PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カルテットと、そのレビューから

‘部屋にも春を’
桜とフリージア2017

ドラマ「カルテット」が、先週終わりました。最近見たドラマの中では、群を抜いて個性的で好きなドラマでした。
ひとつひとつのエピソードと台詞にいろいろ暗示や恣意が含まれていて丁寧で、4人の俳優さんたちが、演技でないくらい上手かったし。毎回、名言が登場して、その度に感心していました。
大人の恋愛サスペンスというふれこみだったけど、とんでもない展開にハラハラさせるのに最後はとても優しいメッセージに着地して、もう、恋愛とかを超えた世界になっていたかな。


けっこう、突いてると思ったレビューがあったので、のっけます。
リアルサウンドの記事ー『カルテット』最終話で真紀が“こぼした”ものとは? どこまでもグレーな結末を読む

この記事の中で、わたしが大きくうなずいた箇所が2つありました。
「白黒つけたがるときは、往々にして相手を糾弾したいときだ。味方でいる分には、白でも黒でもそばにいることには変わらない。」
「自分が手放した道を進む人は眩しく見える。」
です。

以前、カントのことを書いた時、「若い時、全てに白黒つけられないものかと思ってたが、それは自分のエゴだった」と書いたのですが、白黒つけない優しさこそが、お互い過去に傷を持つカルテットのテーマのひとつなんですよね。
「だが、相手をグレーのまま許容するのは、決して簡単なことではない。」とあるように、普通の友人関係では、だいたい無理なんじゃないかと思います。カルテットの4人は、その簡単でないことが乗り越えられていて、それは運命的なことでもあったけど、家族のようなこのつながりが保たれているのは、個々がそれぞれ自分の欲求を二の次にしても相手を思いやっているから。実際には、こんなふうに「大人」でいるのは難しいと思うけれども。

2つ目の「自分が手放した道を進む人は眩しく見える。」は、本当に人間の心の闇ですよね。
「手紙の送り主。きっと安心したいのだろう、自分の選択肢は間違っていなかったのだ、と。」たぶん、手紙の主だけじゃなくて、きっと有朱ちゃんもそうだったのではないかと思います。最後に彼女が「人生ちょろかった!」と4人の前で勝利宣言のように言うのは、「勝ったのは私。ほらごらん、まちがってない。」そういうことでしょう。でも、老いとともに、人生はちょろくなくなるので、彼女がバカバカしいまぼろしと思っているカルテットの夢のように、彼女のステキなちょろい人生もまた、まぼろしのように儚いものになるんでしょうね。
話は逸れるけど、これ、女性同士の嫉妬や確執も、だいたいこれから来ていると思う。
日本の社会では、仕事、結婚、出産の過程で、どうしても女性が選ばされている。手放さざるをえなかったものは、もう次に手に入れることができないか、大変難しい。もう取り返せないほうを肯定的に歩む人を見ると、心がざわつき、不安になる。だからせめて、自分が間違ってないと言って安心したい、という心理ですね。
(ただ、自分が手放した道を進む他人は、自分が手に入れたほうの道は、たいてい手放しているんだけどね。)
これは社会の構造の問題なので、女性同士の問題だと、他人事に思ってる男性がまだまだ多いのが残念だけど。
話が逸れましたが、男性にも、こういう心理はどこかにあるんじゃないですかね。

あと、「直接には役に立たないかもしれないけど、好きでやっていることへの讃歌」というテーマもよかったです。
ふだん、うまく回っている時には気づきにくいけど、仕事から、社会から見放されたと感じるとき、見捨てずにじぶんの味方になってくれるのはいつも、「役に立たないけどいつもやっていること」です。まわりからの援助や助言で救われることもあるかもしれないけど、最終的には、自分がいつもやらずにはおれないこと…家事でもなんでも、案外つまんないルーティンなど、自分でしたことに救われるのです。
最終回の、唐揚げに添えられるパセリのくだりは、たいして役に立たないけどあったほうがいいものとして、突いてるなあと思いました。

ドラマを見て楽しみ、ネット上では他人のこのドラマの見方を楽しんで、2度おいしいドラマでしたが、ゆっくり何度か見返してみたら、さらに味わい深いドラマだろうなーと思います。見返す時は、きっと、何気ないシーンのほうが、ぐっと心に迫ってきそうです。


| 日記・つぶやき diario | 16:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1401-523b5cdf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT