2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

Transoceanica

‘口ずさんでみる’
空080428
Hoy estoy canturreando la cancion 'Transoceanica' de Jorge Drexler.
Me gusta mucho su voz.
♪Lejos de mi lagrimaaa (^ ^)

今日はホルヘ・ドレクスレールの気分でした。来日してくれないかな。

| 音楽 musica | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春野菜のかんたんレシピ

‘春の焼き野菜温泉卵のせ’
温泉卵のせ080427
Frito de las verduras primaverales
Freo las verduras(esparragos, brecol, setas etc.) con aceite de oliva y un diente de ajo.
Y pongo Onsen-tamago(huevo termal) encima de las veruduras fritas.
Echo un chorro de la salsa de soja, y comemos este plato quebrantando ese huevo.

以前、アスパラガスだけで作っていたものを進化させてみました。(というと聞こえはいいけど、つまり残り物利用ってことだな。)
にんにくをオリーブオイルで弱火で炒めて香りをだし、残り物のソーセージ(ベーコンでもいい)を細かく刻んだものを入れてさらに炒め、中火にして、下半分の皮をむいたアスパラ、薄めに切ったブロッコリ、小房に分けたきのこを少し焦げ目がつくまで焼きます。塩で味付けし、ブラックペッパーを振ります。火が通ったら、好みでチーズをかけてもOK。
真ん中に少しへこみを作るように皿に盛り、へこませたところに温泉卵を割り入れます。
しょうゆをちょっとたらして、卵を崩しながらいただきます。
野菜は、ゆでてない生のものを焼くほうがおいしいと思う。早く仕上げたいなら、アスパラは縦半分に、ブロッコリは薄く切るべし。

そんなわけで、この時期、温泉卵をよく買います。


| クッキング mi cocina | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここのところ

‘菜の花畑’
菜の花080425
Las flores de colza espontanea

これと言って話題もなく、ちょっとご無沙汰してました。
今日、Yahooのニュースで主婦が選んだ印象的な記者会見という記事があったので、読んだらやっぱりね。
わたしは、先週見たということもあって、吉兆より、くいだおれの方が今は印象に残っています。おもしろかったわ。
今は先のことなどわからない、この会見のことだけで精一杯だという親父さんの後に、女将さんが
「わたしも、さっきから後ろでなんて囁いたらいいのやら‥‥。」
という切り返しをされていて、思わず
「うまいっ!」
と思わずうなったのはわたしだけではないでしょう。大衆向けの店の人が、同じ大阪の飲食業界でも高級料亭の記者会見を前振りにして、結果やんわり皮肉になってるというのも面白かったし。お店が閉まるのは少し残念だけど、これからの人生もそのユーモアで切り抜けてほしい。
ところで、とあるテレビ番組で、この女将さんへのインタビューを見たけど、きれいな大阪弁っていうのはこういうのを言うんだろうな、と思いました。おなじようなイントネーションでも、話す人によって印象は変わるもんね。京都弁などは、きれいだなと思う機会も多いけれど、はたして自分の地元のなまりがきれいだなと感じたことはあったっけ。でも、めざしてみたいもんです。きれいと思われる広島弁。(道は遠いが‥‥。)

| 日記・つぶやき diario | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お好み共和国ひろしま村へ

‘これは食後、カフェで’ まあよく食べたもんだね。
カフェのケーキ080420
Mi amiga vino aqui Hiroshima desde Fukuoka.
Fuimos a comer okonomiyaki.
La verdad es que le gusta okonomiyaki tanto como ella suele comerlo una vez por una semana por lo menos en Fukuoka.
Yo no lo como tanto asi aunque es el plato tipico de aqui.(^_^;)

福岡から友人が来てくれて、わたしを含め仲間と一緒にお好み焼きを食べに行きました。
しかし、いざ、遠くからだれか来てお好み焼きということなると、どの店に行くのか困ってしまう。街中の便利な場所は、地元民があまり行かないような観光客ねらいの店が多いし、そうでない店は平日のサラリーマンなどを相手にしてて、またはおばちゃんの都合で日曜が休みだったり。広島のお好み焼きの店のあり方って、どういう方向に行くといいんでしょうかね。讃岐うどんのスタイルを香川で見た後だけに、そんなことも考えてしまう。
で、どうする?と相談して、ふだん行かないであろう、「お好み共和国ひろしま」に行ってみることに。(思いきり観光客向けですがな。)
意外と、中に入っているお店は少ないんですね。6店舗くらい?2軒どなりにお好み村があって、あそこにはずっとたくさんの店が入ってますからね。
階段で2階にあがると、快食.comに載ってた「えんじゃ」さんが見えたので、そこに入りました。12時になる前だったので、ほとんど人がいなくてよかった。作り上げる様子を見ていたのだけど、ここのは押さえつけずふんわり、そば入りの場合麺は生麺を店でゆでます。(やっぱりそれがいいよ!)卵は双子卵を使ってて、これにはあまり長く火を通さず、半熟かな?くらいで出されます。
わたしは、けっこうおいしいと思いました。キャベツもよく蒸されてるし。ただ、ソース加減は少なめかな。いや、入れ過ぎだと取り返しがつかないのでこれでいいんだけど、あと少し欲しい時に、自由にかけるソースが欲しかったかな。卵は半熟くらいでも個人的にはOK。
あとは、お値段がもう少し安ければなあと、よその値段も知っている地元民のわたしは思うけど、この値段でこんなにおなかいっぱいになれるならそう高くないと思う方もいるかもしれません。(基本の肉玉そばで735円、これにネギがけで945円、これにイカ天が入って1050円だったと記憶しています。)

お腹いっぱいになったあと、コーヒーを飲みに並木通りの(ここも、ふだんは来ないな~。)カフェへ。いろいろおしゃべりして楽しかった。コーヒーにデザートをつけることができたので、Sサイズのを注文したら、上の画像のが出てきてびっくり。200円だったので、ほんのひとくちだろうと思ってたのに。うれしいけど、もうやばいですよ。おなかも体重も。

| 外食・食べ歩き gastronomia | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘椿の平皿’
陶芸080416
Hice este plato en este febrero.
Ahora que ya he visto las flores de camelias magnificas en Ohara,
quiero expresar estas flores por otra manera.

今日は完成品は上がって来なかったので、画像は2月に作った作品です。これはツバメもようの皿と同じ時作ったのだけど、なんだかとても古風な感じになっちゃった。この時は、今咲いてるのって椿かなーと思いながら、何となく絵付けしたんだけど、先日京都の大原でみごとな椿を見た後では、もうちょっと違う表現もしてみたいな、などと思いながら今はこの作品を見ています。

今日は、1年ぶりに半磁土で作陶。先日、家の湯呑みが割れたので、新しい湯呑みを作ってみたけど、やっぱりこの土はむずかしいわ。去年も軽いものが作れなくて、結局部屋のすみで眠っています。今日もひとつ、へんな形になったので、まよわずつぶす。
陶芸を始めたころは、へんでもなんとか形にして完成させてたけど、駄作は結局自分も使わず、だれにもあげられない上に、場所を食う。目に見える形で空間を奪われると、身にしみます。それで、この作品どうしようかと思うたび、自分の作品が眠った箱を思い出して、痛いとは思いながらもエイッとつぶすのです。

| 陶芸 ceramicas | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

葉ごぼうの炊いたん

‘葉ごぼうの炊いたん’
葉ごぼう080415
Cosido hagobo
El otro dia tome este plato en una taberna de Kyoto.
Despues de vuelta a mi casa, encotre hagobo(una verdura) en un supermercado.
No pude evitar comprarlo, prepare el plato al recordar el sabor que comi.

先日、京都の長竹さんで食べた「葉ごぼうの炊いたん」を忘れないでいるうちに、帰ってきてから近所のスーパーで買い物をしていると、なんと、葉ごぼうが売られているのを発見。つい買っちゃいました。あのときの味を思い出しながら、茎と小さな根をたっぷりの昆布といりこのだしで煮ることにしました。
結果は、味は満足です。やっぱり、ゆっくりと作っただしはおいしい。羅臼昆布を使ったのがよかったのかな。
ただ、どうしてもごぼうの茎の繊維が口に残る部分があるんですよね。お店で食べたものにはもちろんありませんでした。
もっと短く切って使うのかな。生のとき、少し筋を取ったけど、もっとしつこくやるべきだったのかな。やっぱり柔らかいところだけを思い切って切り取るのが、やっぱり上策のような気がします。
以下、自分用メモ。

≫ Read More 続きを読む

| クッキング mi cocina | 23:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都を離れる

‘ピンクのじゅうたん’(知恩院)
知恩院080410
Esta acabando mi estancia de Kyoto, me dio pena que tuve que me marchar.
Los 3dias de Kyoto eran preciosos para mi.
Estaba muy feliz por que estamos disfrutando comunicarnos por utilizar la lengua mutua.(Aunque David hablaba japones mucho mejor que yo hablaba espan~ol.)

大原からバスで京都駅に戻ると、もう午後5時過ぎ。
最後に伊勢丹の中にあるカフェでおしゃべりして、3日間、説明を描いてたスケッチブックを仕上げてプレゼントしました。2月にも広島で描いてお土産に渡したんだけど、京都に来てもう一度会えたから、いったんそれを返してもらって続きを描いてたの。

3日間、めちゃめちゃ楽しかったので、別れが辛かった。次にどこかで会う予定も今は立てられないわけだし。でも、日本に来てくれたおかげで、今までは文章からでしか読み取れなかったひとがらが分かって、さらに貴重な楽しい時間を一緒に過ごせたので、それは大きな収穫だったですね。考えてみればこんな出会いも、私の生活の中では、なかなかそう多くはないと思うので、今後もこのご縁をできるだけ大切にしたいと思っています。

ああ、そうそう、今回、ほんとうに誰にも京都土産を買ってないです。ごめんね。
最初は考えていなくもなかったけれど、あとで、と思っているうちに、
こんなことは自分でもビックリですが、最後にはなんだか気分がもう
「まあ、土産はまたいつでも買えるし。話してるほうが貴重。」
っていうモードになってました。

| 非日常(遠出)excursiones | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都、最終日大原へ

‘三千院の庭’
三千院080411
Fuimos a Ohara.
Es un pueblo donde esta que se tarda 50minutos mas o menos desde el centro.
Que tranquilo! Estabamos oyendo solo el son de corriente de agua sin parar.
Hacia frio un poco, las flores de los cerezos no han acabado.

曇り。ゆうべの打合せで、今日は大原にでかけることになりました。
朝、まず荷物を京都駅に置いて、駅前からバスで1時間弱くらいかな。途中、鴨川沿いの桜はもう昨日の雨でずいぶん散っていたけど、幹が立派で、一週間前はさぞかしきれいだったろうと思いました。川に降りたところには黄色い菜の花が咲き始めていて、きれいでした。

さて、終点大原のバス停に着くと、やはり、京都の中心よりかなり寒いです。まずは三千院へ。
観光客はわりとたくさんいたと思うのだけど、庭を歩いていると、どんどん静かになっちゃうんですね。いろんな植物が植えてあって、上の画像のおじぞうさんのとなりのピンク色の花は、ショウジョウバカマかな。たくさんありました。あとはシャクナゲ、コウヤミズキ、スミレ、ツバキなど。桜も何種類かあって、ソメイヨシノはまだ散ってないし、他のはこれからと言う感じで、いい時に来たなと思いました。国宝の釈迦三尊像も、かなり間近で見られるんですね。

次に寂光院へ向かいました。
寂光院は小さなお寺で、どちらかというと、そこに至るまでの20分あまりの道のりが楽しかった。川のせせらぎを越えて、菜の花畑を見たり、昨晩食べた葉ごぼうが畑に植えられているのを見たりして。
何にも勉強せずに行ったので恥ずかしいんだけど、寂光院って、建礼門院(平徳子)ゆかりの寺だったんですね。こんな奥まった寂しいところに、と、源平合戦後の彼女の心境を思い、さらに寂しい気持ちになりました。
あと、源氏物語に登場する落ち葉の宮が住まわれた小野という場所は、大原や修学院のあたりまでも含めてそう呼んでいたんですね。夕霧がこんなところまで通ってたという設定なんだとすると、相当の情熱だったんだな、とか、変に実感がわきました。

≫ Read More 続きを読む

| 非日常(遠出)excursiones | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お茶と食事

‘わらび餅’ これは以前撮ったピンボケ写真。
わらびもち080410
Warabimochi
Es un dulce. Se hace de almidon de raices de warabi.
Warabi es una verdura de montan~a.

京都では、食事のほかに、魅力的な甘味処やカフェがたくさんあるので、どうしても行ってしまいますね。昨日の夕方には、よーじやカフェにいたのですが、今日は六角通の栖園に行きました。(実は昨日ここに来たけど定休日だった^_^;)夕方に甘いものを食べると、歩いた後の疲れが取れるし、ここで少しお腹を満たしておけば、夜の拝観などに行った後ゆっくり晩ご飯を考えればいいので、助かります。
栖園の今月の琥珀流しは桜蜜。季節ですね。甘く煮た小豆の上に、透明な寒天、甘い蜜、塩漬けの桜の花びらが乗っています。おそらく栖園ファンのやへさんが、そのうち写真を撮ってブログにアップしてくださるだろうと思い、わたしは撮りませんでした。→やへさんが撮った桜蜜の琥珀流し
味は、以前ためした柿蜜よりあっさりしていました。わらび餅の味は相変わらず濃くて、疲れた体を癒してくれる味。
Davidが
「琥珀流しって、どういう意味?」
と、これまた難問を出してきて、やっぱり答えられませんでした(^_^;)。結局、彼の電子辞書で琥珀を引いてもらい、やっと分かると、
「すごく詩的な名前だ。」
と感心していました。でも、味はそう好きじゃないと。寒天に味がないのがイヤなんだって。まあ、わらび餅が濃厚だったし、それに比べたら物足りないと感じるのかもしれません。これから気温が上がると重宝するお菓子ですよね。

≫ Read More 続きを読む

| 外食・食べ歩き gastronomia | 23:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都、二日目

‘京都御所’
御所080410
Kyoto gosho es el palacio de los emperadores antiguos.
Ahora esta la apertura al publico, podemos entrar sin reserva.

予想通り、雨です。でも、今日は盛りだくさんな内容になったように思います。
訪れたのは、
京都御所、相国寺承天閣美術館、知恩院、京都府立植物園でした。

◆京都御所
一般公開中でした(9日から13日まで)。雨だったけど、少し並びました。でも、門を入ると広いので、人は徐々にばらけて、わりとゆっくり見ることができました。御所の中は広くて、見応えがありました。見ているうちに、雨が止んでよかった。
一般公開だとふすま絵を見られるのはもちろん、紫宸殿の南庭に入ることができて、ラッキーだなと思いました。
というのも、御所に来るきっかけになったのが、2月にIKOさんの家で、ひな飾りをみせていただいたことが発端だったからです。その時、ひな飾りの右近の橘、左近の桜の意味をDavidに説明したんだけれど、本物を間近で見るのが一番ですよ。とはいえ、今日もわたしは彼の質問にあまりうまく答えられなかったんだけどね。(^_^;)
以前、予約して御所に来たことはあるけれど、たしか庭には入れなかったと記憶しています。
御所は火災に遭ったせいで、見たふすま絵は、意外と新しい年代の人だなあと思いました。19世紀。金比羅山で柳の絵が印象的だった岸岱のふすま絵がありましたよ。

御所を出て、御苑内をぶらぶら。ソメイヨシノはもう散っていたけど、八重の紅しだれ桜はいくつも満開になっていて、きれいだったです。


‘御苑の紅しだれ桜’
御所の桜080410


≫ Read More 続きを読む

| 非日常(遠出)excursiones | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

京都、一日目

‘宇治平等院鳳凰堂’
平等院080409
Fuimos al templo de Byoudo-in en Uji por la man~ana. Fue muy tranquilo.
Gracias a buen tiempo, no hubieron caido las flores de cerezos,
Hicimos Hanami en la orilla del rio de Uji. Estuve muy contenta.

Davidを訪ねて京都に行きました。もうすぐ帰国してしまうので、その前にもう一度会っておきたかったのと、前回広島で会った時に京都の話題で盛り上がったので、一緒に京都をめぐると楽しいだろうと思ったから。
朝早めに京都駅に着いて再会すると、宇治平等院へ向かいました。午前9時10分から鳳凰堂参拝の受付が始まるのだけど、平日だったせいか、人がとても少なくて静か。桜はまだ何とか残っていました。
鳳凰堂は、極楽浄土(paraiso)の世界を表現したというだけあって、当時は極彩色の派手な内装(interior vistoso)だったことがわかりました。
雲中供養菩薩像は、すべて堂内に戻されたんじゃなかったのね。後で、鳳翔館に入って残りの菩薩たちをゆっくり見ましたが、雲のかたち、菩薩の動きが優雅でかわいい。大好きな仏像たちです。

宇治川に出ると、桜はまだまだ大丈夫で、たくさんの人たちが花見をしていました。わたしたちもお弁当でお昼ご飯。わたしにとっては、これが今年初めての花見だったので、桜の花になんとか間に合って、とても満足でした。花を見たり、遊覧船で宴会をする人たちを眺めたり、のんびり時間が過ぎていきました。

≫ Read More 続きを読む

| 非日常(遠出)excursiones | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かしまし会

‘お土産もらっちゃいました’
サフラン080407
Charlamos con una amiga quien se caso y vive en Espan~a.
Ahora ella ha vuelto a nuestra ciudad aunque su estancia es corta.
Nos divertimos mucho.

スペインから一時帰国している友達と会うことになり、心ゆくまでおしゃべりさせてもらいましたが、女3人集まれば、カフェの中はかなりかしましかっただろうと思います。
3人とも、3年前には「スペインに興味がある」以外に特に共通点もなく、こんな出会いがあることも知らなかったけれど、ネット上で知り合い、オフ会をするようになりました。なんだか不思議なご縁です。
その人の背景も知らず、見ず知らずの人に会うのは怖いところもあると思うけど、知り合ったネット上の管理人さんが大変しっかりしていて人望のある方で、各人がその方や他の方と交流している様子が垣間みられ、安心できたおかげで実現したんだと思います。

画像は、お土産にくださったサフランとスパークリングワイン。ワインをちびちび飲みながら、サフランを使ってパエリアを作るの、楽しそう。サフランは日本で買うととても高価なので、特に嬉しかったです。

| 日記・つぶやき diario | 19:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

同じ日に違いすぎる役

ドラマ「篤姫」で小松先生を見た後、サラリーマンNEO season3が今日から始まって、セクスィー部長とも再会してしまったよ。
意図的に、この落差加減をおたのしみくださいということか‥‥?
たしかに、これから小松先生は琉球にいらっしゃって出番ないだろうし、そこでセクスィー部長復活なのかもとは思っていたけれど。同じ日にこんなバージョン違いの沢村(一樹)さんを見たら、もうおかしくって、応援するしかないじゃないですか。ねぇ。

| 日記・つぶやき diario | 01:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花見日和

‘土曜日の枝垂れ桜’
しだれ080405
Shidare-zakura en un lado del rio, en el sabado pasado

土曜日の広島は、晴れていたものの、光は弱くて桜の写真を撮るにはイマイチでした。絶好の花見日和ってことで、川岸向こうの花見客も大勢カメラに収まっています。
お弁当を持った花見はしなかったけど、心ゆくまで花を見ながらゆっくり歩きました。


‘日曜日、暮れる桜’
桜080406
Someiyoshino al atardecer de hoy

今日はとてもいい天気で、気温が上がって暑かったね。おそらく最後の花見日和でしょう。
昼間に近所の神社へ行ってみたら、今日は町内老人会かなんかの花見だったらしく、やっぱり撮れませんでしたが、根性で日暮れ頃また行って、なんとか日が沈む前に撮りました。これでわたしの、今年のソメイヨシノはたぶん終わったな。

| 日記・つぶやき diario | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すっかり

‘春の柳’
柳080331
Me gusta el sauce lloron primaveral.
Me encanta su flores amarillas, ramos moviendose blandamente al viento.

すっかり桜の花も咲いてきて、一番いい時になりました。
今日、桜の花を撮ろうと近くの公園まで行ってみたら、普段は人気のない寂しい穴場的な場所なのに、おおにぎわい。撮れませんでした。
それで近所の神社に行ったら、誰もいなくてラッキー。しめしめとばかりに2枚くらい撮ったら、ここで電池切れ。終了。
これは本当に買い替えないといけない~~。もうこいつは買わない。
そんなわけで、画像は先週末に撮った柳の花。でも、春の柳も大好き。暖かくなった微風にしなやかに揺れる萌黄色は、とても心がなごむやわらかさ、美しさです。

| 日記・つぶやき diario | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘「白椿」箸置き兼ミニ小鉢’
陶芸080402
Hice unos tazonitos peque~nos ademas utilizamos para poner los parillos.
Los he formado por el imagen de la flor de camelia blanca.

今日は少し寒い日だったけど、教室に行くまでの道では、ヘッドフォンして実際に声を出して歌ってる人を2人続けてみかけました。1人は5、60代女性、もう1人はサラリーマン風の男性。やっぱり、春めいてきたから気分いいのかな。あ、もう1人いました。ヘッドホンなしで。自分ですわ。(^_^;)

前々回に作陶した作品があがってきました。
箸置き(薬味用小鉢にも使える)と、煎茶用のお湯を入れるピッチャー。
上の画像は箸置き(薬味用小鉢)で、イメージは白い椿。仁清土を薄くのばして短冊状にしたものを、くるっと巻いて造形し、わら白釉をかけて作りました。部分的に絵付けするかどうか迷いましたが、結局やめて、シンプルにしてみました。
置いた様が散り椿に見える瞬間があれば意図通りってことですが、おなじように作ったつもりでも、ひとつずつ少しずつイメージが違うもんですね。

今日は、以前も作ったけど、おさらいで同じく仁清土のマグカップ2つと、白い荒土の足付の四方鉢を作りました。おさらいすることで、前よりうまく作れる(はず)だし、同じようなものをすでに持っていると、だれかにプレゼントしやすくなるんですよ。(それに、プレゼント用だという気持ちで作らないと、仕上げも妥協しがちになるので。)

| 陶芸 ceramicas | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春ですな

‘紅辛夷(ベニコブシ)’
コブシ080329
Las flores de Kobushi.
Florecen y caen antes de que los cerezos florecen ordinariamente,
pero en esta primavera hizo frio de primero y la temperatura ha subido repentinamente, por eso los kobushis no han caido todavia a pesar de que empiezan florecer los cerezos.

東京ではもう満開を迎えてしまったという桜ですが、こっちはまだ。
昨日、市街の川岸を歩いてみたけど、ここのところの冷えのせいか、ソメイヨシノはまだ3、4分咲きくらいのものでした。木全体がピンクに見えるまでにはもう少しといったところ。でも、気候がいいと、あっという間に開くので、きっと今週の半ばには、かなり開きそうな気がします。
今年は2月がとても寒くて、3月に入ってから急に気温が上がったので、モクレンとコブシがまだ散らないうちに桜が咲き始めちゃいましたね。
上の画像は近所のベニコブシ。隣りに白いコブシもあって、満開になると遠目からは桜に見えてしまう。


‘夜の雪柳’
雪柳080329
Yukiyanagi(Spiraea thunbergii) por la noche

これは夜に撮ったユキヤナギ。この花も、もう終盤ですな。
画像処理するとき、ふつうに補正をするんじゃんくて、思い切って色相を変えてみたら、この方が実際見たときのイメージに近くなったから不思議です。
自分の脳が、実際の色と違ってみせているのかもしれないね。

| 日記・つぶやき diario | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月