2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

≫ EDIT

Timeless

‘れんぎょうの枝’
レンギョウ

セルジオ・メンデスの‘Timeless’をちゃんと聴くことができた。2月ごろ友人が、「カッコイイよ」と言って、ダウンロード買いをしていたのだけど、うちはそういう環境も今の所ないので、その友人の所に行った時、パソコンから聴こえてくるのを耳にするだけだった。
ブラジル+HIPHOPという傾向があるのは知っていたけど、ほぼ初めてアルバムをちゃんと聴いた。おもしろいね!これはうまくミックスしてると思った。
アメリカのBlack Eyed peasがプロデュースしているみたいで、スティービー・ワンダーもひそかに参加している。ブラジルからのゲストもいろいろで多彩。わりとブラジル色の濃いのと、HIPHOP色が濃いのとあるけど、どれもカッコよくて聴きやすい。
個人的に好きなのは、やはりブラジル色が濃いものだけど、Surfboard(Barquinho)やThe Frogなど、アレンジが凄くて「こう来たか!」という驚きがある。
好きな曲が、うまくひねられアレンジされたものを発見する時、それはイイものを掘り当てた時の気持ちで、その驚きはとても楽しいね。

そういえば、マリーザ・モンチの新譜が出るみたい。久しぶりでとても楽しみー。

| 音楽 musica | 18:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ファミレスでの体験

‘近所の2色椿’
つばき
白地に赤縞のと、紅い単色の2パターンが同じ木に咲く、お気に入りの椿。

昨日、仕事の関係で某ファミレスで昼ご飯を食べた。胃が重たい感じだったので、ガッツリ食べるのはやめようと思い、普通の日替わりランチにした。
鶏胸肉のソテーって、この手のレストランでは、ランチメニューに良く登場するし、あまり期待してなかったのだけど、運ばれてきたものは、予想外に美味しかった。
以前、このチェーンの他の店で頼んだものが、「鮮度悪いな」と感じたことがあったけど、ここの支店では、あまりそういうこともない。大満足で終わろうとしたら、最後の一切れが生焼けっぽかったので、残した。
こういうことは、あまり良くない食堂にはよくあることだし、もうおなかいっぱいの最後の一切れだったので、特に気にも留めなかったが、皿を下げられた後、精算前に連れと計算していたら、お店のおねえさんがやってきて、「申しわけございません」と陳謝。
もう一度作らせていただくという。いやいや、もうおなかいっぱいだから、というと、せめて飲み物でも、ということで、私と連れ計3人で、コーヒーを飲んで帰った。
店を出る時、玄関外まで出て見送ってくれた。何度もお詫びをくり返されたので、正直もういいよ。と思ったけど、やっぱりここの社員教育ってすごいのかもしれないと思った。
ピンチをチャンスに変える‥‥とまでいくかどうかは知らないが、黙って客を帰して、どこかで悪口をいわれるより、こっちのほうがいいのだね。
おねえさんの笑顔もマニュアル化されていようがいまいが、感じがよいのには変わりない。
SPTIZの歌にも登場する、全国的に有名なファミリーレストランでのできごとだ。

| 外食・食べ歩き gastronomia | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春分

‘さくらもち’
さくらもち
昨年用に作ったカレンダーの3月の挿し絵。

忙しかった。でも今日はお彼岸ということで‥‥。やっぱり食べました。桜餅。
桜餅の香りと味を賞味しながら桜を待つ。日本人でよかったと思う瞬間だ。

| 日記・つぶやき diario | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

疲れた脳に

‘高木の抹茶最中’
monaka.jpg
頂きもの。白い最中って、上品だね。

なんだか急に忙しくなった。やってみれば、たいしたことないのかもしれないが、なんせノミの心臓なので、気ぜわしく、気になる。
でも、まあヒマで死にそうな時の空虚さというものを味わったことがあれば、こういうのも幸せのうち、と思えるような気もする。この状況もそう続かないんだろうしね。
(‥‥でも、忙しすぎてオカシくなったり病んだりするようなことも世の中にはちゃんとあるから)なんでも、ほどほどがイチバンね。
なかなか、そうならない世の中のようだけれども。
疲れた脳に、最中がうまい。

| 市販の食品など compradas | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の便り

‘ミモザ’
ミモザ
蕾の時は地味なのに、開くと急にたわわになる。

もう1週間くらいになるけれど、お友達からメールが届いた。文は一言くらいしかなくて、URLが貼ってある。飛んでみたら、ジェイク島袋のGoogle音楽ビデオ。
恥ずかしながら、私はGoogleビデオの存在すら知らず。
でも、なんて気の利いた春のお便りだろうか。
ジェイクさんのウクレレは、確かに春を運んでくれましたよ。
ずっと頭の中をグルグルしてる。
彼のウクレレは、ゆる~い夏のそれとは一線を画しているように思う。4弦しかないのがウソのような、ちょっとギターに近いような。でも、ウクレレの気持ちよさはちゃんと残ってて。他の曲聴いてみよう。ということで、別の友達から Peace,Love&Uklele を手に入れた。
そのうちまた違うのも聴いてみたいな。
ありがとーーーぅ。
明日から、ちと忙しさが増す気配。がんばらねば。

| 音楽 musica | 23:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘シチューポット’
シチューポット

ぽってりした器にあったかい煮込み料理がおいしそう。というのを雑誌で見て、それに影響されて作った作品が上がってきた。
いろいろ難はあるけど、まあまあかな。飴釉は、ツヤがすごいね。撮ってる私が映ってる。
今日は、絵付けばかりしていて、唯一作った皿も始めは失敗した。やはり仁清土での大きい作品はまだ辛いなー。この土で、大きく薄く作れたらすごいね。

| 陶芸 ceramicas | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めて食べる野菜

‘甘草(カンゾウ)のごま和え’
甘草のごま和え
盛り付けず、すり鉢のまま食べちゃった(^ ^;)

初めて食べてみた。まず、茹でたてのを口にいれると、クセがなくて甘味を感じる。ウマイ。
「だから、甘草っていうんだろうな。」と納得する。
今回はごま和えにしたけど、味噌汁でも、炒め物でも、なんでもイケそう。
春の味覚は、あくが強くてくせがあるものが多いけど、これはソフトな味だった。
また機会があれば買お。

| クッキング mi cocina | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お菓子バトン

友人MASAから、お菓子バトンが回ってきたので、ここに書くね。でも、私が知ってるブロガーは、たぶんもうこのバトン回ってるので、まわさない。けど、誰か回ってない人がいたら、トラックバックしてね。

1 職場にストックしているお菓子は?
 ない。ストックせず食べてしまうから。でも、以前の多忙なOL時代は、毎日残業時の
 甘いものに飽きてカリカリ梅とか食べてた。(あ、お菓子じゃないか)

2 今食べてるお菓子は?
 時節柄、チョコが多いな。

3 最後に買ったお菓子
 つまんなかったので、答えない。

4 よく食べる、または特別な思い入れのあるお菓子
 よく買うものは、スーパーで。トップバリュのアーモンドクッキーとか、
 丸中製菓のバターケーキ、岩松製菓の黒豆せんべいとか。どれも強すぎない味が好き。
 めったに買わないけど好きなのは、アンリ・シャルパンティエのC.C.クッキー、
 モロゾフのカスタードプリン、にしき堂の麩餅、とらやの「夜の梅」など。
 地元贔屓という点で言うと、鳳梨饅頭(おんらいまんとう)と鶴屋安芸の利休饅頭かな。
 また、旅先でのお菓子や、土産でいただいたお菓子はめったに食べられないけど、
 再訪したらまた必ずと思うものは、京都の出町ふたばの豆餅
 (京都は他にもいっぱいあるんだろうけど)、
 大阪のラ・プラージュのチョコ系ショートケーキかな。
 意外とよかったのが、お土産で頂いた、ラトビアの乾燥ブルーベリー入りの板チョコ。
 甘いけどうまい。これ、グローバル展開してそうな雰囲気のパッケージで、
 日本でもどこかで売ってそうな感じなんだけど、どこかにないかしら。
 食べたことないけど、いずれ試してみたいのは、叶匠寿庵の「あも」。
 誰か食べた人いませんかね。

| 日記・つぶやき diario | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザビエルの国から

‘bizcocho’
ビスコチョ

なぜかネット上で、外国人とお話ししはじめてはや一月。とある掲示板上でのことだ。
外国の人から自分にレスが来ると思っていなかったし、つたない返事を書いて、果たして会話が続いていくのか不安でもあった。でも、今の所、話が終わっちゃったな‥‥ということにはなっていない。思いがけずお話が進み、先日はお菓子の作り方まで教えてくれた。返事を書くのには骨が折れるし、多分まちがいだらけなんだろうけど、広い心で読んでもらっていると思う。ネットってすごいね。ほとんど話せないけど、なんとか書いたら、すごい早さで返事が来るんだものね。
で、そのお菓子がこれ。バターじゃなくて、オリーブオイルで作るんだって。
味は、正直日本人好みではないと思うけど、素朴な味でございましたよ。

| デザート保存食作り dulces etc. | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと安心

‘おおいぬのふぐり’
おおいぬのふぐり

今日は暖かかった。この冬は寒かったけど、春になるのは早いのかな。
2月中、ずっと後頭部と眼のあたりが痛み、もう一月にもなるので、思いきって病院に行ってみた。(早く行けよ)
が、やはり筋肉を痛めたとか、凝りだろうということで、痛み止めと筋肉の緊張を和らげる薬を貰った。これを試してみて、それでもダメならMRIを取りましょうとのこと。
まあ、多分筋を痛めたんだろう、と自分でも思う。けど、頭痛は万が一ということもあるので。ちょっとほっとした。

| 日記・つぶやき diario | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春のCM

‘白梅も満開’
白梅

新しい春のCMが、どんどん流れているけど、最近ツボにはまったのは、アサヒ本生の「ロボッ庫」キャンペーンCM。
部下(佐々木蔵之介)が、部長(伊武雅刀)の家に招かれるという設定で、応接間に通されたら、ロボッ庫があるというもの。すごくバカバカしい。
この応接間が、ドラマ「白い巨塔」で裏取引に使われる料亭の部屋を思いおこさせる。すると伊武さんはもちろん‥‥。そうそう、あのドラマ佐々木さんも出演してたじゃない‥‥。
ロボッ庫(使えるのか?トリビア的な賞品だなあ)に、驚愕する佐々木さん。そちらに顔を向ける伊武さんの動きが、なんとなくロボットのようで面白い。
「佐々木君、キャンペーンだよ」と、狡猾そうな笑みを浮かべて言うのは、まさしく鵜飼教授。このあとの佐々木さんのたまらなさそうな表情がまたすごく、いつ見ても笑ってしまう。前回の「東京ラブストーリー」のパロを踏まえての面白さだけど、この二人、やってくれるなあ。

| 日記・つぶやき diario | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

交通運に見放される

‘紅梅咲いたよ’
紅梅咲いた

美容院に行くのと、実家に帰るのとは、たいてい兼ねている(ものぐさ)。JRで1時間から、遅くても1時間半くらいでそちらの駅に着く。
今日は、寒い日だった。髪を切り、実家に行ったまでは平穏だったのだが、帰りに思わぬアクシデントが待っていた。
JRでのりかえなしに帰れる便に乗ったので、すっかり安心していたら、15分後に、人身事故があったから、バスに乗り換えろとの指示。でも、こういう場合って判断つかない。そのまま乗っていた方が、渋滞に巻き込まれず、結局早いこともあるからだ。
しかしそれから1時間後に、やはり目処が立たないから、バスへ乗ってくれとの指示。
「今回は見誤ったな」と思いながら、バスへ。私のように、待っていた人は結構いた。2駅先の駅で降ろされ、そこにいた列車に乗り込む。対面式の電車でめちゃ寒い。なんで私がさっきの電車を降りなかったかと言うと、あそこにいれば暖かかったから、というのもある。そしてやっとH駅に着いて乗り換え。
ほっとしたのもつかの間、そこでまたもやヒドイことが。
「○部線の△駅で車が脱輪しているので、発車する目処が立たない」
とのこと。おいおい、2度までもこれかよ。さすがにこれにはこたえたね。ダンナに電話してみたら、まさしくその事故現場の手前の駅で足止めを食っているところだった。夫婦そろって‥‥何でこんな日にかぎって、JRに乗ってるんだ、ダンナよ。
もうこりごりだったので、駅を出てバスで帰った。家に着いたのは、実家を出て4時間後のことだった。それからご飯を炊く。本当にもう疲れた。こういうのを厄日っていうのかな。

| 日記・つぶやき diario | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1ヶ月ぶりの陶芸

‘黄瀬戸の小皿’
黄瀬戸の器1

久しぶりの陶芸教室。差し上げるお花のアレンジと自分の道具だけでもかなり大荷物なのに、雨が降って傘をさしたので、坂道を登って着いた頃には息があがってしんどかった。
今日は、娘さん(この方も先生なのだけど)もいらっしゃって、生徒も他に2人いたので、思ったより寂しくならなかったのでよかった。
久しぶりなので、大きい作品はやめて、電動ろくろのカンを取り戻すため、小さなお皿を3つ作った。
初めて仁清土で作ったが、これが、きめが細かくて、すあまとか、ソフトクリームに似た感じだな、と思った。こういうのは、広げ過ぎるとぺちゃっとヘタるのでこわい。
1月に作った作品が焼き上がってきた。写真のは、白い荒土に黄瀬戸。特に芸もないけど、漬け物とか取り皿にはいいかな。

| 陶芸 ceramicas | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月