FC2ブログ

2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月

≫ EDIT

今日の陶芸

“九谷土のマグカップ”
陶芸200321-3

陶芸200321-2
Hice 2 tazas para café. Dibujé la planta “nazuna“(Capsella bursa-pastoris) y mariposa pequeña. Se ven en los campos de primavera en Japón. Me alegro de que los tamaños y las formas salen casi iguales. Sin embargo, no imaginaba que salieran tan pequeñas así. Este barro se encoge mucho en el horno.

今回の陶芸では、年末に作陶した鉢と、1月に作陶したマグカップ2つが上がって来ました。すべて、九谷土、呉須絵の具(古代呉須=藍色)、透明釉の組み合わせです。

マグカップは、上へ細長く、を意識して作ったのですが、磁土は思ったより縮んでしまい、思ったほどの大きさにならなかった結果、あまり背が高くならず、これまで作ったマグカップとたいして変わらないサイズになってしまいました。
でも、わりと同じ形、そして容量にできたし、ちゃんと削れていて、あまり重くならなかったので、よしとします。
焼成中に、どこかから黒い破片がひとつ飛んで来たみたいで、カップのひとつに汚れがありました。それは残念だったけれど、よく見ないと見えない持ち手の下側だったし、持った時に、そう邪魔にならなかったので、家で使いたいと思います。
最近のわたしとしては、よい出来の方です。
モチーフは、前にも一度やったことがあるナズナの絵柄に、小さい蝶を飛ばしました。ナズナは気取らない可愛さがあって、そういう柄のほうが使いやすいかなと思って。


“九谷土の中鉢”
陶芸200321-4

陶芸200321-5
Tazón para ensalada. Dibujé Yadorigui (muérdago). Este motivo me gusta también.

この鉢は、ちょっと厚さにムラがあるんですが、今までからすれば、よく薄く作れた方なので、壊さずに絵付けしてみました。
上のカップと同じ方法で、ヤドリギを描いています。このモチーフも好きで、これまでにも描いたことがあります。
陶芸を始めた頃は、あれこれいろんなモチーフを描きたかったものですが、最近は何種類かに絞れてきたかな。
ちょこっと和え物、煮物を盛ろうかと思います。

本日の作陶メモ:
出来上がってきたマグカップがとても縮んだのだけど、どのくらいの量の九谷土で作陶したか、全然記録していませんでした。それで、また新たに2つ作りました。作陶後のポーションを見ると、もっと小さくなりそうです。でも、今回は重さは量ってから作ったので、今後の参考にはなるかも。
長細いほうが500g、太いほうが440gで作り、どちらも上に伸ばして、上から1センチほど切り取って仕上げました。焼きあがってから判断するけど、背が高いのを作るなら、もっと量が必要かもね。

| 陶芸 ceramicas | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2020年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年04月