2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

≫ EDIT

甘酒プリン

‘甘酒プリン、成功’
ゼリー080329-1
Me anime preparar dulce de amazake otra vez, en fin salio bien.

失敗をふまえ、勝手にアレンジ(ずぼら向けに)してみました。
結果からいうと、自分の求めるものに、かなり近くなってとても満足です。

甘酒(米から直接作られたもの)と牛乳は合うので、牛乳は使うことにして、生クリームも、少しコクをつけるために、使うことにしました。
卵は、ムースを作った時、面倒くさかったし、牛乳プリンみたいなものにしたかったので省略。
もちろん、粉寒天ではなく、ゼラチンで作ります。


‘ふるふるっ’
ゼリー080329-2

かなりいい感じです。はちみつジンジャーソースには、少しレモンも入れて甘酸っぱくしみましたが、それはおいしくてよかった。ただちょっと全体的に甘過ぎたので、ソースを省略するか、プリンをもっと甘さ控えめにしてソースで補うかするべきだったです。それが反省点。
でも、ムースよりずいぶんラクな、ずぼら向けなスウィーツになりました。
イチゴと一緒に食べたら?と思ってやってみたけど、イチゴは甘酒の風味を消しますね。(まあ、おいしいにはおいしいんだけど。)
以下、自分用メモ。

≫ Read More 続きを読む

| デザート保存食作り dulces etc. | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甘酒のムース

‘甘酒のムース、失敗’
ムース080327
Prepare un dulce de amazake(dulce bebida de arroz), pero salio mal.

先日、酒井礼子さんのレシピで桜あんみつを作った際、彼女のレシピに「甘酒のムース」をみつけ、ショウガの使い方がいいかも、とチェックを入れたんです。
以前、自分で考えて甘酒のお菓子を作ってみたけど、どこにショウガを織り込むべきなのかとちょっと思っていたので、ソースにショウガが入るのは、目からウロコでした。

で、先日、米から直接作った甘酒が安く売られていたもんだから、買って「甘酒のムース」を一通り作ってみました。
ところが、なにを勘違いしたか、ゼラチンを使うというのに、なぜか粉寒天を使ってしまい、惨敗。甘酒の濃縮、カスタードのパーツ、生クリームや卵白の泡立てと、わりと手順が多いレシピだったので「温度管理がむずかしいわー」とストレスを感じていたのだけど、そりゃうまくいかないよね。寒天は常温で固まり始めるんだもの。ゼラチンで作るなら、冷蔵庫に入れるまではゆっくりやったって構わないというわけです。

他にも、やけに黄色い(最初に卵黄に空気を入れる時間が少なかったんだと思う)など、まあいろいろあり、こんなんで感想を述べるのもおこがましいけど、味自体はおいしかったです。
参考になったのは、
・甘酒を熱して濃縮して使うこと。
・ショウガの風味は、ソース使いで。(ムースにも入れているけどね)
・ムースは、ちょっとわたしには重い。牛乳プリンみたいな方が好み。

これをふまえて、勝手にアレンジする(ものぐさ向けに簡単に作る)ことにします。

| デザート保存食作り dulces etc. | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一歩が踏み出せない

‘白いハナモモ’
花桃080321
Las flores de melocoton.
No tomaran frutos por que se hizo para solo ver las flores mas bellas.

このままじゃいけないなと焦る自分と、それなのにどこまでも自堕落で踏み出せない自分と。
毎日自分に呆れ、ダメ出しです。
こういうネガティブちゃんを、活動家の方は見たくないと言うでしょうが、私が今見たくないのは優等生ですね。(わし、何才やねん。^_^;)
ただひとつ、われながら驚いているのだけど、そういう状況でも鬱にはならないタイプみたい。
いちおう木をさわってみとく。(tocar madera 木に触れる‥‥不吉なこととか、言ったとたんに悪い方へ覆りそうな予感がするとき、そうならないスペインのおまじないらしい。)

| 日記・つぶやき diario | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今頃になって口ずさむ

‘飛行機雲’
飛行機雲061121

今、独りで家で口ずさんでいるのは「風の谷のナウシカ」。
でも、私の頭の中にあるのは、ボサノバスタイルのギターがバックになってるやつ。(安田成美が歌ってた曲だけど、あのアレンジではない。)

Kuninhoが教えてくれた細野晴臣トリビュート・アルバムの中にこれがあって、勝手に独りでヘビーローテーションしています。(ありがとうKuninho!)
アレンジとパフォーマンスは坂本龍一と嶺川貴子で、ボッサギターの後ろには、雫が落ちる音、夏の虫の声、日本の伝統楽器である笙と思われる音などが盛り込まれています。
時々、ギターの音が飛んだり、ざわっというノイズが入るので、これを耳障りに感じる人もいるかもね。
でもよく聴いてみるとギターの音飛びは、なんだか虫の羽音のようだし、他のノイズは風を表現してるんだろうなと思います。マイクが風を拾うと、あんな感じよ。
嶺川さんの声、めちゃかわいくて涼しく、気品があるんだわ。この方、ブラジル音楽ともつながるんだけど、ちゃんと聴いたことなかった。
ボッサギターとヴォーカルはあくまでも心地よく、それで緩んでしまわないようにノイズが入れられているような感じかな。
あの物語の世界を理解している音だと思うし、それでむしろ歌詞が頭に入ってくるのです(松本隆、やっぱすごいよね、と、今さら^_^;)。でも、そんなこととは関係なく、夏の夜に聴いたら、涼しくてめっちゃはまると思います。
それにしてもまあ、映画「風の谷のナウシカ」から膨大な時間が経過して、今さら自分がこれを口ずさむようになるとは思わなかったな。でも、これぞカバーの醍醐味です。


| 音楽 musica | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春を食べる

‘つくし’
つくし080321-2
Fui a coger tsukushis (cola de caballo) en la ribera cercana.
Los tsukushis cogidos se comen.

モクレンが咲いたのを確認したら、落ち着かなくてやっぱり川土手に行ってみました。私が勝手に自分で決めた場所があるんだけど、行ってみたら、なんともう先客が。しかも大きなビニール袋いっぱいに収穫なさったもよう。
こりゃもう期待できないな、と思いつつ探しました。草むらの、見えなさそうなところに、太っていい感じのを見つけました。ハカマを取り除く作業が大変になるので、採る量は、少しでいいんです。
そんなわけで、もちろん晩ご飯のおかずになりました。


‘つくしのごま油炒め’ ちょっと気味悪い画ですが。
つくし献立080321-1
Tsukushi freido con aceite de sesamo.

いつもなら、ハカマを除いた後、ゆでてから使うんだけど、なんだか面倒くさくなり、生のものをごま油で炒めて、塩で味付けしてみました。うん、これもなかなか悪くないですよ。たいして苦くないです。じゃあキンピラでもいいかもね。
天ぷらにしようかと少し残しておいたものの、結局はまた面倒くさくなって(^_^;)、アンチョビとキャベツのパスタにつくしを入れてみました。
やあ、問題ない問題ない。油と合わせれば、気軽に使えますね。

| クッキング mi cocina | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そわそわ

‘ハクモクレン’
モクレン080320
Empieza florecer Mokuren(Magnolia heptapeta),
tambien encontramos Tsukushi(cola de caballo) en los campos.
Y despues de acabar caer las flores de Mokuren,
empezaran florecer cerezos pronto.

モクレン、これが咲き始めたってことは、つくしも顔を出してるってことだ。
この花が終わったら、桜(ソメイヨシノ)の始まりってことだ。
去年も書いたな。(^_^;)

今日、近所のソメイヨシノを見たら、つぼみがもうかなりふくらんでいたよ。
予想より早く咲き始めるんじゃないかな。ちょっと冷えてくれないかな。

| 日記・つぶやき diario | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その後

‘カンヒザクラ’
寒緋080319
Kanhizakura es una especie de cerezo.
Este cerezo florece el mas temprano en Japon.

◆セルジオ・メンデスの'encanto'、その後、日本版「モーニング・イン・リオ」も聴く機会があり、ドリカムのLugar comum(ありきたりの場所)も聴けました。外国人が聴いたら、これも新鮮に思えるのかも。うーん、でもやっぱりイタリア語のLugar comumが好き。

◆画像は昨日撮ったカンヒザクラ。カメラの電池が切れてあっというまに撮影終了。どうも、長く持たないな。今回買ったSANYOの充電式ニッケル水素電池(Ni-MH2700)、何だかイマイチ。前のPanasonicの方がよかったという実感があります。カメラとの相性ってあるのかな。

| 音楽 musica | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘紅土に透明釉’
陶芸080319

今日は雨で、肌寒い中で作陶しました。
手持ちの粘土を減らすべく、仁清土でマグカップをひとつ、箸置き5個、あと紅土と井戸粗土のブレンドで片口鉢をひとつ。
片口鉢の表面を粉引にしたんですが、鉄則を忘れ、いいものになりませんでした。あれほど、粉引まわし掛けの時は、高台を高く作って持てるようにしておかなければならないと思ったはずなのに、コロッと忘れてる自分がはがゆかった。道は遠いです。

画像は紅土に化粧土の花もようの、透明釉の鉢。丼物を作る時いいサイズです。意外と赤くならず、グレイッシュな色に焼き上がりました。電動ろくろで、手早く作れなかったからかな。紅土は砂をたっぷり含んでいて、時間をかけていると粘性の強い土がどんどん出て行き、砂が残るんですね。その砂が前面に出て来たのかなー。
それが悪いことなのか、いいことなのかわからないけど、この色も渋くていいなと思っています。

| 陶芸 ceramicas | 18:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Alfi社のポット(魔法瓶)

‘左が旧アルベルゴ、右がノヴォ’
アルフィポット
Ordinariamente utilizo un termo de Alfi para tomar te.
Pero la capsula se han desgastado ya.
Crei que no reparan los productos en Japon.(Veo que los reparan en Alemania.)
No tuve mas remedio que comprar uno nuevo.

2002年だったか、その翌年だったか、Alfi社から出ているポット「アルベルゴ」を買いました。デザインが気に入って使い続けてきたんだけれど、今年に入って本体の注ぎ口についているガラスをつなぐ栓(これって、口金なのか、中栓なのか?)が劣化して、クレヨンのような匂いが強く出始め、使う気がしなくなってきました。
Alfiの製品は修理ありと聞いていたので、直してもらえるのかなと思い、ネットで調べてみたけれど、日本で修理している気配がなかったので(単に見つからなかったのかもしれないけど)、ちょっとショック。修理できないなら、高いお金出して買う意味ないじゃん。
でも、新しいのを購入するにしても、たくさんお湯が入れられて、きれいなフォルムのはたいていAlfi社のなんですよね。
それで調べたら、同じAlfi社の製品でも、それぞれ仕様がかなり異なることがわかりました。

≫ Read More 続きを読む

| 日記・つぶやき diario | 23:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

encanto / Sergio Mendes

‘encanto’
エンカント080317
Estoy escuchando la musica de Sergio Mendes.
'Encanto' se ha producido por Sergio y Will.I.am. como ultima CD.
Tengo ganas de bailar cuando lo escucho.

セルジオ・メンデスの新譜'encanto' (=魅惑)(邦題はモーニング・イン・リオ)、これも遅いですけど手に入れました。日本版はとっくに発売されていたのだけど、輸入版はそれよりもっと遅くてAmazonに登場したのが3月11日でした。
今、リッチじゃないので、なるべく海外版を買って節約しています。(^_^:)

このアルバムにはドリカムが参加しているという話を、友人から聞いていたのですが、わたしが買ったUK版に、それはありませんでした。どうやら日本版のみのボーナストラックみたいです。まあ、べつにドリカムファンじゃないので構わないんですが、セルメンが吉田美和さんの声をどう料理していたかは少し(だけ)興味があります。

それはともかく、聴いてみた印象は、「さわやかエンターテイメント」って感じかな。邦題がモーニング・イン・リオというのが、何となくわかるような。秋のちょっと寂しい「三月の水」ですら、元気いっぱいですからね。
でもリオかと言われれば、もっと世界中を意識して作られているので違うような気もします。英語、ポルトガル語のほかに、スペイン語、フランス語、あとイタリア語かな?も登場します。日本版だと、これに日本語が加わるんでしょ。
セルメンとWill.I am.との共同プロデュースという点では同じ、前作の'Timeless'がすごいインパクトだったので、今回はもうそこまでの驚き、小舟がサーフボードになってしまうような洒落っ気は多分ないと思います。
Willの色は前回より少なく、今回は、歌が中心という感じだけど、スタッフはやっぱり豪華。
個人的にツボなのは、Carlinhos Brownが参加している点ですね。参加曲ではアフロ色が濃くなります。他の曲で、情熱の貴公子(このキャッチってどうよ‥‥)Juanesも参加してて、ここでの彼はそこまで熱くない気がします。
こうしていろんな人が集まって作った作品って、新しく生まれた音と、参加した人の意外性が面白い。それも牽引する人がすばらしくて、うまくいくんでしょうね。やっぱり聴く価値ありです。

| 音楽 musica | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Son / Juana Molina

‘ジャケットがめちゃかわいい!’
son
Compre un CD de Juana Molina, 'son'.
Me interesa mucho su mundo musico en ella.
Que libre! Espero que me de alguna inspiracion.

以前にもファナ・モリーナの話をブログで書いたのだけど、やっとCD 'son'を買いました。i-Tuneで1曲買いするつもりが、5曲も買って、さらに結局CDもなんて、わたしってバカ?
でも、買う価値あったわ。後悔なし。
この、ふわふわ不思議ちゃんファナの音楽は、たいがいゆるいのだけど、各所に飽きさせない工夫がいっぱい。楽しんで作っている感じがして、ほんとうに自由な感じ。
前に、前作'Segundo'の方が聴きやすいかも、と書いたけど、いやいや、はじめて買うならやっぱり'Son'ですね。(ちなみにSonとは、息子ではない。英語でいうareくらいかな。……追記:快い音とか、流儀って意味もあり。)
部分的に二重に買うというバカなことをしたけど、このおかげで気づいたのは、ネットから買った、「この部分いらんわ」と思ってた曲の末尾が、CDの方では、そこにもう次の曲が乗っかってくるので、気にならないってこと。この展開に思わずポンと手を叩く。
バラバラに買うメリットも確かにあると思うけど、こういう曲と曲の間のことは、アルバムで買わないとわからないよね。ネットからでも、アルバムごと買えば、この間は保たれるのでしょうか。

ジャケットがまた、すごくすてき。表紙は遊園地かな。ファンタジックにくりひろげられるのは、スーラの世界っぽいんだけど、よく見たら、全部ラメを縫い込んだパッチワークなんですよ。さらにそれに、小さな銀の水玉が無数に印刷してあって、光の加減でJUANA MOLINA SON が見えるという凝りよう。
歌詞のページもすごい。パッチワーク(誰がこれ作ったんだ?)の中で、文字グラフィックが遊んでます。こんなに凝ったCDの装丁を久しぶりに見ました。
アルゼンチン、侮りがたし。私、彼女には完全にKOされてます。

| 音楽 musica | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

撮れば積もる

‘さよりとエビの椀’
さよりえび080310
Sigo sacar las fotos de los platos que hice desde comienzo de este blog.
No he puesto todas de platos aqui,
pero hay 170platos mas en mi ordenador.
Si no sacara fotos, quiza no me lo hubiera fijado.

さよりとえびの椀。
えびをこまかく切ったのに小麦粉をまぶしたものを、開いたさよりで巻く。
それを蒸してから、すまし汁に入れる。
思いのほか、えびの赤とさよりの青がきれいでびっくり。

自分の料理をすべて記録しているわけじゃないけど、気がついたときは、たとえブログに載せるのでなくても、撮るようにしています。もちろん、ブログを始めてから撮り始めたんだけどね。
各国の料理をたくさん知ってるわけじゃないし、和食が多いので、根っこは同じ、って料理が多いけれど、お菓子や保存食も入れたら、気がつかないうちに170メニューを超えてました。まだまだ増える予定。撮ってなかったら、この数字を把握することなく流してたところだね。

| クッキング mi cocina | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜あんみつ

‘桜あんみつ’
桜あんみつ080311
Hice un dulce, 'Sakura-anmitsu'.
Jalea de agar-agar incluida salazon de flores de cerezos,
anko(mermelada de fudias rojas), y albaricoque azucarada.

春らしくて、きれいでしょ。やはりきれいな料理写真に惹かれ、ゆうべ桜の花のあんみつを作ってみたの。酒井礼子さんのレシピです。
本当はアイスクリームも上にのっけるのですが、今回は一人分の寒天の量を少なくしたので、省きました。あんこは、あらかじめ作って冷凍しておくと楽です。
桜の花を待ちながら、一足先に桜をお菓子で楽しむのだっ。
以下、自分用メモ。

≫ Read More 続きを読む

| デザート保存食作り dulces etc. | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BABEL

‘美しい雲’
空071203
Vi la pelicula 'BABEL' por DVD.
Senti muy triste y solitario.
Que importante que una persona se reconoce por alguien.
Creo que tenga mas personas que se reconocen, quedara mas feliz.
Por cierto me gustan mucho la musica y las imagenes de esa pelicula.

映画BABELを、やっとDVDで見ました。
この映画の音楽は、サンタオラージャ(Gustavo Santaolalla)が担当していたので、いずれ見たいと思っていたのだけど、ずっと見ておらず、先日友人が見た感想をわたしに話してくれたので思い出し、ようやく見たのです。あ、そうそう、今日新しいホームシアターシステムが届いたのもきっかけになりました。

うーん、やっぱり、予想通り重かったですね‥‥。でも、予想よりずっと好きな作品です。モロッコ、メキシコ、東京の情景が代わるがわる映し出されるのだけど、とても美しい映像だし、音楽もやっぱりすごくいい。思った通りでした。映像と音楽が美しいので、個人の持つ悲しみがよけい浮かび上がるように思います。
個人の持つ孤独、分かりあえなさ。わりと救いようのない話で、どうしてほんのちょっとしたことから、ここまで罪深くなってしまうんだろうと、やるせなくなってしまう。
でも、根っこにあるのは、相手の温かさに触れたいとか、相手から認められたい気持ちなんですよね。痛いほどそれが伝わってきます。見た後、当然すっきりはしないのですが、ひとりでもどこかの誰かに認めてもらえてるということは、幸せなことなんだなと、しみじみ思えます。きっと、自分を認めてくれている人を知っていればいるほど、幸せも大きいと。

≫ Read More 続きを読む

| 映画 peliculas | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の夕暮れ

‘ばら色の空’
夕暮れ080306
El cielo rosado, las nubes violeta... los colores del atardecer
de hoy parece un cuadro al pastel,
fue muy fantastico!

今日の夕焼け。
ばら色の夕暮れ。
少しおぼろげな、ゆったりした空気の色に、もう春だなと思った。

| 日記・つぶやき diario | 20:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘白い荒土、わら白釉の足付き鉢’
陶芸080305-2
Un plato cuadrado con 4piernas. Lo hice para poner
las comidas japonesas por ejemplo Sashimi.

今日は、たくさん作品ができあがっていました。刺身や煮物、また果物など、多目的に使える足付き四方皿は、わざとふちをギザギザにして、味を出したつもりです。これは成功したんじゃないかな。


‘仁清土、黒呉須でツバメと雲’
陶芸080305-1
Dibuje unas golondrinas y nubes. Me gusta la golondrina!

こちらは仁清土で、ふつうに直径18cmくらいの丸い平皿を作陶して、黒い呉須えのぐでツバメと雲を描きました。以前もそばちょこにツバメを描いたことがあったけど、平皿は初めて。できあがってきたら、皿に鉄と思われる黒い粒状の点が無数にあり、先生曰く、焼く時に窯の鉄の粉が風などで飛んで、乗ってしまったんではないかということです。2、3粒なら気になるところですが、これだけあると、逆にもう気にならないですね。
ただ、裏を見たら、高台部分に気にならない程度ですが小さなひび割れがあったので、やっぱりこれは自分で使うことになりそうです。

他にもあるけど、また追って載せます。
今日は、しかし、製作は不調だったわー。いつもと違う電動ろくろを使ったせいかな。そんなことじゃ、いけないんだけど。仁清土で、箸置き5個、小さなピッチャー1個。

| 陶芸 ceramicas | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昨日はひなまつり、そして

‘平安堂梅坪のさくら餅’
桜餅080303
Sakuramochi
Hay 2tipos de sakuramochi. Es un tipo que se ve en la parte
del oeste de Japon.
El anko queda cubierto por los pedazos de arroz rosado .
En la parte del este, el otro tipo se hacen por harina de trigo
en vez de arroz.

昨日の話だけど、確定申告に行ってきました。2007年度は稼ぎが少なかったので簡単に済んじゃった。これはこれで問題だけど。(多く稼いで悩んでみたい ^_^;)
そして、ひなまつりの日だってことに気づいたのだけど、だからといって何か特別に料理する気もしなかったので、平安堂梅坪のさくら餅だけ買って帰りました。
ほのかなピンクの、こまやかな道明寺の生地に、ちょっとカーキ色になった塩漬けの桜の葉がいいなと思って。道明寺は濃いより淡いピンクの方が、品がよくて食欲が出ます。
はたして、塩漬けの葉は、とても塩が効いていて、あんこによく合っておいしかったです。

そして昨日といえば、ミクシィの利用規約が変わる発表があったらしいですね。今朝知りました。わたしは入ってないので蚊帳の外だけど、どんな反応があるのか興味深いところです。
個人的には、けっこう強引な話のようにも思えるのだけど‥‥。これが普通と認められる流れになれば、ブログを提供してくれている各社も、それに続くのかな。それだと、まんざら他人事でもありません。
こうやって書かせてもらっているおかげで、場所の離れた友人ともふだん会っていたかのように話ができ、親密な関係を続けられているメリットは大きいと、常日ごろ思ってはいるけれど、自分の書いた物、撮ったもの、描いたものが、どういう形である日世の中にさらされるのかわからないのは、ちょっと抵抗があります。描いたものを売ることがある身としては。
まあ、今の自分はネット上でそんなたいそうなこともやってないですけどね。


| 市販の食品など compradas | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CDが聴けなくなって

‘近所のスーパーも春らしくなり’
水仙080302
Me gusta escuchar musica, pero se ha estropeado el sistema
para escuchar de mi casa. Fuimos a comprar otro nuevo.
No es la vida sin musica!

金曜日の晩だったか、急にCDが聴けなくなりました。うちでは、もらい物の、よく言えばホームシアターシステム(悪く言えばカラオケシステム)で、これまで聴いていたのだけど、とうとう壊れたようです。
ダンナと二人で電器屋さんに行ったら、DENONのホームシアターシステム(2.1chですけどね)があり、彼はそれに惹かれている様子。
わたしはどちらかというと、DVDをいい音で見られることよりも、音楽をいい音で聴きたいので、オーディオの方に興味があったんだけど、これが値段がピンキリでよくわからない。でも、いずれはオーディオが欲しいなと思っていたので、そのシステムを選択することに躊躇してしまいました。
でも今の状況じゃ、テレビやDVDの音は良くないので、やっぱり買いたいんだろうし(^_^;)、いちおうCDを入れて試聴させてもらったら、ベストというわけでもないと思うけど壊れたヤツより大分マシだと思ったので、結局買うことになりました。
迷わずにどっちもバーン!と買える状況ならいいんだけどね。
金欠病がどんどん進んで、CDを数枚買うのもためらっているのに、ここに来てこの出費か(泣)。でもこの病気、あまりひどくなってくると、ヘンなところで使っちゃうんですよね。脳みその奥で何かがプチッと切れてね。

| 日記・つぶやき diario | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月