2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

≫ EDIT

水分補給

‘伊藤園の梅COOLER’
梅クール090730
Creo que puede haber acabado la época de lluvia, aunque hay ninguna información.
Es una bebida de ciruela, sabe muy agria. Pero no me sentí rasposa en la garganta después de tomar lo que fue suave. Me gustan varias bebidas de la marca de Ito-en.

発表はないけど、もしかして、もう梅雨明けてる?

もう回復しましたが、ちょっとまた体調が下り気味になっていて、昨年と同じようにダウンしてました。回復するには水分をたくさん摂らなくてはいけなかったんですが、ダウンしているときは、やっぱりアイソトニック飲料とか、緑茶などが、すぐ体にしみ込んでいいですね。以前も書いたけど、なぜかブレンド茶とかはダメなんです。しみ込まない。
今回は、ためしにレモンウォーターなども飲みました。で、回復しかけた時に買ったのが伊藤園の梅クーラー。ビタミンC1000mgとクエン酸が摂れるというので、少しでも早く回復したくて買ってみました。
のみくちはかなり酸っぱいのに、のどがザラつくような嫌なあとくちにはならず、不思議な飲みやすさです。たぶん、味より香りが酸っぱいんだと思う。暑い日の疲労回復にもよさそう。
伊藤園の飲料って、けっこう好きなのが多いです。

| 市販の食品など compradas | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スーパー商戦でダッツをゲッツ

‘めちゃお得だった。’
マルチパック090723
He Conseguido un multipack de Häagen-Dazs. (^_^)
Me gusta mucho! Pero no lo como mucho porque es bastante caro.

ウチの近所にはFとYというスーパーが2店舗あるんだけど、この春さらに大手スーパーAが参入してからは、商戦がヒートアップしている感じ。この大手Aの開店当時は、もう可哀想なくらい他2店はさみしくなったのだけど、最近はまた少し盛り返してるかな。負けじと以前より努力が窺えるようになってます。
その一環か、近所のスーパーFが、ポイント還元で出してる買い物券1枚(400円の価値があります。)を、毎週決まった曜日に何かの商品(本数限定で)と引き換えるキャンペーンを始めたのでした。
週によって、商品はジュースだったり、お肉だったりするんですが、たいてい400円では買えないものばかり。わたしにとってはハーゲンダッツのマルチパックというのが何とも魅力的で……いちどは見過ごしたんですが、次の機会で開店時刻に行っちゃいました。
で、ダッツをゲッツです。こんな達成感、久しぶり~ ……って、どんだけ好きやねん、ってか何も達成してないの? とツッ込まれそうですね。(^^;)

それにしてもスーパー。どこも努力しているんだろうものの、消費者に選択肢が増えたということは、下手したらどれかは撤退するかもしれないですよね。このまま緊張感を保ってほしいけど。いち消費者としては、「どれがなくなったら一番困るか」で買い物しています。そしたら結局いちばん近いFの出番が大きいです。
や、もちろん他の2店に行くことだってありますけど。でも最近めっきりYに行かなくなってきたな~。(^^;)

| 日記・つぶやき diario | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

束の間の曇り空に

‘この画像は7月16日の夕焼け’ もはや夕焼けも懐かしい。
夕焼け090716
Sigue lloviendo mucho todavía en Hiroshima. La lluvia no para como si se hubiera quebrado el cielo. Espero que esta época acabe pronto.

雨が途絶えませんな。空が本当に壊れたんじゃないかというくらい降ります。曇っているときは、降ってないだけでもありがたくなってきたりして。

週末土曜日、ちょっとだけ雨が止みました。
スペイン語教室を終えた後、地元の特産品を売る「ひろしま夢ぷらざ」に行ったら、見知らぬ外国人観光客のとなりになり、こんなときって、話しかけられやすいんだよな~と思ってると案の定、
"Excuse me." ああ、やっぱり。(- -;)
その外国人女性は、お茶の袋を2種類持っていて、「これもお茶なの?」と。
見るとほうじ茶でした。お茶なのでYes... と答えたけど、英語はからきしダメな上にさっきまでスペイン語やってたので、Pero... と言いかける。But... が出てこないことに呆然。
"Brown, brown!" ←やけくそ。(^ ^;)
すると「ああ、じゃ、こっちはおいしいの?」←この英語も思い出せませんが、そんなこと言ってました。
ここで "I don't know." すら出ないことに愕然。心の中で"No lo sé..."です。
英語、さらに無理になってきてます。(^ ^;)


この日は、夏のイベント、オールスター戦とか花火大会が催される日で、(あったのかな?花火。)
近所の神社では、夏祭りの日だったのを思い出しました。神楽やってるな。
晩ご飯の買い出しついでに、少しだけ見に行きました。広島は、石見(島根)と並んで神楽が盛んなところなので。
「大江山」をやっているのかと思いきや、どうも様子が違う。鬼退治するふたりのうち片方が、人間じゃなくなる。しかも、鬼は退治された後、笛を渡されたら悲しい人間の顔になって散りはてる。初めて見るもので、何の演目か興味津々だったんだけど、物語最後の10分くらいを見ただけで、雨がポツリ、ポツリ降り始めたので、残念ながら退散しました。舞っていたのは千代田町の中川戸神楽団で、演目メニューの中に、「塵倫」「青葉の笛」「八幡」があったので、また機会があれば、ちゃんとゆっくり見てみたいと思いました。
家に帰って調べたら、見たのはどうやら「青葉の笛」だったようです。うん、また見てみたい。

| 日記・つぶやき diario | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年もココナツミルクカレー

‘鶏のココナツミルクカレー’
カレー090724
Arroz al curry... podemos preparar curry facilmente por usar pasta de curry en Japón.
Pero esta vez no usé pasta sino unas especias y agua de coco. En verano entro a ganas de comer los platos picantes.

昨年何度か作った、ルーを使わないカレーを今年も作ってみました。本にはインド風と書いてありましたけれども、とにかくスパイシーな方向のカレーです。しかし、昨年の夏以降作ってなかったら、見事にレシピ忘れますね。
そういう意味で、ブログ上にレシピを書いておくと、自分のためにいいんです。あ、あったわ。
しかし!なんというおおざっぱな記録であることか。
玉ねぎをどう切ったとか、致命的なのは、何人分なのかがわからないところですね。(^^;)
去年の自分を叱りながら、再度チャレンジです。

今回は、しょっつるを使ってみました。昨年はサバ缶でもやりましたが、初心に戻って鶏肉で。やっぱり、ナスとサヤインゲン(モロッコ豆でもいい)は外せないな~。
以下、来年の自分に向けて、レシピの改善。

≫ Read More 続きを読む

| クッキング mi cocina | 23:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日食の下の風景@広島

‘暗い曇りの日のような…でも。’
日食の下の風景
Hoy se ha visto el eclipse solar en Japón. El eclipse total se ha visto sólo en unas islas del sur, además el tiempo estaba inestable, por eso la mayoría lo veran por la tele indirectamente, yo también lo haré. Sin embargo afortunadamente ya he visto el eclipse parcial aquí también. El cielo no estuvo obscuro tanto como imaginaba aunque se eclipsó 85% o más.

やっぱり、今日は記録しておこう。46年ぶりだと言うし。
写真は、ちょうど欠けがMAXだったときの風景。彩度のない風景になってきたけど、85%以上欠けても、この明るさって。右端のつるつるしたトタン屋根が、太陽の光をかろうじて反射しています。
部分日食も天気次第では見られないから、朝はわりと諦めてました。それに日食用のメガネ持ってないし。でも、時間が経つにつれて太陽が見えてきて、しかもレースのような雲の合間からだったので、光が強すぎず、肉眼でもはっきり見えました。最大に欠ける10分まえくらいに、なぜかうすーい虹も見えました。


テレビでの硫黄島と、太平洋上での画像はとてもよくて、皆既日食と部分日食の決定的な違いを思い知りました。「全部」と「ほとんど」はめっちゃ違う。見えてる世界の果てだけが明るいオレンジ色に輝き、自分の真上に黒い太陽と闇と星空。そしてダイヤモンドリング。そっかぁ、そんなの一回見たら、そりゃどこまででも追っかけちゃうよね。マニアの気持ちがわかったのでした。

| 日記・つぶやき diario | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘あじさい柄の小どんぶり’
陶芸0907115-3

6月に行けなかった分の振り替えで陶芸教室に行ってきました。
それにしてもすごい雨。前回も前々回も雨の日に当たってしまい、教室に着くまでがほんとうに面倒です。「もー結構!」と思いながらたどり着いたあと、さらに雨脚が強くなりました。屋根が瓦じゃないからかな、室内のしゃべり声が聞こえないくらいの雨音でした。それで窓の外を見たら、バケツをひっくり返したような水が笹薮を叩き付けてる。空が壊れた、ってくらい。

作品ですが、できあがったものはなかったので、画像は先週受け取った、半磁器の小どんぶりを載せています。これね……、絵は単純化したつもりだったですが、もっと単純化して、花だけ描いたほうがよかった。次回紫陽花を描くことがあればそうします。

今日の作陶メモ:
白荒土で、オーバル型の鉢をつくり、井戸土で水玉模様を貼りました。あとは、やはり井戸土と白荒土で、菓子の取り皿を作りました。さてどうなるかな。

| 陶芸 ceramicas | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅干しとその副産物

‘梅干し’
梅干し0907
Este año estoy preparando un poco de Umeboshi, es una salazón de ciruelas.
He añadido una hierba que se llama "Shiso" para teñir los frutos en rojo y para buen conservado.

こちら広島では、梅雨のフィナーレともいうべき派手な雷+局部的豪雨の空模様です。
これが来ると、梅雨明けもあとちょっとだな。

今年は漬けないと思っていた梅干しだったけど、実家の母が「あるならもらう」と言ったので、古いのを少しそちらにあげて、少しだけ新しいのを作ることにしました。1kgだけなので、最低限くらいですね。
漬けるときはいつも、もう塩漬けにしてパックになって販売されている赤紫蘇を買うのがお手軽で常だったんですが、こんなに梅が少量じゃ、そのパックの紫蘇も多すぎるので、今回は生の紫蘇を買うことにしました。
紫蘇を一束買ったら、大量にあるので、色のきれいな葉っぱだけ選んで(全体量の1/4~1/3くらいかな。)塩で揉んで、梅酢で色を出し、梅干しの瓶に加えます。最初は色づかないなあと思ってたけど、3日くらいしたら濃い色になってきました。このまま置いて、夏の炎天下を待ちます。


‘紫蘇のシロップ’
紫蘇のシロップ090709
Es un almíbar de Shiso rojo. Cocí las hierbas de shiso, y añadí zumo de limón y azúcar.
Diluyo este almíbar en agua con hielo o en agua con gas, y lo tomo.

残った紫蘇の葉ですが、これはシロップにしちゃいます。
小なべに200~300ccくらいの水(少ないのがいい)を沸騰させて、少しずつ紫蘇の葉を投入。色が抜け次第取り出し、をすべてやると、かなり濃い紫色になるので、そしたらレモン汁と砂糖を多めに加えます。レモンの酸で、一気に明るい赤になります。稀釈するので、砂糖とレモンは濃いめに。
これを冷ましたものを氷水で割ったり、炭酸水で割ったりしていただきます。
夏だね~。

| デザート保存食作り dulces etc. | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近の小っちゃいこと

‘壁掛けの花入れ’
花入れ090716
Me dio cuenta de que pude las letras español con acentos y tildes facilmente por mi ordenador también. A partir de ahora, voy a escribir utilizandolos, aunque no sé si todos los amigos ven correctamente. Quizás tendré errores frecuentemente, pero ¡Ánimo!

◆画像の花入れ
先日作った壁掛け用の花入れに、花を入れてみました。
実は、容器の裏側に鍵型の取手をつけたけど、これがあっさり割れて吊るための十分な力が得られず、白状すれば裏はむりやりパテなんかでどうにか持たせています。(^^;)
やっぱり花瓶のウラに、穴を開けるのがいちばんシンプルで丈夫だな。
目に涼しげな白いムクゲなぞをすっと一輪飾りたいんですが、どうも出会えず、この夏やたら縁のある紫陽花を活けてみました。ちょっと飽きた。


◆ハーゲンダッツのメイプルクッキー味
先日スーパーで、ハーゲンダッツのメイプルクッキー味と、イングリッシュミルクティー味だけが半額!というセールを見つけ、思わず買ってしまいました。メイプルクッキー味を食べてみて、「うーん、たしかに、半額になったのがうなずける。(^^;)」味でした。
焼け焦がしたような大げさな香り、こういうのメイプルって言わないと思う。あとイングリッシュミルクティー味はまだ食べてないけど、どんな味なのかな…ちと不安。やっぱりバニラ味にかなうものはないだろうと思っているけど、昔食べて今はもうないダークチェリー味をもう一度食べてみたいな。


◆スペイン語表記
気づいた方は少ないと思いますが、前回のログからスペイン語表記を記号つきで表示しています。新たに何かをインストールする必要もなく、自分のパソコンでも外国語のアクセント記号や符号が簡単に打てると先日確認できたので。……ちゃんとよく説明書とか見てたら、2年前OSを新しくした時には実行できたんだと思うと、ちょっと遅すぎますが、まあやらないよりマシかなということで。ただ、他のパソコンの他のブラウザでどう見えているのか私にはわからないですね。(ちなみにMacintoshでSafariを使っています。)環境によっては化けたりして見えることもあるのかな?表示が変だと思った方はコメントくださるとありがたいです。

| 日記・つぶやき diario | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘半磁土、呉須絵の具で絵付けの鉢’
陶芸090715-1
Hice un tazón con dibujo de flores y hoy lo he recibido. Al verlo de lejos, se parece que está bien, pero encontré el color azul corrido en la cerámica blanca. ¡Qué lastima!

今日は、6月に絵付けした半磁器があがってきました。昨年あたりからか、ずいぶん薄く作れるようになりました。
上の画像の小鉢は会心の出来…になるはずだったんですが、よく見ると、青い呉須絵の具が擦れて流れてて、かなり残念な仕上がりとなりました。絵付けするときは、地肌に色が擦れないように気をつけてはいるんだけど、今回ひどかったな~。色を削ったときに色粉が肌についてたのかも。気をつけなければ。

‘色がながれてる~’ (T T)えーん。
陶芸090715-2

他に紫陽花柄の小どんぶり、手びねりの小鉢が上がってきました。可もなく、不可もなく。

今日の作陶メモ:
井戸土で、壁掛け用の花入れをひとつ。(野呂土と紅土で色付け)
同じく井戸土で小鉢3個。白化粧で水玉を描き、その上に紅土で色を乗せました。ひとつは側面が不均衡で割れてしまうかも。どんな色で上がってくるだろ。
前回作陶した井戸土の大皿は、乾いた時点でひび割れ、粘土に還ることになりました。(T T)

| 陶芸 ceramicas | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

歓送迎とお祝いと

‘Sお手製のデザートとエスプレッソ’
デザート090712
Fui con mi profesora y mis companyeros a la casa de S... quien era companyera de la clase de espanyol. Fue la quedada para bienvenida de la hermana de la profesora, y para despedida del hermano de ella, ademas para celebrar el matrimonio de S.
Cada uno preparo y trajo un plato y todos juntos almorzamos. Lo pasamos muy bien.

最近結婚したSの新居に遊びに行きました。とある島の海岸線沿い、とても静かで落ち着く場所です。
スペイン語教室の先生と生徒数人で行ったんですが、先生の二人の弟妹たちも一緒で、妹さんは最近日本に来たので歓迎会を、弟さんはもうすぐ帰国してしまうので送別会を同時に、という趣旨でした。
残念なことに、Sは転居で教室から遠くなり、もう授業には通えなくなってしまったんですが、イベントには参加したいという彼女の希望で、今回部屋を提供、ホスト役を務めてくれることになったのです。そういうわけで彼女への祝いもかねた、何とも濃い会になりました。

先日Sは、料理できないよと言っていたので、じゃあみんながひとつずつ何か持ち寄りましょうということになり、実際持って行ったけど、意外と彼女はちゃんとこしらえていました。あと、旦那さまが、もくもくと台所で働いていました。うーん、いい人だ。
画像はSお手製のデザート(オレンジとチーズのゼリー、ババロアかな。)とキューバスタイルの甘いコーヒー。がんばってました。

それにしても、大抵いつも、Kが「やりましょう」と話を振り、Sが実行役、Jが盛り上げ役をしてくれて、先生も気軽に参加してくれるこの環境ってすごいな~と毎回思います。
わたしはいつもそれに目をみはってるだけで、とうていKとSとJのどのポジションにもなれませんが、この関係がどこまで続いていけるものやら、少しでも続いてくれたらと思います。

| 日記・つぶやき diario | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソーミンプットルー

‘ソーメンチャンプルーともいう?’  残り物で作ったよ。
ソーミンプットルー090706
Sohmin-puttoru... es un plato tipico de Okinawa, sohmen y verduras salteadas. Creo que no necesitamos sohmen mucho porque eso nos harta. Asi que no es apto para la comida principal, y poca cantidad esta bien, yo creo.

昼ごはん、あまりたくさん食べないんだけど……というとき、作ってみたソーミンプットルー。そうめんと野菜などを炒めた沖縄料理です。
残り物の野菜やハムとゆでたそうめん1輪(50g)をテフロン加工のフライパンで炒め、味付けは魚醤を使いました。入れなかったけど、ツナ缶を入れるとさらに美味しいらしい。
この料理、時々食べたくなるけど、そうめんの量を増やすとけっこう食べ飽きるので、少量だけ作るのが美味しく食べるコツじゃないかと思います。遅い朝ご飯を食べた後の昼ご飯とか、単におかずにするとか。

ところでこの名前はもちろん沖縄言葉で、ここに書く前に少し調べたけど、結局「プットルー」という言葉の意味がはっきりしませんでした。「チャンプルー」と言う人もいるみたい。
でも、「チャンプルー」は混ぜて炒めるという説のほかに、基本的に豆腐が入っていないものは呼ばないという説があったり、プットルーはくっつきあって固まった状態のものを指すという説などもあって、どっちかわからなかったので、昔読んだ料理本に書かれていた「ソーミンプットルー」という言葉を使いました。ウチナンチュの方のご指摘、お待ちしております。

| クッキング mi cocina | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上手くないので

‘つばめ’  きみたちはコミュニケーションが得意そうだね。
つばめ090704
En verano muchas golondrinas vienen en el barrio cercano a mi casa. Ellas siempre hablan con sus companyeros y comunican algo. Creo que ese estado es bonito. Me gusta la golondrina.

今日は内省的な内容です。(^^;) ごちゃごちゃつぶやきますので、面倒くさそうだったら捨て置いてください。

人とのコミュニケーションとか、友だちって?とか考えるのは、たぶんそれを構築するのが上手くないほうの人だと思う。上手い人は、そんなこと考える必要がないと思うので。

想像にもれず、わたしもそっちがわの人だけど、コミュニケーション下手なりにも、年齢を重ねるほどに気をつけないといけないなと感じるのは、自分の常識と他人の常識は同じじゃないと思ってしゃべった方がいいということだ。
若いときは経験値が低いので、同じようなバックグラウンドの人も周りにたくさんいるものだけど、歳を重ねるにつれ、どんどん背負うものが違ってきて、さらにその差は広がっていくばかりだと思う。生まれたときは同じようでも、歩く方向はずいぶん違ってきているのだから、「~で当然」みたいな共通項は、時間の経過とともにどんどん減っていくと思う。
自分がスタンダードだと思うのはおそらく傲慢だ。
反対に「これがふつうですよね。」と言われ、それが自分と違っても、ある程度は許さないと前に進めないとも思う。
想像力が足りないことと不寛容が、知らないうちにいろいろつまんなくさせる。
自分もこれまでにずいぶんとそれで失敗してきたと思われ、でも今は少しは成長してるつもりなんだけど、とも思う。(^^;)
数多くなくても、もし、よいコミュニケーションが続いてたら、その人たちに感謝、感謝です。

| 日記・つぶやき diario | 18:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昨日のウィンブルドン決勝

‘ツルハナナスの花’  百日紅に負けないくらい長く咲いてます。
ツルハナナス090706

特にテニスファンでもなく、ルールもたいして知らないようなレベルですが、昨夜のウィンブルドン男子決勝をつい最後まで見てしまいました。(^^;)
ラファ(ナダル)が参加できてたらどうなってたのかなとは思いますが、昨年に劣らない長時間戦を制したのはフェデラーでしたね。決して調子がいいようには見えなかったし、ロディックの攻撃がすごかったのでどうなるかと思ったけど、なんかもう、勝利の女神のさじ加減ひとつといったところ、というのは素人目にもわかります。
終わったあと、とても辛いのにそれを抑えながらコメントを笑いに変えるロディックはすばらしかったし、昨年の屈辱の後に喜びを手にしたフェデラーの、ロディックに対するコメントもしゃれててよかったです。

| 日記・つぶやき diario | 22:07 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

オクラの冷や出汁

‘オクラと長いもの冷や出汁’
オクラ090703-1
Sopa frio de quingombo... con nagaimo y umeboshi.
El quingombo y el nagaimo son las verduras pegajosas.

冷たい出汁に浸ったオクラと山芋の角切りです。つるつると食べられちゃうので、暑くなってきてから何回も作りました。これからの暑気払いにおすすめ。
かつおと昆布で取った出汁を薄口醤油とみりんで味付けして冷やしておきます。さっとゆでたオクラの小口切り、長いもの角切りを加え、ちぎった梅干しを散らします。
出汁はまとめて作っておき、冷蔵庫で保存、一週間以内で使い切ればいいです。
梅干しが全体の味を引き締めてくれるので、これは省いちゃダメです。
オクラは生でも食べられる野菜だけど、少しゆでた方が柔らかい口当たりになるし、出汁もしみ込みやすいと思う。


‘オクラとトマトの冷や出汁’
オクラ090703-2
Sopa frio de quingombo... con tomate y umeboshi.

歯ごたえを楽しむなら長いもがお勧めですけど、同じ要領で、長いものかわりにトマトでもやってみました。これも悪くないです。

| クッキング mi cocina | 18:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘壁掛け用花入れ’
陶芸090701-1
Este es un florerito. Se utiliza por colgar en la pared. Creo que ese tipo se ve muy a menudo en la ceremonia del te. Quiero poner una flor salvaje en el.

6月後半の体調不良でご無沙汰していた陶芸教室でしたが、今日は強風と雨の中、なんとか行ってきました。でもたどり着いただけで目的を果たした気分になり、何を作るか決めるのに、ずいぶん時間がかかってしまいました。(^^;)
今日上がってきたのは、6月初めに作った吊り下げ式の花入れと、角皿。いずれも手びねりで、白荒土に黄瀬戸釉という組み合わせです。
花入れ、けっこう気に入っています。形自体は、本を参考にしています。色が濃い部分は、表面に赤い唐津の土を塗っているところ。ずいぶんはっきり色が出ました。これを応用してまた何か作ろうかな。

‘黄瀬戸の角皿’
陶芸090701-3
Un plato cuadrado

角皿は、厚めに作ったので重いのですが、お造りを盛る目的は達せられそうです。煮物にはもうちょっと大きいほうがよかったかな。
薄くて軽い食器が絶対にいいと、以前は思っていたものだったけど、使ってみると意外にこういう重いのが飽きないんですよね。上手下手関係なく、手びねりのよさというのは必ずあるね。


今日の作陶メモ:
井戸土で、花型大皿を一枚。割れずに焼けますように。瑠璃ナマコ釉をかける予定。

| 陶芸 ceramicas | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月