FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

100分de名著「ディスタンクシオン」

“今年の正月花” 年越えたわ…
蘭と百合202101

テキストを読むのが遅いので、今頃になってしまいましたが、旧年最後のテーマは、ブルデューの「ディスタンクシオン」でした。100分de名著で取り上げられなければ、この本と著者の存在なんて、知らなかったと思います。ディスタンクシオンとは、フランス語で「差異」のことで、趣味嗜好が、身分階級、格差にどのくらい与しているのか、というお話でした。
本書は難しいらしく、たぶん読めないと思いました。フランス人って、すごく難しげに書く人が多いそうなんですよ。テキストは読んだので、その内容を忘れないため、ざっとまとめます。


◆ 私という社会 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
・自分が、好きだから選んだと思っていた趣味や好みが、実は学歴や出身階層によって傾向付けられている。
・幼少期から、言葉遣い、身のこなし、趣味趣向といった形で植え付けられた性向(ハビトゥス)が存在する。
・出会って「稲妻の一撃」に遭ったような衝撃的な感動さえも、偶然ではなく、受けとめる素地があったにすぎない。
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
ひらたく言えば、どう育ったかが、その後その人の趣味にまでどんなに影響を与え、利益・不利益を生み、格差につながっているかという話でした。これは別に、封建社会の話ではなく、ふだん意識してなかったけど、今も連綿と続いてる問題でした。
たとえば、わたしが財閥のお嬢様と、好きなものの話をしたら、世界が違いすぎて、おそらく数分持つ気がしない。文化的な素養の差は比べようもない。でも、思い入れのある趣味嗜好って、いずれの社会的身分の人にも、そこに自分のアイデンティティの一部があったりするだろうに。いやぁ、身も蓋もない話だなぁ、と思いました。


◆ 趣味という闘争 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
・「これが好きだ」と選んで取り上げる趣味嗜好は、逆にそれ以外の物を否定することになる。
・人々は他者よりも少しでも優位に立とうという「卓越化」を目指して無意識に闘争し合っている。自分たちの好き嫌いや趣味を互いに押しつけあっているといってもよい。その闘争が繰り広げられる場のことを「界」という。
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
テキストでは、この「闘争」を、「必死でがんばっている」の意味くらいに思ってくれ、とのことでした。好きなものを考えるのって楽しい場だし、闘争し合ってるといっても、それは無意識、無自覚なので、そのことばには違和感がありますよね。
でも確かに、同じ「界」に、自分と似たような人を認識すると、主張のひとつもしたくなる、ということはよくあると思う。無意識に闘争本能が働いているのかもしれません。
「他人よりつきぬけているオレ」とか「他人とはひと味違うオレ」を見せたくなるってことですか。

趣味の押し付け合いって、不毛なので、わたしは避けたいと思ってます。だいたい、わかってもらえないのが普通だし。年取ったので、押し付け合う体力がなくなったというのもあるかな。
そういえば昔、ネットで誰かの言葉で、(一字一句憶えてるわけじゃないけど、)いい趣味を語ることは、始末が悪い(だったかな?)、または暴力的な面があるだったかな?そういう負の側面があることを忘れるな、みたいな文を読んだことがあります。ちゃんとメモしとけばよかった。趣味人がまわりに与える、悪い面を考えもしなかったから、ハッとして、でもそうかもなぁ、と思ったんですよね。


◆ 文化資本と階層 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
・私たちは身振りや言葉遣い、趣味、教養といった体に刻み込まれていく文化能力をも相続していく。
・そのように相続されたもののうち、経済的利益に転換できるものを「文化資本」と呼ぶ。
・文化資本は経済資本ほどはっきりとは目に見えないが、蓄積することで学歴や社会的地位、経済資本へと変換可能になり、大きな利益を生む。例えば、机に座るのが苦にならない環境や、参考書があったりすること。
・客観的なチャンスが存在しないところでは、主観的な野心もはじめから存在しない。
・ハビトゥスは、自分が所属する場での客観的チャンスがどのくらいあるか瞬時に、身体的に把握する実戦感覚を備えている。
・幼少期から、言葉遣い、身のこなし、趣味趣向といった形で植え付けられたハビトゥスは、行為の中に蓄積された過去の履歴なので、生まれつきではなく、知能とも関係ない。
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
これってすなわち、後天的にかたち作られる、将来受け取れる文化的な栄養の容れ物の原料ということかな。


◆ 文化再生産 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
・学校は、家庭で得られなかった文化資本を得られうる場で、本来階級をシャッフルできる機会のある場所だが、同時に今の階級を再生産してしまう場所でもある。
机の前でじっとしていられない子は、その習慣を自然に身につける環境になかったので、どうしてじっとしていなければならないのかわからない。
一方、幼いときから習いものなどして、机にじっとしている態度を身につけている子どもは、それが苦ではないのだから、それは自然と成績に結びつきやすい。
-- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --


この本には、「それで?ハビトゥスが生み出す格差を薄めるにはどうすれば?」という答えがなさそうなので、本当に身も蓋もなく、絶望感だけが残りそう。
それでも、この構造と構造の生成のしくみを明らかにはしてくれているので、家庭と学校教育現場の大人がそれを知り、意識するだけでも、少しは状況がマシになりませんかね。
あと、思ったのは、文化再生産されている現実を考えれば、容易に「自己責任論」を出してくるのは、やっぱりフェアじゃないよな、ということです。アドバンテージがない者に対して、お前の責任だろうと軽々しく言えますかね。

このテキストを読んで、自分の子ども時代も振り返ってみると、貧しい家だったとは思うけど、あのころの両親や近所の大人って、自分たちが幼少時代に戦争の影響で経験できなかった文化的なことを、子どもには体験してほしい、という願いが強かったんじゃないかなぁ、と思い出されます。
美術館やハイキングに連れて行ってくれたりとか、絵の具セットやピアノを買ってくれたことは、後にその分野で爆発的な才能の開花はなかったにしても、技術的なこと以外にも、まちがいなくその背後にある文化知識やセンスなど、そこで得られる世界を教わったということなんですね。
出来る範囲で、わたしを今の大人にしてくれたんだなぁ、と、このテキストを読んで、なぜか両親への感謝の念がこみ上げました。
この本は、ハビトゥスの差が生み出す階級の差のループを断じた内容なので、そういう本じゃないんですけどね。

| 日記・つぶやき diario | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1566-9d263497

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT