2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

≫ EDIT

カルガモの観察から

‘カルガモ’ 毎朝毎夕出会います。
カルガモ1307
Me gusta ver los patos en el camino hasta la officina. Desde cuando encontré uno soltero, pienso cómo siente él... y hoy recuerdo la letra de la canción “el pato(kamo, dark stripe) de Arto Lindsay. Él ha escrito que, “Two is as good as one“. No ha escrito jamás como “Two is better than one“.
Creo que es muy de él, puedo entenderlo porque es un artista. Puede ser que vengan los deseos de la soledad y de la humanidad alternativamente, como si patos buceen y respiren.

平日の朝は自転車で近所の川を南下していき、夕方また北上して帰途につく生活になって半年。
以前から、その川にニシキゴイがいることは知っていましたが、その他にも、カメ、カモ、ヌートリアがいることがわかりました。目下のたのしみは、カモに会うことです。文句なしにカワイイから。
春先にはじめて彼らに気づいたときは、7羽くらいが、せまい川にまとまって生活しているようでした。カモなので、暖かくなったら渡っていっちゃうね…と、思っていると、案の定、だんだんと数が減っていったので、少しさびしい気持ちで、今日見るのが最後か、今日が最後か、と思いながら見ていました。

しかし!5月になって、毎日ではないにしても、3羽を見かけるので、あれ?と思って調べたら、彼らはカルガモで、渡らないタイプの子たちでした。
その中でも特に目についたのが、いつも単独で餌を食べて泳いで行く1羽。カモって、だいたいカップルで行動するので、なんでこのカモだけ、いつも独りなんだろう…。彼(または彼女)が、川岸にたたずんでじっと正面を見ているのを何度か目撃するたび、
「カモも、うつろな目になるのかな(笑)。
 独りって、カモだと人間より寂しいのかな。
 以前つれあいはいたのかな。」
…などと考え、気になっていました。

梅雨時期になると、大雨の後などは見かけなくなりました。心配になって、やっと見つけた時は、夜の大雨をどうしのいだんだろう、と、これまた気にかけていたのですが、さて、梅雨が終わると…。

今日は5羽、次の日は7羽、と、なぜか増えてきました。この数ヶ月どこにいたんでしょうね。そして、ついに15羽を数えたときには、あの独り者が、もうどれかわからないし、もう独り者じゃないかもしれないし、ちょっと笑ってしまいました。
小気味よく、わたしの想像を2度も裏切ってくれたカルガモたち、きれいとは決して言えないせまい川ですが、穏やかに暮らしていってほしいな。

--:-- --:-- --:-- --:-- --:-- --:-- --:-- --:-- --:-- --:-- --:--

そういえば、カモで思い出した。
アート・リンゼイ(Arto Lindsay)が、Kamo(Dark Stripe)っていう曲を書いて歌ってて、それが大好きなのですが、ほんとに、あれ、カモの歌だった。Kamo(Dark Stripe), YouTube
"Two is as good as one"(ふたりは、ひとりくらいイイね)っていうの。
「ふたりは、ひとりよりイイね」じゃないんだな。なんだか彼らしい、と思ったんでした。
孤独でなければ、クリエイティブな何かは産み出せないことを知ってる。でも、やっぱり人とのつながりを求めずにはいられませんよね。例えるなら、息を止めて水中でもがいているのが、急浮上して息を吸うみたいな感じかな。どっちも必要で、その繰り返しなのかも。
いつも見ているカモの動きが、わたしの頭の中で、偶然、その2つの欲求と今むすびついたのでした。

| 日記・つぶやき diario | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘豆皿、半磁土’ 呉須絵の具で絵付け
陶芸130727-1

‘同じ土、同じ柄で小さな湯のみも’
陶芸130727-2
Hice un platillo y tazón muy pequeño. Dibuje una ramita de muérdago, aunque eso no se ve ahora sino en invierno, jaja... Es que había visto las fotos de muérdago antes, y me había interesado su estilo de la vida.Además creí que su aspecto era buen motivo para mí.

今日は、半磁土で作った小さな作品が2つ上がってきました。これ、たしか、作ってるうちに仕方なく小さくなったような、どっちもあまりいい出来ではないやつでして…
2つは別々の日に作陶しましたが、絵付けのときは一緒にやることになったので、なんとなく2つとも同じモチーフで絵付けしたら、なんだかセットのようになっちゃいました。
モチーフは、これ、宿り木です。なんで盛夏に、こんな冬のモチーフ?って、自分でも思いますが、ちょっと前に、ネットで植物を検索中に宿り木をみつけ、おもしろいなと思ったのが記憶に残っていたからです。生態もおもしろいよ。でも、こんなふうにデザイン化しても、よい雰囲気を作れるモチーフだと思いました。これから、わたしの定番のひとつにしようかな。(これまで好んで描いたモチーフは、オダマキ、ヤグルマギク、バラ、ニラの花など)

‘セットみたいになった’
陶芸130727-3


今日の作陶メモ:
半磁土で、茶碗2つ。デザート用ボウルのつもりくらいで作ったけど、作り終わったら、フツーのご飯茶碗みたいになった。絵付けする予定。瑠璃ナマコ釉で絵付けするかどうか、今度までに決める。
気づきとしては、高台を高くするつもりで作り始めると、ボウル部分が作りやすかった。高台が高いと、今度は削りが大変になるけれど、作陶後作品を切り取るとき、高い位置で切っちゃえばいいね。テレビなどでよく見る、土を盛り上げてから作ってるのは、そういう理由なのかな…と思いました。

| 陶芸 ceramicas | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鶏と魚でソテー2種

‘鶏ささみ、アスパラ、マッシュルームのソテー’
鶏とアスパラマッシュソテー
Pechuga de pollo, esparragos, champiñones salteados

ささみは淡白なので、仕上げにチーズをのっけて、マッシュルームとアスパラを合わせています。


‘カジキのフェンネルバターソテー’ フェンネルとバターって合うね。
かじきのフェンネルバターソテー
Pez espada salteada con mantequilla y hinojo

安く売られていたフェンネルを、ピクルス以外で、はじめて料理に使ってみました。やっぱりこいつは、洋食じゃないと合わないね。


飯島奈美さんのレシピで鶏の照り焼きを作ってから、その後、照り焼きでなくても、以前より上手に鶏や魚が焼けるようになってきました。常温からフライパンでじっくり片面を、その後ささっともう片方を、というやりかたです。
ただ、鶏もも肉だと、焼く前の下ごしらえが、数テイクあるので、どれかを忘れてしまうこともしばしば。
よくやるミスは、
・塩を加えた酒に浸すのを忘れる
・その後、粉をはたくのを忘れる

でも、忘れてしまっても、それでも以前作ってたのよりはおいしいです。




| クッキング mi cocina | 20:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近のよしなしごと(テレビ中心)

‘何の花か知らない’
夏の小さい花1108907

ジブリの新作「風立ちぬ」公開になりましたね。
そういえば、またテレビの話になるけど、少し前の「仕事ハッケン伝」で、オリエンタルラジオのあっちゃんが、ジブリの広報の仕事をする、という回があったなぁ。
あっちゃんて頭いいし、けっこうセンス良いキャッチコピーをたくさん考えてたけど、すんなりとは鈴木敏夫さんに認めてもらえなくて苦労してた。それでも、はじめごろ自分が出した案が、ちがうかたちで取り上げられる格好になり、そこで彼がした質問が、
「でも、もし、どれも全部ダメだったら、(鈴木さんは)どうしたんですか?」
「(そこから得る物がなくて)自分だけでやろう、ってならないんですか?」
それに答えた鈴木さんの言葉、
「どんなやつでも、何かひとつは持ってる。」
「自分だけでやっちゃったら、それは俺の負けだ。」
(※思い出し書きなので、一字一句合っているわけではありません)

うーん、これには、唸ったね。
人間ひとりの力では限界があること、他人をおもしろいと思ってること、その力を最大限引き出したいことなど、いろいろ身にしみて理解してないと、これは言えないよね。器が大きい。
人を仕切らなきゃいけない人は、これ見たらいいのに…経営者や上司が経験不足で器が小さいために起こる不幸の何と多いことよ。と思いながら見てました。
もちろん、この番組自体が、ものすごい大きな広報だったわけですが、さて、映画、どうでしょうね。


田上よしえさんの
「アマゾンが、勝手にExileファンだと決めつけた商品を勧めてくるんですよ」
っていうコントのように、そのコントはこちら
Facebook上に、年齢●●代のあなたは…と、こっちを見透かしたようなCMが貼られる。
自分の年齢を書いたこともないのに。
買ってなどやるものか。


松田龍平さんといえば、いつも無表情、ポーカーフェイスっぽい
イメージなので、コメディーだったらどうなるんだと思ったけど、
朝ドラ「あまちゃん」で、彼がそのイメージのまま、そしてそれゆえに
大笑いした回があって、新しい発見をした気になった。
このドラマ、ミラクルがふつうに起こっててホントにおもしろい。

| 日記・つぶやき diario | 01:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の野菜メニュー

夏に、あっさりした野菜の副菜です。

‘きゅうりと鶏の辛味ごまあえ’
きゅうりと鶏の辛味ごまあえ
ensalada de pepino y carne de pollo, sazonada con toubanjan(miso chino muy picante)

お店でイボイボの激しい四葉きゅうりや、ブルームのついた(粉をふいた)きゅうりを見ると、つい買ってしまいます。鮮度が落ちるのが早いような気がするけど、スーパーでよく売ってる緑の濃い、イボがあまり目立たないものに比べ、皮が柔らかくて美味しいから。
1薄く切った鶏に酒と塩をふり、ゆでます。2きゅうりを薄切りにして塩をふり、しばらく置きます。32の水気を切ったらボウルに入れ、ゆでた鶏を加えます。4豆板醤と鶏のゆで汁、しょうゆ、みりん、すりごまを混ぜたものと和えます。


‘おかひじき、大根と揚げのサラダ’
おかひじきと揚げのサラダ
Ensalada de okahijiki y nabo y age(tofu frito)

ハムなどがなかったので、油抜きして炙った油揚げを入れて作ってみました。ポン酢で食べてもいいし、マヨネーズ味にしたいなら、それでも大丈夫だと思います。

| クッキング mi cocina | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ここんとこの麺類

‘塩やきそば’
塩焼きそば130517
Yakisoba, es fideo salteado (fideo, carne de cerdo, sésamo, ajipuerro)

‘しらす、水菜、イカのオイルパスタ’
しらすと水菜パスタ130707
Espagueti de calamares y alevines de boquerrones

最近、晩ごはんを食べたら、そのまま落ちてうとうと眠ってしまうことが多く、その後もう一度起き上がるエネルギーのなさといったら…朝起きるときより辛いです。ちゃんと寝るためにがんばって起きて、片付けや風呂や歯磨きなどを済ませたらもうパソコンに向かう気もなくなり、そうするとブログも怠りがちになる…気づけば料理のストック写真がだんだん増えてくるのも納得です。

そういうわけで、それらをちょっとずつアップしていこうと思います。
まず、麺類ね。

塩焼きそばは、ひとりごはんの時に作ったもの。ニラとすりごまと豚肉があればOKです。昆布茶とかあれば、なおよし。豚肉から出る脂とごまが、うまみたっぷりでおいしかった。ごまのヤツ、天才だね。

しらすと水菜とイカのパスタは、パスタを塩茹でたら、和える材料は、しらすの塩気のおかげでもう味付けしなくていい感じでした。イカがなくても、しらすさえあれば、おいしくできると思います。

そうめんもやりたいけど、今年は今のところ、あまり出番がありません(相方が冷たいのを好まないため)。おろしそばは、そのうちつくろうかな。


| クッキング mi cocina | 01:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月