2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

≫ EDIT

グリーンポテトサラダ

‘ブロッコリとアボカドで’  やさしい味と色。
グリーンポテトサラダ110331
Ensalada rusa... pero con aguacate y brécol y shirasu. Shirasu es pescadito seco (bebé de boqueron cocidos). Es suave el sabor de esta ensalada.

じゃがいもの味を楽しみたい気分から、うちで作るポテトサラダはどんどんシンプルになっていってるのですが、今回はちょっとブロッコリも加えてみました。(…って、いもの他に足すの3種類だけ ^^;)他に加えた材料は、アボカド、しらす。やさしい味だし、色も明るくて春らしい。気に入りました。

今回玉ねぎ入れなかったんだけど、旨かったな。ポテサラには玉ねぎ必須って以前言ったのに(^^;)。きゅうりよりも、玉ねぎを優先派だったのに。もし玉ねぎをいれるなら、みじん切りにしたものをさっと水にさらし、水を切ってアツアツのじゃがいものところに加えて混ぜます。いもの熱で、ツンとした辛味が取れますよ。

作り方は以下

≫ Read More 続きを読む

| クッキング mi cocina | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜咲き始めた

‘近所のソメイヨシノ’
桜110331
Al fin ya empiezan florecer los cerezos por aquí. Terminando las flores de magnolia, los cerezos empiezan normalmente. Pero este año, la primavera tardó mucho en llegar aquí, así que todavía no han terminando las flores de magnolia. siento un poco de extrañeza...

3月ももう終わろうとしています。早いような、でもいろいろあったから遅いような。
今日、電車で家まで戻る際、窓から近所の神社の桜が咲いているのが見えました。もう開花してるんですねー、っていうか、やっとだ!例年なら、開花予想などの情報が朝のテレビであるんだけど(少なくともNHKでは)やってないので、いつなのか前情報は降ってこない。それで、唐突に発見するのでした。
ところで、「花見」も自粛の方向なの?東京都知事発言。
んー……あの方の仰ることは、ここ最近目立って酷いのが多かったので、あんまり参考にしたくはないですね。
尤も、「花見」がどのようなものであるか、というのも、それぞれの認識は違うからなあとも思うんだけど。たとえば、

・桜の下でネクタイ鉢巻きにして無礼講、酔っぱらって恥はかきすて。
・桜の下で、お母さんと子ども、家族らが、お昼ご飯を食べる。

このふたつはどちらも「花見をした」ことになるんですけど、桜の下でお弁当を食べて帰るのすら誰かに何か言われちゃうんだろうか。桜の花に見るはかなさ、美しさを思うことはよいことだと思うんだけど。しみじみ飲めば、(しみじみと~♪)いいよ。ってことにはならないのかな?(^^;)
やっぱり普通に考えたら、夜桜がネックなんだな。でも、せめて昼間、みんなで「やっぱり桜はいいねー」とかって、気分を共有し合えるといいですね。そういうの大事じゃないかな。そして消費も。

そういえば、友だちが「小さなライブまで中止になって残念」って言ってたのを思い出しました。これも、できればやってほしいですよね。そういうので温まって、元気にしてほしいんですよ。必要、必要。


‘コブシ’ 遠目には、まるで桜のよう。
いつもならもう終わる頃だが。
コブシ110331
Kobushi....es una especie de magnolia. Es muy bonito.

| 日記・つぶやき diario | 22:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月のNHKスペイン語、テキスト

‘これまでの西語テキストになかった構図だわ~’(笑)
NHKテキストスペイン語1104
El canal de NHK tiene programas para aprender los idiomas extranjeros. El curso de español es para los principantes sólo, creo que es una introducción para que interesa en él. Televisan nueva version desde abril hasta septiembre, y a los demas de 6 meses, reponen el programa anterior. Me gusta ver las imágenes de diversos sitios en España.

まさか翼くんと毎週会うことになるとはね。特にファンでもないのですが、無味乾燥気味の語学講座でこの表紙を見たら、ちょっと気分もアガりますね(笑)。
はじめSeiさんが「次のナビゲーター誰か知ってる?」と私にクイズを出してきたとき、ヒントでジャニーズ所属の人だと知り、つい「抱いてセニョリータ」や「青春アミーゴ」が頭に浮かび、でもあの人たちはこんなとこ来ないよね……「アンダルシアに憧れて」…まさかマッチじゃないし。などと思って、当たりませんでした。
翼くんてけっこうラテンぽい雰囲気あるから、見た目は合ってるようにも思えます。……顔で習うわけじゃないけど。でもナビゲーターって大事です。ナビゲーター見たさに(^^;) ロシア語講座を垣間見してたのでそう思う。

テキストには、もちろんモノクロですが、Extiende las alas(翼を広げて)っていうタイトルの、翼くんのコーナーがあって、スペインに対する思いなど綴られてました。
番組では1ヶ月で4個、つまり6ヶ月間で24個の動詞(少なっ!)を中心に学んで行くようです。4月はser, estar, haber, enseñar。まあでもこの4つを本当に攻略できたらすごいんですけどね。
また、4月始まったら番組の感想など書いてみようと思います。

| 日記・つぶやき diario | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お水とか野菜とか

ここ数日、放射性物質が関東のあちこちから乳児の基準値を上回る数値で出てきて、一部の野菜に留まらず、水の心配までしなきゃいけないのか。と、福島や首都圏の不安を推し量ると気分が重たくなりました。
これまで、広島長崎関係の専門家の方の、今回のことについての見解をあまり目にしなかったんですが、長崎大学の先生の記事があったので読みました。

放射線と私たちの健康との関係
放射線と私たちの健康との関係 質疑応答

原爆は核分裂しやすいウランが90%以上なのに対して、原子力発電所のはそのタイプのウランは4%程度なのね…
昔のことで、データなんかないんだろうけど、1945年、ウチの親たちがいた環境(呉市です)も、当時計測できてたら、今の比じゃなかったんだろうな……。もちろんそこにあるものだけで生活してて、その後何も問題ない。むしろ、当時の食糧難のほうが、確実に今の健康に暗い影を落としてる(低栄養でお腹にいた子は生まれた後、少ない栄養で大丈夫なようになってるので、過度に食べると成人病になりやすいとか、幼少期のひもじさの反動から糖尿病とかね)。

実害もだけど、拭えない不安こそが害だと思えるので、早く福島がこの状況を脱してほしいと思います。

| 日記・つぶやき diario | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ

‘つくし’
つくし110321
Por fin, ya estamos en plena primavera. Las flores de magnolia empiezan florecer, y recogí colas de caballo para disfrutar un sabor de primavera...aunque sabe amarga un poco.
En la parte nordeste de Japón queda frío todavía. Recibiendo las noticias de pronóstico del tiempo, me pongo triste. Falta queroseno para calentar aire. Empieza llegar materiales a las ciudades, pero es dificil de reparto y transporte hasta los refugios difundidos, que hay 2000 por lo menos.

ようやく春も本格的になってきたかな。モクレンのつぼみが膨らみ、そうするとつくしも見かけるようになりました。2月末に急に暖かくなったことがあったけど、その時は植物にとってはやはり、まだまだ準備ができてなかったんでしょうね。今も、例年よりは寒い気がします。ふつうは、今頃もうモクレン終わるころだから。
東北の冷え込みを耳にするたびに、ほんとうに暖かくなってほしいです。気温だけでも代ってあげたいですが、どうしようもありません。

そろそろといえば、個人的にはテレビもふつうのCM流してもいいような気がしているのですが、ACジャパンに抗議殺到っていう話はお門違いじゃないかと思いました。どこに向けたらいいかわからないストレスとか怒りがそっちに向かっちゃった感じ。お気の毒です。そんな中、それらCMで使われている詩「こだまでしょうか」(金子みすず)、思いはみえないけれど…の「行為の意味」(宮沢章二)の詩集が完売とかいう記事も読み、やっぱりこういうとき「詩」の力って思っているより大きいのかなと思いました。金子みすずのって、もっとちがうバージョンも流してほしかったくらい(同じくUAさんの朗読でね)。「わたしと小鳥とすずと」とか、かわいくて、簡単なことばで、すっと深く入ってくる。
あと、繰り返し流されてる「あいさつの魔法」も、飽きたには違いないのですが、ウチではもう一周してしまいました。(一周とは:イケてない、惜しいと思っていたものが、それ自体は変わっていないのに、なんらかの要因で受け手には好印象に逆転すること。)なので、また楽しんでる状態です。

グレートありがとウサギ(YouTubeなので音が出ます)
これ笑ったわ~。♪AC♪のジングルもいい。

| 日記・つぶやき diario | 13:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この一週間

‘遅咲きの紅梅’ 縮景園にて。
紅梅110310
Ya hace 1semana desde Tsunami de Japón.
Ciertamente la situación de cercanía de la planta nuclear está serio ahora, pero todas partes de Fukushima no es peligroso tanto. Sin embargo aun los recidentes de Tokyo se preocupen su propia salud. Es extraño. Jamás no les dará influencia de radiación, yo creo. Así que temo que la gente de Fukushima haya recibido pocas cosas para vivir, pues poca gente de ayuda venga por miedo. La más preocupación mia es daños de rumor o noticias falsas. No quiero inflamar intranquilidad.

この1週間は、いろんな情報が流れてきたり、探したり、頭は混乱気味でした。いろいろここで書こうと思ったこともあったけど、整理できない頭で何か言ってもなあ……と思い、黙ってるのが一番かなと。
阪神淡路のときの情報の入り方とかいろんなことをもうあまり覚えてないので、記録として「○月○日、こんな情報があった」というのを記録しといたら、将来なにか起こったときに参考になるのかもしれない、と思ったけど、こと細かにそれを記述する気分にもなれないし。
ただ、ネットも発達した現在こんな大災害が起こった場合に、どの情報を信じて、どれを信じないかはより重要になってきてるなと思いました。
普通に考えたら福島の原発が東京にまで影響を及ぼすなんて、変な話だと思うんだけど、デマとか不安がヨードを買うとか食料の買い占めをさせてしまう。世界のこれについての取り上げ方も、かなり大げさな気がしてて、そりゃ同じ原発持ってる国からしたら、今回のは興味津々だろうけど、あまり話を広げないでほしいと思います。援助してくれるのはありがたいけど、一方でそういう膨らんだ情報を流すことによって、被災地は救われにくくなると思う。
でも、今週東京の友だちからの連絡を受け取ったら、とても冷静な人たちで、さすがと思いました。

心配なら、ここ、行ってみるといいですよ。
東大病院放射線治療チームのツイッター

| 日記・つぶやき diario | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘ブレンド土の茶碗’
陶芸110315-1

今日たくさん上がってきました。1月に作陶して、前回貰えてなかった花瓶と、お茶漬け用にと作った茶碗(上の画像)、巫女エンジェル1体、ふりそでのうさぎ1体。
茶碗は、仁清土と井戸土をブレンドしたものですが、意外と井戸土の色が濃く出ています。明るい黄土色。それに黒い土でラインを付けています。できあがってみると、線のおぼつかなさが目立ちます。仕方なかったんだけど、本当はもっと時間をかけて、線をまっすぐにできたらよかったんだろうなと思います。また、描いているときには気づかなかったけど、出来上がってみると、一本ずつ均等にしないほうがよかったかな。線と線の間隔にリズムをつけたほうがよかったかも。でも、このブレンド土は今日も使ってみたんですが、けっこう扱いやすくて作りやすかったので、またブレンドしてみたいと思います。そして、わりと大きさを揃えたつもりだったけど、出来上がってみたら、やっぱり揃いませんでした。(^^;)


‘仁清土の一輪挿し花瓶’
陶芸110315-2

よそんちの花瓶を写真で見て、うちにもこういうのあったらなと思って作った物です。背が低い一輪挿し。手びねりで、ちょっといびつになってしまったけど。これに山茶花とかいいな、と思って。もう山茶花も終わるので、これから何を飾るのがいいか、ちょっとわからないですが。


‘うさぎ2号’
陶芸110315-3陶芸110315-4

うさぎ1号はほくろができてしまいました。それに、ちがう顔、ちがう着物のうさぎを作ってみたかったので、2号を作りました。今度はなかなかですよ。筆ペンで一度描いてみたモデルの顔にかなり近いです。きものは薄い色に普通に色を重ねられたので、かかる時間が少なくて済みました。

今日の陶芸メモ:
仁清土と井戸土のブレンドで、大きめのご飯茶碗を一つ作陶。前回の教訓から、ラインはもう引かず、底部分の黒い帯だけを太く施してみました。ここ2回ほど、電動ろくろでの作陶が調子いい。腕が上がったのか、それともこの土が作りやすいのか。
井戸土で豆皿を電動ろくろで2つ、黄瀬戸釉の予定。仁清土を手びねりで、丸い花器を作陶。母のオファーで作ったんだけど、思ったよりずんぐりした形になってしまった。わら白釉の予定。

| 陶芸 ceramicas | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

憂い春、その2

金曜日の関東東北の大地震のあと、知らされる事実があまりにすごくて、何言っていいのかわかりません。日常と、信じられない事実を代わる代わる思う週末では、ここに書き込むのも億劫になってました。
救出と当座の混乱を終える道のりも大変だけど、その後落ち着いたら、畑は農作物作れないし、漁もできない。住むとこない。さらに、家族を失ったり、異常な体験をした精神的な後遺症……ちょっと考えただけで、途方もなく感じます。
こういうの見たら、被災地から遠く離れた場所で暮らしてる私なぞ。と、思い、日本を勇気づけるツイートなんぞ読みながら感動したりする一方で、ふと自分の日常に引き戻され、悩ましく思う。けど、今それをおおっぴらに言える雰囲気ではない。こういうときって、あまり個人的な問題とか楽しみとかの話すると、不謹慎だと思われる。ま、そういうので、よけいブログっての書きにくくなる。(でも、そのうち書くと思いますけど。)
すいません、何だかわからない文ですね。でも、とにかく、みんなの頭は何かしらこの震災に影響を受けているんだろうと思います。
とにかく、被災した方々が一刻も早く救出され、一刻も早く暖かいご飯と寝具に恵まれますように。



| 日記・つぶやき diario | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春からのテレビスペイン語講座

‘花屋ではチューリップの季節’  でもまだ寒い。
チューリップ110309
En cada primavera, empiezan los programas televisivos de enseñar idiomas. Enseñan inglés, aleman, francés, chino, coreano, italiano, arabe, y español. Siempre son para los principantes, parecen introducción para viajar a cada país, pero lo que tenemos oportunidad de aprenderlos facilmente, es útil.

春から新しく始まるNHKの語学講座に出演する人たちが発表されました。
テレビスペイン語講座は、今井翼くん。正直ちょっと驚きました。これまで、ジャニーズの人ってこういうのに出演したことありましたっけ。たいてい、海外旅行したいOLたちが無理なく入りやすいように心掛けているのか、女優さんとか多かったですよね。ちなみに昨年度は片瀬那奈さんでした。
今は、2009年度春の再放送をやってるところで、それももうすぐ終わりますが、特に有名人が出演しているわけでもないこのスタイルはわりとよかったと思います。トレド、アンダルシア、世界遺産の3つのVTRで、文化に触れながら現地の人々の言葉も入ってくる。わたしが見たいのはそこ。だから、生徒役の芸能人のたどたどしいとこや、寒いスキットはあまり見たくないのが本音です。
でも、まったく初めてやる言語なら、生徒役の人がちょっとたどたどしいくらいのほうが、安心して見られるかもですね。NHKも、新規視聴者開拓にがんばっているのでしょう。英語ならいろんなレベルの番組があるから、自分のレベルに合うのを見ればいいと思いますが、他の語学のテレビは紹介パンフレットのようなもの。それでも、中、韓、独、露、仏、伊、西、アラビアって、こんなにテレビでやってくれてる国って、そうないと思うんですよ。
さて、4月からどうなるかな……。翼くん、どんな感じでしょう。ちょっと楽しみです。

| 日記・つぶやき diario | 16:33 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本画の前衛

‘ポスターから、船田玉樹「花の夕」’
船田玉樹110306
En la exposición de “Vanguardismo de estilo japonés“.

広島県立美術館で開催中の「日本画の前衛」展を見てきました。
1938年から1949年くらいまで、つまり戦前戦後をまたいだ頃の、新しい表現を探り求めた「歴程美術協会」会員の方々の作品です。
あの時代に、もういろいろな技法や西洋(カンディンスキーやピカソなど)に影響を受けた表現をしていたことは興味深いなと思いました。今まで、他の展覧会で現代の日本画家の絵を見て思ったことに、「これって、油絵とあまり変わらないように見えるけど。」っていうのがありまして、じゃ、「日本画」って、なんだろ。と思っていたのです。

1. 岩絵の具と膠を使えば日本画なのか。
2. 伝統的な技法や構図を使うのが日本画なのか。

どっちなんだろ?
捉え方は人それぞれだし、こういうジャンルというのも便宜上のもので、ボーダレスになるのが自然だろうと思うので、日本画、洋画というジャンルも、たいしてこだわることではないのかもしれません。この展覧会でも、やっぱりそう思いました。でも、「自分が何を日本画に求めているのか」は見えてきました。
わたしはどちらかというと、2の方で考えたいんだな、と気がつきました。今や絵に使う道具や材料は何でもアリだと思うので、それが岩絵の具か、油絵の具か、アクリルか、なんて、あまり気にしないからです。(特に見るほうにとっては。そして、描くほうだって、何でも使う人は何でも使うでしょう。)この展覧会で、カンディンスキーやモンドリアンを意識したような作品よりは、和のイメージで余白を活かして大胆な構図、というほうがわたしには好ましく思えました。船田玉樹さんの「花の夕」や、山崎隆さんの「高原」など、和の題材で、空間がすっと抜ける絵がよかったです。

ほかの展示作品の一部、ちょっと後ろが映り込んでますけど、撮られた方のブログ、リンクしておきます。

あと、ちょっと美術館に注文つけたいこととして、画家の誕生年、没年をちゃんと作品ごとに入れてほしかったな。かんたんなプロフィールも欲しかったです。

| アート鑑賞 arte | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

憂い春のちらしずし

‘ひな祭りのちらし寿司’  自分のためです。
ちらしずし110303
Chirashi-zushi... es un sushi que no se da forma. Se come mucho en casa durante las fiestas. Ayer fue el dia de la fiesta para niña en Japón, así que vendieron los ingredientes para sushi. Yo también compré unas, y lo preparé por primera vez. Antes no lo he hecho, pues necesitaba diversas preparaciónes y sentía muy pesado.

ひなまつりってことで、画像は昨日初めて作ったちらしずし。準備が面倒そうだし、寿司桶を持っていないのでこれまで作らなかったけど、代わりに土鍋の中で混ぜてみました。ごはんが温かいうちは、何となく底がジャブジャブする感じがあったけど、冷めたらちょうどよくなりました。具は、穴子、酢れんこん、椎茸の甘煮、ごぼうと人参、生姜の甘酢漬け、錦糸卵、ごま、菜の花によく似た蕾菜。

なんだか、ここのところ、がっがりすることが重なり、ちょっとヘコみ気味です。「あまり相手に期待しすぎるな」とは、先日のテレビの話でしたが、なしのつぶても、あんまり重なるとね……orz。
精神的なタフさが必要だ。でも、どうやってタフになれと?
友だちとのコミュニケーション、就活、大人たちから弱すぎるなどと言われて悩んでる学生の気持ちが、この年齢にして、なんかわかる気がする。その感覚自体は悪いことではないと思う。けど、とりあえず今、それは役に立たない。

| クッキング mi cocina | 13:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

えのきのペペロンチーノ風

‘パスタを使わないペペロンチーノ’ と言ってもいいかな。(笑)
えのきのペペロンチーノ風110227
Setas de Enoki a la peperoncino... he probado usar setas en vez de espaquetis, aunque no estoy a dieta.
Las setas llevan bien con aceite de oliva y ajos.

えのきだけがたくさんあったので、パスタのかわりにえのきだけで、ペペロンチーノ風を作ってみました。芹も一緒に加えました。芹の香りときのこの旨味と歯ごたえ。
特にこれでダイエットをしようとかいうわけではなく、単に晩ご飯の副菜の一品だったんですが、簡単でおいしかったです。

| クッキング mi cocina | 12:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月