| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ビーツでサラダを作ってみた

‘ビーツ’ 7月中旬に買いました。
ビーツ
He preparado unas ensaladas con remolachas. ¿Es popular de comerla en tu país? En Japón no. Se venden poco. Pero a veces encontramos unas en las tiendas de JA(Japan Agricultural Cooperatives), En este julio, compré unas y luego probé a preparar unas ensaladas. Ellas salieron vistosas.

ビーツって、ロシアのボルシチのイメージがあったし、カブの一種だと思っていたので、寒い時期に収穫されるのかと以前は思っていました。日本では、大手のスーパーには出回らず、あったとしても、缶詰とかレトルトパウチのような商品で、特に生のものは見つけるのが難しいですよね。
でも、以前、JAの直売所などで、夏ごろ見かけたことがあった気がするなぁ…と思っていました。
そして、この7月中旬、梅雨明けてすぐのころ、偶然見かけたので、ためしに買ってみました。

カブの仲間じゃないんですね、これ…。
アカザ科の植物なんだそうで、ほうれん草と同じ仲間だそうです。じゃあシュウ酸がすごいのでは?ほうれん草の根っこの赤い部分は食べないほういいとかいうし…と思ったけど、ネットで見た限りでは、ビーツをそんなに心配することもないみたい。それに、そもそも、この野菜を食べる機会なんてそんなにないんだしね。

上の画像のサイズと、もう半分くらいの大きさのもの1個をゆでました。わたしは皮を剝いてからゆでましたが、赤い色素をムダにしないように、皮付きでゆでるのが本当らしいです(剝いてゆでても、赤さはそんなに褪せなかったけど)。
とりあえず、塩茹でして、ゆで汁に酢を加えた液と刻んだビーツを瓶詰めにして保存することにしました(1週間ほどで使い切った)。サラダには、思ったより量が要らないというか、少しで足りたので、3回料理できました。少量でも、わりと食べ応えがある野菜でした。

‘かぼちゃとビーツのサラダ’
南瓜とビーツのサラダ
Ensalada de calabasín y remolacha. Fue muy rica.

まずは、ゆでたかぼちゃを潰し、塩と酢で薄く味付け。かぼちゃが熱いうちに薄切り玉ねぎを和えます。ゆでたビーツ、マヨネーズを加えて和え、ナッツ、ディルをトッピングします。


‘オレンジとビーツとトマトのサラダ’
ビーツとオレンジのサラダ
Ensalada de naranjas y remolachas... salió muy vistosa.

オレンジが甘いので、酢を多めで、酸っぱめに仕上げます。ビーツの色が強烈で、オレンジもすぐに赤く染まりました。時間の関係で、ついバルサミコ酢と玉ねぎを早めに加えてしまいましたが、バルサミコより赤ワインのほうがよかったと思う。上質なものならよかったのかもしれないけど、我が家の古くて安いバルサミコでは、風味がちょっとフレッシュさの邪魔をしました。
玉ねぎはなくても。入れるなら食べる直前のほうがいいかな。マリネのようにと早く加えたら、少し生臭くなりました。


‘’ビーツ入りポテトサラダ
ビーツ入りポテトサラダ
Ensalada de patata y remolacha

おいしかったけど、中途半端な色味ですね。もっとビーツを入れてヨーグルトなども入れてショッキングピンクのサラダを目指してもよかったかも。きゅうりは、色としては混ぜるのNGだったなと思いました。


ビーツのサラダは、楽しい試みでした。夏向きのスープもやってみたかったな。ジャジュクとガスパチョの間のような、にんにく風味ヨーグルトスープを作ってみたかったです。でも、おそらくこの夏はもう手に入らないと思うので、また来年出会えたらね。


| クッキング mi cocina | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 固いアボカドに熱を

‘ハモの磯辺揚げとアボカドの天ぷら’
ハモの磯辺揚げとアボカド
Los fritos (hamo y aguacate)

梅雨が明けましたな。
先日の連休は、実際もう明けているのでは、という感覚でした。とにかく陽射しがきつくて暑くて。
食事もすっかり夏のものになり、梅雨明け前にスイカを数回、ガスパチョを2回食べました。これからさらに猛暑になるだろうと思うので、これからも何回も食べることになるだろうと思います。あと、もずく酢も。

うちでは、もずく酢に、よくアボカドを入れるので、アボカドも時々買います。先日買ったアボカドが、青い未熟なものでした。数日、常温で放っておけば柔らかくなるのに、うっかり刃を入れてしまって、冷蔵庫で保管したら、何日経っても柔らかくならないままでした。少し渋くて、噛むとカリコリ音がします。
どうやって消費するかと思いつつ、放っておいたのですが、先日、ハモの天ぷらを作った時、ふと思いついて、アボカドも揚げてみました。
大正解。
渋みも抜け、柔らかくなって、おいしく食べられました。そうか、熱を通せばいいんだな。
まぁ、今後は、青いアボカドは常温で2日間ほど置いて、皮が茶色になったところで使う(またはそこから冷蔵庫に入れる)ことにしますけどね。でも、もしどうしても青いアボカドをどうにかしなくてはいけないことが発生したら、熱を入れることにします。

この夏は、バテないことが目標なので、何でもよく食べて乗り切りたいと思います。

| クッキング mi cocina | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なめこは、やっぱり和なんだ。

‘なめこのバター醤油炒め’
なめこバター醤油炒め
Setas(se llaman nameko en japonés, son muy pegajosas) salteadas con mantequilla y salsa de soja

以前、ネット上に、「なめこをバターと醤油で炒めたらおいしい」という情報があって、やってみることにしました。
使ったのは、真空パウチされているものではなく、生の一株が包装されているものです。
ふつうにバターで炒めると、簡単で、とても旨味があり、あのトロトロした感じはあまり出てこなかったです。
「こんなに旨味があるなら、カレーに入れたらよくない?そもそも、とろみがあるキノコだから、カレーのとろみづけにも、一役買うかも。」
…そう思って、やってみました。なめこ入りカレー。


‘なめこ入りカレーと、自称スペイン風サラダ’
なめこ入りカレー170221
Yo pensé que, sería buena idea de hacer curry con esta seta, es que es pegajosa, así que puedo espesar la sopa de curry con esta seta. Pero, supo más a la japonesa que con otras setas. Aunque fue rico, pero eso no fue perfecto.A la proxima vez, voy a usar champiñones. Los champiñones son perfectos para hacer curry.

おいしくなくはないけど、なんか、違う…。カレーの目指すとろみは、なめこが持っているとろみとは、全く別のものでした。
なめこは、やっぱり、すっごい「和風」なヤツだった。
カレーを食べながら、
「こいつは、やっぱりカレーうどんだよ。」
と思いました。カレーうどんに入れたくなるとろみと食感なのです。
やっぱり、カレー(ごはん)には、マッシュルームとか、別のきのこだな。

後日、残ったカレーソースをうどんに入れると、やっぱりしっくり来ました。
そんなわけで、今後、カレーになめこは入れないと思います。不味くはないけど、ベストではなかったです。
でも、なめこのバター醤油炒めに、カレー粉を振ってみるのは、次にやってみたいと思います。

| クッキング mi cocina | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牡蠣とレモンのパスタ

‘牡蠣とレモンのパスタ1’ 
牡蠣のオイル漬けや、オリーブの実も入れたけど、皮つきのレモンで苦くなった。
牡蠣とレモンのパスタ1
Al otro día, preparé pasta de ostras y limón. La provincia de Hiroshima produce muchas ostras y limones. Este día, yo tenía diversos ingredientes y el plato salió bonito, pero no salió perfecto. Fue un poco amargo por el sabor del piel de limón.

先日、牡蠣のオイル漬けとレモンを使ったオイルパスタを作りました。どちらも広島の特産で、冬から春までが旬です。
レモンと油と牡蠣やチーズなどのタンパク質を合わせれば、おそらく乳化しやすくなって、美味しいかもと思いました。

それで、レモンを薄く切って、適当に散らしたパスタを作ったのが上の写真です。レモンの酸味は、さっぱりしていて、牡蠣にも粉チーズにも合いましたが、意外に苦みも強く広がって、皮はあまり入れない方がいいと思いました。このときは、黒オリーブやマッシュルーム、水菜、ブロッコリも入れて、豪華だったんですけどね。


‘牡蠣とレモンのパスタ2’ ブロッコリとカリフラワーを入れたもの。
牡蠣とレモンのパスタ2
A la segunda vez, no usé mucho piel de limón.

それで、また別の日、2度目は、主にレモン汁を入れ、皮は少しだけすりおろして入れ、最後に、薄切りを一枚乗せることにしました。
これで、ずいぶん苦みはなくなりました。
今回、牡蠣は生だったので、これをフライパンで炒り、白ワインを加えてバターも少量。別のフライパンでにんにくと野菜をオリーブオイル炒めた中に、粉チーズたっぷりと、牡蠣とその汁を投入して、レモンを搾りました。
オイルパスタですが、さっぱりと食べられました。前回より、だいぶん良くなったです。
いずれ近いうち、レモンを使って、クリームは使わないカルボナーラをやってみたいな。

| クッキング mi cocina | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬の煮込み

‘和風ホワイトシチュー’
鶏かぶカリフラワー豆乳シチュー
Cocido carne de pollo, coliflor, taro, nabo. Sazonado con leche de soja y miso blanco.

昨年も少し書きましたが、煮込みにカリフラワーを入れるのが好きになり、今年も煮込みやカレーによく入れています。
わたしの実家では、そういう食べ方はせず、ゆでたものをサラダでいただくか、せいぜい卵と炒めるとかで、いずれもカリッと歯ごたえが残る程度にするのが普通でした。
でも、煮込んでずぶずぶに柔らかくなったカリフラワーがおいしいという情報をネットで目にして、試してみたらとてもおいしくてハマってしまいました。

和風ホワイトシチューは、鶏肉、里芋、かぶ、にんじん、玉ねぎ、白みそ、豆乳、牛乳、チーズ少々(粉、またはクリームチーズ)で作りました。以前、あんこうの豆乳鍋をやったとき、シチューみたいだな、と思ったので、今度はシチューとして作ったものです。乳製品を使わずに豆乳だけでやるなら、にんにくを多く使うといいと思います。


‘鶏といんげん豆のトマト煮込み’
鶏いんげんセロリカリフラワートマト煮込み
Cocido de carne de pollo, tomate, coliflor, y apio

トマト煮込みも、最近やっていなかったので、やってみました。これも鶏肉とカリフラワーを使っていて、セロリがたっぷり。
実は、最近セロリを買いすぎまして、消費しないといけないのです。(それについては、また改めて、何を作って消費したのかを書きたいと思っています。)
買い置きしていた白いんげん豆の水煮と、くずれたカリフラワーとキャベツも、いい出汁を出してました。


‘大根とスペアリブの煮込み’
大根とスペアリブの煮込み1
Cosido de chuleta de cerdo, nabo japonés, sazonado con salsa de soja

夏に、とうもろこしとスペアリブの塩煮をやっておいしかったので、冬に大根とでもやってみようと思っていました。
大根は匂いがきついので、塩煮はないなと思って、醤油味にしました。なんだか、おでんっぽかったです。おいしいけど、豚の匂いが気になるのは残ったので、ねぎとか山椒とか、香りのあるものと合わせた方がいいなと思いました。からしをつけるなら、やっぱりおでんっぽいな。
この煮込みが中途半端に残り、次の日に一品としては少量になってしまったので、以前の「鶏大根」を思い出して、ゆで卵を煮汁に漬けて、量を増やしていただきました。

‘次の日の大根’
大根とスペアリブの煮込み2
El día siguiente, añadí huevos y cebollino

冬は、鍋物もいろいろ、どれにしようかと楽しいけれど、煮込みもどんなのにしようかと、夏に比べて選択肢が多くて楽しいです。あと、一品の存在感が圧倒的なので、他に副菜をいくつも考えなくていいのも、気楽でいいです。





| クッキング mi cocina | 13:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT