| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バレンタインなので

‘チョコレートケーキ’
チョコレートケーキ2017-1
Hoy ha sido el día de San Valentín. En Japón, las mujeres regalan chocolate al novio para declarar su corazón. Pero, recientemente no solo por eso, sino compran chocolate especial para sí misma.
En mi caso, cada vez compro un poco de tarta de chocolate para mi marido (para mí también, claro) , es que tenemos menos oportunidad de comerla que chocolate normal.

バレンタインデーには、チョコレートケーキを食べることが多いです。
ふつうのチョコレートは、日頃食べる機会はあるし、ケーキを選ぶ時はいつも、チョコレートケーキは優先事項ではないため、この日くらいは食べてみようかという感じです。今年は、平日は無理だったので、一足先に、日曜日に食べることにしました。
昨年、一昨年と、それぞれちがうパティスリーで買って、とても満足だったのですが、今年もまたちがうお店で買ってみました。
十日市町のAubeというお店です。ムース系が得意なお店という話は聞いていて、いちど食べてみたいなと思っていたので。

選んだチョコレートケーキは、Arribaという名前で、オペラ風な見かけに惹かれていただきました。Arribaって、スペイン語で「上に」みたいな意味だったと思うのですが、食べたら気分が上がるってことでしょうかね。…あ、どうも、そういう名前のチョコレートがあるみたいですね。
スポンジ生地自体は、そんなに特筆する感じでもないかもだけど、リッチな味とちゃんとした甘さで、おいしかったです。

買った食べ物を、知ったふうに評価する感じでは書きたくないけれど、どうして食べたものの印象を書いているかというと、すぐ忘れるからです(笑)。今年もやっぱり、昨年の自分の記事を読んで思い出しましたからね。


‘プランタニエールとかなんとか’
プランタニエール21017-2
Probé un trozo de tarta de fresas. Fue muy rica y primaveral.

チョコレートケーキを買いに行ったけど、やっぱり他のケーキも気になるわけで…さらに、いつも寄れる場所でなかったため、欲が出て、他のも買ってしまいました。
なんとかプランタニエールとかいって(全部覚えてない)、プランタン=春って名前がついてるのがうなずける、ピンクといちごの赤が美しいケーキは、やさしい味と、下部の洋酒(チェリー洋酒漬け?)の強さが対照的でした。
もうひとつ、ミルクとチョコを組み合わせたようなケーキ(名前を完全に失念)も、下部に洋酒のパートがあって、どっちも大人の味にしてありました。

いつも通りかかる場所ではないので、そんなに頻度を上げては行かれないと思いますが、また試してみたいです。

それにしても、甘もんのお店はどこにもあふれてて、お店の人たちが、道ゆく人に選んでもらうのは、想像できない大変さでしょうね。あれもこれも食べたいけど、全部は無理だし。家を出て帰ってくるまでに、いくつの甘もんに会うことか。ケーキを買ったら、もうドーナツやおはぎは諦めざるを得ないでしょ。
バレンタイン商戦は、確実に巷の人々をチョコレートに向けさせてて、巧いなぁと思います。その中で、さらに戦いは熾烈ですけどね。

| 市販の食品など compradas | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甘いものあふれる2月

‘Pinonのチョコレートケーキ’
チョコレートケーキ160214
En febrero, tengo unas oportunidades de comer dulces. O sea que tenemos el dia de san valentín, y tengo ganas de preparar diversos tipos de dulce en primavera. Es una tarta de chocolate que compré en una pastelería. Fue muuuy rica.

◆先日の「干し柿と金柑のチョコレート」がおいしかったので、また作りました。今度は、温度を早く下げたら、前よりはマシな状態になりました。(それでも、空気に触れたところは、醜かったですが)これは、バレンタイン用ではなく、ほんのおやつです。

◆バレンタインの日用に、相棒には、Pinonというパティスリーのチョコレートケーキを買ってみました。もちろんわたしも食べる気満々で。竿状のケーキで、ふたりで分けると小さめのショートケーキくらいの大きさになるので、「わ、けっこう小さいなー。これで900円+税=ほぼ千円かぁ」と思いましたが、よく考えたら、そんなにポーションは要らないのです。食べてみると、ちゃんと甘いけど、くどくはない、なかなかおいしいケーキでした。スポンジじゃなくて、ガナッシュとかが主なので、この重さとポーションでちょうどよかったです。これなら、値段にも納得です。

◆久しぶりにダコワーズを作ってみました。そしたら卵黄が余ったので、今度はそれでプリンも作りました。どちらも、すごくテキトーに作ったので、反省点だらけです。
なぜか春先には、何かお菓子作りをしたい気分になりやすいんですが、このあたりでもういいや。と思いました。
そしたら。

◆思いがけなく、たいへんめずらしいことに、タマリンドとグアバペーストをいただきました。…これは…何か作れってことかな…。
タマリンドって、なんだ?そのあたりは、後日ブログで書きますね。

こんなふうに書くと、なんだかすごいヒマそうですよね。でも、テキトーで、極める気ナシだと、そんなに時間かからないんですよ。金曜日の晩、食後テレビ見ながらやってる感じです。

| 市販の食品など compradas | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

希望の雫 (りんごジュース)飲んだ

‘希望の雫’ JAアオレンから
希望の雫1411
Me gustó este zumo de manzana. Por la explicación, las frutas está exprimdas sin tocar aire, por supuesto el zumo no concentrado ni reducido. Es muy suave y rico.

ちょっと前、近くのスーパーではめずらしく青森県の食品が販売されていて、そこに、いろんなメーカーのりんごジュースが並んでいました。
同じような大きさのビンでも、濃縮還元タイプあり、ビタミンCを添加したフレッシュタイプもありで、しかも、フレッシュタイプのほうが高価とは限らなくて、ちょっと意外な気がしました。
「濃縮還元じゃない、しぼったままのが好きだなー」と思いながら、ふと目に留まったのが、「希望の雫」。他のジュースが軒並み大ビンだったのに、これは280ミリのペットボトルタイプも置いてあり、試し飲みにはいいサイズだなと思って手に取りました。
説明によれば、空気に触れないようにしぼっているので、保存料としてのビタミンCさえ添加されてないとのこと。もちろん糖分も加えられていません。これは相当に、しぼりたてに近いのでは…。

飲んでみたら、本当に柔らかい飲み心地で、生き返る心地でした。速攻、もう一度スーパーに向かい、同じ小さいサイズ数本を追加購入。こういうことって、普段あまりないんですよ。

ネットでも売られているようなので、もしかしたら、また買ってしまうかも。箱買いになるかな〜。(そんなにいらないんだけど)

| 市販の食品など compradas | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヴェルタース・オリジナルにはまる

‘1粒で満足度高い’ ドイツ製、森永製菓販売。
ヴェルタースオリジナル2013
Me encanta este caramelo producido en Alemán. La companía Morinaga lo vende en Japón.

春ごろ、初めて食べて、おいしさにハマりました。
わたしにとって、キャンディは、チョコに比べて満足度が低く、満足しないからどんどん食べちゃう…という、マズイ展開になるものが多いなーと思っていました。しかし、体重が増えたのにショックを受けて、おやつは減らさなくちゃ!と思ってた頃、すぐに胃の中に去ってしまうチョコより、しばらく口の中で楽しめるアメちゃんのほうがいいかと思い、いろいろ買ってみました。

ヴェルタースオリジナルキャンディは、満足度高いです。濃厚なキャラメル味は、コーヒー、紅茶と相性バッチリ。一粒で満足するので、数を食べなくても大丈夫になりました。濃厚な味は、夏にはしつこいかな、と思ったけど、結果、ずっと切らさなかったので(どんだけキャラメル味好きなんだ)、秋冬もたぶん切らさないと思われます。キャラメルの風味が自然なんです。よく、映画館やカフェなどで、ポップコーンやデザート的な飲料に人工的なキャラメルの風味が漂っていることがあるけど、あれはものすごく苦手です。ああいうのとは違う。

…で、ヤセたか、って?
たしかに仕事中の間食は減ったのですが、家でそれを補填するかのように食べるので、結局ヤセてない…というオチです(汗)。

| 市販の食品など compradas | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トルコのピスタチオチョコ

‘カカオ70%、大人の味’
ピスタチオチョコ1
chocolate con pistacias producido por Turquía... no se ve mucho por aquí. Creía que sería muy dulce, pero efectivamente no fue tan dulce que pensaba. Me gustó.
Por cierto, se venden galletas producidas por España en un supermercado cerca de mi casa, son las galletas del fabricante Gullón. He probado “Maria“ y “Creme tradicional“, ambas me gustó mucho.

あまり海外のお菓子を買う習慣はないのだけど、ここ1ヶ月くらい、なぜか3つほど目に留まって買ってみました。
そのひとつが、トルコ産のチョコレート。近くのスーパーでトルコフェアをやっており、いろいろな食品に興味津々でした。トルコは、ナッツの生産で有名なこともあって、それらを使った商品がいくつかありましたが、その中でも、やっぱりチョコは買いやすい。ヘーゼルナッツ入りチョコもあったけど、ピスタチオ入りを選んでみました。
トルコのお菓子は、とても甘いという話を聞いたことがあったので、どのくらい甘いんだろうと思いましたが、意外にもそんなに甘くなかった。カカオ70%となると、もう砂糖の入る余地も限られてくるのでしょうか。ビターチョコとピスタチオの組み合わせはなかなかよかったです。しかも、ダークなチョコと、緑から黄色のナッツの色の組み合わせがとてもきれいで、これを砕いてバニラアイスクリームに入れたい。ケーキを飾っても、なかなか素敵だろうと思いました。…ただ、次回これをどこで手に入れたらいいかはわからないけどね。またトルコフェアがあるといいな。

‘割ったらこんな感じ’
ピスタチオチョコ2


あと、なかなかヒットだったのが、別のスーパー(Fレスタ)で買った、スペインのギュロン社のビスケット。1パック100円以下というものでした。”Maria"って、あの森永マリーとほんとうに同じルックスで同じ味。あれは、グローバル商品だったのか。
あとは”Creme tropical"、"Morning Coffee"という文字が同時に入ったビスケット。トロピカルクリームに、モーニングコーヒー?どっちの味やねん。とツッコミたくなりますが、トロピカルクリーム味でもコーヒー味でもない(笑)、とてもオーソドックスなビスケットでした。マリーより、歯触りがサクッと軽くておいしい。わたしはこちらのほうが好みでした。これらはスペインフェアなどではなく、比較的常備されていることが多いです。

| 市販の食品など compradas | 20:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT