2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

≫ EDIT

シュノーケリング 3/5dias

‘竹富島付近で’ 見えているのが竹富島
竹富島の海
3r dia fuimos al mar cerca de la isla de Taketomi con respirador.
Nos excitamos la belleza del mar.

3日目は、シュノーケリングツアーに参加した。以前、一度シュノーケリングを渡嘉敷島でやったんだけど、それは無人島に送り迎えしてもらっただけで、あとは好き勝手に潜ってた。
今回は舟を出してもらい、ポイントを教えてもらって潜る、夕方までのツアーだ。
スイムスーツは着たけど、装着物が少なくてダイビングより気楽。
まず、竹富島に行って海の中で立つ方法や安全についての説明を受けた後、竹富島付近の浅い海に舟を停めて、入ってみた。
足の届かない深さに入るのがはじめは怖かったので、ライフジャケットをつけて入った。
(でも、そのうち慣れてくると、この締め付けが却ってしんどくなり、午後からは外したけどね。)仲間のYさんが浮き輪を持っていたので、さらに気分的にラクになった。疲れたら捕まればいいから。
ガイドさんの誘導に従って、珊瑚のかたまりの周囲を泳いで行った。こちらに向かって来たクマノミのつがいを「フレンドリクマノミ」と呼んでたけど、彼らは威嚇しにやってきたのだった。かわいい。
ガイドさんは海の中でも書けるボードを持っていて、魚の名前を次々と書いていった。
こういうのが、勝手に潜るシュノーケリングとは違うとこだね。


≫ Read More 続きを読む

| 非日常(遠出)excursiones | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西表島散策 2/5dias

‘由布島をのぞむ’
ゆぶじま1_070629
Excrusionamos por la isla de Iriomote.
Es la islita de Yubujima que vemos mas alla del agua. Toda la islita es el jardin botanico.

さて、サガリバナツアーが済むと、あまりゆっくりせずにチェックアウトし、レンタカーで西表の周囲を散策する。
やっぱり水牛の車に乗ってみたい!という意見のもとに、由布島へ行った。
なんとのどかな、いい眺め。

‘水牛で浅瀬を渡る’
ゆぶじま2_070629
Tomamos un coche del bufalo de agua para pasar el banco de arena.
La guia canta unas canciones tipicas y toca la sanshin (una especie de shamisen).
Que tranquilo!

私たちを乗せた水牛くんは、15人の体重と車をゆっくり引っ張る。この重さ大丈夫?さすがにそのうち少し頭が下がってきた。
ふと立ち止まり、ちらっとこちらを振り返ると、大きい用を足した。「やっていい?」という合図だったもよう。さらに進んでまた立ち止まり、今度は小さい用。これはやった後で「いいよね?」って感じで振り返った。
ウシに比べて目つきがやさしく、なんだかかわいい。週休2日で働いているそうな。
ガイドのおばちゃんはひと通り説明して三線を引きながら島唄をテキトーに歌ってくれた。
由布島はそれ自体が植物園になっていて、それは鮮やかな花々がさいていたんだけど、風が通らないからなにせ暑い。この島に来るのは、やはりのんびり水牛くんに乗るのが醍醐味というわけだね。

≫ Read More 続きを読む

| 非日常(遠出)excursiones | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サガリバナツアー 2/5dias

‘マングローブ林の夜明け、まだ暗い中のサガリバナ’
サガリバナ1_070629
Fui a ver Sagaribana flores (como el arbol de la seda) muy temprano.
Salimos de hospederia a las 4... tuve mucho suen~o.
La isla de Iriomote tiene unos rios y arroyos.
Tomamos kayaques y avanzamos encima del arroyo, podemos ver plantas del sur distintas a ambos lados del arroyo.

昨年、rukoさんが撮ってこられたサガリバナの画像を見て以来、いつかこの目で見たいと思っていたけれど、こんなに早く実現されようとは思っていなかった。この幸運に感謝。
午前4時に宿の前で暗い中を待っていると、予定通りマヤグスクエコアドベンチャーズさんの車がやってきた。
真っ暗な道を30分ほどかけて後良川に到着。まだ空は満天の星だ。
お互いの顔もよく見えない中、わずかな光で装着品を身につけ、カヤックの櫂のこぎ方の説明を受けていると、東の空が少しだけ明るくなってきた。2人1組でカヤックをこぎ出す。まだかなり暗いので大丈夫かなと思ったけど、ひたすら漕いだ。
やがて、花粉の少し青い感じの香りがしてサガリバナが何個か流れてくると、ガイドさんのカヤックの速度がゆっくりになり、川岸に寄ると、咲いてる咲いてる!

≫ Read More 続きを読む

| 非日常(遠出)excursiones | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

八重山諸島の旅 1/5dias

‘那覇の街路’
那覇の街路
Una calle de la ciudad de Naha (la provincia de Okinawa)
Primer dia transitamos aqui un rato, y tomamos avion otra vez, fuimos a la isla Ishigaki.
Aun mas tomamos un barco en fin llegamos a la isla Iriomote.
Hoy es el dia de traslado perfectamente.

友人たちと、女5人で八重山諸島に行ってきた。
初日は完全移動日。広島から那覇に着いて、そこで3時間ほどの猶予があり、お昼を食べたり、商店街や国際通りを散策したりした。以前一度このあたりに来たけど、あの頃まだゆいレールはなかったっけ。ゆいレール上から見下ろす街は緑が多いものの、けっこう都会だ。街路樹の花も空も鮮明でとてもきれい。
とっくに梅雨明けしていて、照りつけのきびしい中を歩いたら、あっという間に体から汗がふきだして気持ち悪い状態になった。

‘那覇の街路樹、ナンバンサイカチ’ ‘市場の魚’
那覇で見たカラフル
Los arboles de una calle, Los pescados de un mercado
Tienen los colores vivos.


それからまた飛行機に乗って石垣島へ降り、タクシーで移動して石垣港から西表島へ着いたのは夕方5時ごろ。
すっかり疲れて、ベトベトになった体を早く休めたかったけど、到着した宿がすごい宿で‥‥西表の安宿は気をつけた方がいいとは聞いていたのだけど、常設テントよりはマシなのか、という程度。(黄金山荘を思い出したよ。一部の人にしかわからない表現だけど)
案内役の兄ちゃんは上半身裸で、半分トランクスの模様をみせながら部屋を説明し、
「裸ですみませんね」と言うけど、少しの悪びれた様子もない。この無頓着さは西表的なのか、この宿的なのか。さらに
「うちで晩ご飯食べるんですか?港の方まで行けば、もっと安くておいしい店がありますよ。実はウチ‥‥僕が作ってるんです。」
という情報までくれた。どないやねん。
疲れてたけど、ここまで言われては怖くなり、この部屋にいたくないという気分もあって、港近くまで出かけて小さなイタリアンレストランで食事した。オオタニワタリやマコモの入った西表の野菜ピザ、梅と海ぶどうの冷製パスタが、ことのほかおいしかった。
その後、宿に帰るためタクシーをお店の人に呼んでもらおうとしたけど、(なんでも島内に5台しかないとかで)つかまらない。そこでお店の人が宿に連絡してくれて、かなり時間が経過したが、さきほどの兄ちゃんが迎えに来てくれた。今度はエプロン姿だった。たぶん、調理の合間を見計らって来たんだろう、フライ返しを持ってそうな勢いがあった。(持ってなかったけど)
さて、宿に戻ると蚊取り線香を炊いたりシャワーを浴びたりしたけど、本当に寛げないきたなさ。
まあ、明日は早朝ツアーのために朝3時には起床して出掛けちゃうからね。あと何時間?それまでのガマンと思いつつも、初日の疲れが取れないー!そんなガマンと明日は早いから早く寝なきゃという強制的な思いが裏目に出て、眠れぬまま夜は更けていった。

| 非日常(遠出)excursiones | 23:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行ってきます

今日から5日間留守にします。南に行ってきます。
ばっはは~い。
また書くね。

De ahora, durante 5 dias voy a quedar ausente.
Voy a las islas en el sur de Japon. (la mapa)
Despues de mi vuelta a casa, escribire las cosas por ahi.


| 日記・つぶやき diario | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もう一度読み返す

‘夕凪の街 桜の国’
夕凪_桜

7月28日から全国各地で封切られる映画「夕凪の街 桜の国」。
広島市では1週間早い7月21日からほとんどの映画館で公開される。
もちろん見に行くつもり。それで、原作の漫画をもう一度読み返してみた。映画の公式ブログを読んでいたら、自分は気付いてなかったことがたくさんあったので、確認と思い出す作業をしたのだ。
うーん、やはりすごいです。ムダなコマが一つもない。過去2回くらいは見たんだけど、時間をおいてゆっくり見たら、また発見があるのね。
わたしの仲間内ではもう語る必要もないほど読まれている作品なので、いまさらここで語る必要もないかもしれないけれど、まだ読んでない人がいればぜひ読んでほしいと思う。
「戦争と被爆とその爪あと」がテーマというのは、重くてイヤという人も多いだろうけど、(実際わたしもこれ読むまでそう思ってたし)、でもこのお話は、それぞれの「思い出したくない過去」から気持ちが解放されるあたたかいお話でもある。
登場人物、誰も、泣いてないんだよね。読んでいる私は泣かされるのに。
映画を見たら、また感想など書き込みたい。

‘Town of evening calm, Country of cherry blossom’
夕凪_桜英語
Me he emosionada mucho este libro (manga).
Son 2historias de Hiroshima.
Uno es la de la vida y amor de una nin~a hace 10 an~os despues del fin de la 2da guerra mundial.
El otro es la hisotria de la sobrina de ella y su familia. (hace 50an~os despues de la cuenta dicha = ahora)
Ambos se han escrito que las personas que tienen 'el pasado que no quieren recordar'
y libertarse de la reserva fria. Son muy bonitas.
Deseo que leais esa manga, pero no hay la traducida en espan~ol.
(a pesar de hay en ingles y en frances y en aleman... -_-; )
Voy a informarme sobre la existencia de la plan por espan~ol.
Por cierto, en este verano la pelicula de esa historia se estrenara en Japon.
Por supuesto voy a verla.

この本を、ぜひスペイン人のメル友たちにも紹介したいのだけど、検索してもヒットしないので、まだスペイン語版は出ていないように思う。
英語、フランス語、ドイツ語、ハングル語、中国語(台湾向け)のはあるみたい。
今後スペイン語版の予定はないのか問い合わせてみたいけど、まだできていない。
わたしも明後日から遠出してしまうので、帰ってきたらまた訊ねてみようと思っているところだ。
まあ、映画がよければ、そのDVDは出ると思うからそれを勧めるという手もあるけどね。(それもスペイン語版が出れば、だけどね。^_^;)

| 日記・つぶやき diario | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

魚屋さんで

‘イサキの煮付け’
いさき煮付け
Fui a la pescaderia que esta un poco lejos de mi casa. Consegui un buen pescado.

少し遠い場所だけど、とあるスーパーに行くと、必ず魚屋さんをチェックする。
パックされずにたたき売る「今日の売り出し」は、活きもよくて値段も手頃。
で、今日行ったら大きなイサキがあった。煮付けにするかなあ。
うちは二人なので、こんな大きいの買うと、一匹を2等分ということになる。そしたら、誰がお頭を食べるかとか考えるのが面倒くさいので買うのやめようと思った。
(とはいえ、そんな時はだいたいお頭をダンナにあげますが‥‥^_^;)
でも、3枚に下ろしてもらってムニエルにすれば、そんなこと考えなくていいんだよね。それで魚屋さんにそうしてくれと頼んだら
「えっ、ムニエル?‥‥そうですか‥‥いや、せっかく子を持ってるから
煮付けがいいと思ったんですけどね」
という。
「えっ、子がいるんですか?じゃ、煮付けがいいですね。」
‥‥って、アナタ、結局煮付けとなる運命なのね。
でも、おじさんはいい情報を教えてくれた。
「少し煮汁を多めにして煮れば、余った煮汁はそうめんつゆにできますよ。(生魚を炊いた)
煮汁をそうめんつゆにできるのは、鯛とイサキくらいですよ。」
「そうですかー!」

さっそくは煮付けを作り、残した煮汁を別容器に取って冷蔵庫に入れておいた。
そして今日、夕飯のとき「ちょこっとそうめん」を追加したのだけど

‘イサキの出汁のそうめん’
いさき_そうめん
Sohmen frio ... El sohmen se come mucho durante el verano en Japon.
La sopa se hizo de jugo del pescado (que se aparece arriba el imagen) .

うまいですね~。干しえびの出汁にも負けない感じの味。特に魚臭くもなく、おいしく食べられた。
1匹買って2度おいしい。いいこと教えてもらったなー。

| クッキング mi cocina | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘白いアガパンサス’ これも梅雨時期の花。
アガパンサス2007

陶芸教室に行ったけど、4、5月スランプ気味であまり量を作れなかったので、でき上がったものがなく、画像もアップできません。
今月まで半磁土が売り出されているので、それで作品を作った。相変わらず成形が難しく、薄く作れない。前回「そばちょこ」のつもりが、電動ろくろ上で「片口鉢」と「マグカップ」になるという珍事が‥‥。今日は再チャレンジで、ようやくそばちょこを成形できた。
去年たくさん半磁器を作ったけど、重くて使う気になれないものが多かったので、今年は半磁器に執着しなかった。結果、大変少ない作品数で終わりそう。

やってみたいメモ:
・白い土に、白い絵の具で濃淡やカスレをつけながら雲のように絵付けしたり、
 縞を描くとおもしろいかも。近似色の変化を見たい。
・半磁器に絵付けをしたら、いつも透明釉をかけていたけど、空色にしたらどうなるかな。
 青い呉須との色合いは?
・唐津の土が入ってきたので、どんな土かさわってみて、白化粧してみたい。
 新しい土は、焼き上がりの色がまだ分からないけど、瑠璃釉や志野釉などは合うかな。

| 陶芸 ceramicas | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

届いた夏みかん

‘皮のでこぼこが素朴でいい感じ’
夏みかん2007
Una amiga mia me regaro los pomelos japoneses. Ellos frutaron en el jardin de su abuela.
Esa aroma me recuerda la visita a la casa de su abuela.

山口の友人Mちゃんがたくさん夏みかんを送ってくれた。田舎のおばあちゃんちで穫れたもので、無農薬なのだ。去年もいただいたのだけど、今年も豊作だったそう。感謝です。
その田舎を訪れたことがあるので、その場所と、Mちゃん、お母さん、おばあちゃんの顔が頭に浮かんできます。そういう贈り物ってうれしいよね。
少し生で食べて、マーマレードとピールのお菓子を作りたいと思っているところ。

| 日記・つぶやき diario | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みそ汁の具

‘コールラビのみそ汁’
コールラビのみそ汁
Misoshiru de cohlrabi. Misoshiru es la sopa de miso.

よく行く生鮮青物市場でめずらしくコールラビが売られていたので買った。
キャベツやブロッコリの芯みたいな味だけど、もっと柔らかくて、生ではシャリシャリしている。
この洋野菜を買ったものの、その晩は和食の気分になったので、試しにみそ汁に入れてみたら、わりといい感じ。舌触りはトウガンで味はキャベツ、って感じかな。

ふだんのみそ汁の具って、ワンパターンになってしまうことが多い。わたしはダイコンのみそ汁を大変多く登場させる。あとは、豆腐とネギ、ジャガイモとワカメ、豆腐とワカメ、白菜、きのこ(どれも油揚げは入る)かなー。
キャベツのみそ汁は繊維と水っぽさが気になるので作らない。でも、同じ仲間のコールラビはそれよりみそ汁向きだなと思った。

| クッキング mi cocina | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入梅

‘がくあじさい’
ajisai070614
Ya estamos en la epoca de Tsuyu.
Pasaremos el tiempo de lluvia hasta la segunda mitad de Julio.
Nos importa la humedad mucho.

梅雨入りしたようですね。
うっとおしい季節だけど、しずくを撮りたいと思っているので、カメラは持って出かけたいな。
写真は今日撮ったガクアジサイ。あじさいよりそのものより、しずくを撮りたかったんだけど、しずくが主人公にならなかったわ。

| 日記・つぶやき diario | 23:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土鍋でごはん

‘土鍋でごはんを炊く’
土鍋でごはん
Normalmente solia cocer arroz con la olla electrica,
pero encontre que el arroz cocido con la olla ceramica (a fuego) es mas rico.

5月末あたりから、ごはんを土鍋で炊いている。
ことのはじまりは、ある日洗い物をしていて、偶然ステンレス鍋の上に電気釜の内釜をおいてしまったことから。このふたつのサイズが、かなり近かったこと、そして洗い物をする中で水が内釜にたまり、気付いたらその重みでふたつの鍋はしっかりはまって一体化してしまったのだ。
外そうとしても、わたしの力じゃ全然ダメ。はまったまま、ガスコンロにかけてみたが、やはりダメ。
どんどん時間が経ち、このままじゃ、今夜のごはんが炊けないよ‥‥とりあえず、米の吸水だけでも今からしておくか。
それからどうしてもこのふたつが外れてくれなかったので、仕方なく小さい土鍋(二人で湯豆腐するのにいいサイズ。とてもお気に入りの土鍋)で炊くことにした。小学生のころ、実家ではなぜかホーロー鍋でご飯を炊いていた時期があり、その番をしてコツはなんとかおぼえていたので。
そして出来上がって食べてみたら!すごくごはんがうまいっ!
土鍋は保温力がすごいので、最後の蒸しがうまくいくみたい。しかも、火にかけてから出来上がるまでが、めちゃ早い。

心得ました。例えば、ごはんを炊こうとしたら、
「あ、おかずの材料もない。スーパー行ってくるか」
という時ない?
そんなときは、とりあえず米を水につけてから出かける。お店から戻ったら米を炊きはじめることにすれば、電器釜よりむしろ早いんだね。
最近の電気釜は、吸水させてない米を炊くことも考慮して作られているみたいなので、炊きあがりはそれなりに時間がかかる。ガスで鍋ごはんだと、吸水はしっかりさせておいたほうがいいけど(30分程度かな。)それさえ済めば、炊くことには20分かからないくらい。ウチは1.5合くらいの少量を炊くのでもっと早い。正味、10分?
この、災い転じて福となす?できごと以来、土鍋でごはんにはまってます。
そうそう、はまってくっついたステンレス鍋と電気釜の内釜は、帰宅したダンナがコンロにかけ、みごとに外してくれました。やったー!このふたつも、捨てることにならなくてよかったよ。いくら土鍋ごはんにはまっても、やはり電気釜が要るときはあるんだものね。

| クッキング mi cocina | 19:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランシスコの二人の息子

‘ミロズマルとエミヴァル’
2人の息子
Fuimos a ver la pelicula '2 filhos de Francisco'.
Los nin~os son muy bonitos. Crei la cosa de 'familia'.

映画フランシスコの二人の息子を見に行った。2005年のブラジル映画で、セントラルステーション、シティオブゴッドを抜く観客動員数だったとのことだし、音楽にカエターノ・ヴェローゾがかんでいるので、見ておきたかったのだ。
貧しいながら、音楽を志す少年たちの実話に基づいた話。
父のフランシスコは変人扱いされながら、貧乏のさなか手にしようと考えないのがふつうのはずの楽器を息子に買い与える。少年が、健気でかわいいです。親の苦労を敏感に感じ取り、自分たちもどうにかしようとがんばる姿。
前半は1960年代の幼少期の話だったけど、今もまだまだこんな家庭もしくはこれ以下の家庭は多いのだと思う。悩めるブラジル。いっぽう、貧乏でも子だくさんでもたくましく生きる強いきずなの家族の姿は、ある意味あるべき姿なんだろうけど、日本ではもうこれが「手に入れにくいもの」の部類になってるとこもあるんだよね。
ちょっと、複雑な気分で見ました。
音楽は、少年たちの歌は素朴でいいです。デビューする頃の歌や、バックに流れるZeze Camargo & Luciano本人の歌は、正直好みではないので(どんなスタイルなのかはこちら)、どうでもよかったですが、お話には合ってたんじゃないでしょうか。エンドロールがカエターノでホッ(って、どうよ)。全体的に見て、個人的にはセントラルステーションの方が好きだけど、これも悪くないんじゃない。
広島ではサロンシネマで6/22まで、1日1回しか上映されないので(笑)、お勤めの人は次の土日くらいがラストチャンスかな。

次は、「恋愛睡眠のすすめ」に行ってみたいな。7月下旬にこちらにやってくることが決まったようです。
一足先に見た友人(東京)は「すっきりしなかった」と言ってた。ガエルくんのダメ男ぶり、覚悟して見ないといけないかな。



| 映画 peliculas | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘デミタスカップ’はっさく土、わら白釉
陶芸070606
Fui a la clase de hacer ceramica un mes despues.
Recientemente no pude hacer bien, pero hoy mis obras salieron bien en fin.
Por cierto, como se dice 'demitasse' en espan~ol? La taza media?

春に腰を傷めてから、どうも調子が上がらなかった陶芸。やっぱり、腰をかがめる作業がきつかった。
5月に入ってから忙しいこともあって、一度休み、気付けば6月。
以前友だちに頼まれていたデミタスカップを、4月~5月に作陶したのだけど、それが上がってきた。
小さいものって、意外に難しい。カップは思ったより縮まなかったので、結果大きくなってしまったけど、許せる範囲の出来になった。
でも、ソーサーは、2枚一度に作って、そのうち一枚失敗する。そんなことを2回くり返してしまった。すると、生き残った各1枚は、それぞれ違うから、お揃いにはならないんだよね。画像でわかるかな。
結局、やりなおしってことで今日もソーサーを2枚作った。4月くらいから、ずっとこればかりやってるような気がするけど、頼まれものでなかったら、ここまでやらないので、「モノをつきつめる」という意味ではいいことなのかもしれない。(‥と自分をなぐさめる)
あとは、半磁土の小鉢を2つ。今日はすべて電動ろくろで成形したのでかがみっぱなしだったけど、帰り道、歩きながら、「5月より腰が楽だぞ」と思った。うれしい。

| 陶芸 ceramicas | 23:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

苺とトマトのコンフィチュール

‘赤が美しい’この分量で作った。
苺ととまと
Hize la confitura de fresas y tomates.
Creo que sabe mas fresca y ligera por an~adir tomates que la sin tomates.

春にちょっと体調を崩した影響は、ここのところ市販のジャムにお世話になるという現象を生んでいた。
で、そろそろ自分で作りたいなあと思い、苺とトマトのコンフィチュールを作ることにした。
昨年も作ったけど、そのときはトマトは缶詰のだったので、今回はフレッシュで。
いちご 1パック
トマト 3コ 容積でいちごと同じくらい
砂糖  結局200g以上使った。

いちごは砂糖をかけて、汁をしみ出させる。トマトは中のゼリー状のところは取り除く。特にタネは絶対除去。そして細かく切る。
それで火にかけたのだけど、なんと、水分が多くて全然固まってこないの。(昨年はいちごに対してトマトの割合も少なく缶詰だったので、こんなに水分が多くならなくてすんだ。)
レモン汁が必要だと思ったけど、買い忘れたので、りんご酢を投入。酢+砂糖で、なんとかとろみを付けようとするも、一苦労。結果、思ったよりかなり甘く仕上がった。これでも、相当ゆるゆるなんだけど。

‘苺とトマトのコンフィチュール’
苺ととまとジャム


教訓:
レモンは忘れるべからず。
トマトは、欲張って汁を取り込まず、搾って捨てること。
たぶん、これで、もう少し甘くないのができるはず。
それでも、トマトを入れると、苺だけのよりさわやかさが出るよ。この配合でも、トマトそのものらしさは全然ない。苺の風味って、強力だね。

| デザート保存食作り dulces etc. | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰ってきた時効警察 第8話

‘びわ’
びわ
Biwa (nispola del Japon)
En las regiones del oeste, podemos ver los nisperos
que estan plantado en los jardines.

金曜日に見られなかったので、土曜の晩に見たんだけど、なぜか三日月くんの登場がめちゃ多い。しかも、これまで以上にハイでヘンな三日月。
そういえば「今回、三日月が大活躍する理由は深く探らない方がいいのだ」ってタイトルだったなあ‥‥。霧山くんは、他の撮影でも入ったの?
途中からダンナもわたしも眠くなり、終盤どうしてもがまんできなくなり沈没。
日曜日あらためてもう一度見て、「やっぱり、眠くなった前あたりからちょっと中だるんでないか?しかし、とうとう三日月くんに、パイを顔で受けさせるとは‥‥脚本誰だったんだろ。」
そして最後のエンドロール。
‥‥わかりました。ひそかに、ちゃっかりチャレンジしてたんだね、オダジョー。麻生さん、よくあそこまでやってくれたよね。
そんなドラマも来週最終回。ああ、名残惜しいわー。

| 日記・つぶやき diario | 23:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第2麗ちゃん、そして広島風とは

‘広島風お好み焼き’
2nd麗ちゃん
Este plato es 'Okonomi-yaki a la Hiroshima'.
Malta de soja, trozos de col, trozos de carne de cerdo y fideo todos juntos a la plancha.
Despues de eso, echan la salsa especial(un poco dulce).
Si vengais a Hiroshima, tengais que comerlo!

博多から友だちRちゃんが広島に来た。お好み焼き好きな人なので、たいてい来広すると、お好み焼きを食べて帰る。今回はお芝居を見るために日帰り予定で来たので、あまり長くはご一緒できなかったけど、お好み焼き&お茶に参加させてもらった。同じくお芝居を見たYさんと、Rちゃんに会うためやってきたKさんとも、とても久しぶりに会えたのでよかった。
行ったのは、広島駅ビルASSEの2階、麗ちゃんの姉妹店、第2麗ちゃん。
Rちゃんはここで何度も食べているんだけど、わたしは初めてだった。野菜とそばの味付けに、隠し味でほんのすこしケチャップを入れるのが、他の店と違うところらしい。
でも、その他にも、生地の上にかつお粉だけじゃなくとろろ昆布が乗り、揚げ玉が惜し気なく乗せられ、そばは茹でたてをこんがり焼き色がつくまで鉄板で焼いてから他の具とあわせるなど、わりといい感じで作られていった。
うまいです。広島風お好み焼きは、ハズレのところは本当にハズレなので、うまい所を知ると嬉しくなるね。
ただ、しつこいようだけど(でも、ブログでは初めて言う)、半月形に折ってクレープ生地で包むタイプの広島風があることもアピールしたい!ソースの馴染みがよいのだー!それとも、やはりそれは、呉風なのか?一度「探偵ナイトスクープ」ででも取り上げてみてほしいんだけど、依頼者になる勇気がないので応募できない。(シャイですから、おほほ)

それはともかく、食べて満足したあとカフェに移動し、本格的におしゃべりして、楽しかった。終わりごろ、休日出勤だったHちゃんも、仕事帰りにかけつけてくれた。おつかれさま。
4時間弱のことながら、濃い時間だったなあ。

| 外食・食べ歩き gastronomia | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

前サイトの原稿をまとめて

‘暴走!!しとしとぴっちゃん号’sec2hanの子育て奮闘記
sc2hanCD表紙
Antes le pedimos escribir columnas a mi amiga y las salia en nuestra pagina de web.
(en el campo de aficion)

今年3月で終了させていただいたホームページに、これまで訪問してくださった方、ありがとうございました。そのサイトは、まだブログというものが一般的でなかったころ、気軽に友だちが投稿できて、雑誌みたいに多様な読み物にならないかと、ダンナの起案で生まれたサイトでした。
中でも子育て奮闘記、「暴走!!しとしとぴっちゃん号」は、sec2hanが5年間たえず原稿をくださって、自分も毎回イラストを描かせていただいていたので、このお話には愛着がありました。
しかし、ダンナがだんだん忙しくなり、大きな更新がキツくなってきたこと、ブログという更新しやすいツールが登場したこと(わたしも、ブログを始めたころからだんだんHPのほうがおざなりになってきた)それらを受け、終了させていただくことにしたのです。
でも、5年ほどコツコツ書いてきたことって、一財産でしょ。
ご本人の要望もあり、(なくてもするつもりでしたが)データをまとめてさしあげることにしました。

‘CDの内側、過去のイラストつき’
sec2hanCD内側
Pero esa pagina termiamos en este marzo, y le damos la data (con paquete) a ella.
Hizo una funda de CD-ROM, pues yo dibujaba los dibujos para las columnes.

書いたご本人にとっては家族アルバムのようなものなので、パッケージもなんとか寂しくないものに、と、これまで描いたイラスト(全部で500個くらいあるかも‥‥でもAIデータなので、手描きほど労力かかってません)からピックアップして出力したのが、画像のものです。
絵を選びながら、いろんなことがあったのねぇと感慨をおぼえました。
ちなみに、テキストのみですが、sec2hanのブログ(このページのリンク)にアーカイブがあります。
これからのコイズミ家に幸あれです。

| その他自分の作品 mis obras | 23:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月