2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

≫ EDIT

佳き日、大分市で

‘大分市街、別府方面を臨む’ ガラス越しなので、光が反射してますけども。
大分市街西を望む

‘大分市街、工業地帯方面側’
大分市街東を望む
Al otro dia, mi marido y yo, con las familiares juntos fuimos a la ciudad de Oita para asistir a la boda de la sobrina de mi marido.
Para mí, hacía mucho tiempo de visitar ahi. La provincia de Oita tiene muchas termales muy buenas, aunque esta vez no pudimos tener ninguna oportunidad lamentablemente. Pero pensé que era ciudad bonita, y lo pasamos muy bien.

あっという間に時間が経ってしまい、過去の思い出し記録になりますが、先日、親戚の結婚式があり、家族&親戚グループで大分に行きました。大分市中心街を訪れたことは、これまでないですね。別府とか、由布院に行く途中で乗り換えするとか、そういうことしかありませんでした。
この日、台風が近づいていて、天気がだんだん悪くなる予報でしたが、晴れの日にふさわしく、なんとか持ってくれました。(あとで、地元の雨が酷かったことを知りました。)


‘大分カトリック教会’
大分カトリック教会1
La iglesia católica de Oita
En el siglo XV, el padre Fransisco Xavier visitó Oita. Él vino a Japón desde España para predicación. El gobernador de Oita Otomo Sorin ayudaba su actividad . Luego Xavier se fue a China y murió ahí, pero resultó propagar la palabra divina a los japoneses.

現在の教会の礎が、直接フランシスコ・ザビエルの布教であったという、大分カトリック教会で、結婚式が執り行われました。ザビエルは大分では大友宗麟の庇護を受けて活動していたので、そういう歴史的な痕跡が他にもあるんでしょうね。そういう場所を見に行ったりする暇はなかったけど、銘菓ざびえるをはじめ、土産物屋のお菓子の名前が南蛮趣味のものがいくつかあり、興味深かったです。(多くが白あんベースだったのも特徴的だったな)


‘聖堂の内部’ なかなかよい印象でした。レッドカーペットでさらに美しい。
大分カトリック教会2

‘ほんに、美しい花嫁さまでした’
結婚式160917-1
La novia era muy muy bonita!

さて、結婚式。
カトリック式では、新郎新婦が誓いの言葉を述べ、指輪の交換がありますが、テレビでよくある誓いのキスなんかはなくて、誓約書にサインするだけです。ふたりを祝福する聖歌はありますけど、そのためのコーラスの人は、教会で準備してくれています。


‘ライスシャワーじゃなくて、バラの花びらでした’
祝いの花びら
Los pétalos de rosa para feliciatar los 2
¿Echan los pétalos delante de la puerta en España también?

来賓の人たちが退場する際、係の人からバラの花びらを貰い受け、新郎新婦が教会から出てくる際に、花びらをばらまきます。こういうのは、教会によっても違うかもね。

この後、披露宴が近くのホテルで行われ、楽しい宴会になりました。もう、ずっと長いこと、しっかり演出のあるような披露宴に出席したことがなかったので、とても新鮮に思いました。また、自分が結婚した折のことも「どうだったっけ…」と思い出して懐かしくもなり、花嫁をはじめ、ふだんは会えない人たちと久しぶりに言葉をかわして満足しました。
子だくさんが普通だった昔と違って、今は親族も人数は減るばかりだし、結婚しない人も増えているし、子どももいなかったりで、わたしの場合は、たぶん今後、このような機会はもうないだろうと予測しています。そうしてみると、今あるご縁を、極力絶やさないようにしたいなーと思っています。

それにしても、ここ数年、極力遠出しないようにしてきたので、久々に、遠出できてうれしかったです。(でも、ちょっと火がつきそうで怖い。ひとくち食べたら、火がついてすごく食べたくなるみたいに、どこか行きたい病が爆発しそうで。)










| 非日常(遠出)excursiones | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お嫁に出しました。

‘うさぎの花嫁&花婿’
お祝い20160917
La semana pasada, yo le emvié una pareja de conejos a mi sobrina política. Ella me contestó, que fue muy kawaii. Estoy muy contenta. Deseo que tenga muchas felicidades, esta pareja verán su vida.

先週のはじめ、できあがったうさぎの花嫁&花婿を送付して、お嫁に出しました。受取主は、うちの旦那さんの姪ちゃんです。可愛いと言っていただき、作った甲斐がありました。彼女のおうちの片隅で、これからいろいろなことを見守ってくれたら喜びです。
実際は、彼女は打ち掛けなんて着なかったのですけど、(わたしの時も着ませんでしたけど)、お人形は、なぜだかドレスより、着物を着せたくなるんですよね…。

| その他自分の作品 mis obras | 18:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルガリアン・ボイス

‘Jun Miyake - White Rose (Live in Paris, 2014) ’

Me dió una impresión nueva el himno nacional de Japón en la ceremonia de clausura de los juegos paralímpicos de Rio. Es que fue la primera vez de escuchar ese arreglo musical. Tuve interés algo musical, investigué un poco. Supi que Jun Miyake arregló la melodía y las voces por el coro de bulgarianas. Creo que las voces de bulgarianas parecen las de japonesas que cantan música folclórica.

リオ・オリンピック、パラリンピック閉会式のトーキョープレゼンテーションで流れた「君が代」が印象的だったので、調べてみたら、なんと三宅純さんのアレンジでした。
少し姫神っぽいなーと思ったら、姫神ボイスもブルガリアン・ボイスにヒントを得た、とWikiにあったので、なるほどと思いました。ブルガリアって行ったことないけど、どこか日本の文化と共感するところがあるんでしょうかね。
三宅さんといえば、ピナ・バウシュ「踊るいのち」の映画を見て、Stolen of strangerとか、innocent Bossaを聴いたけど、不気味で寂しさもありながら、不吉に思うくらい、圧倒的に美しかったです。
シェアした動画はブルガリアンボイスなので、きっと君が代と同じ歌声の方たちじゃないかな。

| 音楽 musica | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リオ・パラリンピック閉会式(espectáculo目線)

リオ・パラリンピックの閉会式。(ほぼ、音楽とか演出の話です)
テレビで見ましたが、オリンピックに負けない、よい式だったように思いました。
お天気は、待ってた?とでもいうように、またもや雨。でもやっぱり、魅力的な音楽で、選手たちもボランティアの人たちも、みんな踊ってました。パフォーマンスは若い人たち。でも、古い名曲もどんどん歌っていました。

Juazeiro...ジルベルト・ジルの曲だったのかなぁ…すごいグルーヴ感。わたしが聴いたのは別の人のだったけど、どこで聴いたのか思い出したい。
Não Vá Embora…オリンピック閉会式につづき、これもMarisa Monteの歌だった。


さて、東京大会のプレゼンテーションですが、(NHKのノーカット版がありました)
イメージは先日のオリンピック時の雰囲気を踏襲するものでした。小池さんは、今回は鶴の描かれたマント状の上着を羽織った洋服でした。もう雨天時の着物は懲りたのかしら…(たぶん、そういうことじゃないだろう。)
障害を持つ人たちのダンスパフォーマンスがあり、それがカッコよかったのですが、音楽がなんと、「東京は夜の七時」!(リオは朝の七時、という副題もついてた(笑)
これには感動しました。誰が歌っているのかはわからなかったけど、大会を意識した新しい歌詞に変更されていて、わくわくさせる音楽構成に、「東京は夜の七時」「早くあなたに会いたい」という繰り返される歌詞が、すごく期待させるんですよね。ピチカート・ファイヴ、こういうの合うな。
ついでに、これがリアルに流れてた頃、「よくカラオケで歌ってたなー」という思い出までが甦り、すっかり満足しました。

最後は、Ibete Sangaloが、パラリンピックのテーマをCallum Scottと歌い、自身のSorte Grandeを歌って締めました。

なんやかんやとあったけど、終わってみれば、リオ大会はどちらもちゃんと終わりましたね。さあ、TOKYOでは、どういうおもてなしをするのでしょうね。

あとで調べたら、「東京は夜の七時YouTube」を歌ってたのは、長岡亮介さんといって、2015年紅白歌合戦の、椎名林檎さんの「長く短い祭」のとなりで歌ってた人だそう。やっぱり、ここのステージも、というか、オリンピックよりさらに林檎色全開だったみたいです。

‘右となりの人’ それにしてもこのPV、ちょっと猟奇的だな。

| 日記・つぶやき diario | 16:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘うさぎの花嫁花婿’ 
角隠しが大きくなったけど、懐剣が入って、着物柄は前回より改善した。
陶芸160904-1

陶芸160904-2
Antes hice una pareja de conejo de la boda, pero no estaba contenta con el esmalte lustroso. Entonces, no eché esmalte a la otra pareja esta vez. Estoy contenta esta textura. Voy a regalarla a la novia en la boda para felicitarla.


前回、完成したうさぎの花嫁花婿を受け取ったものの、つやのある仕上げが気に入らなくて、万が一割れたときのためにと、もう一組作陶していたものを、仕上げを変更して作ることにしました。
今回、それが出来上がってきました。おおむね満足しています。細かいことを言えば、もうちょっとなめらかにヤスリをかければよかったとか、そういうのはあるけど、つやなしのほうが、やっぱりいいです。
顔料系の黒を使わず、呉須絵の具の黒を使ったのも正解でした。焼成したら、ちゃんと黒になりました。
これで、人形を作る時の、だいたいの留意点が分かりました。
・焼き締める場合は、今回のように、呉須絵の具(陶芸用のふつうの)を主に使う。
・釉薬を使う時場合は、顔料系でもよい。そして、釉薬の上から塗るときはなるべく
 一度で塗り、釉薬の下になるときは、釉薬を掛ける時、手につかないように気をつける。
 (特に、緑と黒は、指で直接触れると、落ちると思った方がいい。)

本日の作陶メモ
はっさく土で取り皿を3枚。同じサイズで作ろうと、ちゃんと重さを量って作ったけど、結局3枚とも大きさと形が違ってしまいました。ほんと、何年やっても、同じサイズの同じ形のものは、難しくてなかなかできないな。上手くなりません。
釉薬で模様をつける予定。わら白に空か、鉄釉か。

| 陶芸 ceramicas | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

玉ねぎとカレー

‘チキンカレー’
チキンカレー201608
Hice curry de pollo. Los japoneses lo comen mucho. Aunque es de India, pero con ingredientes producidos en Japón, pasando mucho tiempo, queda un plato muy de Japón. Este verano, la cosecha de cebolla ha sido mala, y saldrá mal por la infruencia de los tifones en este otoño también. El precio se mantendrá alto, eso me molesta un poco.

この夏、佐賀の玉ねぎがべと病になったとかで、価格が全然下がりませんでした。玉ねぎは使わないわけにはいかないので、辛いけど、秋になったら、他の産地のもあるし、少しは楽になるかな、と考えていたんですが…
先日の台風が、これでもかっていうくらい、北海道を直撃したので、これはもう、来春まで下がらないかもしれませんね…まあ、ライオンロックという名の迷走台風をはじめ、これらの台風が人や家に及ぼした被害の大きさを考えれば、消費者サイドからの玉ねぎの心配なんて、小さいことかもしれませんけどね。

玉ねぎといえば、カレーはよく作ります。
夏の夕方、傾いた太陽の黄色い光を浴びながらの帰り道、どこからともなく漂ってくるカレーの香りの、なんと魅惑的なことよ。たとえ、2日前にもう食べていたとしても、「いいな〜カレー。またカレーにしようかな。」とか、「匂いのするここの家のが食べてみたい。」とか、思ってしまいますからね。たぶん、幼少時代に刷り込まれた、カレーとの幸せな記憶がまた、絶妙なスパイスになるのでしょう。

上の画像は、うちの、普通のカレーです。牛肉で作ることが多いですが、たまには鶏肉でも作ります。
レシピは、平野レミさんのチキンカレーのように、玉ねぎ、セロリ、マッシュルームとスパイスで作り始めますが、分量は適当で、水をもっと足して、市販のルーも入れます。以前は、ルーの銘柄を決めていましたが、最近はあまり決めなくなりました。たいてい、「とろける」か「こくまろ」になることが多いですが、ゴールデンでもジャワでも、あまり気にしなくなりました。


‘タイカレー’ もどきと言うべきか。 エビ入りの甘い春雨サラダと。
タイカレー201608
Curry a la tailandia

タイカレーは、久しぶりに作りました。以前はペーストを買っていましたが、ナンプラーとココナッツミルクと唐辛子があれば、なんとなくそれらしくなるので、「タイカレーもどき」かなぁと思いながら、これでなんとかやってます。
 今回は玉ねぎは少しだけにして、なすと冬瓜をたくさん。ライムがあるといいのだけど、今回、たまたま買い忘れて、しかたがないので、以前友だちからいただいた、レモンの葉のハーブティーを煮出し袋に入れて、一緒に煮ました。レモングラスが入っていたので、それなりにアジア風味になりました。
カレーが辛いので、サラダはナンプラーに砂糖を加えたものにしてみました。

さて、玉ねぎ…なんとか心配せずに済めばいいんですが。
カレーは、わたしにとっては、究極の経済メニューでもあり、食べ続けることを「カレー行」(修行名)と名付けているくらいなので、お財布に優しいと嬉しいです。





| クッキング mi cocina | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月