PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 ドラマ「フランケンシュタインの恋」を見て

‘雨のブランコ’ 記事とはなにも関係ないですけど
ブランコ2016

リアルタイムでは見ていなくて、ドラマが終わってしまってから、一気に見ました。この週は、「おんな城主直虎」「ゆとりですがなにか(純米吟醸純情編)」も見たので、結果的に毎日柳楽くんを見ることになり、「柳楽くん祭り」みたいな週になりました。

視聴率はイマイチ振るわなかったらしいですが、わたしはとてもよかったです。はじめから、なんだか、「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」を彷彿させる雰囲気だなぁと思ったら、同じ局だし、プロデューサー、演出の方が複数かぶってますね。どおりで…。どちらも大好きで忘れられないお話でした。

「フランケンシュタインの恋」という題名からも、メアリー・シェリーの「フランケンシュタイン」のお話がベースになっていることは明らかで、あのお話を、現代のドラマでどういうふうに使うんだろう、という興味がありました。
2年前に、「100分de名著」で取り上げられたので、感想などを書いているんですが、たしか、オリジナルの話では、無垢な心を持った怪物が、人間の持つ先入観に疎外されたり、身勝手さに翻弄されたりして、結局は本当に恐ろしい怪物になってしまう悲劇だったと思うんですよね。ほんとの怪物は、人間の醜い心がが作ってしまうものなんです。
なので、このドラマでも、2人の恋は成就しないだろうと思って見ていました。
怪物の気味悪さとか、理解しがたい部分を「きのこ」で表現したのは、うまいなぁと思いました。ネットでは、きのこが気持ち悪いという感想もあったみたいですが、綾野剛さん扮する怪物のビジュアルは、思ったより人間寄りだったので、きのこくらいは必要かと思います。
綾野さんの魅力がこの上なく発揮されていて、彼ありきで原案ができたのかなと思いました。こういう、ピュアな感じは、朝ドラ「カーネーション」の周防さんにも少しあって、それで大ブレイクしたんですよね。

怪物の回りの人間は、それなりに彼を利用しようとしますが、基本的には悪人になれない設定で、特に、恋人の津軽さんは、終始ブレや迷いがないキャラクターだったのが、少し意外でした。愛の強さですね。それが、製作サイドにとっては、絶対に外せなかった部分ではないかなと思いました。
それあっての、最終回のソフトランディングは、本当に、ふんわり心が温められて、幸せな気持ちで見終えることができました。よかった。また、こういうテイストのファンタジーを作ってほしいなと思います。

| 日記・つぶやき diario | 01:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1415-1926fb27

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT