FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日の陶芸

‘水饅頭’ 夏に作った萩土の角皿にのせて
陶芸_菓子121002
Jalea de arándanos a la japonesa... se llama mizu-manju. Esta jalea es de fécula y agar-agar. Parece blancmange por la sensación de lengua.

先月作陶した作品は、絵付けなど小細工をする予定にしたので、今日、完成品を受け取れないことは分かっていましたが、あれからまだ日が経っていないため、素焼きすらまだできていませんでした。出来上がりがさらに遅れる予定です。

そんなわけで、受け取ったものがないので、以前作った作品に、菓子など乗せた画像でもごらんください。ブルーベリージャムをはさんだ水饅頭です。これ美味しかった。水饅頭の素は、けっこう値段が高くて閉口するけど、自分で寒天や葛粉を調合するとなると、こんなに簡単にうまくいかないんでしょうね。

話がずれました。

今日は、電動ろくろをまわし、唐津土で2つ同じ型の小鉢を作りました。かなりいい感じでした。これまで、同じ形のを複数個、となると、どうしても同じ大きさと形にならないことが多かったですが、今日のはかなり同じ形でできたと思う。しかも難しい唐津土で。うれしいな。
これは、前回の失敗をふまえて慎重に、あまり無理に伸ばしすぎなかったこともあるし、もう、気のせいじゃないと思うのですが、相性のいい電動ろくろに当たったからもあると思います。
不思議なんですが、この電動ろくろは、ほかのろくろと、メーカーも大きさも、何ら変わらないし、作っているとき、特に「楽だな」という実感もないんです。なのに、そこで作る時は失敗が少ない。ろくろというより、作っている場所が、なにかわたしに心理的な効果をもたらしているんでしょうか。わからないし、これまで「気のせいかな」と何度かは思ったのですが、失敗が少なくなるのは事実のようです。

今日の作陶メモ:
唐津(白)の小鉢を電動で2個。次回絵付けの予定。
黒御影土で、手びねりの中皿をひとつ。まわりに線の彫り模様。端を残してわら白釉を、中だけにかける予定。次回メンディングテープがあったほうがいいかも。

| 陶芸 ceramicas | 18:10 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

角皿!すてきねぇ~

水饅頭の話も、もっと聞きたかったけど・・^^;

| IKO | 2012/10/05 07:51 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます

釉薬が薄くてガッカリした皿の、その後です。土ものって、新鮮な何か(果物でも魚でも葉っぱでも)を盛れば、なんとかいい感じに見えるようになるのが不思議です。

水饅頭…IKOさんなら、作ったことあるのでは?わたしは「露草」っていう、水饅頭の素で作りました。あのねっとり感とプルプル感を兼ね備えた食感は、寒天ともわらび餅とも違って、魅力的だったので。でも、露草は葛粉と寒天のブレンド品なので、これを使わなくても作れるのかも、とも思いました。
ジャムとあん入りも作ったのですが、ジャムだけで十分でした。あまり一度にいろんな味を入れすぎない方がいいみたいです。

| sue | 2012/10/05 12:45 | URL | ≫ EDIT

食べてみたいっ!

葛もちや、わらびもちなら作るけど・・
水饅頭・・というのは、つくったことがないです^^;
一度、食べてみないと。
いや、食べたことはあるのかも・・?

ほんとに!緑の葉が・・あうねぇ~♪

| IKO | 2012/10/07 22:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1133-3b6da332

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT