2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

≫ EDIT

すっかり初夏、レモンシロップ作り

‘爽やかなの、この時期だけ’
クローバーと私2017
Esta temporada es fresca y muy agradable por un instante. Las flores de alcanforeros huelen bien por la noche, me dan buen humor.Voy a disfrutarla hasta la comienza de la temporada de lluvias.

今年は、なかなか暑くならないなと思いましたが、さすがに初夏らしくなってきました。クスノキの花の匂いが、涼しくなった夜にふわっと香るとき、この時期ならではの甘く清々しい空気に、喜びを感じます。梅雨までのつかの間、この季節を楽しみたいです。


‘レモンシロップとジンジャーシロップ’
レモンシロップ2017
Almíbar de limón y lo de jengibre. Los he preparado para hacer refrescos. Lo echo un poco en un vaso, luego echo agua con gas.

暑くなってきたので、ジンジャーシロップとレモンシロップを作りました。

レモンシロップ…昨年も作っていて、その時書いたように、お店で飲んだ自家製レモンスカッシュの味が忘れられず、どうにかあの味を再現できないかとやってみたのが始まりです。
昨年のは、最初に上白糖と水で甘いシロップを作り、熱々のその中にレモンの輪切りを放り込むやりかたでした。まあまあの味だったけど、
その時得た結論:
酸味より甘味が勝ったので、炭酸で割る時、甘味を抑えようとすると、酸味も少なくなる。そして、苦みは強い。次回は苦みを抑えて酸味を追加する。

というものでした。
その後、もう一度お店でレモンスカッシュを飲んで確認したのが、
1. レモンは皮を剝いている。
2. シロップ液はかなり茶色い。
ということでした。


‘お店で飲んだもの’
レモンスカッシュ2016
La limonada con gas que bebí en la cafetería era casera. Crei que cómo la había hecho? Fue muuy rica!
Tengo objetivo de reproducir este sabor.

そこで、今回は、レモンの外皮は剝いて、半量はスライスに、半量はレモン汁をしぼってビンに入れることにしました。レモンスライスと砂糖だけで作るのでは、汁気がレモンを覆うほど上がってくるかどうか怪しいと思ったので、そうしました。以前、塩レモンを作ったときに、汁がレモンにフタをしてくれるほどには、上がってこなかった記憶があります。
砂糖は、きび糖と上白糖を半々。きび糖だけでもいいと思うけど、量がなかったので。使うレモンの実質の重さ(しぼりかすや外皮を除いた量)と同量くらいの砂糖の量にしました。これで、砂糖が溶けるのを待ちます。

けっこう、色味的には、目指すものと近くなってきましたよ。
ただ、前回とちがって、熱々のシロップで殺菌することはなかったため、日持ちするかどうかですね。砂糖が効いてくれるといいんですけど、経過を見ながら、あまり遅くならないうちに消費したいと思います。

ジンジャーシロップのことは、自作カレンダーにも書きましたが、これもレモンたっぷりめで作ったらおいしかったです。

| デザート保存食作り dulces etc. | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KIRINJI 「ネオ」を聴いて

‘1曲目がヒップホップ調だったのでびっくり’

Ahora estoy escuchando el album “NEO“ de KIRINJI. KIRINJI es un grupo de la música POP jeponés.


おそまきながら、昨年発売されたアルバム「ネオ」を聴いてみました。

〔キリンジ − KIRINJI〕を振り返ってみます。
「キリンジ」といえば、兄と弟それぞれが作る楽曲と、そのバランスが最大の魅力だったと思うので、2013年に弟が脱退してからは、事実上解散に等しいというか、もうあの感じはなくなるんだと、とても残念に思いました。
そして、兄が新たに5人を迎え、6人体制になって新しく「KIRINJI」としてスタートしたというニュースに少し驚き、そのメンバーの豪華さに、さらに驚いたのでした。(だって、もう個々で活躍され、知られている方々だったから。堀込高樹さんのほかには、楠均さん・千ヶ崎学さん・コトリンゴさん・田村玄一さん・弓木英梨乃さん)
それで、その体制になってはじめてのアルバム「11」も、少し試聴してみてはいたのでした。ただ、その折は、思ったほどピンと来なかったというか…きっと、以前のキリンジでもないし、かといってそれほど塗り替えられてる感もなかったのかな。(ごめんなさい。こっちの気分のせいもあると思います。)

で、しばらく忘れていたのですが、この春のLINEモバイルのCMの音楽に、以前のキリンジの「エイリアンズ」が使われていたことから懐かしくなって、我が家ではしばらく、その頃のキリンジのアルバムがヘビーローテーションになったのです。
「…そういえば、今どうしてるんだっけ?」と思ったところに、音楽好きのブロガーの方がおすすめしていた記事を見まして、それがアルバム「ネオ」でした。

長々とした前置きでしたが、さて、感想です。(初回限定DVDには興味なかったので、ない方を選択しました)
まさか、1曲目で、RHYMESTERがラップやるとは思わなかったので、ちょっとブッ飛びました。わたしは普段、あまりヒップホップを聴かないですが、メロディーがうまく組み込んであるものなら聴きます。これは、けっこうカッコイイと思います。
始めから、これまでのイメージをぶっ壊している感もあって、全体的には6人の色が生きていて、なんともバランスのよい1枚でした。10曲で45分程度ですが、アルバムの尺って、このくらいでちょうどいいと思います。
あと、ふしぎなことに、このアルバムには、70〜80年代のエッセンスも感じるというか…オフコース、チューリップ、陽水などの、フォークっぽい感じが、少しだけ香ります。でも、音は今の音。堀込高樹さんの繊細&爽やか&複雑さ、そしてセンスは確か。おススメです。


‘アルバムダイジェスト、数十秒ずつ全体を知りたいならこちら’

Las canciones en compendio

| 音楽 musica | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GW-BBQのための食べ物

‘いちごのタルト’
いちごのタルト2017-2
いちごのタルト2017-1
Tarta de fresas... Mi amiga me invitó a la fiesta de barbacoa. Cada año todos los amigos suelen llevar comida algo, esta vez me tocó llevar una ensalada y un pastel. Como probé hacer una tarta por mi cuenta al mes pasado, me encargué de este papel. Aunque tuve unas reflexiones para hacerla, las fresas siempre lo hacen ser atractivo a cualquier pastel.


毎年、川土手沿いに住む友だちが、この時期バーベキューに誘ってくれて、いろいろ準備をしてくれます。特にゴールデンウィークに大きなイベントも組んでいない身としては、この季節らしいことに誘ってもらえて、ありがたいです。
訪問するほうも、何かを持ち寄ることになっていて、流れ的に、わたしの役目は「野菜担当」になっています。バーベキューということは、肉はもう焼くものがある前提になっているので、そうなるのかな。で、わたしも、肉の火入れのことを考えるより、季節の野菜料理を考える方が気分が軽くて楽しいです。

今年は、昨年のサラダとあまり代わり映えのしないものになりましたが、今回は和風じゃなくて、レタス類と玉ねぎと日向夏のほかに、ルッコラ、クレソン、黒オリーブ、パプリカ、二十日大根をオリーブオイルで和えたところが、違うといえば、違うのかな…
昨年はサラダを2種作りましたが、今年は、お菓子(上の写真)を作ったので、サラダは1種だけにしました。

いちごのタルトは、まだルーティーン化するほど作り込んでいないし、このサイズも初めてだったので、少し不安でした。案の定、反省点もいくつかありますが、タルト台が壊れなかったので、よしとします。
今後の改善点としては、いちごソースじゃなくて、固めのジャムを多めに塗ったら、最後のナパージュはやっぱりゼラチンでやったほうがいいんだろうな、と思いました。かなり、生地にソースが染み込んでいたので。
そういうのが面倒なら、
1.アーモンドクリームはやめてカスタードを詰める。
2.アーモンドクリームでやるなら、いちごじゃなくてりんごなどにする。

しかし、いちごって果物は、ほかの少々のことはどうでもよくなるくらいに、魅力的な果物ですね。さくらんぼもそうですが、小さくて赤い果物は、もうそれだけで魅力的なんですよね。
これから暑くなるので作らなくなると思いますが、また秋以降、機会があれば、タルトをまたやってみたいと思います。

| デザート保存食作り dulces etc. | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘花入れ’ 内側に透明釉、外側に透明釉をごく薄く染み込ませたが…
陶芸170503
Un florero... pero he fracasado en elegir barro, aunque ese objeto era para un dibujo o diseño, salió como una mancha. Si usara barro rojo, sería un poco mejor, yo creo. Quiero raspar la parte negra.

今回は、何も上がってこなかったのですが、前回、重過ぎて持ち帰ることができなかった花器を持って帰りました。
うーん、失敗…。土の焼き色だけにしたかったのですが、電気釜だと焼き色にあまり変化は出ないので、少し色味に変化をつけたくて、濃い色の土をうすくかぶせたら汚れにしか見えないという…せめて、赤い色の土にすればよかったけど、ちょうど持っていなかったんですよね(それで、黒っぽい色の土にしたらこうなった)
そして、すごく重い。重みのある枝ものも活けられるように、花器のある程度の重さは意図的だったのですが、漬物石にでもしようかと思うくらいになりました。これはもう、部屋に置くのは扱いづらいので、使うとすれば玄関を解放したい時のドアストッパーとして使うか、正月など玄関のところに何か枝ものでも飾りたいときに使いますかね…しかしこの汚れ的な模様は、金ヤスリなどで削っちゃおうかな。

本日の作陶メモ:
電動ろくろもたまには使わないと腕が鈍るので(…というほどの技もないが、これ以上鈍るのも困るので)、久しぶりに、電動ろくろの作品ばかり4つを作りました。取り皿サイズのお皿を2枚、そばちょこタイプの湯のみを2つ。どれも九谷土ですが、やっぱり磁土は扱うのが難しくて、なかなか上手くなりません。特に、皿は高台を削るタイミングが難しい。乾きすぎてから削ると、固くてなかなか削れないのがイヤで、まだ少し柔らかさがあるうちに削るのですが、そうすると、今度はだんだん底部分がダレてきて、削りが不均衡になってくるのです。今回もそうなりました。いつもこのパターン。湯のみは、あまり薄くできなかった。これもいつものパターン。何とかならないものかな。年数だけがどんどん経って、上手くならないです。

| 陶芸 ceramicas | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月