FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いかなごの酢漬け

“いかなごの酢漬け”
いかなごの酢漬け20210222
Ikanagos mojados en vinagre... Son pescados pequenitos, se veían frecuentemente en las pescaderías en mi infancia. Mi madre hacía este plato de cuando en cuando. Pero ahora no tengo oportunidades ver aun uno en las tiendas. Al otro día, por fin encontré unos ikanagos, me alegré mucho y luego hice el plato del recuerdo.

魚売り場でめったに見なくなった、「いかなご」を偶然見かけたので、つい買ってしまいました。
これ食べるの、何十年ぶり?というくらい食べていませんでしたが、子供の頃は、季節になると母が食べさせてくれた、思い出の魚です。それはおそらく「いかなご」の、もっと大きくなった「フルセ」のサイズで、家でゆであげ、熱々のうちに酢漬けにしていました。当時は、珍しくもない魚だったんでしょうね。母はいつもラーメン鉢一杯にどーんと作り、わたしはお腹いっぱい食べたものです。火の通った背中は、ちょっと黄色みがかっていて、身も柔らかいし、骨まで気にせず食べられるので、めんどくさい処理はなかったです。
大人になって、ときどき、無性に食べたくなる時があったのですが、ほんとにずっと食べられませんでした。

さて、今回買った、釜揚げされたいかなご(これをカマスゴと呼ぶらしいんですが)を、昔の味を思い出すべく、三杯酢にしてみました。昔の記憶の、新鮮なフルセに比べれば、大きさも質も、なんとも心許ないし、また、ゆでて冷やされた魚は、かなり柔らかくて脆かったので、熱々の状態で酢に漬けることはできませんでした。
それでも、久々の味。出会えただけでもマシかもしれません。次はいつ食べられるやら、ですからね。

ウィキを読んでみると、瀬戸内海の海砂が、コンクリートの骨材に適していたため、大量に採取されたことが、いかなごが壊滅的になる原因となった、とありました。箱物バンバン建てて、バンバン壊して消費して、お金を生み出す代わりに、自分たちの食料を自ら貧しくさせてたんですね。
幼い頃に食べていたアイナメ、シマアジ、イシダイ、グジなんかも、めっきり見かけなくなりました。釣りに行く人や、小売の魚屋が近くにあれば、まだ手に入るものもあるのかもしれないけど、多量を仕入れて売るスーパーにはそういうレアのものは扱えず、かわりに、海外のよくわかんないナマズの一種なんかが並んでいて、ちょっと悲しくなりますね。そういう大手に、小売店が潰されてきたのは、便利な方に流れたわたしたちのせいでもあるんだけど、いまさらもう増えない。
これからもっと乱獲が進んだり保護をしなかったりすれば、さらに選択肢は細っていくわけで、今のこの状況でも、まだマシなほうだったりするのかもしれない。今食べられるものは、感謝していただかなければね。

| クッキング mi cocina | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanautade.blog46.fc2.com/tb.php/1568-a234ac73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT