PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ひとことで表せなかった心象風景が

‘散歩日和’
河原土手170312-2
El último verano, encontré un libro en una librería,"Las palabras del mundo que no se pueden traducir en japonés direcramente", Hubo una palabra interesante para mí en él. Eso es WALDEINSAMKEIT en alemán, que signífica la soledad libre y ancha cuando se comunica con la naturaleza en bosque. Yo no voy a ningún bosque de ordinario, pero tengo memórias que me comunicaba con la naturaleza en un bosquecillo cerca de mi casa en mi infancia. Por eso, buscando unas hierbas en la ribera orilla, yo sola, disfruto sentir la naturaleza. ¿Entiendes esa sensación? Puede ser que yo fuera una alemana o finlandesa en la existencia anterior... jajaja.


子ども時代に、ひとりで近所の山に入っては、赤い椿の花を見に行ったり、ざわざわ鳴る風を少し怖いなと思いながら、でもスミレはまだ咲いていないかとかソワソワもしたり、奥の砂防ダムの裏の山蕗を見に行ったりしていました。まだ生き物が活発でない山は入りやすかったので、特に春先のことでした。
そのせいか、明るい陽が適度にあり、自然のある大変静かな空間、自分とも向き合える自由さと、独特なさみしい感じ。説明しにくいんですが、そういうものに惹かれる性分があり、そういうのだれかわかる人いるかな…と思っていました。子ども時代に、まわりにそういう人はいなかったように思います。(だから1人で行ってたというのもある。)

以前、このブログでも少し書いたように、フィンランドあたりでは、人々は夏にきのこやベリーを摘みに、ひとりで森に入るそうなので、そういう感覚がわりとふつうにありそうだとは思っていました。
そして、昨年の夏、偶然、本屋で「翻訳できない世界のことば」という本を見かけたのですが、

ぱっとページを開いた時に、
WALDEINSAMKEIT(ヴァルトアインザームカイト) 
「森の中で1人、自然と交流するときのゆったりとした孤独感」 ※ドイツ語

とあったので、「あっ!」と思いました。あれを、一言で言える国があったんだ!
なんか、うれしい。
もう、森に行く手段もないのですが、今も、毎春の川土手散策と摘み草(つくし)は、この言葉のような気持ちです。
マイ重要単語として、記録しておきます。


‘春の川土手’ 
河原土手170312-1

つくしの短い季節。
ピンクのアネモネは、民家から球根が飛んできたのか。
なぜかスイセンもあったりして、ギリシア神話つながりだな、と思った。

| 日記・つぶやき diario | 17:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1399-a5babf3b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT