PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KIRINJI 「ネオ」を聴いて

‘1曲目がヒップホップ調だったのでびっくり’

Ahora estoy escuchando el album “NEO“ de KIRINJI. KIRINJI es un grupo de la música POP jeponés.


おそまきながら、昨年発売されたアルバム「ネオ」を聴いてみました。

〔キリンジ − KIRINJI〕を振り返ってみます。
「キリンジ」といえば、兄と弟それぞれが作る楽曲と、そのバランスが最大の魅力だったと思うので、2013年に弟が脱退してからは、事実上解散に等しいというか、もうあの感じはなくなるんだと、とても残念に思いました。
そして、兄が新たに5人を迎え、6人体制になって新しく「KIRINJI」としてスタートしたというニュースに少し驚き、そのメンバーの豪華さに、さらに驚いたのでした。(だって、もう個々で活躍され、知られている方々だったから。堀込高樹さんのほかには、楠均さん・千ヶ崎学さん・コトリンゴさん・田村玄一さん・弓木英梨乃さん)
それで、その体制になってはじめてのアルバム「11」も、少し試聴してみてはいたのでした。ただ、その折は、思ったほどピンと来なかったというか…きっと、以前のキリンジでもないし、かといってそれほど塗り替えられてる感もなかったのかな。(ごめんなさい。こっちの気分のせいもあると思います。)

で、しばらく忘れていたのですが、この春のLINEモバイルのCMの音楽に、以前のキリンジの「エイリアンズ」が使われていたことから懐かしくなって、我が家ではしばらく、その頃のキリンジのアルバムがヘビーローテーションになったのです。
「…そういえば、今どうしてるんだっけ?」と思ったところに、音楽好きのブロガーの方がおすすめしていた記事を見まして、それがアルバム「ネオ」でした。

長々とした前置きでしたが、さて、感想です。(初回限定DVDには興味なかったので、ない方を選択しました)
まさか、1曲目で、RHYMESTERがラップやるとは思わなかったので、ちょっとブッ飛びました。わたしは普段、あまりヒップホップを聴かないですが、メロディーがうまく組み込んであるものなら聴きます。これは、けっこうカッコイイと思います。
始めから、これまでのイメージをぶっ壊している感もあって、全体的には6人の色が生きていて、なんともバランスのよい1枚でした。10曲で45分程度ですが、アルバムの尺って、このくらいでちょうどいいと思います。
あと、ふしぎなことに、このアルバムには、70〜80年代のエッセンスも感じるというか…オフコース、チューリップ、陽水などの、フォークっぽい感じが、少しだけ香ります。でも、音は今の音。堀込高樹さんの繊細&爽やか&複雑さ、そしてセンスは確か。おススメです。


‘アルバムダイジェスト、数十秒ずつ全体を知りたいならこちら’

Las canciones en compendio

| 音楽 musica | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1408-ffe216c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT