PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日の陶芸

‘小さいおひなさま’ 九谷土
陶芸170211
Hice una pareja pequeña. Japón tiene una acostumbre de adornar una pareja de muñecas (expresado emperador y emperatriz) en esta temporada. Es una tradición para que niñas crezcan bien sin problema. Aunque no tengo hijas nada, me da alegría adornar ellos.

今日は、小さいおひなさまが上がってきました。過去に2回作ったシリーズですが、もうすこしユーモラスでかわいい顔のものを作りたかったので、ひなまつりまでに間に合うように作ってみました。(これは珍しい…いつもどろなわで行事に間に合わせることができないので)
お人形は、鼻の位置が目の高さをだいたい決めてしまうので、重要だなと思ったんですが、さらに小さい人形の場合、鼻を作るのも指先が利かずに難しいです。今回もなめらかな鼻になりませんでしたが、もう、これが限界かも。顔の精度を上げたければ、もっと人形を大きく作るべきかもしれません。

本日の作陶メモ:
柿野赤土を手びねりで、花器をひとつ。弓形というか、湾曲した台形型もの。これを作るだけでタイムオーバーしてしまい、今日やるはずだった、マグカップの絵付けは次回に持ち越しになりました。
花器は、表面焼き締めで、中に透明釉をかけることにしました。小さめなら枝ものでも活けられるようにと、そして、表面がダレずして削りやすくするために、かなり重めにつくりました。花瓶は重くてもよくて、すべらない工夫があるのがいいなと思います。軽いと、重い花材に耐えられずに倒れる心配があるからです。ただ、重いと持ち運びはしんどいですけどね。

| 陶芸 ceramicas | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1393-86a4beec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT