FC2ブログ

2020年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年05月

≫ EDIT

Shadow Theater (TigranHamasyan)を聴いて

“The Poet” これはわりと中東チックで濃い。中盤からの盛り上がりと終わり方が好き。

Me gustó la música de Tigra Hamasyan, pianista armeniano. Aunque toca el piano jazz, pero su música tiene diversos tipos mezclados, por ejemplo musica tradicional de europa oriental, del medio oriente, Rock, Opera, etc. Me impresionó mucho.

アルメニアのジャズピアニスト、Tigran Hamasyanについて、先月ピアノソロアルバム2枚の感想を書きました。
今回はピアノソロではなく、バンド編成、複数のヴォーカルも入っているアルバム「Shadow Theater」についてです。
ピアノソロについてもそうだったのですが、これもいろいろな要素が複雑に絡んでいてエキゾチックで、過去ログで言ったような「さみし優しい」部分があるのは、他のアルバムと共通するところです。
「これイメージが近いグループを挙げるとすると?」というと、私の知っている中ではパット・メセニーグループなんだけど、パット・メセニーがアメリカ的、大陸的だとしたら、このアルバムは同じく大陸的でも旧大陸、東欧、中東の要素がうまーくミックスされてると思います。ジャズなのにね。

音はピアノソロより重厚で、ギター、女性ボーカルやストリングスも入ってきます。ときにロックっぽくなったり、思い切りジャズになったり。かなり実験的なアプローチをしていると思いました。このメンバーで生ライブだったら、すごいだろうな。すごく感動すると思う。久々に、「来日するならライブに行きたい」という衝動が生まれました。今誰も行けないけど。そして、このアルバムは2013年発表だったので、このメンバーではもう来ないかもしれないけど。
でも、そういう「衝動にかられる」くらいの音楽との出会いは、わたしの場合、せいぜい10年に一度くらいで、なかなか巡り合わないです。
対して、前に書いたピアノソロアルバムの方は、音が個人の感情の奥の部分に働きかけてきて、ずっと記憶に残るタイプです。こっちでもいいから、いずれライブに来て欲しいな。絶対行きたい。

個別に好きだったのは
・Erishta これがパット・メセニーに一番近いかな。オペラとロックも混ぜた感じで挑戦的。
・Lamento 悲しみの中で見るきれいな雨上がりの水滴、または祈りみたいなイメージ。癒されます。
・The year is gone フレーズが不思議と脳内でずっと繰り返されます。

“Erishta” 生で聴いてみたい。絶対感動する。

| 音楽 musica | 14:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月の個人的な記録

“モッコウバラ” 日々、日差しは明るく、花は鮮やかになるのだが。
モッコウバラ200425

4月に入って、徐々に人の集まる場所を避ける頻度が高くなりましたが、1週目初頭は、休日の昼間に電車を利用することに不安もあまり大きくなく、車内の人たちも、マスクの有無は半々くらいでした。
でも、2週目には不安が増し、当分行けなくなるかもしれないからと、週末に実家&美容院に行ってきました。このとき、もう電車の人は少なくなっていて、全員マスク姿でした。
4月第3週、県での感染者が大幅に増え、4月16日に、全国に緊急事態宣言が出てからというもの、職場での対処も厳しくなり、マスク必須、23日からは検温必須となりました。まあ、これ遅いですよね。
おそらく、今後も当面わたしは出勤すると思われますが、あまり人と接しないので、なんとか気をつけようと思います。

この春、同一労働同一賃金が施行され、本当は、それについては物申したいこともあったので、なんならドラマ「ハケンの品格」が始まったら、それに絡めてなにか呟こうかと思ったりしていたんですが、ドラマは始まらないどころか世の中はもはや、「今クビにならずに働けているだけでもラッキー」フェーズに入ってしまったので、この法律の矛盾がマスコミに取り上げられることがあるとすれば、コロナに怯えなくて済むようになってずっと後のことだろうと予測しています。(カラクリに感動すら覚えたんですけどね。職場の人の賃金の詳細って、外から調べようがないんだからね。)

とりあえず、やっと、今週から行きつけスーパーの広告がなくなり、それはちょっとホッとしています。
近所の某スーパーの、売り出し日の混雑が酷すぎて、もうあそこには閉店間際の時間にしか行けないな、と思っていたところでした。こちらが距離を保とうと思っても、絶対にムリな局面が何度もあり、パックマンになった気分でした。先日も、リアルパックマンだと5回くらい死にましたね。
お客さんも無防備だけど、有人レジにモコモコ人が列を作っているの、お店は何も対処しないのかなぁと思いました。こういうとき、どんな風に考えているのか、店の差が出ますね。

ハンドソープの品薄 たぶんこれは買い占め
パスタの品薄 イタリアからの輸入ってどうなってるのかな
バターの品薄 前にもあったけど、また? 時間ができた人がお菓子焼いてんのかな
休日の夕方は品薄 昼間行くとこないから、みんな早く来ちゃうのかも

このようなことを考えながら、思いがけない現象に出会うたび、「わたし遅い。なぜ前に、まぁ次でいいか、などと思ってスルーしたのか。」ということが多いです。戦中では生き残れないタイプかもしれませんね。

| 日記・つぶやき diario | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2020年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年05月