2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

≫ EDIT

夏のスープ2種

‘とうもろこしの和風ポタージュ’
とうもろこしポタージュ100728
Sopa de maíz a la japonés... no caldo sino dashi, no sal sino miso blanco. Como la occidental, esta sopa caliente y fría, ambas son ricas.

昨年、お店で食べたとトウモロコシのすりながしが美味しかった記憶があったので、ちょっと似たようなものを作りました。いわゆるポタージュともいうものですが、夏場は、ブイヨン+生クリームという組み合わせではなく、出汁+白みそだったらもっとすっきりするかなという意図です。
市販のトウモロコシの缶詰(クリームタイプ)でかんたんにできます。出汁はかつおと昆布の出汁。これにトウモロコシを網で漉しながら入れたら、あれば無糖練乳か牛乳を少し加え、あとは味付けだけです。白みそを使うことでコクを出します。今回は温かくしていただきましたが、冷製でもおいしいです。


‘トマトの冷製スープ’
トマトの冷製スープ100729
Sopa fría de tomate... se parece al gazpacho. Sí, es gazpacho más sencillo.

これは「きょうの料理8月号」を見て作りました。常々、ブレンダーとかミキサー出して使うのが面倒だなあと思ってたけど、そっか、大根おろしでおろしちゃえばいいんだね。テキストでは皮ごとすりおろしているようで、そのほうが確かにすりおろしやすいのですが、口当たりが気になったので、わたしは皮は除いてすりおろしました。
オリーブオイルと塩こしょうのみのシンプルな味付け方法です。すぐテキストから外れてしまうのですが、ちょっと昆布茶も入れてみました。トマトの質で味が決まると思うので、よく熟れた新鮮なトマトがベストです。体のクールダウンによい、すっきりしたスープですね。
たぶんこれ、すりおろしにんにくと酢少々入れたら、簡単なガスパチョだねー。

| クッキング mi cocina | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏だから、夏なのに

‘金魚のブログトップ’
トップ画像100728
La imagen de una fiesta veraniega de santuario de sintoista. En las fiestas, siempre se venden globos pequeños y peces que tienen diversos colores. Son muy bonitos.

ちょっと涼しいイメージにと、ブログのトップ画像を入れ替えました。でも、前のカエルやメジロのトップ画像に比べ、なんか物足りない。ちょっと満足してないんですけど、もたもたしてたらすぐ秋になっちゃうので、とりあえずもう替えます。
夏祭り、縁日、などがイメージですが、実際の本人はパソコンに向かってこんなのをちまちまやってて、ちっとも夏らしくはないのでした。
それはともかく、こんなトップイメージにしたら、秋の到来用に、もうひとつ考えておかなくちゃいけないかも。今、雁の到来の絵しかないんだよね。雁が来るのは本当は晩秋だものね。

| その他自分の作品 mis obras | 18:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暑い日にくるみ黒糖

‘くるみ黒糖’  龍田揚げじゃないよ。
くるみ黒糖100726
Nueces recubiertas con azúcar negro... Lo he comprado unas veces, creo que es buen dulce para tener minerales, que no me debilite por el calor sofocante. Este verano hace muchísimo calor en Hiroshima, pero no he encontrado este dulce en las tiendas. Por eso lo hice.

猛暑ですな。
今年は梅雨の大雨、その後の猛暑と、はっきりした夏らしい気候になりました。考えると去年この地方では梅雨明け宣言もなく、梅干しを干す時期を迷った記憶があるので、今年の方が正常と言えるのかもしれません。
今日は土用の丑の日。今年はうなぎの値段が高いらしいのだけど、こんなに暑いならやっぱり張り込んじゃおうか……と、ふだん買わないくせに、こうやって購買意欲が出るんだから、やっぱりイベントって経済効果にとって大切よね……などと再認識したりしています。

こんなときにちょっと食べたくなるのが黒糖。汗をかくたび水分をたくさん摂ると、体のミネラル分が汗と排出されるせいか、体がへばってしまいます。そうなる前に、くるみ黒糖とかピーナツ黒糖のようなナッツに黒糖がからめてあるお菓子をお茶とともに少量口に入れると、なんだか元気になります。そういうお菓子は市販されてて、このへんでは某大手薬局でよく売られてたのだけど、なぜか今年は見かけません。このまま待ってたら夏バテするかもと思い、もう自分で作っちゃいました。(^^;) (作り方はread moreのところで。簡単です。)
一度にたくさん食べるものではないので、ちょっとずつちびちび食べるといいと思います。

≫ Read More 続きを読む

| デザート保存食作り dulces etc. | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無洗米を使って

‘海南鶏飯’ 肉は柔らかいし、パサつかないです。
海南鶏飯100717
Hainanese chicken rice
El arroz japonés tiene adherencia normalmente. Y el arroz elaborado que no necesitamos lavarlo, que se llama Musenmai en japonés, me fijé que eso tiene poca adherencia. No me gustó comerlo con los platos japonés, así que hice unos platos extranjeros, asiáticos. Quiero probar hacer paella también por usar este arroz. Pero no lo compraré otra vez, pues es necesario mas esfuerzo para comer bien.(^^;)

無洗米が安く売られていたので、初めて購入しました。洗う手間がいらないと喜んだのも束の間、食べてみると粘り気のなさにちょっと閉口しました。無洗米ってどれもこんなもんなのかな。夏にパラパラしたご飯って……食欲に影響するなあ。
それで、できるだけ白飯のまま食べない工夫をすることにしました。
画像は海南鶏飯。以前にも一度作りましたが、今回はもっと手抜きしました(read moreのところに記しておきます)。時間はかかるけど、沸騰後火を止めた湯の中で1時間鶏肉を放っておけばできるし、ゆで汁をご飯の出汁とスープの出汁に使えるので、手間がかからないのがいいです。アジアごはんなので、ちょっとパラつくご飯の感じもかえって良い感じです。


‘インド風トマトカレー’
カレー100720
Curry de tomate y especias

パラパラご飯もおいしく食べられるってことで、カレーも食べました。


その後、こういったメニューでない時は赤いご飯を食べています。無洗米に粘り気を加えるために、赤米とか黒米を少し配合すると、ふつうのご飯のように食べられることに気づきました。安いから無洗米を買ったのに、結局高くついてるかも。でも、結果的に夕飯にバリエーションがつけられたので、まあ良しとしよう。次はパエーリャでもするか。
とはいえ、次にお米買うときは、普通のお米に戻すと思います。(^^;)

≫ Read More 続きを読む

| クッキング mi cocina | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘半磁土、透明釉のマグカップ’
陶芸100720-1

今日は前回作陶したマグカップと、前々回作陶した鉢2個が上がってきました。画像はそのマグカップです。半磁土は薄く軽く作るのが難しいのだけど、これは思いのほか軽くできました。あえて絵付けもしなかったけど、それもよかった。ただ、取手に難があったので完璧には遠いです。

‘取手の付け根のひびわれ’
陶芸100720-2

惜しかったな~。今度は、もっと確実な取っ手のつけかたを考えよう。自宅で使うには十分なので、いずれ使おうと思います。



‘orzな小鉢’ 半磁土、呉須絵付、透明釉。
陶芸100720-3

小鉢2つは、どちらも形がダメで、3年以上前の自分の作品と劣るぶんとも勝らないことに改めて愕然。orz こういうダメな形に付けた絵もなんかテキトーで、もうこれは植木鉢の受け皿くらいにしかならないと思っています。強いて勉強になったことと言えば、小鉢にピンクの絵付けをする場合、面積は小さく、黒緑の呉須とともに、というのがいいなあと思ったことくらいです。

今日の作陶メモ:
前回作陶したMicoAngelの絵付け。
はっさく土で小鉢1つを作陶、鉄青磁釉(酸化)の予定。また、野呂土で大皿1つ。たたらづくり、内側のみ白化粧、削り模様入り。透明釉の予定。割れないで上がってきますように。

| 陶芸 ceramicas | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここのところの音楽

‘アガパンサスのある小径’
アガパンサス100708

大河ドラマ「龍馬伝」、3部に入ったとたん、スリリングな展開でますます面白くなってきた~。

それはさておき、今日は音楽のこと。
最近、残念なことに、新しい音楽との出会いとか、「はっ」として夢中になるってことがなくなってきました。ここのブログタイトル「はなうたでラテン」とか言っておきながら、いま鼻歌で歌いたいのもめっきりなのです。なんとなくスイマセン。
斬新でいい曲がないのか、出会う機会が減っただけなのか、それともわたしの感度が鈍っているのか。まあ、ずいぶんと飽きっぽくなってきましたからね。
10年前くらいだったらショップに赴いていろいろ見てるうちに見つけたり、CDを買った後にライナーノーツや製作スタッフの名前をたよりに、また広げてったり、それでウキウキしてたものだけど、最近はショップも減って、お店を訪ねるということがあまりないし、お店のほうもネット販売があるからか、あまり種類を置いてなかったりして、いまいちピンとこない。
一方、ネットからダウンロードという方法だと、ライナーノーツがないからそこから広げることはできないかわりに、その曲を買った人が他に買ったもののリストが出てきて、ある傾向を知ることはできますよね。しかし、これもわりと自分の傾向と違うことのほうが多くて、はっとするものに出会えることは少ないです。
誰か、オススメあったら教えてください。ラテンでもJ-POPでも~。

そんなことを思いながら数日前、まだ梅雨が明けてない大雨の時にiTuneストアをうろうろ。
それでつい衝動買いしたのが、コトリンゴさんの「雨の日」。買ったとたんに梅雨明けしちゃいましたけど。(^^;) 3年前のアルバムsongs for birdcageあたりのピアノのがいいです。彼女のピアノすごい。音を聴いて頭に浮かぶイメージが、ちょっと小山田圭吾あたりと共通してる気がする。センスいい。もうちょっと買い足すかもです。
あと、買ってないけど、RIP SLYMEが冨田ラボと組んでるみたいですね。これもちょっと興味ある。
HIPHOPの分野って、あまり好みじゃないのが多いけど、それはラップのせいでメロディーが二の次で凡庸になってるから。さらに、ラップで説教くさいこと言われるのも好きじゃありません。説教くさいのに英語っぽいアクセントだったり。その点、RIPは音のほうを大事にしてる感じで、言葉も感覚的だと思う。でも、わたしにとっての一番大きなツボは、彼らがけっこうラテン音楽に共通するリズムをとってること。8月のアルバムが出たら、とりあえず試聴してみようかな。

| 音楽 musica | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さくらんぼのブランデー漬け

‘佐藤錦のブランデー漬け’ ほんの少し。
さくらんぼブランデー100714
Cerezas mojadas en brandy

本当に梅雨明けが秒読みになってきたので、急いで梅雨時期に作った保存食品をアップします。
今年はさくらんぼの出来が悪かったんでしょうかね?いつもなら手が出ない値段のものが多いのに、今年はいつお店に行っても安い佐藤錦がある……という、もちろん粒が小さかったり傷があったりのもので、それでも他の果物に比べればそう安くもないのですが、こんなものを作ってみようかと思う時間ができるくらい、長い間売られています。そろそろそれももう終わりですね。
1パック(かぞえたら29粒)だけ試してみることにしたので、種はすべてフルーツナイフで柄の部分に十字切り込みを入れ、姫フォークで掻き取りました。専用の種取り器もあるみたいですが、そんなに大量のさくらんぼと格闘する機会はこれからもないと思うのでこれで十分です。
種を取ったら、さくらんぼの4分の1量くらいの砂糖をまぶし、小瓶に詰めてブランデーを瓶の8割くらいまで(大さじ1だった)を流し入れたら終わり。瓶が小さくぎゅうぎゅう詰めだったので、少量のブランデーでOKでした。
しばらくして砂糖が溶けたら、さくらんぼから出る果汁で水位が上がり、最終的に瓶一杯まで上がりました。後で、砂糖が足りないかもと思い、小さじ1くらい足してみました。
さてどうなるかな。後で氷砂糖があったことに気づき、そっちの方がよかったかもと思いましたが、それだったらもっと大きな容器でやらないと。いずれ、アイスクリームに添えてみようと思っています。うまそ。

| デザート保存食作り dulces etc. | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅雨もそろそろ、すももジャム

‘すももジャム’ プラムっていうことが多くなったな。品種は大石早生。
大石早生100707

2日後には真っ赤に。
大石早生100709
Estos 2dias Estaba lloviendo y había unos aguaceros. Al llover a cántaros, nos fijamos que la temporada de lluvia terminará pronto.
No tenía ganas de salir, y hago unas comidas conservadas.

ここ2日間、すごい量の雨が降って、そろそろ梅雨もフィナーレを迎える兆しを感じます。出掛ける気にも到底なれなくて、しかたなく家でちまちま保存食品など作ったりしています。
画像は先日、JA直販店で買ったすもも。品種は大石早生です。1kgで370円くらい。甘そうには見えなかったけどこの値段は安い!めちゃラッキー。ジャムにしよう。
袋から出したら部屋が甘い香りに包まれました。買った日に食べずに置いておいたら、みるみるうちに真っ赤になり、2日後にはもう片付けないと……という感じになりました。


‘湯剥き後、砂糖をまぶす’ ジュースが出ます。
大石早生_なべ100709

奄美プラムで作ったときのように、皮を湯剥きした後、ほうろうなべに放り込み、砂糖半量をまぶして数時間放置しておくと、果汁がたくさん出てくるので、その汁で煮始めます。
今回ちょっと勝手がちがったのは、奄美プラムに比べて大石早生が、すぐに液化しちゃったことです。さらさらになって、アクの量がすごく多かった。アクとひととおり除いたところで残りの砂糖も加えましたが、その後もアクに注意して、どんどん取って量が減っても、なかなかとろみがつかない。でもそのうち木べらを鍋底でターンさせたらその鍋底がちらりと見える瞬間が出てきたので、まだゆるいと思いながらもそこで火を止めました。種はこの後取り除きます。


‘すももジャム’ あんずのようなオレンジになるんだね。
すももジャム100709

結局、瓶に詰めて冷やしたら、かなり固めのジャムになりました。もう少し早く火を止めても大丈夫だったかも。
奄美のプラムと同様、すももがすっぱいので砂糖は50%。食べると非常に甘酸っぱいのですが、やっぱりモモと同じ仲間特有のうまみが濃くておいしいです。ケーキやクッキーに挟んだりという、デザートの味にアクセントつけたい時にもいいと思う。まあ、今普通にパンに塗ってますけど。(^^)

| デザート保存食作り dulces etc. | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

¡Campeones!

‘よろこび’
黄色い花100708
¡Al fin el equipo nacionál de España ganó la copa mundial! Me alegro mucho.
Ojalá que diversas cosas en España esten mejor por motivos de esta alegría.

スペイン優勝!タコのパウルの予想的中!
決勝戦はやっぱり見応えがありました。両チームなかなか点が入らず120分の死闘の末に。激しい体当たりの応酬に、選手たち、よく体が持つなあと思いました。なんだか、4強を決めるあたり位から、試合の重みが全然違ってきたなあと思っていましたが、やっぱり優勝カップを実際目の前にしたら、本気度がすごいよね。
…前回優勝国イタリア代表でカンナバロが持ってきたカップ……ヴィトンのケースに入ってるのね。初めて知りました。(たぶんヴィトンだったと思うんだけど。)
それはさておき、得点王が期待されたビリャもスナイデルも決められないまま時間が過ぎ、ファウルで審判に詰め寄る選手たちを見ていると、決勝の主審を務めるのって並みじゃできないとも思いました。この試合で初めて決勝戦の第4審判として日本人の西村さんが務めたのですが、見ているこちらとしては、第4でよかったと、ちょっとホッとしたり。もちろんここで主審を務めるのはこの上ない名誉なんだろうと思うのですが。
結局延長後半でヘスス・ナバスのドリブルからトーレス→セスク→イニエスタで、ゴールをこじ開けました。イニエスタがユニフォームを脱いで見せたメッセージは、見ていてすぐに亡くなった人へのメッセージだったと判ったのですが、この行為でイエローカードもらうことは彼はわかってた。でも、だからってそれをやるためにその前のプレーを自重してたとも思えないので、あのメッセージがあのタイミングで日の目を見る確率ってそう高くはなかったと思う。すごいねイニエスタ。
スペインを応援してたんだけど、涙を受かべるスナイデルかわいそうだった。今回オランダが日本と同じグループになったおかげで、オランダチームの試合のほうが日本ではたくさん見るチャンスがあり、ずいぶん選手の名前と顔を覚えたので、こっちにも愛着のようなものがありました。

大舞台でわりと打たれ弱かった無敵艦隊のイメージを完全に払拭できた2年前のユーロカップと今回のワールドカップ。たぶん、このいい状態を維持するのは世代交代やらモチベーションやら、並大抵じゃないと思うんですけど、今回ジンクスを何個も破ったことだし、がんばってほしいです。これを機に、PIGSから抜け出せるといいなあ……って、そう甘くないかな~?

はあ~しかしこれで1ヶ月楽しんだW杯も終わったのか……ブブゼラうるさかったけど、なければないで淋しいです。

| 日記・つぶやき diario | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タコを食べる?

‘ホワイトアスパラと団扇エビのサラダ’ 
パウルくんの話題なのでさすがにタコ料理は載せてません。
サラダ070318
En Japón también queda famoso el púlpo en el acuario de Alemania. He oido que había unas opinioenes entre la gente alemán que sería mejor matar y comer él. Pero me pregunto que púlpo se come en Alemania. Los españoles comen púlpo generalmente, aunque creo que no comerán jamás el púlpo Paul.

ドイツの水族館のタコ、パウルくんが、このワールドカップにおいて、ドイツとからむ試合の勝敗予想をして、これまで全て当たったっていうニュース、おもしろいなと思いました。特に前回準決勝のスペインVSドイツで、ドイツが負ける予想というのは、地元ドイツ国民を悲しませたので、タコだから仕方ないけど、空気読めたら……と思ったものです。
結果、本当にその結果になってしまったので、わたしの友だちは、「食べられちゃわないだろうか」と言ってたのだけど、案の定、ネットニュースで見ると、「シーフードサラダにしちゃえ」とかいう声もあったそうですね。
ここで私が疑問に思ったのは、ドイツではタコを食べる習慣があるのだろうかということです。スペインではパウルくんに勝利を予想してもらったので、パウルくんを守ろうという声が出ているそうですが、スペイン人こそ、普通にタコを食べます。
わたしのスペイン語の先生はキューバの人なので、タコは食べません。彼女曰く、
「……だって、悪魔よ。」
まあ、あのルックスでは難しいのかもしれません。
オランダVSスペインの決勝戦---スペインの勝ち
ウルグアイVSドイツの3位決定戦---ドイツの勝ち
と予想したパウルくん、水族館の係員の表情から、たぶん食べられないで済むと思うんだけど。

| 日記・つぶやき diario | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマトめんつゆ

‘トマトのたれ’
トマトたれ100707
Creo que tomate y salsa de soja(el tipo ligero) se llevan bien. He probado hacer nueva salsa para soumen frío (una especie de fideo fino). Pero todavía no me he satisfecho con este sabor... Voy a probar uno nuevo cambiado proporción.

トマト+薄口醤油は合う。
それをしゃぶしゃぶのたれにして食べたらおいしかったので、そのたれでそうめんも食べてみたのだけど……ちょっと濃すぎてサッパリしなかったので、氷を入れたらぐっと美味しくなりました。ちょっとガスパチョのイメージです。でも、まだ改善の余地あるなあ。


‘市販のトマトめんつゆ’
トマトめんつゆ100709
Me fijé que había un artículo de la salsa. Ya lo he probado. Ummm... fue rico, pero no sentí el sabor de tomate tanto.

市販でこういうのも売ってるのね。これも試してみました。
トマト味自体はわりと薄く、鰹だし風味が強いかな。レモンの酸味でさっぱりさせてあるので、そうめんは食べやすかったです。酸+甘+塩で、強いて言えば冷やし中華に近いイメージ。そんなに甘くないけど。

これを参考に、次回手作りするなら、自作のトマトのたれに、もっと出汁と薄口醤油を足せばいいかなと思いました。あと、今回の自作はトマトペーストを使ったけど、フレッシュトマトをつぶしたものでもさっぱりして美味しいかもね。ちゃんと分量を決めたらまた書こうと思います。

| 市販の食品など compradas | 22:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

びわの季節も終わり

‘びわのコンポート’
びわのコンポート100706
¿Conocéis biwa? Es un fruto de níspero. El níspero tiene frutos en la época de lluvia y se ve en los jardines por acá y allá. De niña, yo creía que no tenía que comprar estos frutos, pues siempre alguno que tenía un arbol de eso me daba unos. Pero ahora tengo que comprarlos, porque mis conocidos no tienen esas cosas.
Sin embargo, los frutos pequeños que me daban, estaban mas ricos que los grandes y comprados ahora, aunque no sé porqué.(^^)

もうすぐびわの季節も終わり、ってことで、ちょっと奮発して買いました。
びわといえば、子供のころ、こんなものは買うべきものじゃなかった。誰か近所にびわの木を持ってる人がいて、かならず季節になるとおすそ分けがあったものです。
でも、今住んでるとこはそういう環境じゃないし、近所にびわの木がないこともないけど、気軽に持って行っていいようなご近所付き合いもないですから、買うしかない。とはいえ、買うものじゃないと一度インプットされた脳にはなかなか抵抗あるよね。びわとイチジクは特に。
買ったものは、大きさは立派なんだけど、食べたら甘味が少なくてがっかりすることが多いです。今回もそうでした。で、くやしいので、半分くらい、砂糖とレモン汁を入れた水でシロップ液を作り、皮付きのまま入れて煮立て、コンポートにしてみました。そのままだと少量なので、そのコンポートのシロップの半分を寒天でかためます。冷めたびわは皮を剥いてから縦にぐるりと包丁を入れ、二つ割りにして種を除きます。
寒天とびわを器に盛り、のこり半分のシロップを注いでできあがり。

おもしろかったのは、煮たビワって、杏仁豆腐のような匂いがすることです。実の中の種のまわりが特にその匂いでした。皮付きで煮たせいか、シロップ自体には、その匂いは移らなかったので、寒天もその匂いはしませんでした。最初から実に切れ込みを入れてたらシロップにも匂いが移ったのでしょうか。次回があれば、試してみたいです。

他にもおいしいコンポートができる果物はたくさんあるので、これはわざわざ作るデザートじゃないと思うけど、びわがハズレだなと思ったら、この手もいいなと思いました。それにしても、子どもの頃におなかいっぱい食べた、ちっちゃいけどすごく甘かったびわには、もう手が届かないのが残念です。

| デザート保存食作り dulces etc. | 10:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

試合そしてCM

‘雨に濡れたクチナシ’
クチナシ100621

またワールドカップの話で申し訳ないんですけど(まあもうしばらくです)、この週末の準々決勝は見応えがありましたね。8強になってからの方が試合のドラマ性というか、ミラクルっぽいことが起こってるような気がします。それだけ重いってことよね。
次に興味あるのはドイツVSスペインですけど、この流れだと、ドイツいっちゃうかもね。もちろんスペインを応援するけど、対パラグアイ戦は、週末の試合の中では、いちばん面白くなかったかも。トーレスにこだわらないほうがいいと思うんだけど。セスクやシルバが走ってるとこ見たいです。

ところで、試合の放映は主にNHK,TBS,フジテレビで見ましたが、やっぱりNHKが余計な演出がなくていいなと思いました。モリシのコメントは適当感いっぱいでつまんないんですけどね。(^^)
民放のほうが、お祭りっぽくて、それはそれでいいけど、
……なぜにエグザイルだったの? でもまあ、このへんはまだいい。
いちばんあざとくてイヤだったのはフジテレビ。
「踊るワールドカップ」とか打つのは、「踊る大捜査線」ムービーの宣伝のためでしょ。まあ、スタジオではどれだけあのテーマ曲を流そうが、「踊る」と叫ぼうが、それは勝手にやればいいんですけど、あざといなあと思ったのは、それとは全然関係ない世界的サッカー選手たちにわざわざ「ODORU WorldCup」って言わせてるとこです。引くわあ。上にDanceとかロゴ入れるのが、ちょっとぼかしてあるっぽくてまた嫌な感じ。
(メッシやカカ)「ODORUってなんですか?」「Danceって意味ですよ」とか言いながら撮ったのかな。
サッカーとは離れますが、フジに関しては、最近石川雅之さんのもやしもんコラボの酒についてもちょっとありましたよね。石川さんが筋をきっちり言える人で、大人の対応だったので助かりましたけど。
CMもまあ難しい時代なんですね。ただ、リスペクトしないといけない部分は考えてほしいと思います。


| 日記・つぶやき diario | 16:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

糖尿病って

‘甘いものは魅力的すぎるよね’
ケーキ100702
A veces observo un diabético(mi papá). Antes no entendía el miedo de este enfermedad, pero ahora lo siento con realidad. Él no puede aguantar pocas comidas, siempre come algo.(^^;) Toda mi familia piensa que lo que no puede aguantar es justa enfermedad. Sin embargo, creo que una causa de eso, es su experiencia en el periodo de la 2a guerra mundial. A pesar de que tenía que comer mucho en su infancia, nunca comía suficientemente. En reacción de la experiencia, después de ser adulto, comía demasiado. Aunque lo he entendido, me pongo triste por que no se esfuerza en abstenerse de comida.

ここ数年、父の糖尿病の症状が進行してきて、ひしひしとこの病気の怖さがわかってきたので、ちょっと記録しておきます。わかっている人にとっては常識なんでしょうけど、わたしはここ最近わかってきました。(^^;)
糖尿病といっても、まあまあ元気そうにしている人がそこらへんにたくさんいたので、以前は「なんだろ」くらいにしか思っていなくて、合併症が怖いといいますが、じゃあ合併症にならなければいいんじゃないかと思っていました。
で、結局のところ、血管がボロボロになる病気ってことなのね、と理解しています。先天的なI型タイプの人と、食習慣から病気になるII型の人に大きく別れます。日本人の糖尿病人口は圧倒的にII型が多くて、このタイプの患者さんは、とても気をつける人と、ぜんぜん抑制できない人と、大きく二つのタイプに別れるそうです。ウチは、高齢+抑制のできないタイプです。脅かすようですけど、この病気の主な問題点は

・加齢と糖尿病が進行すると、やがて合併症は避けられない。
・血管に問題があるので、心臓疾患、脳疾患(梗塞など)、腎臓、眼に影響が出る。
 これらが合併症。これに伴う手術、透析が考えられる。
・毎日のインスリン注射。
・合併症治療のための多量の投薬とその副作用。
 (ウチでは今のところ、気づいた副作用は2つあった。)
・脳血管性認知症になる可能性。
・失明と末端部の壊疽の可能性。

これはウチだけかもですが、
・無気力。意思がなくなる。
・高血糖値の時、特に感情的。
・脳に必要な糖分と、体に必要な糖分の供給がアンバランスになっているのでは、
 という憶測。
 強制的に糖分を控えると、脳に糖分が足りてないのか、頭が働いてない感じ。
 でも、高血糖のときはイライラが大きい。どっちになってもヘン。若い時分に、
 脳がたくさん取り入れる癖でもついてしまっているのだろうか。
 あくまでも憶測。

観察してて思うに、若い頃に直せなかった習慣が、高齢になってからなかなか急に変換できるようにはならないものだということ。逆に若い頃からの欠点が、もっと歪められて強められてあちこちから出てくるイメージです。

これを踏まえて、私もちょっと自制しようと思います。加齢のせいか、最近はバターたっぷりクッキーよりたまごせんべいがおいしいのはいいんだけど、油たっぷりのドーナツとか、なぜかがまんできないんだよねぇ……。
ぺしぺし(自分を叩く音) 長く、おいしく食べるぞー!

| 日記・つぶやき diario | 21:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月