FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「For Gyumri」を聴いて

“満開のコブシ” モノクロにしてみました
2020春、コブシmono

前ログの続きです。
前回、Tigran Hamasyanのアルバム「An Ancient observer」について感想を書きました。
今回は、ミニアルバム「For Gyumri」について。

5曲、25分くらいしかないアルバムですが、はじめに「絶対買おう」と思ったのは、このアルバムでした。
少ない曲数でも、ひとつひとつがなんとも言えず、すばらしかったです。
これもピアノソロで、効果として本人の声または他人のコーラスが入っているところは、「An Ancient observer」と共通します。
アルバムの流れの世界感でいえば、「An Ancient observer」のほうがスケールが大きくてよいと思うのですが、「For Gyumri」は、自分の内面を見つめるような、深さとメランコリックな郷愁、さみしさ、というか、そういうものがありますね。聴きながら、幼年時代の風景とか、とにかく、「もう失ってしまったもの」のイメージがわいてきます。

そしたら、本人インタビューをweb上で見かけると、やっぱり、本人にとっても、そういうイメージだったみたいですね。
Gyumriは、幼年時代を過ごした生まれ故郷で、今はもう、街にそのころの面影はあまりなくなっているのだそうです。
まさしく、もう頭の中だけになってしまったものを奏でていて、それが、聴いている者にほんとうに「自分のこと」として変換され、自分の感性の中に入ってくるのは、面白いです。


5曲、どれもいいんですが、説明すると
1 Aragatz
  おそらく、アルメニアのアラガツ山のことだと思う。
  男性コーラスが効果的。寂しくて優しい、といってもわからないかも
  だけど、わたしならこれをウイスキーかブランデーのCMに起用したい。
  「○○○、15年。」とか言ってみたい。

2 Rays of Light
  ふわっとしたピアノが、キラキラする陽光のようなイメージ。
  雲間から漏れる太陽の光は、水面に反射して、過去の風景を
  一瞬よみがらせる。
  そういうイメージで、ぜひ、ショートムービーを作ってみたい。
  おそらく流れる雲、太陽の光、揺れる麦穂、佇む人をモノトーンで
  スロー気味に撮れば、この曲がいい作品にしてくれると思う。
  音楽が意味付けをしてくれる。そのくらい、大きな力を持っている。

3 The American
  演奏の途中で口笛がいい感じで入ってきて、これは風来坊、ボヘミアンな
  人物が風のように登場したのかもしれない。それが、街にやってきた
  The Americanなのか。きっと魅力的な人物だね。

5 クラシックっぽい。ストラビンスキーとかの。でも、流れを変える時、
  気づけばジャズのコードで変わっていく。いい曲。

それにしても、つくづく、自分は「さみしくてやさしい。時々激しい」っていう音楽に弱いなぁ、と思います。


Rays of Light
わたしの腕でもショートムービーが作れるんじゃないかという
錯覚を覚えるほど、この曲の持つイメージは雄弁だと思う。

| 音楽 musica | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tigran Hamasyanのピアノ

“ソロピアノのアルバム2枚”
tigran2cd20200315
Encontré una artista que tiene tremendo talento!

ここ数年、気づけば、美術より音楽の方を求めてるのかな。
美術館に行きたい気持ちがあまりなくなり、それは始めは行きたい企画展がなかったからかもしれないけど、そのうちどんどん行かなくなってしまっています。
情報が心に響かないとでもいいますか。「感性はもう死んだのかな」と不安になります。
その代わりと言ってはなんですが、家で聴くばかりではあるけども、音楽は、心揺さぶられることはけっこうあります。

幾人か好きなアーティストはいるものの、「ファンだから無条件で」という理由ではアルバムを買いません。少なくとも何曲か試聴してみます。
テリトリー外のアーティストでも、たまたま1曲気に入ったのを見つけたら、それだけを手に入れたりします。
なので、「この人のアルバム全部持ってる」というような、コレクションになることはほとんどない。アーティストにとっては、わたしは嫌なタイプのリスナーかも。


1月ごろTigran Hamasyan(ティグラン・ハマシアン)というアルメニアのジャズピアニストを知ってから、Youtubeで数曲、手当たり次第、ポチっとやって聴いてみました。
久々に、「出会った」と思いました。ポチっと押すたび、良い意味で前のと違う、おもしろいものが出てくる。こんなアーティストがいたんですね。

それで、自分にしては珍しく、同じアーティストのアルバム3枚を一度に買いました。
「An Ancient Observer」
「For Gyumri」
「Shadow Theater」


3枚とも感想を書こうと思いますが、まずは1枚目。

アルバム「An Ancient Observer」太古の観察者
すごく、いいです。ジャズピアノなんだけど、ものすごいいろんなものがミックスされている感じ。東欧の民族音楽っぽいと思う部分があったり、クラシックっぽい要素がすごくある。パット・メセニーのフュージョンっぽいアメリカっぽさも感じる。説明し難い。
色々なものが混ざると、「ごった煮」のように、野暮ったくなりがちと思いますが、でも、掬いとるところと捨てるところのコントロールが絶妙だと思います。絶妙なバランスなのです。
生まれ故郷のアルメニアの音楽も取り入れているとかで、でも、アルメニアってどこ?って地図を見ると、トルコとアゼルバイジャンに挟まれた小さな国で、南にはイラン、北はジョージアという、絶妙な位置にありました。それを見ると、ああ、このブレンド具合は、そういう地理もすごくあるんだなぁと思いました。
例えるなら、アメリカンな、東欧な、中東なスパイスティーって感じですかね。これは友達とワイワイじゃなくて、独りの時間を楽しむときがお勧め。

気に入ったのは
The Cave of Rebirth
Nairian Odyssey
Ancient Observer


この人の特性として、ピアノソロでも、自分の声や、コーラスを入れてきます。それが、すごく叙情的な効果を生み出していると思います。
特に、Nairian Odyssey は、11分を超える長曲なんですが、5:29あたりからのフレーズとその後激しく跳ねるところが、カッコよくて気に入っています。
最後のAncient Observerも、トリを飾るにふさわしい、時間の悠久を感じさせるようなイメージがあって、カッコいいです。

“Ancient Observer”


久々に、ライブ行きたい!と思わせてくれた人でした。(今、世界的に行けないけどね)
あと2枚についても、また書きたいと思います。

| 音楽 musica | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近聞いた曲とPVと80年代イメージの話

“忘れられないの” なんか80年代ぽい。

"No puedo olvidarla" por Sakanaction. Esta imagen es moderna, pero ella me recordó el aire de los años 80.

この春に、立て続けにCM起用された曲「忘れられないの」(SOFTBANK)「ナイロンの糸」(カロリーメイト)に、よい感触を持ったので、サカナクションの新しいアルバム「834.194」を聴いてみることにしました。

サカナクションは、2010年くらいにラジオでヘビロテになってたのを聴いたのが初めてで、その後テレビでもよく使われているし、ざっと「こんな感じ」というのは知っていたけど、ちゃんとアルバムとして聴いてみたのはこれがほぼ初めてです。(前アルバムも一度聴いたことがあるんだけど、あまり内容を覚えてない)

「834.194」を聴いてみた印象は、「なんか、なつかしい」でした。
わたしが思っているサカナクションらしさは健在なんだけど、懐かしい感じ。1980年代?
曲によっては、歌謡曲、ニューミュージックと言われた時代の楽曲や、米米CLUBとか思い出すものもあり、多用される電子音も、けっこうあの頃の感じで使っているのがあるし。
音だけじゃなく、上に貼った「忘れられないの」のPVの視覚イメージも、ちょっと「夜ヒットに出演してんのか?」みたいな雰囲気(古くてすみません)ありませんかね。芳村真理が出てきそうな感じが(ほんとに古くてすみません)しませんかね。肩パッド入ってて。でも、ダブルじゃないのね。
好きなのは、やっぱり上記2曲と、あとユリイカって曲かな。18曲のバランスもよく考えられてると思いました。
ネットからの情報によると、ライヴそのものはインスタレーションぽかったという感想もあったので、それはとても「今どき」なワクワクなんじゃないのかな。ちょっと気になってます。


いつのころからか今に至る、「カッコイイ」を意識しすぎるのは、却ってカッコ悪いという流れ。「ちょいダサ」が良かったりして、その「ちょいダサ」モチーフに80年代が使われてる感じなんでしょうか。数ヶ月前にSIRUPの「Do Well」PVをYouYubeで見たときもそう思ったし。
先日なんかのクイズ番組で、髪型のツーブロックは80年代って言ってて、そういえば今ツーブロックの人けっこう多いよね…と思ったり。
ほんとの80年代は、カッコよく決めれば決めるほど「カッコイイ」とされる時代だったと思うんだけど、今、それがこんな風にアレンジされるのも、なんか面白いなと思います。


最近、ちょっと気になったのが、眉村ちあき。
7月21日夜、寝落ちして目覚めたらテレビがついてて「シブヤノオト」をたまたま見たんですが、「ピッコロ虫」という歌を歌ってました。いやぁ、ほんと目がさめる。
彼女はちょっと、水曜日のカンパネラとか若き日の矢野顕子みたいな、ちょっと「何やってくるか予測できない感じ」がある。曲は正直、全然自分のテリトリーではないんですが、自由&パワーがすごくて、テリトリーなぞどうでもいいと思わせる力があると思いました。1曲聴いただけなのにね。
それでYouTubeに行って見たら、ほんとにダサくて。テレビの方がかわいかったんですけど、これもワザとかな。でもまだ、情報が少なすぎるので様子見。とにかくもっと曲を発表してみてほしいです。

| 音楽 musica | 16:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まるでタイムカプセル、ジョアン・ジルベルトライブ

‘Bahia com H’ ツアーのとき演ってくれた曲。この曲も収録してほしかった。

Hace 13años que João Gilberto interpretó en Japón. Yo fui a Tokyo para su concierto. El DVD grabado entonces se ha puesto en venta este mes. Porqué estaba retrasado así? Es que João no lo aceptó por largo tiempo, él quería interpretar mejor y quería hacer otra vez más en Japón. Pero no lo ha realizado hasta ahora. Aunque estoy contenta con que podré escuchar la grabación en Tokyo, al mismo tiempo estoy tríste . Es que eso puede significar que no podramos tener esperanza del próximo concierto en Japón.

連休に入ってすぐだったか、最近ずっとチェックしていなかったブラジル音楽系情報サイトにふらっと入ってみたら、ジョアン・ジルベルトが2006年に東京で行ったライブのブルーレイディスクを販売する記事が出ていました。
ほんとは3月に出るはずだったのが、5月に延期になったと。このタイミングでそれを知るとは、虫の知らせによるものだったのか?と、驚きました。
というのも、このコンサートツアー、今から13年前のツアーの1日に、わたしは見に行っていたからです。

ずいぶん昔のライブを今、販売?と思われるでしょうが、これには理由がありまして。
本当はライブ後すぐに出版する動きがあったのを、ジョアン本人が、「もっとよいパフォーマンスをしたいから。」という理由で、OKしなかった、という話だったと思います。
しかし、その後、あまり体調が良くなかったのか、ずっと来日せず今に至ります。今年もうすぐ88歳になろうという時点で、このニュースを見るということは、それはつまり、もうよいパフォーマンスでの日本公演を諦めたのであろうということは容易に想像できるので、このニュースには、ちょっと複雑な気持ちになりました。

70歳を過ぎるまで、日本に一度も来なかったジョアンが、なぜかその後日本に来て行ったライブは、2003年、2004年、2006年に行ったものだけであり、わたしは2004年の大阪、 2006年の東京に行ったので、今回2006年のライブ録音を聴けるということは、例えるなら、土に埋めたタイムカプセルを掘り出すようなものでしょうか。
(まあ、厳密にいえば、ライブ録音は、わたしが行った2006年11月4日ではなく、11月8日、9日のものなのですが、雰囲気はほぼ同じでしょう。プレイはもっと良かったんだと思います。)13年の時を経て、あのときの音が聴けるとはね。

2006年のライブ感想の記録は、以前のブログでも書きましたが、詳細を別に記録したテキストを残していたので、なつかしくなって読んでみました。
もう、すっかり忘れていましたが、やっぱり、普通のコンサートとはだいぶ違ってて、振り返っても面白い体験でした。
だって、開演時間もとっくに過ぎた会場で、アナウンスが「今、ホテルを出ました!」とか言うんだものね。で、観客は「おー!出た!」とウケてる。遅刻は折込み済み。普通なら、「ふざけるなよ。」とイライラするところですが、ジョアンだと、それでも「しょーがない」と、みんな待ってしまう。

そして、やっと到着、曲が始まると、ボーカルは、淡々としていて控えめな感じなんだけれども、優しさと寂しさが同時にやってくる。その歌とギターに、感じ入れば感じ入るほど、(つまり、心の中で盛り上がれば盛り上がるほど、)みんな集中するので、ものすごい静寂に包まれるという…。暗闇の中に繊細なろうそくの炎を見ているような気持ち。ふしぎな天才です。

これは2004年の大阪のときの話ですが、1時間近く遅刻してきて、やっと始めてくれたら、3曲終わった辺りで、みんなの拍手を聞きながらジョアンが固まってしまい、20分くらいずっと動かなかったという珍事もありました。その間、観客は、次やってほしくて拍手のしっぱなし!…あとで聞いたところによると、どうも、その拍手に感じ入ってじっと聞いていたらしいです。それで、観客は、拍手はあまり長くしない方がいいかも、ということを学んだのでした。せっかく学んだのだから、これを活かす幸運がほしいところですけども。

ブルーレイディスク販売はこちら

お値段は、少々張りますが、ファンなら、うれしいテキストも付いてました。
笑ったのが、ジョアンの格言。
“Mais tarde do que nunca“ 「遅れても、やらないよりはいい。」
確実に遅れるんですけどね。でも、やってくれました。
カエターノ・ヴェローゾは「沈黙をも凌駕するのはジョアンだけ」 と言ったとか。
ほんとに、そのとおり。

これだけ書いておいて、オチみたいに白状しますと、ひとつ問題があって、それは、うちにはブルーレイレコーダ、ないんですよね…。そのうち、義父の家で見せてもらおうかな…。


| 音楽 musica | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KIRINJI「愛をあるだけ、すべて」を聴いて

‘アルバム「愛をあるだけ、すべて」より’

VEVOにあがるのは、いつもダンサブル。なんでだろう。
それにしても、「交わすピロートークは もはや誰にも訳せない真新しい言語」…って!


先日も少し書いたように、今、なんとなく「音楽聴きたいスイッチ」がONになっているので、気になっていたKIRINJIの「愛をあるだけ、すべて」(今年6月発売)を聴いてみました。
ついでと言っては何ですが、兄弟デュオ、キリンジ時代のアルバム「DODECAGON」(2006年)も。

一年半ほど前にも、KIRINJIの「ネオ」とキリンジの「7セブン」を同時に聴いてみるという、今回と似たようなことをしたのですが、その時は、2枚とも気に入ってよく聴きました。どちらがよりヘビーローテーションになったかというと、古い時代の「7セブン」のほうでした。圧倒的に、「ネオ」のほうが今の音でカッコイイんですけどね。でも、ずっと聞いていたいのは「セブン」だったな。驚くほど飽きない。
さて、今回はというと…

◆まず、KIRINJI「愛をあるだけ、すべて」
メロディーはけっこう、80年代のニューミュージックみたいなわかりやすさも残しながら、現在のダンスっぽい疾走感もあり、たいへん聴きやすかったです。これ、ドライブのBGMにいいんじゃないですかね。
歌詞はまだ見てないけど、折々見てみよう。
わたしは普段あまり歌詞を重視しないんですけど、ときどき「おっ?」と気になるものは、読むことにしています。

1曲目の「明日こそは」は不思議な曲でした。現代の音にブラッシュアップされているようでいて、間奏部分は、なぜか古くなつかしいブラジル、ジスモンチっぽい音が入ってる。
「非ゼロ和ゲーム」、良かったな。以前のキリンジに一番近くて、背伸びしてない感じが、聴いていてラクです。この単語も初めて知ったし。歌詞のなかに「ググれよ」ってあってウケたけど。
「After the party」は、弓木さんの可愛い歌声に、アレンジはカッコいいジャズになっていて、カワイイと渋カッコイイが、ちゃんと同時にできていて、おもしろいなと思いました。
トータル40分くらいしかないので、これで3200円以上は高いな〜と思うのも事実ですが、満足度は高いです。わたしとしては、余計な凡作が入って長くなるくらいなら、むしろ40分位になったほうがよいのですが、欲を言えば、2500円以下だと助かるなぁ。
最近、こういう傾向なんですかね。先日のコーネリアスのMellow Wavesも、大差ない時間とお値段でした。
(MP3の音源のみを買えば、もっと安いです。)


◆キリンジ「DODECAGON」
12年前に発売された1枚。始めの発売当時は、わたしがとても多忙な時期だったので、注目しそびれたのかなと思います。もう、ふつうに買うことが難しそうで(MP3の音源のみなら、難しくないです。)、わたしはアマゾンの出展者から買いました。
電子音にこだわったアルバムで、前半はけっこうピコピコしていますが、後半は、あまりそれが気にならなくなってきます。
これを手に入れた理由は、「CHANT!!!」っていう歌がぜひ聴きたかったから。
予想に反せず、これがすごくよかったです。
「ロープウェイから今日は」は、もしかして「ピクニック」(“丘を越え行こうよ 口笛吹きつつ…”っていう歌)を意識してるんですかね。ただ、この歌は大人に向けらているんですよね。爽快な曲。
この「ロープウェイから今日は」→「CHANT!!!」→「ロマンティック街道」への流れがすごい良い。

あと、特筆するとしたら、「Love is on line」という歌の詞かな。夜中じゅうオンラインでつながってて、チャット?今ならLineなどで会話している2人の話なんだけど、入力された文字の返信こそが、気持ちを温め、確かに愛で繋がっているんだという内容。
「二人は蜘蛛の糸を渡る夜露さ」という詞は、キザな気もするけども美しくて、よくこんなの思いつくなあと思います。
この歌詞について、古今和歌集の歌「秋の野に 置く白露は 玉なれや つらぬきかくる 蜘蛛の糸すぢ」の本家取り的だとしたらすごいカッコイイ、と語っている方がいました。これまでもキリンジの詞には古典ちょくちょく入ってるし、十分あり得ると思う。
顔を見ないで文のやり取りから愛が生まれた平安時代をはるかに超えて、筆文字がフォント入力になっても、状況としては、それと大差ないんですよね…はぁ、時代と普遍、巧いなあ。
こんなふうに、ほんとに毎回、毎回、詞にも侮れないものが入ってて、つきあって考えたくなる「お土産」がある感じです。

さて、これから、2つのアルバムの、どっちがよりヘビーローテになるかはわからないですが、でも、12年経っても、DODECAGONは今現在古びてないからこっちかもしれない。ただ、過去のキリンジは、全部聴いたらそこから新しいものにもう出会えない。今のKIRINJIはやっぱりセンスは健在だし、これからも期待できる存在なんですよね。



| 音楽 musica | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT