2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月

≫ EDIT

新しいデジカメで

‘さんまのキムチ煮’
さんまのキムチ煮1308289
Mi pequeña camara digital se rompió. Me molestó mucho sin camara, es que saco unas fotos ordinariamente. La semana pasada compré una nueva de SONY NEX-5R. Todavía no la puedo tratar bien. Quiero acostumbrarme a manejarla pronto. Estas fotos son las que saqué por la nueva.

お盆休みの中盤で、今まで使っていたコンデジが壊れました。数十センチ上から床に落としてしまったら、もう真っ暗で写らなくなったのです(以前、かなりハデに落としたこともあり)。使い始めて5年(そのときの記事はこちら)、ちょっと物足りなくなってたし、カメラのクセというか、撮られたイメージに、少々不満があったりで、また修理に出すことは考えませんでした。

諸事情で物要りな時期にイタイ……でも、ナシでは過ごせず、先週のお休みに、新しいのを買いに行きました。
…しかし、ほんとうに、いろいろよさそうなのがあるので、全然詳しくない素人のわたしは、どれを選んだらいいのか、さっぱり。ちいさなコンデジは、もう何となく物足りない。かといって、スゴイ物々しい一眼レフは、お財布が許してくれそうにないうえに、重いから持ち歩くのが億劫。(ヘタレです)
それで、デジタル一眼で軽く持ち歩きやすいタイプに絞りました。で、買ったのはSONY NEX-5R。レンズが薄めでコンパクトなのがよかった。わたしは望遠レンズは必要ないと思っていましたが、ダブルズームレンズのセットにしても5000円ほどしか値段が変わらず、さらにサービス中で、SDカード(16G)やレンズガード、簡易的なポーチなどもついていたので、セットのほうを選ぶことにしました。


‘菊の花とアボカドのサラダ’
菊の花とアボカドのサラダ130829

まだ、全然触れられていないので、これから触っていきたいです。昨日は電源をつけたのに液晶画面が真っ暗で、「もう壊したのか?!」と焦ったら、レンズカバーが付いたままだったという、初心者でもどうよ。というミスをしてしまいました。のっけからこれでは、前途多難かも。
それでも、ヘタクソなりに、画像のイメージには手応えがあって、いい感じに思えるので、もっと自由に扱えるようにしていきたいと思っています。

| 日記・つぶやき diario | 01:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画「風立ちぬ」を見て

堀越二郎も知りませんでしたし、堀辰雄の「風立ちぬ」も読んだことない人の感想です。(^^;)

聞いてはいたけど、思いのほか大人向けだったように思います。
「ジブリ」=子ども向き。って、決めつけない方がいいと思う。子ども向きを期待してたら、ちょっと裏切られた気分になるかもね。これは映画であって、テレビ番組ではないので、わたしは、これはこれで良いと思いました。
話題になっている喫煙シーンも、けっこう出てくるなぁと思いはしたけど、出てくる意図はちゃんとあると思うので、そんなに問題視しなくていいような気がします。スーツ姿の大人の男性の作画って、ジブリ映画では見慣れてませんでしたが、けっこうカッコよく描かれているなと思いました。
実際のところ、二郎が飛行機の設計に夢中になるアレコレについては、男のロマンの部分なんでしょうね、女のわたしにはちっとも響いてこなかったのですが、菜穂子との恋愛部分については、ノスタルジックなサナトリウム文学っぽいカラーが、かえって新鮮に思えました。後半、館内から、けっこうすすり泣きが聞こえてきて、わたしもふたりの愛情の行く末にほろっとしました。
あと、うまく夢を織り交ぜて場面転換してて、うまいなぁ、と思いました。ただ、そのソフトなエンディングは、少し物足りなかったかな。力を尽くして築き上げたものが、全て壊れただけじゃなくて、それに乗って死んで行った多くの若者のことを考えるとね。

泣けるけど、見終わってみて振り返ると、なんとも幸せな主人公だな、と思いました。ゼロ戦を作った人の話ということで、韓国から、批判も出たそうですが、なんだか、そういう話じゃないんですよね。戦争を描くとか、あのころの価値観をもう一度、って話じゃないです。
正直なところ、なぜ、いま、宮﨑さんがこのテーマを取り上げたのか、わたしにはピンとこなくて、あの時代に生きてた人じゃないと、それはわからないのかもね…とか、勝手に思っています。ただ、「どんな状況にあっても、一生懸命になれるものを探して生きろ」ってメッセージは受け取ったように思います。
さて、友人たちは、どう見るんでしょうか。感想を聞いてみたいと思います。


追記:
友人達は、わりと「恋愛いらなかったね」派でした。彼女達によると、男性たちは恋愛部分に思い入れがある人が多かったとかで、女子と男子で評価が分かれるのでは、という意見でした。
…そうか…。もしそうなら、わたしは男性脳なのかも。まあ、とくに恋愛モノでなくても、何か別の要素が入ればよかったのかもしれないけどね。
後日、宮﨑さんが平和主義者なのに軍事オタクだとか、そういう記事を読みましたが、それについては、特に矛盾するとは思いませんでした。矛盾かもしれないけど、そういう部分を持ってるほうが、普通の人じゃないでしょうか。ましてや、戦前の記憶がある人は、そういうところが大きいと思うのです。
ウチの身内にも、たとえば天皇について話しはじめたら、日によって、ものすごく矛盾したことを言ってる戦前生まれがいまして、なんだか考えも感情も分裂してるなー、と思ったことがあります。幼いころに受けた教育の影響かな、とにかく、全てを消し去ることはできないんですよね。感情は複雑なんです。

| 映画 peliculas | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘キャンドルシェード’ 萩土+井戸土ブレンド、わら白釉、還元焼成
陶芸130817-1
pantalla de ceramica

以前作陶し、還元焼成の希望を出していたシェードが上がってきました。還元焼成は、いつもやってくれるわけではないのですが、今回は運良く、思ったより早く日の目を見ることになりました。
時間切れっぽくて、形はねじれてて不満足です。いつもこればっかりだ…。でも、還元で焼いたらこんな色になるのか、ということはわかりました。やっぱり、酸化のときより青味のある色になりますね。


‘暗くして、灯りをつけてみました’
陶芸130817-2
He probado encender la luz en la sombra. En vez de vela, tengo un alumbrado muy pequeño que tiene figura de vela, con una pila plana. Me sorprendió un poco la luz oscilando como fuego.

ほんもののろうそくを入れたら危ないんじゃない?中がすすで真っ黒になるし…という意見をいただきました。
わたしもそれが気になっていたので、以前100円ショップで購入した、電池式のろうそく風灯りを持っていました。一緒にいた生徒さんが、「それ、けっこう雰囲気出ますよ。ちゃんと、ろうそく風の、ちらちらするゆらぎがあるんです。」と言ってくださったので、ためしてみたら、本当にそうでした。シェードに入れて使うなら、これで十分な気がします。


‘半磁土の平皿、呉須絵の具で絵付け’
陶芸130817-3
Hice un plato. Voy a poner pan o algunas frutas en él.

これは、底の真ん中が薄くなってしまって心配しましたが、出来上がってみると、そこまで気にならなくなりました。装飾として縁に入れた切り込みが、結局同じく入れた呉須絵の具の模様によって、あまり目立たなくなってしまいましたが。ちょっと、南欧っぽい雰囲気になりました。朝ご飯のパンとか、フルーツ用に使うと、いい感じになるかもしれません。

今日の作陶メモ:
仁清土で、大きめの鉢をひとつ。瑠璃ナマコ釉で、部分的に絵付けしたい。萩土で、フリーカップひとつ。これはわら白釉で、還元焼成希望。(いつになるかわからないけど、気長に待ちます。)
巫女天使1体。この夏、オーストラリアのパースに1人、お嫁にいっちゃって、お嫁に出せる子が、ほぼいなくなったため、作っておきたくて作陶したけど、久々に作ると、すごく時間がかかりました。こういう場合、型ヌキで作ったほうが早いな。

※カメラこわれてしまって、他人の携帯カメラで撮っています。

| 陶芸 ceramicas | 02:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猛暑でガスパチョ

‘焼き麩入りガスパチョ、ゆで卵のせ’
ガスパチョ2013
Gazpacho... Ahora hace mucho calor sofocante en Hiroshima. ¡Qué bien gazpacho en esta temporada! Esta vez no tuve migas, y utilicé Fu(gluten solidificado de trigo) asado. Eso no molestó al sabor.

先のブログ記事に続いて、おなじくトマトの話題ですが、この夏、数回ガスパチョを作りました。暑いと、本当に滋味が身にしみ、すっきりします。それに、作っててわかったけど、けっこう、食塩の量が抑えられますね。酸味があるからだと思う。
我が家には、ちぎっていいパンは、ない場合が多いので、この写真のときもですが、焼き麩で代用しました。クセがないので、けっこう大丈夫です。

| クッキング mi cocina | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桃入りトマトジュース

‘桃入りトマトジュース’
桃入りトマトジュース
Zumo(jugo) de tomate mezclado con melocoton.

新鮮な完熟トマトが手に入りやすい季節になりました。トマトのジュースといえば、塩味が一般的ですが、わたしは、フッシュトマトを使った甘い味のもののほうが、断然好きです。
今回は、トマトと黄桃(缶詰)と砂糖で作ってみました。
皮を剥いたトマト大1個、黄桃2切れくらい、缶詰の汁少々、砂糖少々、それと氷を合わせ、ブレンダーかミキサーで混ぜます。
味は、桃の香りが少しして、さっぱりした味、悪くないです。ただ、以前作ったトマト+レモン+はちみつのジュースも相当美味しかったので、桃に思い入れがなければ、レモンでも十分な気がしました。生桃を使ったら、また少し味が変わるかもしれないので、手に入れる機会があれば、またやってみたいと思います。次回はレモンも入れてみるかな。


‘トマトとレモン、はちみつのジュース’
トマトはちみつレモン
Zumo(jugo) de tomate y limon y limon.

以前、すっきりとさわやかでおいしかった。

完熟トマト150g
はちみつ 大さじ1+小さじ1
レモン汁 小さじ1
くらいの分量だったと思う。

| デザート保存食作り dulces etc. | 00:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年09月