FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

木綿豆腐は生き残れるか

“白濁した湯豆腐” 重曹を少々入れると、溶けて濁り、マイルドに。
湯豆腐ー白濁
Olla de tofu. Añadido un poco de biocarbonato, el agua se queda blanca, se pierde la transparencia. Lo comemos con salsa de soja.


年々、湯豆腐がしみじみとおいしく感じられるようになり、そういうところに「年とっちゃったかな」と感じる今日この頃です。
うちでは、ほとんど毎日豆腐が冷蔵庫に入っているのですが、昨年、秋になってから、よく買っていた県内メーカーの豆腐をみかけなくなりました。
以前、贔屓にしていた醤油が、気づいたときにはメーカーが倒産してて、とっくになくなってたということがあったから、今回は「もしや?」と気づくのがわりと早めではあったのだけど、やっぱり倒産していてショック。消費期限が早い加工食品だから、買いだめできるはずもなかったし。

「…なんで、わたしが買ってるもの、どんどんなくなっていくんだろう」
と思ったりしてるんですけど、味噌・醤油・豆腐・蒲鉾・こんにゃく・酒など、地域に根付いていた小さな規模の商店は、大手流通に押され、どんどんやめざるを得なくなっているところが多いんでしょうね。残念。

豆腐に関して言えば、比較的大きな数社が充填豆腐(型にはめて固めた絹ごし豆腐)をどんどん出しており、昔に比べて、売り場に木綿豆腐が少なくなっている気がします。充填豆腐だと、オートメーションで作りやすいし、日持ちするんですよね。木綿豆腐は少し手間かかるしね。

少し前、なりゆきでイ○ンが出しているPB商品の木綿豆腐を買ってみたら、すごい。
表面だけ型押ししたような木綿風。中は絹ごしに近いもので、とうとうこんなもの売るようになったのかと思いました。おいしいけど、木綿の名で売るには違う気がする。県内大手の豆腐メーカー、やま○もそんな感じです。

興味のない人にとっては、どっちでもいい話だろうと思うんですけどね。
でも、どっしり、少しざらっとした断面は醤油などの味が染みやすく、あのさっぱりとしたおいしさは、充填豆腐にはない味わいだと思います。
たとえば、つくねの旨い店はほかの串もうまい、とか、焼き菓子がうまい店はケーキもうまいとか、基準になる商品ってあると思いますが、豆腐だと、やっぱりそれを測れるのは木綿じゃないですかね。


“雷豆腐” 木綿豆腐、にんにく、ネギまたはニラ、鰹節、ごま油、醤油
雷豆腐2019
Kaminari-dofu es un plato casero. Sofreímos tofu roto, zanaolia, cebollitas.
Pero los más importantes son aceite de sésamo y un diente de ajo.


なんとなく近所スーパーの売り場で木綿豆腐は減ってるし、あっても胡散臭いものが登場したりで、そのうち、木綿豆腐が巷から消える日が来そうで怖いな。なるべく大手のじゃない、地域メーカーのを買うようにしたいと思います。
何でもいつが最後になるかわからない。あるうちに楽しんでおきたいです。


“豆腐丼”
豆腐丼2019
Arroz con tofu

タモリさんがやってた豆腐丼。これは絹ごし豆腐のほうがOK。
胃にも、財布にもやさしいと思う。
これ、昔、熱々ごはんに、できたて豆腐をひとすくいして食べた時のことを思い出す。

| 市販の食品など compradas | 15:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1524-1fee7f05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT