FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日の陶芸

“古陶細土、呉須絵付けにわら白釉”
陶芸210110-2

陶芸210110-1
Hice una taza para café.

大変寒い日の陶芸。土が冷えて、氷のようでした。でも、すぐに馴染み、思ったより快適に作れました。この日生徒は私を含め2人だけで、キャンセルが数人あったそうです。やっぱり寒いからですか?と言うと、それもあるし、コロナ禍のせいもあるとのこと。地元は、今ちょっと微妙ですね。年末よりは減ったけど、もう少し減ってくれたら。

今回は、マグカップが一つ上がって来ました。最近、マグカップを作ることが多いです。というのも、完全に満足できるものができなくて、再トライしているからです。
これも、似たようなものを以前作りましたが、底の部分に問題があって使う気にならなかったので、同じ条件でやってみたものです。(呉須絵の具の色は変更しました。)
今回は、わりとうまく行きました。ただ、取手の角をもうすこし滑らかにしたかったです。持った時、ちょっと指に優しくない。

本日の作陶メモ:
先月作陶した、小さなアマビエが2つ、素焼きで上がって来たので、呉須絵の具で絵付け。焼き締め予定にしたけど、あとで、白マット掛け&絵付けすればよかったかな、と思いました。
今回、ちいさなアマビエを古陶細土でひとつ作陶したので、こいつはそうしようかな。コロナ禍が収束しなさそうなら、今後も合間の時間と余った土で作るつもり。
そして、やはり先月作陶した、大きなマグカップも素焼きで上がって来たので、釉薬で絵付けしました。わら白釉を全体にかけ、その上から空釉と鉄青磁釉のドットを交互に配してみました。わら白釉は流れるので、つけた色が、どこまで流れて流れないか、それで模様も左右されます。あんまり流れないでほしいんだけど。

こんなに作ってどうすんだよ、と思いましたが、今回も大きめのマグカップを2つ作りました。ただ、つる土(白)でマグを作ったのは初めてだと思います。この土はけっこう作りやすかったです。焼いた見本を見せてもらうと、はっさく土のように、わりとうす黄色い色でした。先生曰く、こちらの方が作りやすいし、焼いた感じも似ているので、今ははっさく土は仕入れていないとのこと。
今回やった絵付けの結果を確認して、これらの釉薬も決められたらと思います。うまくいくといいな。作ったけど使えないマグが増えるにつれ、テーブルの隅→部屋の隅→ベランダ、という順でだんだん追いやられていきます。早く捨てればいいのにね。

| 陶芸 ceramicas | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1564-74428a59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT