2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月

≫ EDIT

東山魁夷展

‘東山魁夷展’ きっと、この馬は、妖精とか祈りとか希望なんだろうな。
東山魁夷展2016
Fui a la exposición de Higashiyama Kaii. Él era representativo entre el círculo de pintores de estilo japonés en el siglo 20. Nació en 1908 y murió en 1999. Los cuadros de estilo japonés se pintan por pigmentos minerales o polvo de chonchas o etc, mezclando con Nikawa (es una especie de gelatina). Me gustan los cuadros de Kaii, sobre todo ellos de bosque azul con cascada blanca, todos sus azules son muy profundos y bonitos.
Esta vez, pude ver los cuadros en fusumas que están en el templo de Tosho-daiji (en Nara) muy preciosos. Por lo que he leido, ahora está en reparación la casa que tiene estas fusumas. Así que el templo puede prestarlos al museo.
Estoy muy contenta, es que esas oportunidades no hay mucho.

やばい、もうすぐ終わる!と思って、東山魁夷展に、やっと行ってきました。9月17日から、広島県立美術館で始まっていたのですが、9月中は忙しくて行けず、10月に入ってからは、なんとなく失念していました。
東山魁夷といえば、日本の自然をベースに、ふわっとした空気感のある日本画で、特に白馬が緑の中を歩いているとか、青い森に白い滝とかが代表的でしょうか。
今回の美術展は、唐招提寺御影堂のふすま絵が来ているのが見逃せないところでした。
まだ、ご存命のとき、御影堂のふすまの前に座ってテレビのインタビューに答えている画家の姿を、幼心にも印象的だったみたいで、ぼんやりと覚えています。(年齢がバレるわね。)

その唐招提寺を4年前に訪れて、御影堂の中のふすま絵を見たいと思いましたが、何せ、ふだんは一般公開していなくて、ご開帳の日でないとダメなんだと、残念に思った記憶はまだ新しいです。たしか、御影堂の庭に、鑑真が中国から持ってきたという瓊花(けいか)という白い花があったっけ。
今回、このふすま絵が唐招提寺でないところで拝めるのは、この御影堂が今修理中だからなんですね。

御影堂の家ごと再現してあるわけではないので、桂林月宵、揚州薫風の2作品は、部屋の中の直角に隣り合うはずのふすまが離れていました。そこは、頭の中で再構築しなければならなかったですが、限られたスペースで、ちゃんと建具と畳もつけて、ふすま絵(裏表)をすべて見られるように展示されていたので、雰囲気はわかりました。奈良でみられなかったふすま絵を、まさか、広島でみられるとは思っていなかったので、感激しました。
魁夷さんが時を遡って鑑真さんの気持ちを思ったことがよくわかりました。わたしたちもまた、時を遡って、魁夷さんの気持ちを垣間見る機会を得ました。そういう意味でもおもしろいですね。

その他にも、ドイツや北欧に行って見たものをテーマに描いた絵(そういう、西洋的なモチーフは意外でした)や、いかにも魁夷らしい、青い針葉樹の森や白い馬の絵もありました。
西洋画を勉強していたからか、日本画といっても、油絵のような表現だなと思いました。でも、日本画展を見に行くと、どれもたいていそういう感じですよね。もう、材料だけの問題なのかと思うこともしばしば。日本画とは?とよく思うのですが、東山魁夷の考える日本画とは、は、ちゃんと書いてありました。ちゃんと覚えてないけど、自然と装飾性の落としどころというか、せめぎ合いのところの表現というか…(こんな言葉じゃなかったな。ざっくりイメージですみません。)

つくづく不思議だったのは、塗り重ねた顔料の、微妙なトーンや色の深みが、ぼやっと空気を作り出してしていて、近くで見ると、その色の違いはほんの少しでしかないようなのに、遠くから見ても、その微細な暗いトーンで、後ろの山の木々や手前の木々の差が立体的に分かること。
近くで見ると、意外と省略されて、幾何学的なかたちなのに、遠くから見ると、ふわっと輪郭がぼやけてトーンになり、写実的に見えてしまうこと。
顔料で描かれているからなのかなー。もちろん、技術がすごいのは言わずもがななんですけど。
やっぱり、杉などの青い樹々の絵が好きかな。静謐な青が、ほんとうに美しかったです。



| アート鑑賞 arte | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘花入れ’ 古陶+はっさく+野呂土のブレンド、白マット釉
陶芸161010-1
Hice un florero. Aunque estoy contenta con esta textura, no satisfecha con la proporción de talla y volumen.
Pero salió bien si lo utilizo como una pesa para que el viento no lleve algo.

なかなか書けなくて先日の話になってしまいましたが、陶芸で花入れがひとつ、でき上がってきました。手びねりで、表面を布で覆ったかのように、凹凸のテクスチャをつけたものです。こういうのを、過去にも1つ作っていて、手に滑りにくく、重さもあって気に入ったので、それを意識してみましたが、今回は背が低いので、けっこう使いづらいかもしれません。背の低い花束をぎゅうぎゅうに入れるか、針金みたいな補助を中に入れて、少ない本数をすっと立たせるか、どっちかになりそう。…どうしてこのサイズで作ったのか、自分でもよくわかりません(多分、粘土を使い切りたかったんだと思う)。目的がもうブレているので、花瓶としてはダメかもしれませんが、文鎮とか重しとしてなら、使いやすいような気がします。

‘上からみたところ’
小さい口に指をひっかけて持つと、持ちやすかったので、やっぱり重しかな。(^^;)
陶芸161010-2


本日の作陶メモ:
取り皿を一枚。前回作陶した取り皿は、わら白釉をかけ、空釉で絵付けをしました。さて、どうなるかな。
あと、巫女天使を1体。久しぶりに作ったせいか、意外に時間がかかり、細かい作業に途中で投げ出したくもなりました。このキャラは、離れた場所にいる人へつながる気持ちとして作ることにしているので、今作っても、誰にあげるか、見当はぼんやりしています。でも、お別れは突然来ることが多いので、離れることを予想して作る、って感じですね。

| 陶芸 ceramicas | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遠いのに、いろいろ似てる

‘Malka Moma’ 幼い娘 という意味だそうです。
ネリ・アンドレエヴァ&フィリップ・クテフ・ブルガリア国立合唱団

Performed by the "Philip Koutev" choir
Por lo que he leido, Malka Moma significará "niña pequeña". Creo que la voz de Neli Andreeva parece la de Hajime Chitose, una cantante japonesa. Me gustó esta melodía melancólica.

初めて聴いたとき、ブルガリアの元ちとせ?と思いました。
だんだん日も短くなってきた季節に、郷愁と叙情たっぷりの音が、なんとも心に沁みます。先日、ブルガリアン・ボイスのことを書いて、ちょっとYouTubeを試しに開いてみたときに出会いました。ソリストのNeli Andreevaの声にやられます。(歌詞の意味はこちらにありました。詞もちょっと神秘的)
メロディーは、どことなく日本の「達者でナ」っぽくも思え、つまり、日本の民謡とよく似てる気がしますが、なんともエキゾチックです。

この曲が気に入ったので、2015年度版のフィリップ・クテフ・ブルガリア国立合唱団コンサートのCDを入手したのですが、全体的に、これがブルガリアなのか…なんか、マイムマイム(イスラエル)っぽい歌だなぁ、とか、アラブっぽいなぁ、という楽曲もけっこうありで、東欧といっても、アジアっぽいのかな?遠い未知の国とはいえ、いろいろつながってる気がして、おもしろいなと思いました。

ただ、残念だったのは、そのCDが、公開録音だったせいなのかどうなのか、ところどころ雑音が気になり、日本のCDだったら、たとえライブ版でも絶対ないであろう雑音が、特にこの曲と、最後を飾る大きな曲に目立ってあったことですね。腹立たしいというより、これをCDで出しちゃうあたりの、おおらかさというか、おおざっぱさというか、これもお国柄なのかなと思いました。
ほかにもいい曲はあったし、いろいろ興味深かったので、CDを買ったことは後悔してないんですが、この歌については「YouTubeで聞いたほうがよかったじゃん」っていうことになりますね。
そういえば、同じタイトルで2016年発売になってたアルバム(ダウンロード買いのみ)のほうはどうなのかな…と思い、Malka Momaだけ、iTuneで買って比べてみました。同じ環境(ステレオとか)では聴いてないので、細かいことはわかりませんが、こっちのほうが気にならないような気がします。もちろん、スタジオ録音じゃなさそうなので、多少の空気感というか、雑音は入ってるような気はしますが、CDよりマシなような。
CDは70分以上あるので、もうすこし聴いてみて、特に思い入れができた曲だけ、またダウンロードで買い直して短くまとめるという手も考えています。

| 音楽 musica | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年11月