2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

≫ EDIT

イマージュのケーキ

‘C-カライブといちごのショート’
イマージュのcake

昨日は、ダンナと久しぶりに街中に出た。買い物の後、お茶でも飲もうかと思ったけど、連休中は人が多いので、家に帰ってお茶を飲むことになった。お茶受けのケーキを買うためデパ地下に入り、買ったのはイマージュのケーキ。パティシエがフランスのコンクールで受賞した腕の持ち主で有名だ。
もともと食べてみたい気はあったけど、昔はデパ地下には出店していなくて遠かったこと、その後2度の衛生管理問題によるイメージダウンがあり、どうなるかと思った時期もあったりして、この店に縁はなかった。
しかし気づけば、現在はデパ地下に出店しているし、結構繁盛もしている。ここらへんで試してみようかな。という訳で、勇気を出して買ってみた。

うまいです。初めての店では、いちごショートを買うようにしてるんだけど、ここのスポンジは、ふわっとして、すこししっとり。2月に食べた「メゾンラブレ」のに比べて、舌にザラザラ感がない。個人的にはこっちのが好みだな。いちごは、香りがよくて、どちらかというと酸っぱさを感じるものが使われていた。全体的に、甘さはかなり控えめ。ちょっと神戸の「フーケ」のいちごショートを思い出した。
チョコレート味のC-カライブ(と思ったけど、季節限定モノ...Dナントカっていうお菓子だったかもしれません)は、少し甘めでお茶がゴクゴク飲めるタイプ。うまい。けど、大阪「ラ・プラージュ」の時ほどの感動はなかったな。
でも、もう一度、ラ・プラージュのチョコケーキ食べてみないと。初めての感動は、あとでそのイメージを脳内で肥大させてしまっていることがあるからね。
誕生日にケーキを買えなかったので、4月も終わりになってケーキを食べたんだけど、ああ満足。

追記:C-カライブと思っていたケーキは、Dナントカでもなく、Tショコラだった。全然違ったわね~。

| 市販の食品など compradas | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たけのこ料理

‘たけのこごはん、若竹椀、かつおのたたき’
たけのこ070429
Recientemente he sabido que el brote de banbu es alimento destetado para nin~os de panda.
En Japon las personas lo comen. Se llama 'Takenoko'.

今日は、たけのこごはん、若竹椀。かつおのたたきも添えて。春から夏に移り変わるときの代表的なメニューかな。(ちなみに一昨日はたけのこの煮物を食べた)
今年は、たけのこの下処理をする気がなかなか起きなくて、市販の水煮はおいしくないから買わないし、で、そろそろ買わないと、季節終わっちゃうなあ‥‥と思っていた。
すると、ありがたいことに、一昨日実家へ帰ったとき、たまたまご近所さんから、お家でゆでたたけのこのお裾分けがあり、母が持たせてくれたので、無事ありつけたのだ。
えぐみもなく、やわらかく、大変おいしくいただいた。そろそろ、夏ですねえ。

あ、カメラ戻ってきました。やっぱり慣れてるヤツは、いいねえ。

| クッキング mi cocina | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愚痴はタダじゃない

‘曇りの日のハナミズキ’
ハナミズキと教会
Ahora florecen las Cornus floridas. Son muy bonitas.

身内のグチを聞くハメになった。
グチって、その人のストレスも分かるし、自分も上手くいってないときは聞いてもらうこともあるからある程度はがまんしてきくのだけど。
(でも、グチをたくさん言う人は、私の分は聞いてくれないか、または、いつのまにかこちらが聞くハメになるので、結局一方的になるんだよね。)
いろいろ吐いて、その時はちょっとスッキリするんだろうけど、表面に吹き出た泡が少し消えただけのことで、またじわじわ吹き出すから、根本を問題解決しないかぎり、言い続けることになる。
感情の値のプラスマイナスを考えて特に思ったのだけど、
「感謝されたい気持ち、認められたい気持ちがあるなら、その人にグチを言ってはダメ」だ。
「してあげてるのに」「してくれない」「してくれてもいいのに」というフレーズが思い浮かんだら要注意。
聞く方は、それを聞いた時点で、その人に向けてた感謝の値が半減するんだよね。じゃあ、やらなきゃいいだろ、と。頼んでないだろ、と。
たぶん、本人は聞いてもらいたいだけで、本当には見返りを求めてないのかもしれないけど、それにしても、
グチは、タダじゃないのダ。見えないけど、いいものをむざむざ売り渡してる感じ。損だ。
わたしも気をつけよ。




| 日記・つぶやき diario | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘野呂土、白マット釉’
陶芸070426

今日は、昨日買ったキャリーケースに陶芸用具を入れて陶芸教室に行ってみた。
急な坂道と階段部分が多い道だったので、結局これを使わないときとプラスマイナス0かな。
デミタスカップとソーサーを2つずつ作った。先週失敗しただけあって、今日はなかなか調子がよく、カップはいいかんじに成形できた。ただ、ソーサーは薄すぎて、高台を作るのに失敗し、次回作り直すことに決めた。
画像は3月に作った小鉢。おかずを入れるべきか、植物の鉢を入れるべきか、迷うようなデキ。
どう使うか、ゆっくり考えよ。

| 陶芸 ceramicas | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

5月に向けて

‘買ったキャリーケース’
キャリイバッグ
Compre un carrycase para salir. Como se dice esto en espan~ol?
Tengo 3 planes de excursion en el mayo.

5月に3つの外出計画があるので、小型のソフトキャリーケースを買った。
腰のためにも、近所で重いものを運ぶ時にも使うつもり。
すでにひとつ持ってるんだけど、使ってみてはじめて、このタイプのキャリーケースは持ち手の高さが非常に重要だと気づいたのだった。そのケースは持ち手がこころもち短いので、運ぶとき斜めになる角度があまりつかず、結果わたしの足にまとわりつく感じになり、姿勢も少し不自然になる。床から持ち手まで820ミリくらいだが、920ミリは欲しいところだ。
小さい人なら問題ないと思うので、これは誰かにあげることにして、新しいのを購入した。
店でメジャー持って、粘ること30分くらい。一度失敗すると、こうも慎重になるものか。(^_^;)
でも、おかげでとても満足して買った。あとは、実際いろいろ入れて、出掛けてみる。
これも、体も、環境も、トラブルなくちゃんと行けますように。



| 日記・つぶやき diario | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もどかしい

‘キャベツの重ね煮’
重ね煮070422
Preparo este plato mas facil que el 'relleno de col'.

ゆうべの晩ご飯。本当は、わたしの冬の定番料理だけど、ながい間作ってなかったので、春キャベツで作ってみた。春キャベツでも、おいしかった。
キャベツを1/4に切って芯の部分を取り、3~4つのパートに分けて、こねた鶏ひき肉をそれぞれの内側に塗り、ベーコンをその上に置いて、元通りの形に戻す。
そのままでは崩れやすいので、串に刺して、コンソメスープで蒸し煮にする。
味はロールキャベツのような、やさしい味。(材料ほとんど同じだからね)
切り分けた時、層になってきれいなのと、ロールキャベツより手間がかからないので、こっちばかり作ってます。

小さいデジカメで撮ったら、やっぱりあんまりよくない。接写に限界があるのかも。カメラって、やっぱり出したお金に比例した力量なのね(テクは持ってないんだから)。早く修理から戻ってこないかな。

あまり出掛けていないので、そろそろストレスたまってきた‥‥のに、今日は雨。
ダンナは風邪ではなく、インフルエンザだった。今月はほとんど、二人のどちらかが昼間家で寝ているという、珍しい月となった。
はねかえすぞとりかえすぞー!


| クッキング mi cocina | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘黒マット釉足付き鉢’
陶芸070418
Despues del tiempo largo fui a la clase de la ceramica.
No estuve contento sobre mi trabajo de hoy.
Pero me alegro poder hacer ceramica otra vez.

約一ヶ月ぶりに陶芸教室に行ってみた。
重い荷物がネックなので、なるべく荷物を軽くして、電車を使い坂道を歩いて到着。ふーっ、ちゃんと来れたよ。(今日の目標達成)
作品は、今日は気分が乗らなくてさんざんだったけど、前回までの作品がたくさん上がってきていた。重くて持ち帰れないので、気に入ったの2点だけ選び、他は次回持って帰れるよう頼んだ。
画像は、今日上がった作品の中で、一番気に入ったもの。黒マット釉で、足付きの四角い鉢。少し深さがあるので、お刺身も映えるし、煮物をたくさん盛ることもできる。多目的に使える器をめざしたので満足。久々のヒット作かも。
黒マットは、黒いけど、部分的に黄色のような、緑のようなタレが出るのが特徴で、はじめはこれが邪魔な気がしてたんだけど、今はこれがあったほうが味があるかな‥‥と思っている。

| 陶芸 ceramicas | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サウンドトラック〔フランシスコの2人の息子〕

‘La musica de la pelicula - 2filhos de Francisco’
2人の息子
La escuche, y digo francamente que no me gusta la musica de Zeze & Luciano,
pero me interesa la pelicula. Ademas... me gusta Caetano Veloso.

映画「フランシスコと2人の息子」(2filhos de Francisco)。東京ではすでに公開、順次地方に公開される予定。
で、まだ広島にはいつ来るかわかんないんだけど、サロンシネマ系で(これは確定)、たぶん早く終わるタイプだろうけど、見てみたいのよね。
と、思ってたら、これのサントラをダンナが買ってきてくれた。
最近、動けなかったせいで「趣味のものをゲットする」というフツーの行為からさえ遠ざかっていたので、こういうの見るの、なんだか新鮮。
そして、今日聴こうと思ってたら、なんと、今度はダンナが風邪でダウン。(自分を含め、ここんところの身内の病の多さは何だ?ま、これはわたしがうつした説もアリ... にしても、潜伏期間、長過ぎじゃない?)
音楽聴くのは遠慮しておこう、と思ってたけど、結局2人で聴いてみた。
聴き始めるなり、ダンナ「これ、長渕?」
そう、聴くほどに面白いくらい、ブラジルの長渕剛!
ウーン、完全にテリトリー外。
ただ、Zezeの歌聴いて自己発見したのだけど、ああいう声自体がキライなのではなく、要は歌い方と情感の出し方の、好みの問題なワケね。
皮肉なことに、映画のストーリー(実話)の主人公となる兄弟の歌以外、カエターノ、マリア・ベターニャ、ネイ・マトグロッソ、ナンド・レイス、このあたりは気持ちよく聴けまして‥‥
まあ、カエターノファンとしては、妹のマリアとデュエットしてるの聴くだけで、それだけでもうこのCDは価値があるんですけどね。渋い低音マリアと、軽やかなカエターノ。

ZezeとLucianoの音楽は、私が思う「ブラジル」とはちょっと違って、メキシコとかの、スペイン語圏のロマンス系歌謡曲のほうに近いような気がする。自分のテリトリー外とわかって少し残念だったけど、やはり映画は見てみたいことに変わりはない。映画そのものはサントラとは別物だと思うし、ストーリーや効果によっては、あれでドンピシャかもしれないしね。

| 音楽 musica | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

背骨

‘こんな感じかな’
せぼね

今日、ギックリをやった後としては、はじめて電車を使って、郊外のショッピングモールまで行ってみた。
まあ、ダンナとブランチを食べて、少し食料を買い出しただけですぐ帰ったんだけど、ちょっと遠くへも無理しなければそろそろ大丈夫かな。
もちろん、接骨院にはまだ通うべき。まだ上の図のように、腰骨がSの字じゃないしね。
接骨院の先生曰く、「よくなったら、この年齢のうちに、腹筋、ひざの筋肉を鍛えておくといい」
「女性は骨粗鬆症になりやすいので、放っておくと、閉経後に背骨が変形しやすいんだよ」
とか、もう、耳が痛いけど、考えさせてくれる。

話は変わるけど、「帰ってきた時効警察」(このあたりでは金曜深夜放送)なんだかパワーアップしてたね。「コーヒーイレロオーイ!」ていう又来(ふせえり)さんの声が耳について離れないんだわー。

| 日記・つぶやき diario | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アボカドとトマトのもずく酢

‘もずく酢’ アボカド入れたら美味。
もずく_アボカド
Mozuku (una especie de alga marina) con salsa de soja y vinagre.
Lo preparan muy facilmente. Yo an~ado tomate y aguacate a este plato.

もずく、子供の頃は安かった記憶があるんだけど、今は高価になったね。スーパーでは味付けされてる個食タイプが幅を利かせているのが残念。あれって、少ない割に高いし、あの味付けは、私にとってはジャマだ。ダシとか風味が、化学っぽいのがあったりして、気に入らない。
それで、たまにもずくだけが水に入ってパッケージされているのを見かけると買っておく。わりと日持ちするからまとめ買いOKなのはいいところ。
ひと月前ほど、たまたまアボカドの使いかけがあったので、もずく酢を作るとき、一緒に加えたら、これがヒットで(画像はその時のもの)、以後何回か作っている。
〈2人分〉
もずく   100g
プチトマト 4~6個
アボカド  1/2個
しょうゆ、酢、酒 各大さじ1
すりごま少々

もずくはざるにあけて、しばらく放置し、よく水を切る。
プチトマトはヘタをとり縦1/2か1/4に切る。アボカドは1cm角程度に切る。
もずくをボウルに入れ、調味料を全て入れた後、トマト、アボカドを加えてさらっとまぜる。
最後に、好みですりごま少々を掛けて、できあがり。
もずくだけじゃ、お腹にたまらないけど、これだとボリュームアップするよ。
トマトの甘みが二杯酢の中で引きたち、アボカドのまったり感とさっぱりしたもずくの組み合わせがグーです。
で、なんといってもめちゃ簡単なのがイイね。

| クッキング mi cocina | 12:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジカメこわれちゃった

‘壊れる前、最後の一枚’
神社の桜おわりごろ
Mi camara se ha descompuesto. Dudo si repararla o comprar una nueva.
De todos modos, no puedo sacar fotos contentamente por el momento.
Esta foto es la ultima. (antes de romperse)

今年のさくらは、よくもったねー。雨と風がほとんどない状態が、ここまでつづくのは珍しい。毎年こうだといいのにね。
接骨院の通院帰りに、うちから2軒となりの神社に寄ってはデジカメで桜を撮る、という余裕も出てきたんだけど、昨日 何枚か撮ったところで、自動のレンズカバーが降りなくなってしまい、撮ろうとするとエラーが出て撮れなくなってしまった。
体のつぎは、カメラか‥‥(汗)。
長期的な希望としては、高価な一眼レフとかにも興味はあるんだけど、これから5月以降お金を使う予定があること(主に移動で)、買いたいものの候補も他にいくつかあることを考えると、ここで今愛用カメラがお釈迦になるのはイタイのよー!
まだ、街の中心街に出る勇気はないので、ダンナに電器屋に行ってもらい、修理見積もりを頼んでもらった。
そんなわけで、このブログも、しばらく画像がナシか、あってもつたないものになるかもしれません。もっとストックしておくべきだったわー。

| 日記・つぶやき diario | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの会話

‘夜の大島桜’
夜の大島桜

ようやく近所のスーパーマーケットまで歩く元気が出てきた。これも接骨院通いのおかげかな。とはいえ、まだばあさん歩きには違いなく、重いものは買えないけど。
こういう時に限って、町内に住む友人と遭遇。かっこわるいけど、事情を説明した。
早くよくなって、彼女とも遊びに行きたいものだ。
この春、友達とどこかに行ったりが全然なかったので、せめて花見くらい誰かと、と思っていた矢先がこのありさまで、ダンナ以外の人としゃべるのも久しぶりのことだった。さみしい春だにゃ。

画像は、今日、近所の大島桜。先月のモクレンのときのように、フラッシュありとなしのを重ねてみた。実際はちゃんと同じ位置と角度から撮っていないので、クリアに画像が重なることはないんだけど、夜のおぼろげな雰囲気を感じるには、こんなのもアリかなーと。

| 日記・つぶやき diario | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つれづれ

‘ソメイヨシノも終わり’
狛犬と桜
Komainu y las flores de cerezos

◆ここ2、3日で、やっと左に寝返りがうてるようになった。
とはいえ、体が曲がったのは治っておらず、接骨院から帰るときは何とか歩いているけど、腰がまっすぐ伸ばせないため、すぐ背中の筋肉に緊張が走り、体を横たえたくなってしまう。
このままでは、全快の照準をかなり後に設定しなくちゃいけないかも。ゴールデンウィークに間に合うのか?

◆今日は市長、市会議員、県会議員選挙。ずっと床に伏せていたせいで、ほとんど情報を集めていなかったけど、とりあえず投票にはいくことにした。ダンナと二人で、終わる桜を見ながら帰った。
今年は、一番いいときを見られなかったけど、去年撮った八重の山桜(宵の八重山桜)は、ひょっとしたら江波山桜なのかも。同じと思われるものが、名前入りで投票所に植えられていたので、はっとしたのだった。

◆「美しい日本」のつぎは、「美しい自分探しの旅」って聞いて、何言ってるんだろーと思った週末だったわ。「自分探し」とナカタが言った時、「ナカタはOLだった」とか言われたものだけど、個人はまあ、好き勝手にするとして、国を預かる人が「自分探し」とか言っちゃったら、不安すぎるね。自分の父親にそう言われるのを想像するのもヤだよ。
それに自分探しってね‥‥言ってるあいだは、見つからないものらしいよ。

| 日記・つぶやき diario | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

だいぶよくなってきた

‘二軒となりの神社の桜’
鳥居と桜1
Me estoy mejorando poco a poco. Aunque no puedo caminar mucho todavia,
ayer fui a ver los cerezos del santuario sintoista vecino.

風邪が一山超えて、だいぶよくなってきた。あいかわらず腰を曲げないと歩けないのと、発作的にくるゲリラ的な咳さえなければ、と思う。初めてのギックリ腰だったのだけど、本当に、ゆっくりゆっくりしか回復しないものだ。「劇的」はナイ。
暇なんだから本を読みあさればいいのだけど、夜に発作的な咳に悩まされて寝不足になった結果、昼によく眠ることになる。で、案外読まない。
そんな中、ダンナが、「ダ・ヴィンチの受胎告知、もう来てるんだねえ」と雑誌を買ってきた。
ウフィツィ美術館のやつね。一度だけ本物を見たことがある。
今回イタリアからこんな貴重なもの借りて、日本は何か、このお返しをするのかな。
1999年ドラクロワの「民衆を率いる自由の女神」が日本に貸し出された時、フランスは「鑑真和上像のお礼だ」と言って貸してくれたそうだけど、鑑真にも勝るような国宝を貸すとしたら、何があるのかしら日本には‥‥とか、勝手に考える。
「受胎告知」の話を二人でするうちに、ガブリエルの話になり、ダンナが「天使のひきだし」(視覚デザイン研究所)という本を出してきてくれた。天使が登場する宗教画の背景をさらっと簡単に説明してあるのだけど、10年以上前の本ながら、これが退屈をかなり救ってくれた。
とても気に入った絵があった。レンブラントの「天使と格闘するヤコブ」。
広報部長ぽいイメージのガブリエルのはずが、受胎告知とは違って、ヤコブと闘う場面。
レンブラントが描くと、ガブリエルのオーラがすごくて、ヤコブはもう闘う前から腰砕けな感じ。
ガブリエルの顔立ちは、どこかで見たことあるなつかしい顔で、すごく好き。‥‥多分、レンブラントの息子ティトゥスがモデルなんじゃないかと思う。レンブラントの描くティトゥス、すごい好き。昨年のアムステルダム王立美術館展のときも、修道士の格好のティトゥスに釘付けだったな。
今回の、ダ・ヴィンチの受胎告知も機会があれば見に行きたいけど、本当はフィレンツェでウフィツィをゆっくり堪能したいな~。一度ツアーで行ったものの、全然ゆっくり見られなかったから。
あの美術館のコレクションは、やっぱりスゴイ!

| 日記・つぶやき diario | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経過

‘保命酒のど飴’ ニッケ味ながら予想外にグッド。
保命酒のどあめ
El ultimo lunes me dolio la esparda y luego me resfrie...
Lo siento mucho por que ambos vinieron y estan en mi cuerpo a la vez.
Me estoy recuperando de ellos poco a poco, pero no puedo salir todavia.
Me preocupo que no pueda ver las flores de cerezos (Somei-yoshino) de este an~o...(T_T)

やっぱり、ギックリ腰だったよ。
しかも、その3日後には、高熱の風邪にも襲われ、筆舌に尽くしがたい痛みを味わった。高熱で関節が痛みだし、もう、部分的に腰のせいで痛いのか、熱で痛いのか、さっぱりわからない 。
でも、一番まいったのは、寝ていてちょっとでもむせたり、咳き込むと、その振動を腰が全て吸収しようとするため、ものすごい激痛がはしることだった。
で、せっかくいい感じで回復してきたかな?と思っていた腰が、ちょっとまた悪い方へ逆戻りするんだよね。
それで、それを回避するため、咳き込むたびに起き上がり、手をついて腕で振動を吸収するんだけど、頻繁に咳き込むので、今度はいつまでたっても、体を横たえられないという‥‥ほんとうに悪夢。ゆうべもほとんど寝ていない。
ダンナには、ものすごく迷惑かけている。でも、もし、この状況で一人暮らしだったら‥‥と思うと、本当にいてくれてよかった、と思うのだった。ごはんも尽きて、どうなってたことか。
友達には、一人暮らしの人も多いので、彼女たちが、もし自分と同じようなことに陥った場合、ほんとに駆けつけてあげたいと思いながら、いま養生中。
画像は、福山市鞆町の保命酒ののど飴。ニッケ風味は嫌いだったので、最初は「ハズレ」と思ったけど、大変堅くて噛んで割ることができないため、長時間口に留まっている。大きさもグッド。(アバンセ/ダイヤモンドシティソレイユ店にて購入)
それにしても、ああ、今年のソメイヨシノは見られないかなー。見たいなあ。

| 市販の食品など compradas | 15:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月