PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

100分de名著「野生の思考」について

‘これは野生のパンジー(Pansée sauvage)じゃないけれど’
パンジー100221


昨年12月に、番組でやっていた、レヴィ=ストロースの『野生の思考』
解説していた中沢新一さんも、web上の番組紹介でも、なかなか簡単には読み解けない本だと言っていたので、はなっから、本書の読書に挑戦しようとは思わず。
なのに、なんだかとても頭にひっかかるものがあり、もしわかったら新しい視点を与えてくれそうで、無視できなくなりました。
というのも、これまでの、自分の持っていた概念を変えさせられるお話で、ふだん、自分の考え方の、どちらかといえばよくない「クセ」だと思っていたことが、なんだ、まちがいでもないや、という安心感のようなものを与えてくれた気がするんですよね。
あと、人間の現代的考え方と、それまでの考え方を客観的に見ることで、現代の行き詰まり感から、新しい考えへのヒントになるかもしれない話を含んでいそうなお話だったからです。

それで、テキストだけ全部読んでみることにしました。
1か月遅れで、徐々に読んでいったのですが、しかし、この解説本ですら、わたしのオツムでは、ちょっと歯が立たず、4回分の解説の、特に前半は、なにを言ってるのかぜんぜん分かりませんでした。布団の中で、眠りながら読んだのもまずかったけれど、とにかく前に進めず、やっと一度読み終えて、もう一度前半を読むことになりました。
そんなわけで、ずいぶん遅れてなのですが、
「わからないなりに、気になるとこだけでも、ぼやぁっとわかった気になったことだけでも、書いておこうか。」
と思いました。自分の解釈で変換してしまった言葉も入っているので、勘違いもあるかもしれません。
それに、まとまらないと思いますけど…(だれか、わかる人がいたら、教えてほしい。)


◆未開社会の人々の思考
民族学者、人類文学者レヴィ=ストロースは、未開の地域の人々の生活を調べるうちに、彼らが現代社会に生きる人に比べ、決して思考が劣っているものではない。新石器時代から、人間の思考のしかたは、そう変わっていない、と結論づけました。
人間は、グラデーションのように、連続して途切れない、膨大な自然の要素の中から、記号のようにいろいろと抜き出して、それからさまざまなものを作ることにより文化を作り上げてきました。それを、彼は「ブリコラージュ(日曜大工)」と名付けました。
その考え方は、未開社会だけでなく、現代のわたしたちが創作するもののベースに、深くかかわっています。最初から完全な設計図を前提とする現代的なやりかたと違って、ありあわせのものを本来とは別の目的や用途のために流用したものは、「それ用」に作られたものではないのだから、必ず少しブレていて、完璧はなく、目指せば終わりはありません。
こうした、理性と感性を切り離さない豊かな思考は、解説によれば、ITの世界にも生きているのだそうです。わたしが納得した例としては、現代アートなんて、まさしくそういうものですよね。絵画やインスタレーション製作中に、「どこで終わりにしよう?」と思ったことがある人は、うなずけると思います。とても身近なところでは、冷蔵庫の中のありあわせのもので、ご飯を作るなどもそうで、クリエイティブのきっかけをつくるのって、いつもこういうことではないですかね。

◆「歴史」の概念
わたしたちが、ごくあたりまえに思っている、「歴史」の概念って、19世紀くらいからのことで、それまで重要ではなかったみたいです。それくらいの時期から、「歴史」に過度な重みを与えて、進歩や発展を言い始めたんだそうです。今のGDPとか、経済成長率とかが重要視されているのも、全部、前との比較(=歴史重視)ですね。
「常に進歩しなくちゃならない」って、どこまで行くつもりなんだろう。そして、そう言ってるけど、もう、いまのままでは、これまでの常識では進んでいきそうにない気もする、なんか、頭の隅がモヤモヤする今日この頃に、「その常識、ここ200年くらいのことですよ」と言われて、「えっ、それ、あたりまえじゃなかったの?じゃあ、そういう概念じゃない世界って?」と、ビックリしました。

◆「構造」って、何?
レヴィ=ストロースは、「歴史」の対極にあるものを「構造」だと言っています。未開人は、毎日惰性的な生活をして歴史を作らないのではなく、むしろ選んで、歴史の外に出ようとしていた。それは、彼らが歴史よりも「構造」を重視していたからだ、というのです。
では、「構造」って何?
ここらへんが、むずかしくてよくわからなかったです。形式とか、スタイルというのが近いんでしょうか。決まった婚姻パターンとか、各部族の情報交換とか、そういうのが重視されてたみたいなんですけども。(だれか教えてほしい)
現代の政治は、「歴史重視(成長重視)」のままなのですが、今後、その枠を出て、新しい概念に移ることがあるのでしょうか。こんな、未来の社会のあり方を根底から考え直すような大きな話、自分が考えても仕方ないかと思いますが、これまで触れないようにしてきたぼんやりした不安や、成長の強迫観念みたいなものがやっぱりあるから、この話が興味深く思えるんだと思いました。

◆「神話」とは
おもしろくて、ふむふむ、と思ったのは、「神話」の話でした。
神話はいつも、何か矛盾を含んでいて、善悪もオチもない話だな、と、子どものころは思っていました。でも、たいてい、自然を人になぞらえているものが多いですよね。
自然を分けたり、部分的に何かを取り出したりして文化は作られるが、それにより、文化と自然の間に矛盾が生まれます。その矛盾を、うまく説明して折り合いをつけているのが神話だということです。
神話の考えは、この世界が矛盾によって成り立っているという認識に立っているとのことなので、神々はやりたい放題だし、「なんで?」と思うエピソードでちりばめられているけど、神話を知ることによって、自然とうまく付き合い、豊かに生きることができたのでしょう。レヴィ=ストロースが、「神話は人類最初の哲学である」といったのは、そういうことなんでしょうね。

◆日本における「野生の思考」
レヴィ=ストロースは、日本に大変な興味と愛情を持っていて、日本訪問の際、職人の仕事、市場、里山などをたずね歩きました。

・ポイエーシス、用の美
陶器、木工職人たちの仕事では、よく、「この木が机になりたがっている」だとか、「無理強いせず、土の言うことを聞け」とか、聞いたことがありますが、そうやって自然に導かれるように作る考え方も、野生の思考のひとつだそうです。
人間が耕作する里山も、自然をそのままではないけれど、台無しにする設計ではなくて、そこの自然を活かしていて、手つかずの自然と人間との、共存ミックスゾーンになっています。

・自然の人間化
日本人はいつも、人間を自然に例えるのではなく、自然を人間化します。例えば、鳥獣戯画や風流蛙大合戦之図。それなら、今の漫画だって、ポケモンだってそうだということになります。自然を人間化することで、自然に親しみを感じることができますね。
テキストの中に、「人間を自然化」した絵も見ましたが、「自然を人間化」した絵に比べ、とても不気味に感じました。例えるなら、なんか、「アバター」っぽかったです。超人とか、ミステリアスに思わせる効果はあるかもしれません。

・日本の食
レヴィ=ストロースは、食事の文化にも興味を注ぎました。火を起こして、食べ物を作る行為は、自然から文化に転換する瞬間なので、かまどの回りには神話が生まれやすいのだそうです。
すっかり日本食が好きになり、亡くなるまで白いご飯と焼き海苔が食卓にあったとのこと。
日本食の特性としては、「分割主義」を挙げたそうです。
食材は混ぜずに供して、口の中で合わせて混ぜる。日本食って、「なるべく自然のものをそのまま」というイメージがありますが、分割して美しく盛る意識って、これも、人間の手を加える部分と、加えない境界線が、おもしろいなと思います。


テキストを読んで、わたしがまとめと感想を書けるのはこのくらいで、まとまりがないです。
こういう思想が、「ああ、あのとき!」と、思い起こしたり、ヒントになったりすることがあるのかどうかはわからないですが、目の前の閉塞した物事が変わらないのであれば、考え方や意識のほうを転換することが希望につながるのかな、と思いました。
とりあえず今の自分の生活に重ねて思うのは、ふだん、なりゆきで考えて作ったようなものでも、最終形もわからず手をつけはじめたようなことでも、それが特にまちがいというわけではないのだな、ということでしょうかね。「ブリコラージュ」という言葉は、覚えておこう。

| 日記・つぶやき diario | 22:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

¿プリコラージュ?

このお話を読んでもいないし(ちょっと興味深い!!)・・Sueさんのお話を全部理解できるわけでもないけど・・^^;
私の生活って・・ほとんど"プリコラージュ"で成り立ってるかも~と思ってしまった(笑)

| IKO | 2017/03/01 22:23 | URL | ≫ EDIT

そうですね

長々と書いたのを読んでくださってありがとうございます。
そうですね、ふだん、自然に触れて、あるもので何か作ったりというのは、脈々と人類がやってきて、それはずっと変わらないんですよね。設計図を引いて、ゼロから部品を作って、というのは、ここ最近のことで、それのほうが優れているというわけでもなく、それも、ブリコラージュの延長上にあるみたいです。その積み重ねが元なんだろうし。
進歩、進歩っていろいろ産み出して(それも、偏向的に)、AIに仕事とられちゃって、地球の温度は上がって、他人のことは許せなくて、人類はこれからもっと幸せになれるのかなぁ、そんな気がしないなぁ、と思ってたところに、このお話だったので、わからないなりに、とても興味深く思い、書き記してみました。

| sue | 2017/03/05 19:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1395-3ccda5c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT