FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春を感じに行く

“今年も、私的季節行事” 1年ぶりの黄水仙たち。
水仙20200308
Fui a la orilla de la rio Furukawa para recoger tskushis (es una hierba que se come). Me gusta esta actividad, es que puedo sentir primavera. Encuentro no sólo tsukushi, sino narcisos, o otras flores también.


今週末は、コロナの影響で、とうとう語学教室もお休みとなり、時間ができました。でも、先週のトイレットペーパー騒動は、少し治まってきています。ふつうに買えましたから。

今週末やったこと
・産直市で柑橘を買い、自家製のぽん酢作り(ダイダイで)
・同じく、マーマレード作り(甘夏と、ちょっとだけネーブル)
・つくしを摘みに行く
・手作りマスクの材料を買って、布を一度洗う
・音楽を聴く


木蓮の花が咲き始めたので、今年もまた恒例の、私的行事、つくし摘みです。
せいぜい30分もあれば、満足な量を得られるので、行事と言えるかどうかの、ちいさなことですが、これをやらないと春と言えないくらい、毎年やらないと気が済みません。
特につくしが大好物というわけではなく、自然に触れて、なにか春めいたものを摘む、ということが良いんですよね。
フィンランドだと、ベリーやきのこを摘みに、勝手に森に入れるとか。うらやましいな。集団で行くのではなく、ひとりで出かけるのだそうです。穴場を知られたくないっていうのもあるんだろうけど、これってやっぱり、ひとり、自分と向き合う時間なんですよね。ヴァルトアインザームカイト。何度も生まれ変わるんなら、フィンランドに一度生まれてみたいです。

“つくしの始末” これがあるから、欲張って採りすぎるのも良くない。
つくし2020-1
Tsukushi es una hierba primaveral.

“つくしと切り昆布の煮物”
つくし2020-2
Tsukushi cocido


| 日記・つぶやき diario | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1528-cb31757e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT