FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日の陶芸

“マグカップ” つる土(白)、わら白釉に空釉と鉄青磁で絵付け
陶芸210321-2

“マグカップ” 同じ要領で作陶
陶芸210321-3

今回は、つる土で作陶したマグカップと、小さなアマビエ1体が上がって来ました。
マグカップは、先に似たのを作っていて、それはちょっと重かったものの、釉薬と土の組み合わせは気に入ったので、後からもっと軽くできるようにと、2つ作ったものです。
今回は軽くて満足です。ただ、いつも、何かが良ければ何かを忘れるようで、取っ手の角が、ちょっと手に優しくなかったです。ここは、きちんと鹿革で拭いて、角をとっておくべきでした。まあ、でも使ってみるかも。


“アマビエ” 白マット釉に絵付け
陶芸210321-1

前回上がったものは、焼締にしたので、けっこうゴツゴツした風合いだったんですが、白マット釉をかけると、ふんわりしたテクスチャになります。こっちのほうが、釉薬を掛けた分、凹凸は緩くなるんですが、つけた色はハッキリ、彩度が上がります。焼締のほうは、どうしても絵の具が土の色を拾いますからね。白マットのほうが、いい感じかも。

本日の作陶メモ:
今回も、つる土で、しのぎ模様の小鉢を3個。削って模様を出すのは、やっぱり、1個目より2個目、2個目より3個目のほうが、うまくできました。でも、売り物みたいに、きれいにはいかないです。
今日は、あまり無理をしないことをモットーに作陶し、小物3つだけだったので、珍しく予定時間までに終えることができました。いつもは土曜日や祝日に陶芸に行って、日曜は完全オフにすることが多いんですが、今はそれができなくて、ちょっと疲れてるけど今日行かなければもう3月は無理かな〜、という状況でした。だから、根を詰めてやるような作品は、しんどくて避けました。
おそらく、しばらくはこんな感じでやっていくしかないだろうけど、それでも、行くと、精神的にはゆったりした気持ちになれますね。


| 陶芸 ceramicas | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

“マグカップ” 古陶細土、空釉、鉄青磁で絵付け
陶芸210211-2

陶芸210211-1

今回は、古陶細土のマグカップがひとつ、小さなアマビエ2つが上がってきました。
マグカップは、空釉と鉄青磁で丸い模様を描いたのですが、あまり流れないでとどまりました。もう1ミリくらい、下部の側面を削りたかったですけど、でも、まあまあです。たっぷりのカフェオレか、スープでも、という感じです。
これに気を良くし、素焼きで上がってきたもう2つのマグ(つる土)も、同じ釉薬で仕上げました。


“小さなアマビエ” 古陶細土、焼締め
陶芸210211-3

陶芸210211-4

アマビエは、焼締めにしたので、けっこうガサガサした感じに仕上がりました。
かわいくしたかったので、ウィンクした顔にしました。

“このくらい小さい。” つまようじと並べています。
陶芸210211-5



本日の作陶メモ:
黒御影土で大きな花入をひとつ。手びねりで作陶しましたが、けっこう土が柔らかく、ダレそうでした。並黒土にしたほうがよかったかも。そろばんのコマのような形で作りたかったので、上下お椀のような形で作り、最終的につなげる、という方法をとりました。悪戦苦闘して、時間が足りませんでした。
本当は、白化粧を象嵌的に施したかったけど、そんな時間は残されていなかったので、次回釉薬をかける際、部分的に白マット釉をかけ、そこを彫って、下の黒い地を出す予定です。
前回作陶した小さなアマビエ1つに、白マット釉をかけ、着色しました。今回上がって来たのよりは、少し雰囲気が柔らかくなる予定です。
つる土で作ったマグカップも2つ、素焼きが上がって来たので、今回できたのと同様、わら白釉に空釉、鉄青磁の模様にしました。

建国記念の日に作陶したんですけど、ちょっと、今週末いろいろあり、次回、はたして陶芸に行けるのかな……という状況になってきました。逆に言えば、今回早く行っててよかった〜、とも言えます。どうにか運気が好転して、落ち着きますように。

| 陶芸 ceramicas | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

“古陶細土、呉須絵付けにわら白釉”
陶芸210110-2

陶芸210110-1
Hice una taza para café.

大変寒い日の陶芸。土が冷えて、氷のようでした。でも、すぐに馴染み、思ったより快適に作れました。この日生徒は私を含め2人だけで、キャンセルが数人あったそうです。やっぱり寒いからですか?と言うと、それもあるし、コロナ禍のせいもあるとのこと。地元は、今ちょっと微妙ですね。年末よりは減ったけど、もう少し減ってくれたら。

今回は、マグカップが一つ上がって来ました。最近、マグカップを作ることが多いです。というのも、完全に満足できるものができなくて、再トライしているからです。
これも、似たようなものを以前作りましたが、底の部分に問題があって使う気にならなかったので、同じ条件でやってみたものです。(呉須絵の具の色は変更しました。)
今回は、わりとうまく行きました。ただ、取手の角をもうすこし滑らかにしたかったです。持った時、ちょっと指に優しくない。

本日の作陶メモ:
先月作陶した、小さなアマビエが2つ、素焼きで上がって来たので、呉須絵の具で絵付け。焼き締め予定にしたけど、あとで、白マット掛け&絵付けすればよかったかな、と思いました。
今回、ちいさなアマビエを古陶細土でひとつ作陶したので、こいつはそうしようかな。コロナ禍が収束しなさそうなら、今後も合間の時間と余った土で作るつもり。
そして、やはり先月作陶した、大きなマグカップも素焼きで上がって来たので、釉薬で絵付けしました。わら白釉を全体にかけ、その上から空釉と鉄青磁釉のドットを交互に配してみました。わら白釉は流れるので、つけた色が、どこまで流れて流れないか、それで模様も左右されます。あんまり流れないでほしいんだけど。

こんなに作ってどうすんだよ、と思いましたが、今回も大きめのマグカップを2つ作りました。ただ、つる土(白)でマグを作ったのは初めてだと思います。この土はけっこう作りやすかったです。焼いた見本を見せてもらうと、はっさく土のように、わりとうす黄色い色でした。先生曰く、こちらの方が作りやすいし、焼いた感じも似ているので、今ははっさく土は仕入れていないとのこと。
今回やった絵付けの結果を確認して、これらの釉薬も決められたらと思います。うまくいくといいな。作ったけど使えないマグが増えるにつれ、テーブルの隅→部屋の隅→ベランダ、という順でだんだん追いやられていきます。早く捨てればいいのにね。

| 陶芸 ceramicas | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

先日の陶芸の記録です。今年最後の作陶でした。
4つ上がってきたので、今回は画像が多いです。

“天使2人(猫付き)” 九谷土、焼き締め
陶芸201226-1


“天使(猫付き)1号”
陶芸201226-2
陶芸201226-4


“天使(猫付き)2号”
陶芸201226-3
陶芸201226-5

まず、天使。右手に、ヒゴなどを持たせられるように作っているので、旗を作ればメッセージを持たせられます。
今回は、はじめて着せた服装の天使ですが、わりと服の形は気に入っています。
時間との戦いで作ったせいもあって、猫が猫らしく見えるかどうかな。こういう細かい作品は、時々、見えないところにヒビが入ったりすることもあるのですが、今回は、それは大丈夫そうでした。
ただ、彩色にはちょっと思ったようにいかなかったところも。
服の色に、白とこげ茶を混ぜて塗ったのですが、塗りたてのときの、ミルクティーのようなきれいなハーフトーンにはならなかったことと、焼き上がりはけっこうムラになったことです。
あと、けっこうショックだったのが、2人とも、人形の命とも言える目に、すこしスレたような流れがあったこと。こういうの、よくあるんですけど、彩色時には、問題なかったはずなんですよ。窯入れするときに手が触れたとか、焼成時に、何かのはずみで流れたか。
これでは困るので、ヤスリがけして消しました。彩色の上から釉薬を掛けていたら、ヤスリは掛けられませんが、焼締めなので、それは大丈夫なんです。


“うさぎの香立て” 古陶細土、白マット釉
陶芸201226-6

陶芸201226-7

陶芸201226-8

8月に作陶した、人型の香立てを踏まえ、もう少しかわいい感じのを作ってみました。うさぎが三日月にいるイメージですが、線香を持たせたら、舟で釣竿を垂れているみたいになるかも。


“花入れ” 古陶細土、わら白釉
陶芸201226-9

陶芸201226-11

陶芸201226-10

陶芸201226-12

これは、先のうさぎの香立てと同時、9月に作陶したもの。テープを巻いたようなイメージで作りましたが、つなげて形にするのに四苦八苦で、乾かしたらひび割れするかと覚悟していたのですが、意外にも、そうならずに済みました。
粘土をテープ状にしたものだけを、くっつけながら作ったけど、どうにも作りづらく、成功する気がしませんでした。
作った次の日になって、「薄くアイスのコーン状のものを作り、上からテープ状の土を貼りつけたらよかったのでは?それで、抜きたいところだけ、切り取ればよかったじゃないか。」と気づき、脱力しました。
次回(あるのか?)、もし作るなら、そうしたほうがいいですね。
あと、もっと底を重たく作ったほうが、安心だったと思います。


本日の作陶メモ:
古陶細土で、マグカップをひとつ。大きいのをと思ったけど、どんどん短くなってしまいました。絵付け予定。
前回も古陶細土でマグカップを作っていたのですが、それが素焼きで上がってきていたので、古代呉須で絵付けしました。わら白釉予定。
小さいアマビエを2体、これも古陶細土。絵付けし、透明または白マット釉予定。
今年は、陶芸があってよかった、と、しみじみ思った年でした。密にならないし、作ることだけに集中せざるを得ないので、よい気晴らしになりました。他の人も、おそらくそうだったようで、家でも作陶する人が増えたんだとか。作品数が増えた結果、提出した作品が遅く上がってくることもありました。来年も、楽しんで作りたいです。

| 陶芸 ceramicas | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

“九谷土、呉須絵の具、透明釉の小鉢”
陶芸201103-1
Hice 3 platos... Lo más dificil de hacer las obras blancas es tratar con cuidado sin mancha.
El color dibujado pega a otro lugar y mancha facilmente. O poquito de componente de hierro en el barro aparece después de hornear. Siempre eso me molesta, pocas obras me han contentado.

今回上がってきたのは、夏に作陶したお皿3枚でした。
ひとつは、磁土の九谷土に、呉須絵の具で桃みたいな花を描き、透明釉をかけたもの。
少し気になる小さなツブが、手触りにあります。もしかしたら、溶ききれていなかった絵の具のかたまりがそのまま固められたのかも。呉須絵の具、熱で少しも流れなさそうです。以後、気をつけよう。


“古陶細土、わら白釉の平皿”
陶芸201103-2

陶芸201103-3

“古陶細土、わら白釉の小皿”
陶芸201103-4


他2枚は、古陶細土にわら白釉をかけ、鉄釉で模様を描いたもの。


思ったより、鉄の色が出ませんでした。
とくに、小さいお皿のほうは、竹のような絵を描いていたのだけど、柄の部分が全然出てない。
できてから思い出しても遅いのですが、そういえば、以前もこの類の失敗をしていたような…。
なでしこを描いて、ぜんぜん出なかった皿。ああ、これははっさく土に鉄青磁釉だったんですね。条件違いました。
肝に銘じて、
「わら白に鉄釉は、荒い筆致で相当濃くする!」(自分に言い聞かせる)
1年もたつと、すっかり忘れていそうですが。
でも、これも同じ土に同じ釉薬だったと思うのですが、相当違いますよね…。もしかしたら、鉄の釉薬違っている?今度質問してみようと思います。

それでも菊紋の皿の方はまあまあかな。こちらは、粘土から滲み出たと思われる鉄分ぽい茶色いスポットが気になりはしますけれども。白系の作品は、いつもこういう「予期しないもの」が現われることが多くて、完璧に満足とならないことが多いです。


本日の作陶メモ:
古陶細土でマグカップを1つ。
今回は、絵付けで時間を取られるのがわかっていたため、時間がかかるものはやめておいたほうがよかったのでひとつだけ作りました。そんなにマグカップが作りたかったわけではなかったけど、電動ろくろの練習のためという理由に加え、
・以前背が高いマグを作ったつもりだったけど、たいして上に伸ばせていなかった
・以前古陶細土で作ったマグが、一見うまくいったように見えたが、底部分の作りに問題があり、据わりが悪くなった
これらを思い出し、もう一度やってみることにしました。
磁土に比べれば簡単なんですけどね…でも、やっぱりそんなに背を上に伸ばせなかったなー。
ただ、時間いっぱいの苦し紛れでつけた取手は、時間が無い割には、きちんと付いた感覚があり、早くできるようになったじゃん、とは思いました。

ほかに、天使2体と香立ての、やすりがけと絵付け。
これらにかなり時間を使いました。はじめて、焦げ茶(顔料)に白絵の具(呉須)をまぜた色を、天使の服の色に使ってみました。顔料絵の具と呉須絵の具は、混ぜるべきではないのかもしれませんが、けっこう大丈夫なことも多いです。
香立てのほうは、白マット釉の上から、一部呉須を乗せています。濃くはなくても、たぶん色は出るだろうと思っています。さて、思いがけないヒビや色移りなどなく、仕上がるといいのですが。

| 陶芸 ceramicas | 13:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT