FC2ブログ

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

≫ EDIT

テレビの中のツボな言葉

録ったドラマを日曜日に見ることにして、朝の連ドラも見るようになったら、それに伴い、意図しないのに一日も欠かさず毎日会うことになる人がいるものですね。この夏は、向井理に会わない日がなくて(ゲゲゲ+新参者/6月末まで、ゲゲゲ+ホタルノヒカリ2 /9月末まで)、今、毎日会っているのは竜雷太(てっぱん+SPEC)です。

・SPEC……ケイゾク見てなかったので、これが初めてです。やはり画面のそこかしこに
 堤監督のシャレが出てくるのが面白い。戸田恵梨香の出るドラマって誰が決めている
 のか知らないけどいつも面白い。今回の彼女は、たとえ寝起きでスタジオ入っても
 大丈夫ですよね。ラテンファンとしては、餃子屋の嫁の"Necesita seguro!"が笑える。
 そしてそれに答える城田優の本場スペイン語には個人的に贅沢をした気分になっており
 ますです。視聴率高くなさそうだけど、毎回楽しみ。

・てっぱん……つくづくベタですな。でも本来朝の連ドラとはこういうものだったような。
 大阪弁「いっちょかみ」を新しく覚えたら、偶然すぐに"Meter las narices"を習った
 のでやっと覚えた(^o^)。なんにでも首つっこむ人のことです。そういうキャラで、
 主人公が視聴者に愛されるか心配。朝ドラって、ストーリーじゃなくて毎朝顔見たいか
 どうかが重要だと思うから。
 広島弁をチェック。あかりと鉄兄の広島弁は、わりとちゃんとしています。安田さんは
 正直違ってるのだけど、登場してくれるだけでいい。という気持ちにさせてくれます。
 もしジブリ作品を実写で誰か演じるなら…実写はないと分かってるけど…彼女は間違い
 なくイメージだな。そういう明るさと人なつこさを持っていますよね。

・トップランナー、松山ケンイチの回
 しゃべらない人かと思ってたら、わりと話す人で意外でした。思ったことをとても
 自然に話す人ですね。自己を演出するような作った感じが全然なくて、よい意味で
 すごいふつう。きっと、役作りの時も、作ってる感のないまま、そっちに移れるんだ
 ろうなあ、それがすごいとこだなあと思いました。青森のイントネーションを残した
 ままの標準語がなぜかこちらの人が話す標準語に近くて、これまたびっくり。訛りは
 全然ちがうのに「標準語フィルター」を通すと、後ろアクセントが妙に似てくる。
 なつかしく、親近感を覚えたんですよ。

| 日記・つぶやき diario | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月