PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 最近、聴いている音楽

音楽の話は特に、好みが重なるところがないと全然共感できない類のものなので、これは主に、自分への忘備録になるけれど。


この春にLINEのCMで「エイリアンズ」が流れて懐かしくなったのをきっかけに、現在のKIRINJIのアルバム「ネオ」を聴いてみたことは、以前書きました。その後も、昔のアルバムを取り出して聴いてみたのですが、16〜19年くらい前のものでも、今聴いて全然古びておらず、ヘビーローテーションで流しても、全然飽きない。
わたしが持っているのは、比較的初期の、主に富田恵一氏プロデュースのものだったので、その後のセルフプロデュースのアルバムも聴いてみることにしました。

◆「7」/キリンジ
10年前のリリース。ある意味、2人の時代の集大成っぽいと思いました。少し懐かしい部分もあったり、洋楽の曲がベースにあるのかなぁと思うところもあるけど、「らしさ」と「完成度」はさすが。電子音も使われているけど、ホーンセクションが多用されていて、カッコよく仕上げてありました。詞の世界もいいです。大人の世界。
なんで10年前に買わなかったんだろう。過去ログを見たら、10数年前からここ数年前まで、Jポップ自体から離れていたんですよね。ブラジル、アルゼンチン、沖縄とかばかり聴いてたかな。

‘今日も誰かの誕生日’ 明るく聴きやすい1曲。

Una canción de KIRINJI... Me gusta este grupo.


さて、これも最近書きましたが、コーネリアスの「いつか、どこか」を聴いて、「そういえば、アート・リンゼイは、最近どうしてるんだろう」と思ったのでした。
検索してみたら、なんと、今年の始めに新しいアルバムを出してました。ああ、迂闊だった。あんまり長い時間、出さないので油断していました。だって、13年ぶり!待ちくたびれますよ。これは、とにかく聴いてみなければ。


◆「Cuidado, Madame」/アート・リンゼイ
13年振りだけど、相変わらず、すんなり心地よくとは聴かせてくれないです。暴力的なような、挑戦的な音と、アンニュイでさみしく優しいボーカル。実験的なノイズ音は健在で、後ろには、常にブラジルっぽいパーカッションがリズムを刻みます。でも、全体的には、「ニューヨークのコンテンポラリー」って感じになる。これをアバンギャルドというのかどうか分からないけど、とにかく、このセンスは希有で、この人しか出来ない世界であることは間違いない。
例えば、比較的聴きやすい、リゾートっぽい「Ilha dos prazeres」ですら、9拍子かな?っていう変拍子。曲によってはかなりエロい感じに聞こえるノイズもあったりで、こういうのがダメな人は、本当に受け付けないだろうな。
わたしの印象では、このアルバムは1999年の「Prize」に近いように思いました。わたしは、前作の「Salt」とか、もっと前の「Noon Chill」のほうが好みですが、それでも、絶対に侮れないセンスの楽曲が必ず盛り込まれていているし、久しぶりに出してくれたことは本当に嬉しいです。
この話題を共有できる仲間もそういないんですが、うちの相方は「花火みたいだね」という感想をくれました。たしかに。


◆CMから
ホンダの車のCMには、よい楽曲が多い印象があります。Stay Tune(Suchimos)とかUptown Funk(Mark Ronson)(※音が出ます)とか。前にSHUTTLEの音楽がよいので調べたら、オリジナルだったので驚いたけど、こだわりがよくわかります。



◆若者にもついていこうかと
One Ok Rockとゲス極の数曲も試聴してみました。どっちも良いと思う。ただ、わたしはもう恋愛にウットリする年でもなく枯れてるので、ワンオクはもう、アルバムをフルで聴くほど浸れないと思いました。ゲス極はいろいろお騒がせだけど、音楽は、すごくいいもの持ってますね。


◆SOIL&“PIMP”SESSIONS feat. Yojiro Noda
先日、「ハロー張りネズミ」のドラマをテキトーに見ていたのですが、エンディングの曲がすごくよくて、注目だなと思いました。SOIL&“PIMP”SESSIONSが、RADWIMPSのボーカルの人と組んでやってるみたいなんですけど、アシッドジャズ?(すごいなつかしい響き…!しばらくご無沙汰なジャンル…)このジャンルだと、ジャミロクワイとかと近いですかね。今の時点ではまだ、YouTubeにも出てなかったので、ぜひともテレビでまた確認してみたいです。カッコイイ。ドラマよりこっちに惹きつけられました。


◆次に手に入れたいのは
好きなものは、歌えるくらいになるまで聴くタイプだし、節約もしてるので、オトナ買いはできません。
不思議なもので、欲しい音楽がみつからないときは、とんと見つからないのに、なにか見つけると、それが呼び水になるように、次々と見つかることがあります。今はその時期かもしれません。キリンジについても、少しずつまた買い足していきたいですが、次、だれか気になる新しい人、というと、青葉市子さんかな。
とても日本的な、神秘的な風来坊のような。ギター弾き語りなので、少し、ナラ・レオンみたいな感じがします。

| 音楽 musica | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1416-74f31b61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT