2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

≫ EDIT

傘のジンクス

‘ガクアジサイ’ こういうのも好き。もう花も終盤だね。
ガクアジサイ110619-2
Ya está terminando la temporada de las flores de hortensia. Este tipo también me gusta. El color es muy bonito, ¿no?
Cambiando del tema, tengo una mala regla(jinx) sobre el paraguas. Siempre yo perdía paraguas que me había gustado, y no pierdo uno que no me gusta mucho (^^;), aunque no sé por qué... Así que no puedo comprar nuevo uno mejor. ¿Tenéis algo de mala regla también?

あじさいの季節がそろそろ終わろうとしています。鬱陶しい季節に和ませてくれてありがとさんでした。
気温が上がって、もはや盛夏なのかという陽気ですが、日射しがきつくても傘は重宝するわけで、毎日携帯しています。それにしても、わたしの日傘の、なんとそっけないことよ。
実は、ジンクスがあって、かわいいのを買うのがためらわれるのです。これまで、気に入って買った傘は、使い込まないうちに、ことごとくなくしてるんですよね。そして、「まあ、当座しのぎにいいか」と、あまり思い入れのない傘にかぎって、ずっとなくさないで手元にあるのです。時々、買い直そうかと思うのですが、また買ってもなくすのかあ……ショックでかいよね……と思うと、踏み切れません。
わたしの傘がショボいのはそういうわけですが、こういうジンクス、まだ持ってるなあ。
何らか皆さんもお持ちかもしれないですね。

ガクアジサイ110619-1

| 日記・つぶやき diario | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆるやかな時間

‘瓜を干す’
瓜を干す110625
Sequé un melón(verdura) por un rato. Me han dicho que se cambian el sabor y sentido de masticación por secar verduras.
Recientemente no tenía tiempo para hacer esas cosas, así que estoy muy contenta. Hoy he preparado Umeboshi(salazón de ciruelas) también.

梅雨の晴れ間は、もう真夏のような日射しですね。昨日買った瓜を干してみました。数時間だけでも干すと、味が凝縮され、歯触りがちょっと変わって、料理の幅が広がるそうです。炒め物か煮物にすっかな。

それにしても、休みの日に、時間を気にせずこんなことがゆっくりできるというのは久しぶりで、しみじみよいものだと思いました。ついでに、梅干しも少しだけ漬けました。保存食というのは、準備する楽しみが半分以上を占めますな。仕事上で嵐の前の静けさのような状況にあると、そっちの方の備えをしたほうがよいのかもしれませんが、それと全然関係ない「食」の備えをすることは、精神衛生上、これでいいのだ。と思います。

| デザート保存食作り dulces etc. | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここんとこの音楽

‘こどものせかい’ コトリンゴ

Me gusta la música "Kotoringo". Su voz me hace imaginar el aire fresco de altiplanicie, y me tranquiliza. Además ella toca el piano muuuy bien, tiene talento excepcional.

ここんとこの……と言っても、音楽はずいぶん聴く機会が減っていますが、精神的に疲弊することが多くなってきたので、やっぱり「癒され系」の音楽に向かってしまいます。まあ、今までもそっちだったんだけど。
この1年で、何となくコトリンゴさんをよく聴くようになりましたが、本当に聴けば聴くほど、センスいいなあと思います。彼女の声は、いわば「霧の高原」てイメージかな。特にこの梅雨時期、しっくり来ます。
以前も書いた「雨の日」すごくお薦めなんですが、残念ながらYouTubeにもなくて、代わりにと言ってはなんですが、「こどものせかい」をここに貼っておきます。このYouTubeを見て聴いて、アニメ「マイマイ新子と千年の魔法」を見たくなったんだよねぇ……。映画の映像はとてもよくて、この曲は歌えるくらい聴き倒しました。

「友達になれるかな」(YouTubeに飛んで音が出ます)これもめっちゃイイ。興味があれば行ってみてね。

| 音楽 musica | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘井戸土にわら白釉の花瓶’ 思ったほど白くならず。マット釉にすべきだった。
陶芸110618-2
No estoy contenta porque ha salido mas obscuro que yo quería... Pienso que debiera vidriar por uno mas opaco.

不調だった。三度同じ失敗したら、ちょっとヘコみますね。難しい土(半磁土)で、しかもわりと大きいものを作ろうとしてたので、普段よりハードル高かったけど、結局できないとは。
自分にテクニックがないからですが、どうも、今日の場所で電動ろくろを使うと、ダメなことが多い。ろくろ自体に、早く回転するモードに行きやすいクセがあるのも、少し影響しているかもしれませんが、それよりも、自分の左側にすぐ棚があることが、心理的にダメなのかもしれません。もしかしたら、無意識に左側から逃げ腰になっている?あながち、これは無関係じゃない気がするのだけど……ちなみに、右側に棚がある場所での作業は、調子悪くなったりしないです。

‘仁清土と井戸土のブレンド、透明釉の茶碗’ 黒土を筆で塗ってる。
陶芸110618-1

さて、今日上がって来た作品は、井戸土にわら白釉の花瓶と、仁清+井戸ブレンドの茶碗でした。
花瓶は、思ったより黒くてちょっとガッカリ。そういえば、わら白釉って、あまり白くならないのでした。忘れてた。白マット釉にすべきだったなー、と反省。食器を作るときは、質感が好きでないので使ってなかったのですが、花瓶なら、これを箸でつつくわけじゃないので、白マットはアリだったな。
茶碗のほうは、今回黒い面積をもっと増やして作ってみました。これはまあまあ気に入ってます。いい色だし、ブレンドすることで作りやすいし、いいわ。

今日の作陶メモ:
失敗を重ねた半磁土は柔らかすぎて使えなかったので、残った少ない土で、湯呑みをひとつ。
半磁土のかわりに「はっさく」という土で、鉢を作陶。これはやっぱり、半磁土より扱いやすかった。久々に使ったのですが、意外と微小な砂を多く含む土ですね。ざらざらしていました。でも、そのおかげでさっくり作れるということですね。空色の釉薬をかける予定。

| 陶芸 ceramicas | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

製麺屋の餃子の皮

‘手作り餃子の皮’ 伸びがいい。
餃子の皮110612
Gyoza... quizás es una comida de China. Pero es popular en Japón también. Las comidas como él están en diversos países, por ejemplo, Mantou en Truquía, Pelmeni de Rusia. Supongo que ellos tengan el mismo origen.

とある人に教えてもらって、窪田寛商店(製麺屋)さんで餃子の皮を買いました。小さなお店で、生パスタの麺がいろいろ置いてあります。餃子の皮は水曜日しか置いてないので、いつも買えるわけじゃないですが、これがけっこうよかった。
小さめの皮なのに、伸びがいいので、思ったよりたくさん具が入ります。弾力があるから、しっかり閉じられるし。そして焼いたら、パリパリよい焦げ目。うまい皮、また買おう……。一袋20枚入り60円。
これを2袋買って、家で2人分だと少し余っちゃうのですが、あまった皮はワンタンにしたり、チーズを乗せて焼いてピザ風にしたりできます。揚げて砕いてサラダのトッピングにしてもよさそう。

‘ピザ風おつまみ’
皮110616
Masa y queso fritos... como pizza. Yo añado comino y calabacín. Ni que decir tiene, ¡fue muy rico!

これは、とろけるチーズを乗せて、フライパンで焼いたものです。ズッキーニの薄切りのっけ。でも、重要なのはクミンです。クミンシードでもいいんだけど、今回は粉末を振りました。
うまい。食べながら、チーズ包み揚げもぜったいおいしいし、りんごジャムを包んで揚げたら、揚げアップルパイみたいになるだろうな……などと、広がっていきますね。

| クッキング mi cocina | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この世界の片隅に TV版

こうの史代さんの「この世界の片隅に」が、この夏の終戦記念としてドラマ化されるそうです。
今日、Webのニュースで主要キャストを知りました。
主人公すずは、北川景子さん。その夫に小出恵介さん。
うーん、正直、思ってたイメージと違うなあ……今をときめく彼女は、なんだかきれいすぎる気がして。あと、周作は、もっとさばさばしてる気がして。まあ、のだめの真澄ちゃんもできるような人だから、大丈夫かも。
友人たちは、綾瀬はるかのようなほんわかした人のほうが、と言ってます。確かに、彼女は広島弁ネイティブだし、たしかにね。
まあ、でも、どんなふうに描かれるのか、ちょっと楽しみです。
少し気になるのが、このお話が広島を舞台にしているためか、原爆の悲惨さが描かれてると思っている人が多いのではないかということ。たしかに、少しその話も少し出てはきますが、広島市ではなく、呉市のお話なので、かなり遠目。作者は、日本のあちこちであった戦争の話を描きたかった、たまたま自分のゆかりの地が呉であったから、そこを選んだというようなことが、別の著書「平凡倶楽部」の中の文章に出てきます。
芦田愛菜ちゃんが登場するらしいけど、はるみちゃん役かな。設定6歳だしね。
漫画作品についての過去ログ

| 日記・つぶやき diario | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画とかテレビのドラマとか

‘あじさいの季節’ やっぱり青いのが好き。
あじさい110608
Hortensia azul.... es una planta de la temporada de lluvia. Me gusta la diferencia de los colores sutiles.

◆映画「プリンセス・トヨトミ」を見ました。小説を読んでないまま見た感想です。
 ちょっと、あっさりしすぎかなあ。やっぱり小説を読むべきだったんじゃないか。
 そっちのほうの世界のほうが、広がりを感じるんじゃないかと思いました。Seiさん
 からは「父と息子の話だから、あまりわからないでしょ?」と言われました。
 まあ、オレ、父でも息子でもないし。
 大阪を知るものにとっては、街を見るのも楽しみのひとつだったようです。
 万城目さんのファンタジー、一度活字で読んでみたいとは思っているのだけど、
 まだ未経験です。テレビドラマの「鹿男あをによし」は面白かったし、
 うまいファンタジーと思ったんですけれど。

◆NHKドラマ「八日目の蝉」
 昨年の火曜日枠のドラマの再放送。日経エンタテイメントだったか、このドラマは
 昨年のドラマの中でもダントツだったという評を見ていたので、見てみました。
 重いテーマで切ない話だったけど、よかったです。壇れいさんがんばってました。
 子どもを抱いて走るシーンの多いこと、多いこと。キツい撮影だっただろうな。
 岸谷五朗さん出てたのね。このお話では、不器用だけど優しい海の男の役で、
 なかなかかっこよかったです。「江」の秀吉とエライちがうキャラだったな。
 本領はこっち?

◆「江」
 江も大人になってきて、春頃までより、ドラマに入り込みやすくなってきましたよ。
 秀吉との漫才のようなやりとりは、もう「お約束」にしちゃってもいいのかも。
 もう、コメディーとして見るから、ハデにやってもいい。
 ただ、タイトルイメージに見る「江」は、やっぱり水のように形を変えながら
 本質を変えない、したたかな女性というのがテーマなんじゃないかなと思うのに、
 今のところ、けっこう「石」っぽいよなあと感じるのが、いまいち合点がいかない
 ところです。
 向井くん演じる秀忠が登場してきたことだし、これから盛り上がってくるといいな。

| 日記・つぶやき diario | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なすと鱈のミルフィーユ仕立て

‘フライパン一つで作れますよ’
なすと鱈のミルフィーユ仕立て
Fritos de bacalao y berenjena con pasta de aguacate... no es dificil de prepararlo. Después de freir los ingredientes, sólo necesito apilar con la pasta.

たまたま鱈とジャンボなすが手に入り、家にアボカドもあったので、こんなの作ってみました。以前、どこかで見た料理のまねっこです(それはカニを使ったなすのミルフィーユ。この写真よりずっときれいな層状で、そして味は知らないんだけど)。
ボウルにアボカドと酢、塩を入れてつぶして混ぜてペースト状にしたものを用意しておきます。
なすは薄切りにして、蓮根もあったのでそれも薄切りにし、たっぷりめの油で焼きます。塩を一振り。
ひとまず皿に移したら、今度は塩こしょうした鱈を焼きます。
皿になす、蓮根、ペースト、鱈、なす……の順を繰り返し重ねてできあがり。

所感:ちょっと、味が単調でした。層のどこかでバルサミコの味がするとか、ちょっとタバスコ辛いとか、そういう変化があればもっとおいしかったはず。ペーストはワカモーレにしてもよいのかも。

| クッキング mi cocina | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

落語の鑑賞とか仕事とか

‘大長檸檬酒’ (本文と全然関係ないけど)
これからの季節に。100%レモンを発酵させて作ったお酒。
大長檸檬酒110605
Bebida alcohólica de limón... es una bebida tipica de Hiroshima. Quiero beberla con agua con gas, bien fría. Hiroshima produce muchos limones.

今日、友人たちと、「生らくご」に行ってきました。
東京や大阪まで落語を見に行くことはないので、これは10ウン年ぶりに地元で見た落語になったのですが、なかなか面白かったです。知らなかったけど、出ばやしって、その噺家さんによって違うのですね。通だと、お題目を見なくとも、出ばやしが鳴り始めたら誰の登場かわかるんですね。そういうことも知りませんでした。
やっぱり、お噺の上手さって、芸歴の長さに比例しているような気がしました。引き込まれ方がね。紙切りの林家正楽師匠のは、切りながらの話の間合いがすばらしかったです。

仕事の方は、早くも暗雲たれ込めていて(もう脱線か ^^;)、友達に今の状況を少し聞いてもらって、ちょっとラクになりました。
同僚が「(自分は)ほめられて伸びる子なんです」と言ってたのを初めて聞いた時は、「自分でそう言うなんて、かなりの天然かずうずうしいか?」と思ったんだけど、今週気づいた。あれは、厳しく当たられないための防衛なんだろうと。厳しく言うことが、社員のためになるって勘違いしてる経営者へ、やんわり「そんなのわたしのためにならないよ」って言ってるんだな。まさかそんなとこを見習わなければいけないとはね。

| 日記・つぶやき diario | 23:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月