2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

≫ EDIT

夏が終わろうとしている

‘お世話になってます’
通うスーパー
Estuve muy liada por mi trabajo.
Suelo utilizar este supermercado en hora de descanso.

今週もキツかった。これまでで一番。とうとう仕事場で朝焼けも見てしまったよ。
こんなに酷いことになるのは、人手不足もあるけど、デザイン仕様書が発表されるのが、遅すぎたから。しかもその内容が、いたらないから。こんなのを出してくる某大手広告代理店に、ほんとガッカリ。夏が終わろうとしている。自分には、なかったなあ、夏。
今日はお休みさせてもらったので、やっと美容院に行った(これがまた、一仕事よね)。
食生活は、まじで荒れてきた。おでんは終わって、ハンバーグを作り置きしてたんだけど、ダンナはそれを食べずに惣菜を買い、わたしは晩ごはん自体食べない日も。深夜になると、もう、ごはん粒がのどに通らないのだ。魚出汁の、やさしい味のにゅうめんが食べたい~。
で、今日はそれを作ってみた。出汁は多めに作って備える。やっぱり、自然の出汁って、おなかにやさしくていいね。

| 日記・つぶやき diario | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅を干す

‘梅を干す’
梅を干す
Estoy muy ocupada todavia, pero seque las ciruelas conservadas en sal al sol.
Por eso podemos conseguir el sabor delicado y tipico.

爆忙でお盆がないとはいえ、お盆を過ぎてしまうと陽の当たりが弱まるので、昨日やっと梅を干した。最近は夕立ちが多いので、それにあたると困るけど、そんなことも言ってられないし。運よく、順調に乾いている。
昨日はダンナの誕生日だったけど、買ったケーキが家に着くのが午前さま(今日)だもの、もう誕生日じゃなくなってたりなんかして。すまぬ、ダンナ。
日曜日もなかったので、今日は仕事をお休みさせてもらったけど、墓参りには行けない。この一週間分に対応できるおかずを作り、準備するための休みだから。ご先祖さまにも、すみませぬ。
こんな状況でも、まあ、どうせ続きはしないんだからいずれ終わる、と思ってるし、必要な物を手に入れるため、という目的のためにはがんばれる。
それにしても、中庸はないものかね。午前さま爆忙で「何のために自分は生きてるの?」という状況と、仕事も何もなくて「何のために自分は生きているの?」という状況と。豊かに生きるって、むずかしい。

| デザート保存食作り dulces etc. | 11:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

爆忙にて

‘レタスしゃぶ 出汁づけ’
レタスしゃぶ


結局、今週はハヤシで乗り切った。(^^;)連日の暑さと深夜帰宅とで、自分の胃はもう、ハヤシでも何でも、どうでもイイ感じ。誰かが用意してくれるんなら、あったかいうどんが食べたいくらいお疲れちゃん。
画像だけでも、以前作った健康的なメニューを選んでみました。(^^;)

今日も仕事だったけど、夕方から体がものすごくしんどくなり、結局早く帰ってしまった。チームのみなさん、ごめんなさい。こういう時、体力のない自分にいつも情けなくなる。能力だの、才能だのって、つまるところ最後は体力なのだよ。それがない自分に、改めてヘコむ。

他の人の体も、とても心配。いろんな要因が重なって、書類は遅れに遅れている。
バイト1人(私)の観察と所感をメモっとこ。
・仕事が大きなものであるほど、業者選定は大事。少々高くても、きちんとした対処をしてくれるなら、結果的には安くつき、疲弊も少ない。
・人が足りないからって、投入する人間のタイプを間違うと、却って回らなくなる。そいつらへの対処で、こちらの仕事が逆に増えてしまうだけだからだ。
今週は、こんなとこかな。明日はがんばる。
ああ、でも、次週どうしよう、もうカレーもハヤシもしたからな‥‥。夏でもおでんかしら(^^;)

| 日記・つぶやき diario | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花火大会

‘夏の花火’
花火
Fui a ver una fiesta del fuegos artificiales. Me gusta la luz
vigorosa que se aproximan sobre mi cabeza. Fueron muy bonitos.
Y las chicas que se pusieron Yukatas fueron muy bonitas tambien.

‘お面の屋台’
お面の店
Estuvieron se vendiendo mascaras.

忙しいといいつつ、この週末はダンナの実家へ。これは仕事より前に決まっていたことだし、これを楽しみにしているであろう義父さんのことを考えると、行かないわけにはいかないのだ。
で、何でこの日かというと、花火大会があるから。今年も、このお祭りを見ると、やっと夏らしさを楽しめたな、と思えた。
大きな花火大会は、わたしの地元にもあって、派手さはすごいんだけど、中くらいの規模の花火大会は、それとはまた違った楽しさがある。内容がまあまあであれば、私は田舎の中堅どころの方が好みだ。というのも、降ってくる花を視野いっぱいに浴びるように見るのが醍醐味だと思うから。お腹に響く「ドーン」という音とともに、頭上から迫ってくる光の洪水。もー、これだね。ベストは寝転んで見る。(これはなかなか難しいけど)そんな近いポジションで見られるのは、やはりあまり都会でない場所の方がチャンスなんですわ。

| 日記・つぶやき diario | 17:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カレー万歳

‘シジミ蝶とヒメジョオン’
蝶

ここのところ、晩ごはんを食べるのが午前さまだ。先日の日曜日に、カレーをたっぷり作っておいたので、コンビニ飯から逃れられることはうれしい。ダンナは、毎日続いても大丈夫なカレー好きなので助かる。本当に、カレー万歳!Viva カレー!だよ。
来週はどうするかというのは、切実だ。いくら続いても構わないといっても、わたしがさすがに飽きるし、人はカレーをそんなに食べ続けてよいものかとも思う。冬はおでんという手があるんだけど、夏はねえ。ハヤシライス?ほとんど変わらないじゃん。ああどうしよう。来週も激務だ。
ボーっとしながら、手抜きにありがたい品の一つ、卵豆腐を食す。これのタレって、何でついてるんだろうな、と思う。全然いらない。


| 日記・つぶやき diario | 02:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月