no sé si esa expresión es correcta o no. Dicen que la zorrilla y la tejonita engañarán los hombres en los tradiciones antiguos de Japón. Pero creo que no engañarán sino encantarán las personas. Por cierto, el tiempo también encanta muchas cosas (En fin cambia todo el mundo). Él también encanta las comidas conservadas. Tal vez, a ellas les gustará cocinar las comidas conservadas, yo pienso. Así que dibujé así.

「季節の手仕事とごほうび」というタイトルで製作中のカレンダーですが、ただいま、一部を除いてだいたいイラストを描き終わったところです。このあと、色やレイアウトのこまかい調整をして、プリントに移る予定です…。
その前に、紙とかいろいろ発注しなくては。

結局、12ヶ月それぞれのテーマは、少し変更しまして、
1月 切り干し大根
2月 レモンカード
3月 いちごジャム
4月 夏みかんピール
5月 ちりめん山椒
6月 梅干し
7月 夏野菜のピクルス
8月 ゆず胡椒
9月 ジンジャーシロップ
10月 干し柿
11月 鮭のみそ漬け
12月 芋甘納豆

になりました。
もし、「まだ、頼んでなかった!」とか「ひとつ、もらってみよっかな」という心優しい方がいらっしゃいましたら、sue.cadeaux☆gmail.com(☆をアトマークに変える)までメールくださるか、フェイスブックでメッセージを利用、または直接私にお問い合わせください。

さて、引き続きがんばろう…フィギュアスケートも気になりつつ…(毎年、カレンダー作りとグランプリシリーズ&全日本が被るため、心穏やかでいられない)

| My work 販売情報 informacion | 02:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT