2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

≫ EDIT

カッコイイのに、すごい無常感

‘Sometime/Someplace’ カッコいい。でもすごい無常観。

La musica por Cornelius(Keigo Oyamada), La imagen por Yugo Nakamura. La colaboración de los2 que me gustó.

Eテレの番組「デザインあ」でもおなじみの、コーネリアス&中村勇吾さんの、新しい音楽と映像をYouTubeで垣間見しました。
あいかわらずカッコいい!画像もセンスいい!しかし、どうしたの。歌詞の、半端ない諸行無常具合。小山田さんも、そういうことを思う年齢になったということですかね。
少し虚無を感じる無機質な歌い方と、ノイジーで暴れるギターの組み合わせ。特に、ギターが生き生きしてるのが際立って、とてもいいです。この「静と動」のコントラストについて、バランスうまいなぁと思うと同時に、こういう手法といえば、アート・リンゼイを思い出します。

映像の中の、矢継ぎ早に通過する四角形は、きっと銀河鉄道の列車の灯りが空に映っているんでしょうね。奇しくも、この動画をみつけたのが父の日だったせいか、3年前に銀河鉄道列車を降りた、つまり亡くなった父のことを思うと、なんだか、どうしても宇宙的なことを含めて考えてしまうんですよね。もう分解されて見えなくなった体は、宇宙の塵になったんだろうけど、死んでもずっと変化し続けているんだろうな。生きている時より、ずっと遅いテンポであるけれども。そして魂は、空気の流れと一緒にふわっといつでもやってくるような気がすることがあります。「千の風になって」ではないけども、風を起こしているのかもしれない。気流は、生命活動のエネルギーを象徴するもののひとつだと思いますが、新しい生命へバトンを渡したものたちが、手を貸していてもおかしくないように思えます。きっと、科学的に見たら、こういう考えはおかしいのでしょうが、詩的にはアリです。こういう考えのおかげで、例えば仕事が終わって家路を急ぐとき、自転車をこぎながら勝手に無言で語りかけてみたりして、そんなに遠くにいる気がしないのです。そういえば、これとは全然関係ないアーティストですが、「遠くは近い」っていうアルバムがあったっけ(by Yanokami)。今なら、少しだけわかる気がします。なんだか、わたしの言うことも諸行無常っぽくなってしまいました。

| 音楽 musica | 13:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況 歯医者通いなど

‘アジサイとユリ’ 画像は、以前親知らずを抜いた時期に撮ったもの。
あじさいとユリ12-17


ここのところ、陶芸のこと以外はすっかり近況のことを記すのをご無沙汰していました。
それは、昼間に少し引っかかるニュースや出来事があったとしても、
1 夜に弱くなったので、すぐに忘れて寝てしまう。
2 ネットニュースの、めまぐるしい速度の情報の多さに、いちいち反応してられない。
3 歯医者に通ったら、毎日のノルマを課せられた。
これらが主な原因でしょうか。
こんな感じで、きっと矢のように時間は去っていき、後で振り返っても「何やってたんだろうな、何考えてたんだろうな」と、これまた思い出せないことになるんでしょうね。こんなことでよいのか。

さて、上に挙げた1と2は、老化と環境のことで毎度のこととして、3の歯医者について少し書いておこうと思います。

左奥歯の一部が欠けたのが4月上旬。欠けただけなので、すぐに直してもらえると思ったんですが、一旦通い始めると、なかなか解放されないのが歯科ですね。
欠けた歯は虫歯になっていたため、その治療と、その奥の親知らずを抜くことになりました。あと、歯周ポケットの検査をやったんですが、それにも問題アリで、その治療もやることに。どうやら、親知らずが、歯茎に悪い影響を及ぼしていたようです。
5年前に、右の親知らずを抜いたときには、左の親知らずは全て歯茎の中に埋まっており、その存在はレントゲンでしか確認できなかったのですが、この数年で、少し白いものが見えるようになってきました。

それにしても…4月の初診で、これらの治療をやると言われたけど、いつも、次回の診療をかなり未来に設定されるので、いまだに通っています。どうして歯医者って、こんなに時間を引っ張るのかな。はじめは、人気があって予約が取りにくいのかと思っていましたが、考えてみると、内科などにくらべて治療費がけっこうかかるので、すべてを1ヶ月以内とかで駆け抜けると、患者は歯痛じゃなくて、お財布のショックで口が塞がらなくなるのかもしれませんね。それを避けながら、じわじわ診療するようにしているのかも。(想像です)
それでだかどうだか、親知らずを抜いたのは結局5月終わりになりました。痛かったけど、これで奥歯をケアしやすくなりました。

さて、毎日のノルマとは、歯周病対策のやり方で歯をみがくことです。ゴールデンウィーク明けにレクチャーを受け、それから毎日やっています。ふつうの歯磨きとは少し違っていて、歯磨き粉などをつける必要はないのですが、磨き方が少し難しく、すべて磨き終わるのに15〜30分かかります。そんなに長いので、「洗面所でやらずに、ながらミガキするといいですよ。」とアドバイスされました。
たしかにそれがいいけれど、手鏡を持ちながら磨くので、ながらっていっても、寝転がって、せいぜいテレビ見ながらくらいしかできないです。おかげさまで、このクールは、テレビドラマをよく見ました。
今月終わりに、1か所、歯周ポケットを塞ぐ治療をすることになっていますが、この歯磨きって、いつまでやるんだろな。早く全てを終了したいです。

| 日記・つぶやき diario | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日の陶芸

‘九谷土の豆皿’ ゆるさ、半端なし。
陶芸170610
Es bastante dificil de tratar el barro para porcelana. Dando forma a un plato, a veces quitando unas partes malas, ya ha resultado más pequeño.

今回は、九谷土の小さな豆皿だけが上がってきました。電動ろくろで普通サイズを作ろうとして、壁がダレてしまったので、ダレた部分を切ってしまった残り、すなわち底部分です。とても自慢できない課程からできあがったものですが、このサイズは使えるので、たぶん役に立ってくれるでしょう。

【作陶】
この日は絶不調でした。フリーカップの絵付けと、釉薬をかけるものもあったので、あまり時間のかかるものは今日は作れないな…と、迷いが出て、九谷土を手びねりで、鉢を作り始めました。これがマズかった。
この土は難しく、特に、手びねり向きではないのはわかっていたのですが、以前、これに似た土で手びねりの小さいソース入れを作ったら、手作り感にあふれるけど味がある作品ができたんですよね。それで、それを狙いにいったら、痛い目に遭いました。他の土より、均一には伸びにくい上に、それをどうにか伸ばすと、今度は伸びすぎてどんどん広がって収拾つかなくなります。やってもやっても、全然終わらないのです。この煩わしさを例えて言うなら、大きな風船を、トランクに無理矢理詰めなければならない状況に似てるでしょうか。
ほぼやっつける感じで、なんとか仕上げたものの、こんなんほんとに作りたかったの?っていうものができました。あとは、「あら?出来てみたら思ったよりいいじゃない?」という奇跡を待ちたいですが、たぶんそんなの起こりません。

【窯から出た、素焼き(一度焼いたもの)の作品】
平皿2枚を、絵付けしようかと思いましたが、前回のログにも書いたように、なんだかズレてカーブが狂っていたので、やめることにしました。しばらく、磁土やめようかな…少し砂の入った陶土で、芥子粒ほどの自信を取り戻したいです。
素焼きの洋梨の物容れに釉薬をかけましたが、ちょうど白マットの釉薬が少なくなっているときで、きれいにかけられませんでした。これは運が悪かったともいうし、大きい作品にマット釉をかけるリスクを知りました。焼き上がりが怖いな。

このように、どれもダメな日でしたが、フリーカップの絵付けは、もしかしたらうまくいっているかもしれません。色が流れませんように。

| 陶芸 ceramicas | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月